オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Nintendo Switch本体公式サイトへ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
西川善司の3DGE:2016年新年企画。任天堂次世代機の姿を公開特許文書から推測する
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/01/06 00:00

連載

西川善司の3DGE:2016年新年企画。任天堂次世代機の姿を公開特許文書から推測する

 新年あけましておめでとうございます。
 今年一発めの3Dゲームエクスタシーは,「当たるも八卦,当たらぬも八卦」的な「2016年の予測 featuring 妄想」という,予測と妄想のコラボアルバム的な内容でお送りします。最近の技術動向を踏まえつつ技術情報を読み込んだ筆者による「想像」なので,その点を十分に理解のうえ,外れたら温かいまなざしを,当たったら拍手喝采をよろしくお願いします(笑)。

公開された特許技術文書
NX(開発コードネーム)
 というわけで,お題は任天堂の次世代ゲーム機。
 2015年12月初旬,任天堂が米国特許商標庁に出願していた特許技術公開となった
 特許技術というのは,出願の重複を避けるために定期的に公開されており,各業界の研究者は,こうして公開された情報を吟味することで,「あ,この技術ではもう特許が取得できないな」と理解するわけである。

 一方,筆者のような立場の人間からすると,今回の特許技術は,「NX」という開発コードネームで知られる任天堂の次世代機がどうなるかを推測する大きなヒントになる。ならば,筆者も推測してみようというのが,今回のテーマだ。


公開された特許文書に出てくる図を考察


 任天堂が出願し,公開された特許技術情報は,極めて具体的な図版を多く含んでいる。そのほとんどがゲームコントローラ――ゲームパッド風だが,今回は便宜的にゲームコントローラと表記する――に関連するもので,次世代ゲーム機の姿を想像するための大きなヒントとなり得るわけだが,まずはその1つを下に示してみよう。

任天堂が特許出願した新型ゲームコントローラの俯瞰図。簡略的な模式図なのでやや分かりにくいが,左右にある五角形の部分は,押し込み操作にも対応した,8方向ガイド付きアナログスティックになる
NX(開発コードネーム)

 ボディ奥側の外郭にはショルダーボタンがあり,左右手前側にホールド用のグリップが突き出て,さらに左右2本のアナログスティックがあるというシルエットは,DUALSHOCK 4やXbox One Controllerなどと同じように使う,スタンダードな両手持ちタイプであるように見える。
 ただ,任天堂の次世代機用ゲームコントローラは,天面部が液晶パネルになっているという点で,既存のものとは決定的に異なる。説明に用いられている図を見る限り,この液晶パネルはほぼ額縁がないデザインで,アナログスティックを除く天面部をすべて覆う(=額縁がない液晶パネルの2か所をアナログスティックが貫通するような)デザインになっている点が興味深い。

新型ゲームコントローラのグリップスタイルと天面液晶パネルを示した図
NX(開発コードネーム)

 特許文書には,具体的な利用イメージも出ているので,紹介しておこう。タッチセンサー付きの液晶パネルは,「単にゲーム画面を映す」だけではなく,「移動したければこのスティックを倒す」など,ゲームに関連した操作ガイダンスを表示したり,液晶パネル上にアイコンを表示して,それをボタンとして使ってもらうようにしたりといったこともできるようになっているようだ。

FPSっぽい,一人称視点のゲームをイメージした図。このプレイスタイルだと,携帯ゲーム機っぽい感じになりそうだ
NX(開発コードネーム)
額縁のない液晶パネルを仕様しているため,「しゃがむ」(SQUAT)などといったガイド表示を,左ショルダーボタンから伸びるように表示できる。同様に,アナログスティックに対してガイド表示を行うことも可能だ
NX(開発コードネーム)
RPGっぽいイメージ図。アナログスティックの周囲にアイコンが並んでおり,これらをボタンとして使うことができるようになっている
NX(開発コードネーム)

 なお,これら図版を見る限り,実体のあるボタンは左右のショルダーボタンだけで,WiiおよびWii Uにあったメインの4ボタンは,ゲームコントローラ上から姿を消している。言い換えると,アナログスティックの押し込みとショルダーボタン以外のボタン操作は,液晶画面に表示されるアイコンなどをタッチして行うことになる。

 なお,特許文書の26ページ[0028][0029]には,このゲームコントローラが加速度センサーや2軸のジャイロセンサーも搭載し,Wii Uゲームパッド的な「コントローラ自体を動かしてのジェスチャー入力」に対応する旨も記載されていた。


このコントローラ単体がゲーム機として動作する!?


 ここからは技術視点で,筆者独自の“妄想的”考察を行っていきたい。
 まずは,この特許文書に描かれているコントローラが「果たしてただのゲームコントローラなのか」という点からだ。

特許文書にあるブロック図。これだけ見たらゲームコントローラとは思えないほどリッチだ
NX(開発コードネーム)
 結論から言えば,筆者は,これはゲームコントローラではなく,単体で動作する,もしくは単体での動作も可能なゲーム機であると推測している。
 そう考えるに至った根拠はいくつかあるのだが,技術文書の端々から,高度なプロセッサ(=CPU)と容量の大きなメインメモリ,豊富な周辺I/O機能を備えていることが読み取れる。たとえば35ページの[0176][0177]がそうだ。また,同じく35ページの[0178][0179]あたりを見ると,「内蔵の無線LANコントローラを使ってほかのコンピュータやインターネットに接続できるようになっており,インターネットからゲームプログラムをダウンロードして実行し,ほかのユーザーと通信しながらゲームプレイを行える」といったことまで書かれていたりするのは大きい。

 「単体でインターネットに接続できる」という機能は「Webブラウザを実行できる」という意味にも取れるわけだが,実際,技術文書には,Webブラウザを縦画面で利用したときのイメージもあり,とても興味深い。

Webブラウジングを想定した使い方の例示図。縦方向コンテンツが多いWeb画面を閲覧するのに便利な,縦画面表示モードにも対応している。画面サイズや解像度に関する情報は特許文書に何の記載もないのだが,Webブラウジング用に“切り抜かれた”矩形部分の領域は,ちょうど現在の主流なスマートフォンサイズでもある5〜6インチ前後になるような(つまり,コントローラ自体はかなり大きなものになる)気がする
NX(開発コードネーム)

 「ゲームを単体で実行できる」「Webブラウザを実行できる」ということから,搭載するプロセッサは,最低でも,今日(こんにち)のスマートフォンクラスのSoC(System-on-a-Chip)だと,筆者は考えている。NVIDIAの「Tegra X1」に代表される,3D性能の高いハイエンドSoCを採用している可能性も十分にあるだろう。

冒頭で示した図を再掲。「40」のところが注目のカードスロットだ。特許文書の28ページ[0084]に,具体的な用途が書かれている
NX(開発コードネーム)
 また,興味深いのは,本体奥側,左右ショルダーボタンに挟まれたカードスロットで,特許文書には「ゲームカートリッジ,SDカード,SIMカードを想定したメディアスロット」という説明がある。これがそのままの意味であれば,ニンテンドー3DSのようにゲームカートリッジを差してプレイできるだけでなく,SIMを差せば,無線LAN環境がない状況下でもインターネットに接続して,ゲームをダウンロードしたり,オンラインでゲームプレイしたりできるようになるだろう。

 特許文書には,「旧世代ゲーム機のゲームを動かしたときの想定図解」までが紹介されているのも印象的だ。

旧世代ゲーム機の映像を表示したときのイメージ図
NX(開発コードネーム)

 ニンテンドーDSやニンテンドー3DS,あるいはWii Uとの互換機能を搭載するのかどうかは明示されていないが,仮に互換機能を持つとすると,ニンテンドーDSやニンテンドー3DS用のゲームタイトルをプレイするにあたっては,追加画面が必要になる。

 もし,NVIDIAの「SHIELD Portable」のようなクラムシェルチックな追加ディスプレイが装着可能だとすると,下画面となるコントローラ側はタッチ対応なので,ニンテンドーDSおよびニンテンドー3DSが持つ操作系との辻褄は合う。また,そこまで大がかりでなくとも,Wii UとWii U GamePad的なイメージで,テレビなどのディスプレイデバイスと組み合わせれば,追加のコストなしで2画面構成をとることもできるだろう。


額縁レス&穴あきディスプレイパネルの正体は?


 続いては,今回明らかになったゲームコントローラ(的ゲーム機?)の根幹技術ともいえる,特徴的な液晶パネルについてだ。
 筆者は,これがシャープの「Free Form Display」(以下,FFD)技術を使った液晶パネルだと確実視している。ニンテンドーDSとニンテンドー3DSの液晶パネルをシャープが供給してきたという,過去の任天堂とシャープの関係を鑑みても,ほぼ間違いない。

シャープの自由形状液晶パネル技術であるFFDを用いた,自動車のコンソール向けのサンプル。画素単位で切り出された円弧状の輪郭や,湾曲(=曲げ)にも対応している点,切り欠き付きパネルを実現できている点に注目してほしい
NX(開発コードネーム) NX(開発コードネーム) NX(開発コードネーム)

 2014年に一般公開されたシャープのFFD技術は,液晶画素を駆動するゲートドライバーなどを画素単位に形成することで,画素単位の自由形状切り出しを可能にしている。この技術を活用して,液晶パネルに穴を開け,そこにアナログスティックを通しているはずだ。

NX(開発コードネーム)
アナログスティック部の断面図
NX(開発コードネーム)
図中「32」はアナログスティックを貫通させるための穴。アドレス線が穴を迂回していることと,「切り落とした画素」が円形ではなく矩形であることがこの図から読み取れよう

 なお,特許文書の27ページ[0072]には,ニンテンドー3DSと同形式の液晶視差マスクを組み合わせた裸眼立体視とタッチパネルにも対応可能だという記述があった。これは,ニンテンドー3DS的な立体視に対応し,また,ニンテンドー3DSでは下側の平面視対応液晶パネル側でしか行えなかったタッチ操作を,この新型コントローラでは立体視対応の画面にも適用していく可能性を示唆していることになる。


次世代ゲーム機であるNXの「考えられる3パターン」


 公開された特許文書から読み取れるのは,ざっとこのくらいだろうか。
 文書に書かれていない事柄で最大の謎となるのは,「箱型の本体に相当するものが存在するのかどうか」という部分である。この新型ゲームコントローラが単体でゲーム機として完結すると仮定しても,だ。
 書かれていない以上,この点については想像するしかないのだが,それでも,いくつかのパターンには絞り込める。

Wii U
NX(開発コードネーム)
 1つめは,ひとまずWii Uのコンパニオン的なデバイスとして,この新型ゲームコントローラをリリースするというものだ。単体でニンテンドー3DSの後継機として利用でき,かつ,Wii U GamePadの新型にもなるという位置づけである。
 Wii Uの発売は2012年の年末だ。任天堂側で,Wii U自体を世代交代させるにはまだ早いという判断があった場合,このパターンの可能性は十分にあり得るだろう。

 2つめは,Wii Uのライフタイムを早々に切り上げ,新世代の据え置き型ゲーム機を設定したうえで,この新しいゲームコントローラもリリースするというものだ。つまり,新世代の据え置き型ゲーム機として本体が登場し,特許文書にある新型ゲームコントローラは,単体でもゲーム機として利用でき,さらに新世代据え置き型ゲーム機の専用コントローラにもなるというわけである。
 いわば,Wii UとWii U Game Padのような関係であるが,この場合,新型ゲームコントローラが,単体で携帯ゲーム機として使えるというのが,Wii U GamePadとは決定的に異なるポイントとなる。「リモートプレイでつながったPlayStation 4&3とPlayStation Vita」の関係を拡張したようなイメージだろうか。PlayStation VitaがPlayStation 4とPlayStation 3の両方でリモートプレイに対応するのと同じように,新型ゲームコントローラが,新世代ゲーム機とWii Uの両方で使えるようになる,という可能性はあるかもしれない。
 このパターンでは,新型のゲームコントローラ単体でもゲームをプレイできるが,ベースステーションとなる新世代据え置き型ゲーム機本体と組み合わせれば,より規模の大きいゲームが遊べたり,本体側のパワフルなGPUで近代的なグラフィックスも楽しめたりすることになる。

 3つめは,この新型ゲームコントローラが,「携帯ゲーム機モード」と「据え置き型ゲーム機モード」,2つの動作モードを持つというものである。
 AC電源を接続したときに限り,内蔵するプロセッサがフルスペックで稼動し,ハイエンドの据え置き型ゲーム機としてその性能を遺憾なく発揮するが,バッテリー駆動時や,あえて携帯ゲーム機モードにしてあるときは,相応の消費電力と性能で動くというイメージだ。
 「世界の据え置き型ゲーム機市場はPlayStation 4とXbox Oneによる熾烈な戦いが佳境に入っており,このタイミングで両ハードに対して正面から挑むことは得策ではない」「かといってスマートフォン全盛というこのタイミングで,携帯ゲーム機1本でやっていけるとは思えない」「であれば,1台で,据え置き機と携帯機のいいとこ取りをするのはどうか」。そんなストーリーが任天堂の中であったとすれば,この選択もないとはいえないだろう。

 2つめと3つめの場合,据え置き型ゲーム機としてのスペックが,ここ数年,北米市場を中心としてリリースされ,目立った戦果を挙げていないAndroidベースのセットトップボックス的なものだったりすると,物議を醸しそうだが,それも「なきにしもあらず」だ。任天堂がどの市場を狙っているかで,据え置き型ゲーム機としての性能は左右されそうである。


明らかになったゲームコントローラはNXの一部なのか,NXそのものなのか


NX(開発コードネーム)
 特許文書として開示された新型ゲームコントローラが,NXの一部なのか,NXそのものなのかは依然として分からない。ただ,この新型ゲーム機が「単体でゲームを動かせる」のは重要なポイントだ。SIMも差せる携帯ゲーム機という観点からすれば,AndroidおよびiOS用として発表済みの「Pokémon GO」は,本コントローラ向けのキラーコンテンツとして出てくる可能性が高いだろう。

 いずれにせよ,今年のE3 2016でNXと呼ばれる新型ゲーム機の正体は明らかになるはずである。首を長くして待ちたい。

任天堂公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Nintendo Switch本体

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月09日〜12月10日
タイトル評価ランキング
83
ペルソナ5 (PS4)
79
討鬼伝2 (PS Vita)
74
No Man’s Sky (PS4)
2016年06月〜2016年12月