オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/04/23 12:14

ニュース

AMDからAppleへ移っていたGPUアーキテクトRaja Koduri氏がAMDに復帰

Raja Koduri氏。この写真は2005年10月に米国で開かれた「Radeon X1000」シリーズ発表のときのもの
 米国時間2013年4月22日,AMDは元Appleのグラフィックスアーキテクチャ担当ディレクターであるRaja Koduri氏(ラジャ・コドゥリ)を,ビジュアルコンピューティング部門担当副社長(Corporate vice president, Visual Computing)に迎えたと発表した。

 Koduri氏は,旧ATI TechnologiesでGPUアーキテクトとして,Radeonシリーズの開発など,グラフィックスハードウェアやソフトウェアの開発を担当していた人物だ(関連記事)。ATI TechnologiesがAMDに買収されたあとは,AMDにてグラフィックス部門の最高技術責任者(CTO)を務めていたこともあった。
 そのKoduri氏がAMDを退職し,Appleへと転職したのが2009年。その後同氏はAppleにてグラフィックス部門を率いていたのだが,このたび同社を離れて古巣のAMDへと戻り,再びビジュアルコンピューティング部門を担当することになったというわけだ。

 PlayStation 4のAPUに同社製品が採用されるなど,復調の兆しが見られるAMD。GPU設計やソフトウェア開発に20年のキャリアを持つというKoduri氏の復帰で,AMDのグラフィックス製品開発は,さらに勢いを増すことになりそうだ。

Koduri氏復帰に関するAMDのニュースリリース(英語)

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月18日〜06月19日