― 広告企画 ―

Text by Gueed

みなさん,MCCレベル3になりましたか?

 「グラナド・エスパダ」(原題:Granado Espada。以下,GE)待望のオープンβテストが始まって,1週間が経過した。初日から始めた人の多くがMCCレベル3になっているだろうし,クローズドβテスト経験者なら,そろそろコインブラ方面のテトラ遺跡やポルトベルロにも足を延ばしていることだろう。

 

序盤でお世話になるダンジョン,「アル・ケルト・モレッツァ」。出現モンスターにクセのない,戦闘の基礎を学ぶためのダンジョンだ

 さて,連載の第1回は,MCCレベル3を獲得するまでの道のりを駆け足で紹介した。この道のりは,GEではチュートリアルという扱いだ。実は基本的な機能に関しては,ほとんどのことがここで学べる。
 そのため今回は,チュートリアルで触れられていない各機能のTIPSと,リボルドウェ近隣のエリア(とくにダンジョン「アル・ケルト・モレッツァ」),あとはミッションモードやスタンス/スキルについてご紹介したい。

 アル・ケルト・モレッツァは,ゲーム開始後に初めて訪れるダンジョンということで,現時点でも多くのプレイヤーが攻略に挑戦していると思う。ここをクリアすると,テトラ遺跡やポルトベルロという新ダンジョンへの拠点「コインブラ」への道が開ける。今回は,ゲームに慣れると同時に早くクリアしたい本ダンジョンの攻略のコツ,また冒険の効率を上げるための豆知識を多めに掲載した。

 では早速,……と言いたいところだが,実はこのオープンβテスト,クローズドβテストからいくつか重要な部分の仕様が変更されている。とくに下の二つは結構重要なので,先に紹介しておこう。

 

NPCの配置の変更

 クローズドβテスターなら,リボルドウェに降り立ってすぐに気づいたと思うが,主に商いとクエストに関わるNPCの位置が変更されている。それに伴ってか,ウェイポイントも売買用NPCの周辺に集まっているし,ゲーム開始後のデフォルトの位置を保存してくれる「位置保存兵」も追加されている。ちなみに「〜兵」の保存位置は,コインブラへ渡っても有効だ。拠点としたい場所を意識して,キャラクターの位置を保存しよう。

 

商店,ウェイポイント,その他もろもろの機能用NPCが集まった通り。噴水と開拓支援本部をつなぐ道だ。ちなみに,アイテム名などが表示されているポップアップは,プレイヤーが開いている個人商店

 

終了メニューの仕様変更

「戦闘状態に転換されて」というメッセージが。確かに,この機能を緊急非難用に使えてしまうのは,ちょっとずるい気がする

 第1回の記事で,終了メニューの「バラックへ移動」は戦闘時の緊急避難用に使えると書いた。しかし,これはオープンβテスト開始に伴って使えなくなっている。具体的には,「バラックへ移動」ボタンを押してから5秒の間に敵から攻撃を受けると,終了メニューがキャンセルされるようになったのだ。混戦時にはほぼ使えないと考えていいだろう。
 しかし,ゲームそのものを終了させるための「ログアウト」および「プログラム終了」ボタンは有効のようだ。さすがにお勧めではないが,これも緊急非難用に使えるのは確か。一応覚えておくといいだろう。

アサルトモードを活用すべし 離席時にはキープモードよりもホールドモードを

 さて,そろそろGEの戦闘にも慣れてきたころだろう。アサルトモードやホールドモード,キープモードという各モードはキチンと使いこなせているだろうか? これらのモードは,ショートカットかコマンドボタンクリックでONにできるものの,使うのにはそれぞれコツが必要だ。以下に,基本的な機能とコツ,注意事項を書いておこう。

 

アサルトモード

 第1回でも少し触れたが,クリックした位置まで一定範囲の敵を攻撃しながら進むモード。操作キャラクターはすべてAI制御になるため,基本的にはターゲットを選べない。
 そもそも使い方としては,「遠く移動地点をクリックして放っておく」ではなくて,「ターゲットとしたい敵のおおよその位置をクリックする」が正しい(ただし,ほかに近くにモンスターがいた場合,そちらに攻撃してしまうので注意)。こうすることで,操作する3体のターゲットを合わせられるし,スカウトがいたら回復も全自動である。複数のキャラクターを同じモンスターにターゲットさせるには,フォロワーをリーダーの位置へ集める「集結」(F4キー)と組み合わせるのがコツだ。

ホールドモード

 キャラクターをその場に固定して,一定範囲の敵を攻撃するモード。クローズドβテスト中のバランス修正で索敵範囲が狭まり,少し使いにくくなった。キャラクターの位置が固定されてしまうので,接近戦重視のファイターはあまり戦闘に参加できず,スカウトも,体力の減ったキャラクターのところへ回復しに行けない。一度ターゲットしてしまえば,敵がある程度離れても攻撃し続けられるマスケッティア,ウィザード,ウォーロックならそこそこ使えるモードだと考えよう。キャラクターが動かないので,キープモードに比べてスカベンジャー(第1回を参照)を攻撃してしまうリスクも少ない。
 ちなみに,ファイターのチームでこのモードを使ったとき,策敵の精度が低い(敵を攻撃しない)場合がある。離席するときは,あらかじめキャラクターの動作をキチンと確認しておこう。

キープモード

 敵を攻撃するために,キャラクターが少し移動するモード。基本機能はホールドモードと同じだが,接近戦用のファイターも回復用のスカウトも自由に動ける分だけ,戦闘の幅は広い。
 一見使い勝手が良いように見えるこのモードにも弱点はある。キャラクターが敵を追ってどこまででも走っていってしまうため,戦力が分散してしまう場面が多々あるのだ。気がついたら(防御力の低い)ウォーロックがポツンと一人で集中攻撃を浴びている,なんてこともよくあるので,離席のための放置モードとして使うには,ホールドモードのほうが安全かもしれない。

 

 上記はそれぞれ一長一短があるので一概には言えないが,離席の要素を無視して,純粋に自動戦闘モードとして考えると,やはりアサルトモードが一番使えそうだ。
 アサルトモードを戦闘フィールドで使うコツは,できるだけ壁際で戦うこと。部屋の隅っこで戦う,そして,新たに敵が生まれる場所から一番近い位置に,チームで一番防御力の高いキャラクターを配置するのが理想だ。こうしておけば,次から次へとモンスターが湧いても対応できるし,敵の場所もある程度固定されるので範囲攻撃のターゲットにしやすい。ちょうどいいレベル帯の狩り場で,積極的に試してみてほしい。

そろそろ気になるスタンスとスキル キチンとポイントを割り振ってますか?

 戦闘に慣れてくると,徐々に“あの存在”が気になってくるはず。そう,GEでの重要なキャラクター成長システムである,スタンスとスキルだ。
 第1回でも触れたとおり,GEでは,装備した武器によって使えるスタンス(構え)が決まり,スタンスによって使えるスキル(技)が決まる。そして,そのそれぞれにレベルがある。GEにおける“レベル”は,キャラクターレベル,スタンスレベル,スキルレベルという三つの系統があるわけだ。
 重要なのは,それぞれレベルを上げる条件が異なるということ。まとめると,

 

キャラクターレベル―  戦闘で敵を倒すことにより,自動的にアップ
スタンスレベル―  そのスタンスを使うことで,自動的にアップ
スキルレベル―  スタンスレベルがアップするたびに入るポイントを振ることで,手動でアップ

となる。そう,スキルレベルは手動でしか上がらないのだ。

スタンス/スキルウィンドウを開いて,ポイントを割り振る。この手のRPGのお約束どおり,一度振ったポイントは戻ってこないので注意

 スキルを割り振るためのポイント(ゲーム内表記では“Skill Point”)は,スタンスのレベルが上がると増える。Alt+Sキーでスタンス/スキルウィンドウを開いて,現時点で溜まったポイントを確認してみよう。
 例えば画面のウォーロックは,スタンス「ポゼッションアイス」をずっと使っていたので,スタンスレベルが10まで上がり,スキルポイントも溜まっている。画面は,このスキルポイントをスキル「フロストクラウド」に振ったところだ。スタンス/スキルウィンドウのスキルアイコンにカーソルを合わせると,現スキルレベルでの能力,そして次のレベルでの能力が表示されるので,「ああ,次はこれぐらい強くなるんだな」と考えながらポイントを消費できるのがよい。

 

 ある程度プレイに慣れていてもときどきド忘れしてしまうのだが,ポイントはキチンと割り振っておきたい。もちろんむやみに割り振るのではなく,ある程度は成長のベクトルを考慮すること。一定のポイントを溜めてから,一つのスキルにまとめて振るのは効果的だが,スキルレベルのMAXが10ということも覚えておきたい。溜めて溜めて,やっぱり使いませんでした,という状況にならないように注意しよう。

 ちなみにスタンスは,開拓支援本部のスタンス販売支援兵が販売している。購入するとインベントリの「消費」カテゴリにスタンスの書が入るので,覚えさせたいキャラクターをリーダーにした状態で,書をダブルクリックすればいい。購入するときは,「スタンス○○を覚えるにはスタンス△△のレベルが□□以上必要」など,細かな条件に注意しよう。

 

今後もずーっとお世話になるであろう,スタンス販売支援兵。右のように,剣術,魔法術など,あらゆる職業のスタンスを提供してくれる。値段は高めなので,的を絞って購入計画を立てるべし

「バックガード」(盾+長剣)→教本使用→ハックアンドスラッシュ(二刀流)

ダンジョン「アル・ケルト・モレッツァ」に挑戦

 MCCレベル3を獲得しても,しばらくはリボルドウェ地方のダンジョン「アル・ケルト・モレッツァ」を主な狩り場とする人が多いはず。実はレベル的には,14を超えたあたりからコインブラ地方の「テトラ遺跡」を狩り場としてもいいのだが,慣れないうちはしばらくアル〜でレベリングしたほうがいいだろう。

 さてアル〜は,城前(正確にはここが,アル・ケルト・モレッツァだ),ナルテックス(B1F),司祭室(B2F),アーケード(B3F)に分かれている。それぞれで出現するモンスターが異なり,段階的に対象とするレベル帯が上がっていく。ここでは,城内各階の出現モンスターと,その特徴をまとめておこう。

 

ナルテックス(B1F)

ジーロット(レベル14)


ヴェダノバナイフ(レベル12)


ゼブライーター(レベル11)


マルカス(レベル13)

司祭室(B2F)

マスクライダー(レベル19)


ヘラティック(レベル18)


ヴェダノバナイフ(レベル16)


ハウンドイーター(レベル17)

アーケード(B2F)

フレンジー(レベル22)


ストーンガーゴイル(レベル24)


ファナティック(レベル21)


レッサーガーゴイル(レベル23)

 ご覧のとおり,ダンジョンの深部へ行くにつれて,キレイにモンスターのレベルが上昇する。どの階のモンスターも大きな特徴はないので,チームの生死を左右するのは,一番足の速いマルカス,範囲攻撃を持つマスクライダー,ぐらいに覚えておけばいいだろう。

 ただし,戦闘を効率良く進めるためのコツはある。
 モンスターの能力値を見ると,人間系のジーロット,ヴェダノバナイフ,ヘラティック,フレンジー,ファナティックは,属性への抵抗が低いのが分かる。そしてそのほとんどが,属性抵抗と反比例するかのように,防御力がやや高い。
 つまり,もし攻撃対象を敵1体に絞らないのであれば,ファイターやマスケッティアの物理攻撃は悪魔系や昆虫系へ,属性をもつ魔法攻撃は人間系へ,と攻撃を分散させると効率が良いのだ。とくにウォーロックの範囲攻撃で複数の敵を一網打尽にしたい場合は,人間系のモンスターをたくさん集める作戦が有効である。
 こういった小さな知識の有無が,結果的にレベリング速度の差を生む。上級者の凄まじい速さのレベリングは,このあたりにも秘密があるのだ。

 

画像左のように敵を引き付けて……,範囲魔法でドーン。これが戦闘の基本だ。ちなみに近接戦闘を得意とするファイターも,スタンスによっては範囲攻撃可能なスキルがある

 先ほどから“コツ”や“効率”の話ばかりしているが,ここでも戦闘のコツをいくつか書いておこう。この先も戦闘は続くし,覚えておいて損はないはずだ。

 

ダンジョンでの戦闘は,“部屋の中央”を避けるべし

 キャラクターとモンスターのレベル差があまりない場合は,ダンジョンの部屋の中央で戦うのはやめよう。敵の索敵範囲はかなり広く,開けた場所の中央で戦っていると,周囲からほかのモンスターがワラワラと集まってくる。ここは,できるだけ壁際で,敵を選んで戦うのが吉。場合によっては,部屋で敵を集めて廊下で戦うのもいいだろう。

キャラクターが死んだらダンジョンをダッシュすべし

 必ず成功するわけではないので,強くお勧めはしないが,例えばB1でチームの一人が死んでしまった,なんてことがあったら,すぐにバラックに戻ったりゲームを終了したりしないで,ダンジョン深部まで走り抜けてみる手もある。運が良ければ次の階まで辿り着いて,新たなウェイポイントにタッチできるかもしれない。

次,できれば次の次の装備を買っておくべし

 モンスターと戦っていると,いつの間にかレベルが上がっていることがある。とくにレベル20までは非常にテンポ良く上がるので,ダンジョンに行く前に,次,できれば次の次のレベルで装備できる武器/防具を買っておきたい(装備できるアイテムは,序盤ではレベル8,12,16,20という段階で変わる)。いちいち街に買いに戻るのは時間がかかるし,お金もかかる。まあ節約術ですな。

お金が欲しければ弱いモンスターと戦うべし

 「レベルが上がったのに装備を買うお金がない!」なんてときは,比較的楽に倒せるモンスターを相手にお金を稼ごう。というのも,強い敵だからといって必ずしも高額のアイテムを落とすわけではないからだ。以下の「ドロップアイテム店売り価格早見表」(開拓支援支部制作)を見て,ちょうど良い稼ぎ場所を見つけるのだ。

※B1のモンスターがよく落とすアイアンピース二つで,B3の敵が落とすスチールピース1個分とほぼ同額。お金が欲しいときは,割り切って弱い敵をたくさん倒したほうが効率がいい

コイツに注意!

これがマレに出現するエリートモンスターだ。体力,攻撃力,すべてにおいて,ベースとなるモンスターより一回りは強い。ただ,クローズドβテストと比べると,出現頻度は極めて低くなった

 先ほど,「モンスターのレベルはダンジョンの深度にキレイに比例する」と書いたが,レベルに関係なく強いモンスターもいる点に注意。実は各階で,マレに“エリート”と名のついた,通常よりも強力なモンスター(総じて,体も大きい)が出現するのだ。群れで襲われても平気な場所で戦っていたら,いつの間にか敵にエリートが混じっていて全滅しました,なんてこともよくある。
 名前こそエリートとついているが,姿形は通常のモンスターとほぼ同じなので,キチンとダメージ表示を見て,異変を察知できるようにしておこう。あと,言うまでもなく,スカベンジャーシリーズにもお気をつけて。

 

グリムリッパースカベンジャー
敵を右クリックすると,画面右のように敵の能力値を見られるのをご存じだったろうか(恥ずかしながら,筆者は最近気づいた)。レベル:35,HP:16985というグリムリッパースカベンジャーの能力値を見て,その強さに納得

NPCを仲間にしてみる ……と同時に,ミッションモードに挑戦

街のいたるところで,彼女のような見知らぬプレイヤーキャラクターを見かけるはず。これはすべて,そのプレイヤーが仲間にした(元)NPCだ。現時点でも20体以上の雇用可能NPCが見つかっているので,旅のお供の候補者として,考えておきたい

 第1回でもわずかに触れたが,GEではNPCをチームメンバーとして加えられる。基本的にNPCは,プレイヤーがデフォルトで使える5職業に準拠した能力を有するが,NPCは個々にパラメータを持ち,中には“ファイター+スカウト”のようなハイブリッドな能力を持つものもいる。第6,第7以上の職業があるというわけだ。

 これらNPCを仲間にするための条件はさまざまだ。家門ポイントを消費するだけで仲間になるもの,クエストをこなせば仲間になるもの,そしてここで紹介するミッションモード(広義にはクエストだが)をクリアすれば仲間になるものなどがいる。

 

 ミッションモードは,クエストで発生するゲームモードの一つ。時間も場所も通常のフィールドとは異なる,クエスト専用のモードである。
 ミッションモードを持つNPCに話しかけると,まずは専用のロビーウィンドウが開く。ここでルームを作成するか,すでに存在するルームに参加することで,ミッションモードを開始できる。ルームで管理されているので,ミッションモード用の戦闘フィールドへ移動できるのは参加者だけだ。つまり一般的なMMORPGでいう「プライベートダンジョン」や「インスタンスダンジョン」のようなものと考えればいいだろう。

 では実際に,リボルドウェ近隣にいる,ミッションモード付きのクエストを持つNPCに話しかけて挑戦してみよう。

 

危機に陥った少女

依頼者:冒険少年ラミロ
条件:依頼者に話しかける
場所:クイーンズゲート
報酬:ラミロカード,500家門ポイント
推奨レベル:15

※何度か話しかけないと本題に入らないので注意

内容:
ラミロが見つけた不思議なダンジョンで倒れている,謎の少女を守る。少女にじりじりと近寄ってくるモンスターを倒して,10分間少女を守れば勝利(達成),少女がモンスターに殺されると敗北(失敗)となる。

ミッションモードのフィールドは,鳥の足のような形をした不思議なダンジョン。終了時間10分が近づくにつれて,モンスターの攻撃も激しさを増していく

占拠された採石場

依頼者:ジャック
条件:依頼者に話しかける
場所:採石場
報酬:(モンスターを倒したポイント+20)家門ポイント
推奨レベル:20

※最初の1回のみ,遂行完了後にジャックに話しかけるとさらに200家門ポイントもらえる

内容:
制限時間16分40秒以内に,マップ中央にいるボスモンスター「ジャケンベア」を倒す。ボスモンスターを倒せば勝利,制限時間超過,もしくはチーム全滅で敗北。

ここでは,リボルドウェ近隣で見られないモンスターが多数登場する。敵を殲滅しながらボスに向かうか,ワープポイントでボス付近まで一気に飛ぶか,戦略を練って挑もう

仲間にしたラミロ。一応ファイター系の素養を持つが,能力は総じて低い。しかし,この愛らしさも捨てがたい。……いや,筆者は捨てたが

 ジャックのほうは,この後も何度かクエストをこなさないと仲間にできないが,ラミロはミッションモード終了後すぐに仲間になる。ミッションモードクリア後にもらえる「ラミロカード」のように,NPCの名前のついたカードが,仲間にできる証しだ。このカードさえもっていれば,バラックでラミロを選べる。

 上記のようにミッションモードは,モンスターを倒すのが目的のもの(討伐)と,何かを守るのが目的のもの(防御)の2種類がある。アル・ケルト・モレッツァの最深部で待ち構えているのも,ボス「ディロスラテム」を討伐するためのミッションモードだ。
 これらミッションモードは,1プレイヤー(1チーム)で挑めるものから,多チームで参加してやっとクリアできるほど,難度の高いものまである。とはいえ,ゲーム的にも報酬的にも魅力たっぷりのモードなので,ぜひ友人を誘って挑戦してほしい。

コインブラに到着!

ババーン! というわけで,新たに追加されたウェイポイントを通じてコインブラに到着。夕暮れの街並みと優雅な音楽によって,ゆったりとしたリラックスポイントとなっている。筆者個人的には,すべてのエリアの中で一番好きかも

 さて前述のとおり,アル・ケルト・モレッツァの最深部には,ボスモンスター「ディロスラテム」の討伐ミッションが待ち構えている。しかし,そのミッションに挑むまでもなく,近くのNPCに話しかけるだけで,プレイヤーがダンジョン最深部へ到達したことがリンドンに報告される。これで,コインブラ,そしてテトラ遺跡方面への出入りが可能になるのだ。

 というわけで,次回以降は引き続き戦闘のあれこれと,スクワッドやPvPなどの各種システムの解説をしつつ,第2の都市であるコインブラ,同じく第2の戦闘フィールドとなるテトラ地方を紹介していきたい。それまで,リボルドウェ近隣エリアをしっかりと開拓しておいてほしい。

 

 

タイトル グラナド・エスパダ
開発元 IMC Games 発売元 ハンビットユビキタスエンターテインメント
発売日 2006/07/21 価格 基本プレイ料金無料,アイテム課金
 
動作環境 OS:Windows 2000/XP(+DirectX 9.0c),CPU:Pentium III/1GHz以上[Pentium 4/2GHz以上推奨],メインメモリ:512MB以上[1GB以上推奨],グラフィックスチップ:GeForce2 MX 400以上[GeForce4 TiまたはRadeon 9000以上推奨],グラフィックスメモリ:64MB以上

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

【この記事へのリンクはこちら】

http://www.4gamer.net/specials/ge_specials/002/ge_specials_02.shtml