新作紹介 : タイタン クエスト〜イモータル スローン〜拡張パック 日本語マニュアル付 英語版

神話をモチーフにした格調高きアクションRPGの拡張パック第1弾

タイタン クエスト〜イモータル スローン〜拡張パック 日本語マニュアル付 英語版

Text by 川崎政一郎
2007年3月20日

 

正統派アクションRPG「タイタンクエスト」に
初の拡張パックが登場

 

クリックタイプのアクションRPGはいくつかあるが,TQは,それらの中でも実によく出来た部類だ

 2006年9月に発売され好評を博したアクションRPG,「タイタン クエスト 日本語マニュアル付英語版」(以下,TQ)。ギリシャ,エジプト,オリエントの神話をモチーフとした世界観や,複数のキャラクターを育成してみたくなるマスタリーシステム,終わりの来ないトレジャーハントなどなど,ファンタジーRPGファンにとって楽しめる要素がふんだんに用意されたゲームだ。「Diablo」シリーズなどのアクションRPGが好きな人に対しては,とくにお勧めしたいタイトルである。
 そのTQの,拡張パック第1弾「タイタン クエスト〜イモータル スローン〜拡張パック 日本語マニュアル付 英語版」(以下,TQIT)が,3月23日に発売されることになった。本稿では,同拡張パックで追加された新要素を紹介していきたい。

 

 

タイフォン討伐後にギリシャ神話における
冥界「ハデス」へと赴く

 

ハデスの景観は全体的に暗めとなっている。死後の世界という雰囲気がうまく表現されており,恐怖感が煽られる

 TQITでは新たな冒険の場として,ギリシャ神話の冥界をテーマにしたAct4“ハデス”が追加される。プレイヤーの分身であるキャラクターは,TQ本編のAct3でラスボスのタイフォンを倒した後,主神ゼウスの指示に従ってハデスへ赴く,という流れだ。
 Act4での冒険は,地上エリアのロードス島から始まるものの,ゲームを進めていくうちに,冥界へ降りていくことになる。ここは死後の世界であるがゆえに,生きている人間は自分以外に誰一人としていない。“三途の河”スティクスや“死後の楽園”エリュシオンなどといった場所で,プレイヤーは孤独な戦いを繰り広げていくことになる。

 

たまに登場する味方NPCも,生身ではなく幽霊となっている。彼らの魂を成仏させるというサブクエストも用意されていた 最終章だけのことはあり,立ちはだかるモンスターは極めて強力。ノーマルランクでも,最低30レベルのキャラクターで挑戦したい Act4のボリュームは,Act3と比べるとやや大きめ。メインクエストとは別に,長編のサブクエストがいくつもある

 

 

キャスタータイプのマスタリー「Dream」が新登場

 

 TQITを導入すると,新たに九つめのマスタリーとして「Dream」を選べるようになる。このDreamマスタリーは,基本的に魔法使い系の特性を持ち合わせており,一度に複数のモンスターと戦うためのスキルを数多く習得できる。その一方で,近接攻撃と相性の良いスキルも選べるため,もう一方のマスタリーとして何を選ぶかによって,キャラクターのスタイルは大きく変わってくるのだ。

 

・Dreamマスタリーと組み合わせたクラス名の一覧

Warfare+Dream Harbinger
Defense+Dream Templar
Earth+Dream Evoker
Storm+Dream Prophet
Dream Only Seer
Hunting+Dream Haruspex
Rogue+Dream Dreamkiller
Nature+Dream Ritualist
Spirit+Dream Diviner

 

●Sands of Sleep系列
 指定した場所の範囲内にいるモンスターを,一定時間眠らせる

 

●Distortion Wave系列
 歪ませた空気をショットガンのように発射し,ダメージおよび鈍化効果を与える

 

●Trance of Empathy系列
 攻撃力や防御力などを向上させるオーラを,3種類の中から選んで張り巡らせる

 

●Phantom Strike系列
 姿を完全に消してモンスターへ忍び寄り,強烈な打撃ダメージを与える

 

●Summon Nightmare系列
 遠隔攻撃タイプのペット ナイトメアを使役して敵と戦わせる

 

●Distort Reality系列
 自分を中心とする一定範囲内のモンスターに,ダメージ/スタン効果を与える

 

 

新規プレイヤーにとってもTQITを導入する価値アリ

 

 先述したハデスは,物語も終盤のAct4という位置づけだが,これから新たにゲームを始めるような人にとっても,TQITを最初から導入しておくメリットはある。とくに,TQITで追加された下記2種類のNPCは,Act1の最初のエリアから登場するので,冒険の一助となってくれるはずだ。

 

●NPC「キャラバン」で別キャラクターとのアイテム移動が可能に
 キャラバンは,持ち運びきれなくなったアイテムを一時保管してくれる。さらに,キャラバンの倉庫スロットは同一PC内の別キャラクターと共有可能だ。リプレイアビリティが高いTQでは,何人ものキャラクターを育成するケースが多いので,キャラバンを通じたアイテム移動は,非常にありがたい機能だ。

 

●NPC「エンチャンター」によるアーティファクト生成
 TQITでは新たに,「Arcane Formula」と呼ばれるレアアイテムがドロップする。それには「レリック」や「チャーム」などのアイテムが,レシピとして記されている。そして冒険中にそれらを集め,NPC「エンチャンター」に渡すと,“アーティファクト”と呼ばれる,特別なアイテムが手に入るのだ。アーティファクトを完成させるのは簡単ではないが,苦労に見合う絶大な効果が得られるはずだ。

 

●500種類以上のアイテムが追加
 アーティファクトのほかにも,補助魔法などの効果を一時的に得られるスクロールや,Act4にちなんだユニークアイテム/セットアイテムなどが多数登場。これら新アイテムの合計は500種以上に達するとのこと。TQITによって,トレジャーハントの面白みはさらに増すこととなる。

 

 

 

アクションRPGファンに広くお勧めしたい内容

 

 TQITには,TQ本編の経験者のみならず,新規プレイヤーにとっても嬉しいシステムが盛り込まれている。中でもキャラバンによる倉庫機能は,アーティファクトを作成しようとするときにとても重宝する。ハデスで得られる多種多様なアイテム類も,倉庫のおかげで気軽に収集できるので,心ゆくまでトレジャーハントが楽しめるだろう。
 TQプレイヤーはもちろん,まだ本編をプレイしたことがないという人も,アクションRPGが好きな人なら,購入を検討してみてはどうだろうか。ちなみに,もし,本稿を読んで初めてTQに興味を持ったという読者がいたら,以前掲載したレビュー週刊連載をぜひ一度見てもらいたい。

 

タイトル タイタン クエスト〜イモータル スローン〜拡張パック 日本語マニュアル付 英語版
開発元 Iron Lore Entertainment 発売元 ズー
発売日 2007/03/23 価格 6090円(税込)
 
動作環境 OS:Windows 2000/XP(+DirectX 9.0c以上),CPU:Pentium 4/1.80GHz以上[Pentium 4/3GHz以上推奨],メインメモリ:512MB以上[1GB以上推奨],グラフィックスチップ:GeForce3またはATI Radeon 8500以上[GeForce FXまたはATI Radeon 9700以上推奨],グラフィックスメモリ:64MB以上[128MB以上推奨],HDD空き容量:10GB以上,オンボードグラフィックスは動作保証外,Windows Vistaは動作対象外

(C)2007 THQ Inc. Developed by Iron Lore Entertainment. IRON LORE ENTERTAINMENT and the IRON LORE LOGO are either registered trademarks or trademarks of Iron Lore Entertainment, Ltd. in the United States and/or other countries, used under license. GameSpy and the“Powered by GameSpy” design are trademarks of GameSpy Industries, Inc. All rights reserved. The NVIDIA logo and“The way it’s meant to be played”logo are registered trademarks or trademarks of NVIDIA Corporation. THQ, Titan Quest, Titan Quest Immortal Throne and their respective logos are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc. All rights reserved. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.

【この記事へのリンクはこちら】

http://www.4gamer.net/preview/tqit/tqit.shtml