オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Intel,「Atom x7」「Atom x5」「Atom x3」の概要を発表。タブレット向けのAtom x7&x5は「Cherry Trail+第8世代グラフィックス」に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/03/02 23:00

ニュース

Intel,「Atom x7」「Atom x5」「Atom x3」の概要を発表。タブレット向けのAtom x7&x5は「Cherry Trail+第8世代グラフィックス」に

 2015年3月2日23:00,Intelは,同日からスペインのバルセロナで開催されている携帯電話・モバイル機器関連見本市「Mobile World Congress 2015」(以下,MWC 2015)に合わせて,次世代Atomプロセッサとしてその名称だけが予告済みだった「Atom x7」「Atom x5」「Atom x3」の製品概要を公表した。

 Atom x7とAtom x5は開発コードネーム「Cherry Trail」(チェリートレイル)と呼ばれてきたもので,おもに大画面スマートフォン(≒ファブレット)やタブレット端末を狙ったSoC(System-on-a-Chip)である。モデム機能を提供するベースバンドモデムは外付けなので,いわゆる「アプリケーションプロセッサ」という位置づけになる。
 一方のAtom x3は開発コードネーム「SoFIA」(ソフィア)と呼ばれてきたSoCで,3GやLTEのベースバンドモデムを内蔵し,主にスマートフォン向けと位置づけられる。

Atom x7とAtom x5,Atomx3の位置付け。Atom x7とAtom x5は,タブレット端末のような高性能デバイス向けとされており,モデムが外付け。Atom x3は低価格スマートフォン向けで,ベースバンドモデムを内蔵している
Atom x7・x5・x3


Atom x7とAtom x5は「Airmont MA」ベース

第8世代のIntel製GPUを採用するのも特徴


 Cherry TrailことAtom x7およびAtom x5からチェックしてみよう。
 発表時点のラインナップは,「Atom x7-8700」と「Atom x5-8500」「Atom x5-8300」の3製品となるようで,いずれも,2015年第2四半期には採用製品が登場する見込みという。サポートされるOSは,Androidと,PC用Windowsの2種類だ。

 Cherry Trailは,Atomプロセッサとして初めて14nmプロセス技術を用いて製造されるSoCとなる。14nmプロセス向けに開発された「Airmont」(エアモント)マイクロアーキテクチャに基づくCPUコアと,Broadwell世代のCoreプロセッサ(関連記事)と同じ,第8世代の統合型グラフィックス機能(以下,iGPU)を統合している。
 Intel製iGPUにおける演算ユニット「Execution Unit」(以下,EU)の数は,Atom x7-8700が16基,そしてAtom x5の2モデルが12基である。

Atom x7とAtom x5は,14nmプロセス技術を用いて製造されるSoCだ。CPUコアはAirmontマイクロアーキテクチャベースへ,iGPUは第8世代へとそれぞれ切り替わる
Atom x7・x5・x3

Atom x7とAtom x5のブロック図。AirmontアーキテクチャのデュアルコアCPUが2つ描かれているのが分かるだろう。CPUコア2基が1モジュールを構成し,SoC全体のCPUコア数は4基となる。メモリコントローラなど,仕様が細かくアップグレードされている点にも注目してほしい
Atom x7・x5・x3

 ちなみに,Bay Trailコアベースとなるタブレット向けAtomの現行製品「Atom Z3000」の場合,CPUコアは「Silvermont」(シルヴァーモント)マイクロアーキテクチャベース,iGPUは第7世代だったので,いずれもCherry Trailで一世代新しくなったわけだ。
 付け加えると,Bay Trail時代のEU数は4基だったので,iGPUの規模はCherry Trailで相当に大きくなった。実際,Bay Trail世代のタブレット向けプロセッサ最上位モデル「Atom Z3795」(定格1.59GHz,最大2.39GHz,4C4T,L2 2MB,SDP 2W)と比べると,Atom x7-8700は,1.5〜2倍高い3D性能を発揮できるとのことだ。

Atom Z3795と比べて,Atom x7-8700は,「GFXBench 2.7」における「T-Rex Offscreen」で2倍,「3DMark」の「Ice Storm Unlimited」プリセットでは1.5倍のベンチマークスコアを叩き出せるという
Atom x7・x5・x3

 そんなAtom x7とAtom x5のスペックをまとめたものが表1となる。今回公開されていないTDP(Thermal Design Power,熱設計消費電力)は正式発表待ちということになりそうだ。



Atomプロセッサとして初めて

ARMのMaliをiGPUとして採用するAtom x3


 一方,モデム内蔵SoCであるAtom x3には,正式発表時点で3モデルが用意されるという。具体的には,LTEをサポートする最上位モデル「Atom x3-C3440」(開発コードネームSoFIA LTE,以下C3440)と,3G対応の上位モデル「Atom x3-C3230RK」(開発コードネームSoFIA 3G-R,以下C3230RK)と「Atom x3-C3130」(開発コードネームSoFIA 3G,以下C3130)だ。

 そんなAtom x3でまず注目したいのは,iGPUとしてARM製のGPUコア「Mali」を採用している点だ。これまでIntelのスマートフォン向けSoCは,Imagination Technologiesの「PowerVR」を採用していたので,大きな方針転換となる。
 もっとも,最近はARMアーキテクチャのCPUコアを採用するSoCでも全体的にPowerVRの採用が減り,Maliが増えているので,Maliに実装上,あるいはコスト上のメリットがあるということなのかもしれない。

 ちなみにC3440はOpenGL ES 3.0とOpenCL 1.2に対応した「Mali-T720」(演算ユニット2基),C3230RKはOpneGL ES 2.0対応の「Mali-450」(演算ユニット4基),C130は同じくOpenGL ES 2.0対応の「Mali-400」(演算ユニット2基)をそれぞれ採用するが,これらはいずれもエントリー以下の市場向けiGPUである。

Atom x3の構成を示したスライド。最上位のC3440は,PMIC(サウンド&パワーマネージメントIC)やモデムの物理層,無線LAN機能などがそれぞれ別チップになっているのが分かる。C3230RKとC3130モデムの物理層や無線LAN機能を担当する「A-Gold 620」の2チップでスマートフォンの主要部分を構成できるのがポイントだ
Atom x7・x5・x3

Atom x7・x5・x3
C3440の概要
Atom x7・x5・x3
C3230RKの概要

 もう1つ,Atom x3で注目すべきポイントは,28nmプロセス技術を採用して製造され,64bit命令に対応したCPUコアを採用している点だ。
 Intelは以前から,SoFIAでは外部のファウンドリ(半導体製造事業者)に製造委託すると説明していた(関連記事)。一方でIntelは「28nmプロセス技術を採用して製造され,64bit命令に対応したAtom用CPUコア」を持っていない。おそらくSoFIAで採用されるのは,Silvermontマイクロアーキテクチャを,ファウンドリが28nm世代で実装したコアになるのだろう。

 以上を踏まえて,Atom x3の主なスペックを表2にまとめてみた。
 ちなみにAtom x3の対応OSは「当面の間,Androidのみ」(Intel)。WindowsやFirefox OSといったOSのサポート計画は,いまのところないそうである。

※一部筆者推測

 ちなみに,下に示したスライドは,ベンチマークソフト「MobileXPRT 2013」の「Light Media Editing」における性能を競合製品と比較したスライドだ。それによれば,「Cortex-A7」や「Cortex-A53」ベースとなるQualcommやMediaTekの新興国市場向けSoCと比べて,Atom x3のほうが高速だという。

Cortex-A7およびCortex-A53ベースのSoCが搭載されたスマートフォンとC3440を比較したスライド(上)と,Cortex-A7ベースのSoCを搭載するスマートフォンとC3230RKおよびC3130を比較したスライド(下)。ベンチマークソフト「MobileXPRT 2013」の「Light Media Editing」で,Atom x3は,競合に対して1.5〜1.8高いスコアを示すとされた
Atom x7・x5・x3
Atom x7・x5・x3


 新興国市場向けのAtom x3を採用するスマートフォンが日本市場に投入されるかどうかは微妙なところだが,Atom x7やAtom x5搭載製品は,とくにWindowsタブレットの人気が高い日本では,登場の可能性が高そうだ。
 2015年第2四半期以降,どんな搭載製品が日本市場を賑わすことになるのか,いまから楽しみである。

IntelのMWC 2015情報ページ(英語)

Intel日本語公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Atom x7・x5・x3

  • 関連タイトル:

    Atom

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
70
2017年05月〜2017年11月