オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PCゲーム
Xbox One
PS3/PS4
PSV
Wii U
3DS
スマホ
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
アーケード
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/02/22 19:03

テストレポート

PS4の内蔵HDD交換,完全ガイド。自己責任ながら難度は低め

 2014年2月22日に国内発売となった「PlayStation 4」(以下,PS4)。すでに購入し,遊び始めたという人も多いと思われるが,そんなPS4では,内蔵HDDの交換が可能とされていることから,「500GBでは不安だし,大容量化したい」「できればもっと速いストレージに交換したい」と思っている人も少なくないのではなかろうか。

 そこで4Gamerでは,交換用の内蔵ストレージデバイスを用意し,実際に交換してみることにした。写真を多めに,可能な限り多くの読者が自力で交換できるよう配慮したつもりなので,内蔵ストレージデバイスの交換を検討している人は,ぜひ一度チェックしてもらえれば幸いだ。
 なお,ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアの立場は「内蔵HDDは換装できる」というものである。換装を行ってもPS4の保証が無効になったりはしないが,換装した結果についての保証は何もないので,本稿の内容を試してみる場合は,あくまでも自己責任で行ってほしい。


ストレージの交換にあたって必要なもの


 さて,PS4のストレージ交換にあたって必要なのは,

  1. Serial ATA 3Gbpsに対応する,厚さ9.5mm以下で容量160GB以上の2.5インチ内蔵型ストレージデバイス
  2. 容量1GB以上のUSBストレージデバイス
  3. 3mm径程度のプラスドライバー

店頭で購入してきたMQ01ABD100H。1万円程度と比較的手頃なこともあり,“PS4特需”で,秋葉原では品薄になっているようだ
PS4本体
の3点である。1.は簡単にいえば,PCパーツショップなどで購入できる,ノートPC用の2.5インチHDDやSSDのこと。公式には容量160GB以上のものが推奨されているので(関連記事),この容量を超えるものであれば,基本的にどれを選んでも構わない。心配な場合は店頭で「厚さが9.5mm以下かどうか」を店員に確認するといいだろう。
 今回筆者は,容量1TBの東芝製の2.5インチHDDで,容量8GBのNAND型キャッシュメモリも搭載する「MQ01ABD100H」を購入した。これだとHDDの厚みは実測9.25mmなので,条件を満たしている。

 ちなみに,「Serial ATA 3Gbps」という条件は,新品の2.5インチHDDやSSDであればまず間違いなくクリアしているため,あまり気にしなくていい。店頭や通販サイトでは「Serial ATA 6Gbps」「Serial ATA III」などといった表現がなされていることもあるが,これらはSerial ATA 3Gbpsの上位規格と言ってよく,下位互換が取られているため,「こう書かれていたら条件をクリアしている」という理解でOKだ。

USBフラッシュメモリの例
PS4本体
 次に2.は,PS4のシステムソフトウェアを導入するのに使う。ストレージは何でもいいようだが,試した限り,USB 2.0もしくは3.0接続のUSBフラッシュメモリがFAT32でフォーマットされていれば利用できた。ほかのファイルを消しておく必要もないようである。

PS4本体
ディスクは,用途に応じて,さまざまな形式が採用されている。「FAT32」というのもその1つで,簡単にいえば,非常に汎用性の高い形式だ。FAT32かどうかはディスクのプロパティから確認できるので,ここでチェックしておこう
PS4本体
もし手元にあるUSBストレージデバイスがFAT32形式になっていない場合は,Windowsならエクスプローラからデバイスを選して右クリック→「フォーマット」で,FAT32形式での初期化が行える。初期化すると中身はすべて消えるので要注意

PlayStation 4システムソフトウェア アップデートページで,「アップデート(システムソフトウェアを再インストール) 本体のハードディスク交換/初期化の際の再インストール方法はこちら」まで進んだところ
PS4本体
 システムソフトウェアは,ひとまずPCからUSBストレージデバイスへ保存する必要がある。
 PCからPlayStation.comの「PlayStation 4システムソフトウェア アップデート」ページへアクセスし,まず「アップデート方法」から「パソコン経由でのアップデート」を選択。その後遷移先で「アップデート(システムソフトウェアを再インストール) 本体のハードディスク交換/初期化の際の再インストール方法はこちら」をクリックすると,(2)のところに,

  • アップデートファイル(再インストール用)ダウンロード 約900MB
    クリックするとダウンロードが始まります。

というリンクがあるので,これを押そう。すると,「PS4UPDATE.PUP」というファイルのダウンロードが始まるはずだ。なのでこれを,先ほどのUSBストレージに保存すればいいのだが,そのときPS4UPDATE.PUPは,必ず,

  • 「PS4」というフォルダの下にある「UPDATE」というフォルダの中

に置かねばならないことを覚えておこう。ほかの場所に置いてしまうと,システムソフトウェアの導入は行えない。

USBフラッシュメモリなど,適当なUSBストレージに「PS4」フォルダを作り,その下に「UPDATE」フォルダも作って,PS4UPDATE.PUPはそこに置く
PS4本体

 最後に3.は,内蔵ストレージデバイスの交換にあたって必要な唯一の工具となる。やや細身のプラスドライバーが必要になるので,この点も押さえておきたいところだ。


交換作業自体の難度は低め

システムアップデートも難しくない


 交換用のストレージデバイスと,適切な場所にPS4UPDATE.PUPを保存したUSBストレージデバイス,3mm径程度のプラスドライバーを用意できたら,いよいよ交換作業だ。
 交換にあたっては,PS4本体の電源を完全に落とし,念のため電源ケーブルも取り外しておく。そこをスタート地点として,以下,交換作業の流れを写真とキャプションで一気にお伝えしてみたい。

光沢のあるHDDベイカバー部を写真左上方向へスライドさせる。入手した個体では,写真で示したような場所を押すようにすると開けやすかった
PS4本体

HDDベイカバーを完全に取り外した状態(左)。寄ってみると,「△○×□」ロゴ入りのネジ穴を確認できる(右)。ドライブカートリッジを取り出すには,このネジを外せばいい
PS4本体 PS4本体

ネジは3mm径程度のプラスドライバーを使えば取り外せる
PS4本体

PS4本体
ネジを外したら,矢印で示した部分に指を引っかけて手前に引くと,内蔵ストレージデバイスのカートリッジを引き出せる。とくに力はいらないので,軽く引っぱればそれで十分
PS4本体
筆者が入手した個体では,Seagate Technology製となる9mm厚のHDD「ST500LM012」が入っていた。Samsung Electronicsから買収した部門の手がける,旧Spinpoint M8シリーズのHDDである

側面にあるネジ4点を外すと,カートリッジからHDDを取り出せる。ネジは特殊形状なので,なくさないよう注意
PS4本体 PS4本体

ここまで来たら,あとは交換したい内蔵ストレージデバイスを取り付け,逆の手順を踏んでいくだけ。ストレージデバイスが正しくカートリッジに取り付けられていれば,カートリッジを差し込むだけで,問題なくPS4側のSerial ATAインタフェースと接続できる
PS4本体 PS4本体

セーフモードで立ち上がったPS4でも[PS]ボタンを押す必要がある。異なるのは,USBケーブル経由での接続が必須なこと
PS4本体
 最後にHDDベイカバーも取り付けたら,交換作業は終了だ。この時点でDUALSHOCK 4をUSBケーブル経由でPS4とつなぎ,先ほど用意したUSBストレージデバイスもPS4と接続したら,PS4の電源ケーブルを接続する。
 そして,この段階で,PS4の電源ボタンを7秒以上タッチしたままにする。触れた時点でビープ音が鳴り,5〜7秒程度でもう1回鳴ったら離していい。少し待てば,PS4が「セーフモード」と呼ばれる動作モードで起動するはずだ。

 セーフモードというのは,必要最低限の機能だけで動作するモードのこと。ここからは画面の指示に従うだけだったりもするのだが,ここでも一応,以下のとおり,流れを写真とキャプションでお伝えしてみたい。

こちらがセーフモードのメインメニュー。1から7まであるが,今回選択すべきは7.の「PS4を初期化する(システムソフトウェアを再インストールする)」である
PS4本体

バージョン1.61以上のアップデートファイルが保存されたUSBストレージデバイスを接続せよというメッセージ。前段で用意したストレージを差してあれば[OK]を選択する
PS4本体

しばらく待つと,PS4の初期化(=取り付けた内蔵ストレージデバイスの初期化と,システムソフトウェアのインストール)に関する確認がある。問題なければ[OK]
PS4本体

ちなみに,USBストレージデバイスが接続されていないとか,USBストレージデバイスの形式がFAT32でない場合(左)や,フォルダ構成がおかしい場合(右)はエラーメッセージが出て,初期化には進めない。エラーが出た場合はUSBストレージデバイスをチェックしよう
PS4本体 PS4本体

初期化の確認画面で[OK]を押すと,初期化のプログレスバー(左),そしてシステムソフトウェアインストール準備のプログレスバー(右)が出て,その後,自動的に再起動がかかる
PS4本体 PS4本体

筆者が何度かシステムソフトウェアのアップデートを試みたところ,このタイミングで再起動に失敗し,「画面に信号は来ているのに何も映らず,PS4のLEDインジケータは青色がゆっくり明滅する」という状態に陥ることが二度あった。問題なく再起動できれば数十秒以内に次の画面が出てくるので,再起動後,画面に何も映らない状態が3分以上続くようなら,電源ボタンを7秒間タッチして強制的に電源を落とし,その後,再度電源を投入するのをオススメする。

再起動すると「システムソフトウェアアップデート」の画面が表示され,5分ほどかけてプログレスバーが進んでいく
PS4本体

 システムソフトウェアアップデートが終わると自動的に再起動がかかり,まっさらな状態でPS4が立ち上がってくる。これで内蔵ストレージデバイスの交換は完了だ。


せっかくなので簡易ベンチも取ってみる

NANDキャッシュ効果でちょっぴり高速に?


 せっかく交換したので,簡単なものではあるが,ベンチマークテストも行ってみたい。今回はディスク版の「KILLZONE SHADOW FALL」(以下,KZSF)を用意し,

  1. ディスクの挿入後,PS4のメインメニューに“枠”が表示されたところから,「はじめる」が表示されるまで
  2. KZSFを起動して,「新しいキャンペーンを開始」の文字が表示されるまで

の時間を,内蔵ストレージデバイスごとにストップウォッチで3回計測し,その平均をスコアとして採用することにした。テストに使ったシーンはムービーにまとめてみたので,興味のある人はチェックしてもらえればと思う。



 テストに用いたのは,筆者手持ちのPS4に標準で入っていたST500LM012(以下,標準HDD)と,交換用に購入したMQ01ABD100Hに加え,SSDを導入する人も多いだろうということで別途用意した,Samsung Electronics製2.5インチ「SSD 840 Pro」(容量256GB)の3台だ。

 その結果はグラフのとおり。インストールにかかる時間は,Blu-ray Discからのデータ展開速度に左右されるということなのだろうが,ほとんど誤差程度の違いしかない。一方,起動にかかる時間だと,MQ01ABD100HとSSD 840 Proは,体感できるレベルで標準HDDより速くなった。
 MQ01ABD100HとSSD 840 Proで速度差がほとんど生じていないのは,PS4がSerial ATA 3Gbpsを採用しており,そこが足枷となって,高速SSDが真価を発揮できないためと見るのが妥当ではないかと思われるが,KZSFだけでは断言できそうにない。


 あくまでも簡易的なテストの結果なので,参考程度にどうぞ,といったところだが,昔からSSDキャッシュ搭載のHDDに飛びついては裏切られてきた身としては,MQ01ABD100Hは大したものだなあ,と思っていたりもする。


あくまでも自己責任だが

PS3時代と同じことができる


 以上,駆け足でまとめてみた。内蔵ストレージに関していえば,すべては自己責任であるものの,PS3時代と同じように交換が可能で,かつ,その難度も高くないと述べていいだろう。標準搭載されるHDDのスペックに多少なりとも引っかかるものがあるなら,早めに決断するほうがすっきりしていいかもしれない。

4GamerのPS4特設ページ

PlayStation.comのPS4公式Webページ

  • 関連タイトル:

    PS4本体

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月31日〜09月01日
タイトル評価ランキング
82
DARK SOULS III (PS4)
80
Overwatch (PC)
80
討鬼伝2 (PS Vita)
72
2016年03月〜2016年09月