オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/05/31 12:21

ニュース

[COMPUTEX]Sandy Bridge-E対応のX79にLlano対応のA75などがズラリ。マザーボードベンダー各社が次期チップセット搭載製品を展示【画像追加】

 アジア最大のPC&IT製品見本市「COMPUTEX TAIPEI 2011」が,台湾・台北市のTWTC Nangangなど4会場で開幕した。常に最新のPC関連製品などが登場する同展では,期待どおり,主要マザーボードベンダー各社が「Intel X79 Express」や「AMD A75」「AMD 990FX」などといった次期チップセット搭載製品の展示を行っている。開幕直後の会場で見つけたマザーボードを取り急ぎお伝えしたい。


Intel X79 Express


Intel 7
LGA2011対応のCPUソケット。リテンションの外観がLGA1366から変わっている
 まずIntelプラットフォームからだが,Intel X79 Express(以下,X79)は,LGA1366の後継としてLGA2011パッケージを採用し登場予定の「Sandy Bridge-E」(開発コードネーム)対応チップセットだ。開発コードネーム「Patsburg」(パッツバーグ)と呼ばれていたものである。
 5月3日の記事でお伝えしているとおり,シングルチップ構成のPCB(Platform Controller Hub)となり,CPUとチップセット間の接続も,LGA1366プラットフォームのQPI(Quick Path Interconnect)からDMI(Direct Media Interface) 2.0へと変更されている。

Intel 7
ASUSTeK Computer製「C1X79 EVO」
Intel 7
ECS製「X79R-A」

Intel 7
ASUSTeK Computer製「C1X79 EVO」より。2連のDIMMスロットがCPUソケットを挟み込むようなデザインになっている
Intel 7
X79チップセット。さすがにエンジニアリングサンプルのようで,「ES」の刻印がある

 展示されたマザーボードで目を引くのは,CPU側の4チャネルDDR3-1600コントローラをサポートすべく,DIMMスロットが2本ずつ,CPUソケットを挟み込むような配置で実装されていることと,Serial ATA 6Gbpsポートが多いこと。一方,USB 3.0は依然としてサードパーティ製コントローラによる対応となっているのも見て取れよう。

ECS製「X79R-A」より。PCI Express x16スロットのところに「PCI-E Gen.3」のシルク印刷がある。DIMMスロットのところには「Dual DDR3 2600+(OC)」とあるので,2chアクセス時はDDDR3-2600以上をサポートするようだ。右はSerial ATA 6Gbpsポート群
Intel 7 Intel 7 Intel 7

●会場に展示されていたそのほかのX79搭載マザーボード

Intel 7
ASRock製「X79 Extreme4」
Intel 7
ASUSTeK Computer製「C1X79 Deluxe」
Intel 7
ASUSTeK Computer製「C1X79 LE」
Intel 7
ASUSTeK Computer製「C1X79 PLUS」
Intel 7
ASUSTeK Computer製「C1X79 PRO」
Intel 7
GIGA-BYTE TECHNOLOGY製「GA-X79A-UD3」
Intel 7
MSI製「X79A-GD80」
Intel 7
MSI製「X79A-GD65」
Intel 7
MSI製のX79搭載マザーボード
Intel 7
Sapphire Technology製「PB-CI7X79N」


AMD A75


 2011年前半中の市場投入予定となっている,AMDのメインストリーム市場向けFusion APU「AMD A-Series」。開発コードネーム「Llano」(ラノ)こと同Fusion APUに対応したマザーボードは,「AMD A75」と呼ばれるFCH(Fusion Controller Hub)チップセットを搭載したモデルが展示されている。

Socket FM1
Intel 7
 AMD A-Series用のCPUソケットは「Socket FM1」と呼ばれるもので,実際,AMD A75搭載マザーボードは,まったく新しい905ピンソケットを搭載している。
 面白いのは,マザーボードベンダー関係者が,「通常のCrossFireXとは別に,AMD A-Seriesの統合型Radeonコアと単体グラフィックスカードを組み合わせた『AMD Dual Graphics Technology』もサポートされている」と述べていること。ASRockの「A75 Extreme6」だと,PCI Expres x16スロットが3本用意されていたりするので,グラフィックス周りの選択肢はかなり豊富になりそうだ。

Intel 7
ASUSTeK ComputerのAMD A75搭載マザーボード「F1A75」
Intel 7
ASRock製「A75M-ITX」。AMD A75搭載でMini-ITXフォームファクタを採用

 なお,マザーボードベンダーが公開した製品スペックと基板デザインを比較してみると,AMD A75では,6ポートのSerial ATA 6Gbpsと4ポートのUSB 3.0をチップセット側でサポートしているのが分かる。なお,AMD A75では,RAID 0/1/10に対応するほか,PCI ExpressおよびPCIインタフェースもサポートされるようだ。

●会場に展示されていたそのほかのAMD A75搭載マザーボード

Intel 7
ASRock製「A75 Extreme6」
Intel 7
ASRock製「A75 Pro4」
Intel 7
ASRock製「A75M」
Intel 7
ASRock製「A75M-HVS」
Intel 7
ASUSTeK Computer製Mini-ITXフォームファクタのマザーボード「F1A75-I DELUXE」
Intel 7
ASUSTeK Computer製「F1A75-I」
Intel 7
ASUSTeK Computer製「F1A75-M」
Intel 7
BIOSTAR MICROTECH製「TA75A+」
Intel 7
BIOSTAR MICROTECH製「TA75M+」
Intel 7
ECS製「A75F-A」
Intel 7
FOXCONN製「AHD3M」
Intel 7
FOXCONN製のAMD A75搭載マザーボード
Intel 7
GIGA-BYTE TECHNOLOGY製「A75M-UD2H」
Intel 7
MSI製「A75A-G35」
Intel 7
MSI製「A75A-G55」


AMD 9


 一方,COMPUTEX TAIPEI 2011の開幕直前に急遽公開され,海外のPC系メディアなどで報じられた「AMD 9」シリーズ搭載マザーボードも,会場では各社から公開されている。

Socket AM3
Intel 7
 AMD 9シリーズチップセットは,Socket AM3+に対応する次世代8コアCPUに最適化された設計の施された製品とされ,4-way CrossFireXをサポートする「AMD 990FX」と,2-way CrossFire X対応となる「AMD 990X」,シングルグラフィックス構成のみ対応の「AMD 970」,以上3製品が用意される。また,NVIDIAが“フライング”して話題を集めたSLI対応は,AMD 990FXとAMD 990Xで実現されており,ASRockブースではAMD 990FX搭載の「990FX Extreme4」で2-way SLIを実現したデモが公開されていた。

Intel 7
ASUSTeK Computer製「R.O.G. Crosshair V Formula」
GeForce GTX 580を4枚使った4-way SLI構成のシステムが展示されていた
Intel 7 Intel 7

Intel 7
ASRock製「990FX Extreme4」
ASRockブースで行われていたデモ。990FX Extreme4で2-way SLIを構築している
Intel 7 Intel 7

 AMD 9シリーズチップセットと組み合わされるサウスブリッジは「SB950」。その仕様は現行の「SB850」と変わらないものの,Serial ATA 6Gbpsのストレージ性能向上が図られているとのことだ。なお,当初計画されていた「USB 3.0対応のSB900シリーズサウスブリッジ」が,今後,AMD 9シリーズのランナップに追加されるかどうかは,現時点では確認できていない。

 マザーボードベンダー関係者は,「AMD 9とAMD 8とで仕様的に変わったところはほとんどないが,8コアCPUへ対応すべく,CPU電源周りなどを中心に強化している」と述べている。
 8コアCPUに関して続けると,AMDはSocket AM3+搭載のAMD 8シリーズ搭載マザーボードおける次世代8コアCPUのサポートを行わない意向とのこと。要するに,AMD 8世代では従来同様,6コア以下のサポートに留まる見込みということになるが,現行製品で次世代の8コアCPUに対応できるかどうか動作検証していく姿勢を見せるマザーボードベンダーがあったことは付記しておきたい。

●会場に展示されていたそのほかのAMD 9シリーズ搭載マザーボード

Intel 7
ASRock製「Fatal1ty 990FX Professional」
Intel 7
ASUSTeK Computer製「M5A97 EVO」
Intel 7
ASUSTeK Computer製「M5A97 PRO」
Intel 7
ASUSTeK Computer製「M5A97」
Intel 7
ASUSTeK Computer製「M5A99X EVO」
Intel 7
ASUSTeK Computer製「TUF SABORTOOTH 990FX」
Intel 7
BIOSTAR MICROTECH製「TA970FXE」
Intel 7
BIOSTAR MICROTECH製「TA970XE」
Intel 7
ECS製「A990FXM-A」
Intel 7
FOXCONN製「A97A」
Intel 7
GIGA-BYTE TECHNOLOGY製「GA-990XA-UD3」
Intel 7
GIGA-BYTE TECHNOLOGY製「GA-990FXA-UD5」
Intel 7
GIGA-BYTE TECHNOLOGY製「GA-990FXA-UD7」
Intel 7
Jetway Information「JHA16」
Intel 7
MSI製「970A-G45」
Intel 7
MSI製「990FXA-GD80」

「COMPUTEX TAIPEI 2011」関連記事はこちら

  • 関連タイトル:

    Intel 7

  • 関連タイトル:

    AMD A75&A55

  • 関連タイトル:

    AMD 9

  • 関連タイトル:

    Core i7(Sandy Bridge-E)

  • 関連タイトル:

    AMD A-Series(Llano)

  • 関連タイトル:

    AMD E-Series,AMD C-Series

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月19日〜11月20日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
70
2017年05月〜2017年11月