オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[TGS 2015]PS4の値下げやPlayStation VRについて,SCEワールドワイド・スタジオの吉田修平氏に合同インタビュー
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/09/18 11:03

インタビュー

[TGS 2015]PS4の値下げやPlayStation VRについて,SCEワールドワイド・スタジオの吉田修平氏に合同インタビュー

吉田修平氏(プレジデント,ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ)
PS4本体
 東京ゲームショウ2015の初日となる2015年9月17日,ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオのプレジデントである吉田修平氏への合同インタビューが行われた。9月15日に行われた「SCEJA Press Conference 2015」での発表や,東京ゲームショウ2015での出展内容を中心に,PlayStationプラットフォームの展開について答えてもらったので,その模様をお伝えしよう。

――SCEJA Press Conference 2015が行われ,さまざまな国産のPlayStation 4(以下,PS4)用タイトルが発表されました。PS4は,発売直後は海外で大きな反響があり,日本でも海外タイトルが中心だったように思いますが,それもだいぶ変わってきた印象があります。PS4の国内展開における調子について,吉田さんはどう感じていますか。

吉田修平氏(以下,吉田氏):
ドラゴンクエストヒーローズ
PS4本体
 今年の春商戦で,「ドラゴンクエストヒーローズ」や「龍が如く0 誓いの場所」「GOD EATER 2 RAGE BURST」,あとはうちの「Bloodborne」など,日本のタイトルが多く出たことで,売り上げは大きく伸びました。その後も,「ウィッチャー3 ワイルドハント」や「バットマン:アーカム・ナイト」などのクオリティの高い海外タイトル,そして先日の「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」などが発売され,勢いとしては非常に上向きだと思います。2016年の発売予定を見ても,日本のユーザーが好きなシリーズの新作が多く控えていています。
 我々としては,こういった上向きの流れを感じて,先日発表したようにPS4の値下げを行い,勢いを後押ししようと決めました。

――日本でのPS4の普及は,これからが本番だということですね。

吉田氏:
 そうですね。去年の今頃は,欧米のパブリッシャがPS4に移行を進めている一方で,国内はまだPlayStation 3(以下,PS3)とPS4のマルチという段階でした。これが今では,国内でもPS4への移行の流れができていて,専用タイトルが増えていくというのは,カンファレンスの発表でも感じていただけたと思います。
 PS4への移行は,ソフトの販売数にも現れていて,春の段階だとPS3版とPS4版がどっちも同じぐらいという状態だったのが,METAL GEAR SOLID Vなんかは圧倒的にPS4版が上になっています。こうしたことから,国内のパブリッシャさんも,ビジネス的に移行する時期だと考えているのではないでしょうか。

――カンファレンスで発表されたタイトルで,吉田さんが個人的に楽しみにしているタイトルはありますか。

吉田氏:
 自社のものはみんな楽しみですけど,他社さんでいえば「仁王」が気になりますね。ムービーの最初は「鬼武者みたいなゲームかな?」と思ったんですが,いきなり鬼みたいなのが現れて,シブサワ・コウさんが「これ死にゲーなんですよ」って(笑)。
 私は「ソウル」シリーズ(「Demon's Souls」や「DARK SOULS」)が好きなので,コレだ! って思いました。
 あとは「ドラゴンクエストビルダーズ」ですね。今はPS Vita版の「Minecraft」が小学生に普及してきているので,そういった層にPS4をアピールできるタイトルなんじゃないかなと。
 それとアトラスさんの「十三機兵防衛圏」はすごく遊んでみたいです。
 皆さんは,気になったタイトルはありましたか。

――カンファレンスの最初に発表されたBloodborneのDLC「The Old Hunters」を早く遊びたいです。

吉田氏:
 あれはコンテンツの量がけっこうすごいことになってますよ。もともと,DLCを分割して出そうかという話はあったんですが,1回にまとめたほうが良いものができるという意見を開発からいただきまして。エリアも武器もいろいろ増えますし,ボリュームにはぜひ期待してください。

――ファーストパーティタイトルの中では,「GRAVITY DAZE」も印象的でした。PS4版や続編,マーチャンダイズなど大きな展開が発表されましたが,今後は主力タイトルとして扱っていくという認識でよいでしょうか。

吉田氏:
New みんなのGOLF
PS4本体
 GRAVITY DAZEと,あとは「New みんなのGOLF」もそうなんですが,我々が日本・アジア市場を第一に考えて開発するタイトルとして力を入れています。
 SCE ジャパンスタジオは,我々の開発スタジオの中でもユニークなポジションにあって,「日本のユーザーさんが好む,日本のデベロッパが作るゲームを制作していく」というミッションを担っているんです。昨今,海外の市場が大きくなり,開発費も高くなって,その中で日本向けに作ったタイトルがビジネスとして成り立つのかという問題がありますよね。そこでファーストパーティとして,日本向けに作られたものがちゃんと海外でもウケるんだとお見せできるよう,開発に取り組んでいます。

――仮想現実対応ヘッドマウントディスプレイ「Project Morpheus」の正式な製品名が「PlayStation VR」に決定しましたが,これは2016年の製品化に向けて一歩進んだということでしょうか?

吉田氏:
PS4本体
 ええ。このままではMorpheusという名前が浸透してしまって,プロモーション面でも困るので,ひとまず製品名は先に出そうと,カンファレンスで発表しました。PlayStation VRという名前は,以前から決めていたんです。VRという新しい遊びがどんなものなのかが一般の方に伝わっていない中で,皆さんがご存知のPlayStationという名前を入れよう。最近話題になっているVRがPlayStationに来るんだと分かるようにしようと考えて名付けました。

――東京ゲームショウで体験できるPlayStation VRのデモを見ると,ゲームっぽいものよりは技術デモの側面が強いものが多いのですが,ローンチ時にはいろいろなゲームが出る形になるんですか。

吉田氏:
 なると思います。今回,いろんなパブリッシャさんのデモが出展されていますが,これまでは開発現場から作りたいという声があっても,会社的にゴーサインがでないという状態だったと思うんです。それが今は,やってみて,反応がよければ商品化を考えようという段階まで踏み出していただけたという手ごたえを感じていますので。
 これまでに披露したPlayStation VRの体験デモは,どのデモが選ばれるかはランダムだったんですが,東京ゲームショウでは遊びたいものを選べるようにしました。「ファイナルファンタジー」や「ダンガンロンパ」「初音ミク」のようなファンの多いIPには,ぜひファンからの熱い反応を返してあげてください。

――海外市場を見ると,中国のマーケットが開放されたというのは,PlayStation VRにとっても大きなことなのでは?

吉田氏:
 大きいですね。上海や台湾のデベロッパさんとお話をすると,PlayStation VRで作りたいという声を聞くんですよ。PlayStationのゲームって,アジア発のものは少なかったんですが,ここにきてそういったことを言っていただけるのは嬉しいですね。
 まだ発表できていませんが,そのうちアジア発のPlayStation VR用デモが出てくると思います。
 VR関係のタイトルはまだまだこれからなので,チャンスだと思うんですよ。タイトルが少ないうちに良いテーマのものを出せば,世界で遊ばれますから。

――中国には日本のコンテンツが好きな方も多いですし,日本のデベロッパがPlayStation VRに参入する後押しにもなりそうですね。

吉田氏:
 なると思います。SCEもジャパンとアジアを合併してジャパンアジアになりましたが,今やアジア市場の売り上げは無視できないものになっています。国内のパブリッシャさんでも,中国語版を出したら売り上げが伸びた実績も出ていますし。プレイヤーの好みを見ると,日本のタイトルも欧米のタイトルもどっちも売れるという感じで,香港のゲームショップでは,ドラゴンクエストとウィッチャーのポスターが並んでいたりして面白いですよ。
 しかも,PS4はソフトをコピーされませんから。以前はハードは売れてもソフトは売れないという市場でしたが,今やソフトもちゃんと売れます。技術的な話だけでなく,文化的に「コピー品を遊ぶのはよくない」という考えも徐々に浸透してきているようです。

――PlayStation VRの発売日や価格の発表はありませんでしたが,2016年上半期に発売という予定に変更はありませんか。

吉田氏:
 はい,変わっていません。

――価格は本体より高くはしたくないというお話が以前ありましたが。

吉田氏:
 アンディ社長が言っていましたね。私は言ってませんけど(笑)。
 ハードの開発自体は順調で,今はシステムソフトウェアの開発をがんばっている段階です。

――9月16日よりBetaサービスが開始された「PlayStation Now」の反響はいかがでしょうか。

吉田氏:
 今のところ,技術的な問題はまったくありません。βの段階からユーザー体験としては良い反響をいだたいていて,いろんなタイトルをつまみ食い的に試している方が多いみたいですね。唯一心配だったのが,古いルーターでWi-Fiを使っていると途中で途切れてしまうケースが確認されていることなのですが,その場合はルーターを変えて試していただけると助かります。

――最後に,東京ゲームショウに来場される皆さんに,とくに見てほしいというものを教えてください。

 いっぱいあるんですが,個人的にはやっぱりPlayStation VRですね。朝早く来て予約しないと難しいとは思いますが,ぜひ遊んでみたいタイトルを体験していただいて,感想を教えてほしいです。

――ありがとうございました。

PlayStation 公式Webサイト

4Gamer「東京ゲームショウ2015」特設サイト


  • 関連タイトル:

    PS4本体

  • 関連タイトル:

    PlayStation VR

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
56
アズールレーン (iPhone)
2017年04月〜2017年10月