※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
パッケージ
Xeon Phi
  • Intel
  • 発表日:2012/06/18
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Intel,第3世代Xeon Phi「Knights Hill」の存在を明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/11/17 21:00

ニュース

Intel,第3世代Xeon Phi「Knights Hill」の存在を明らかに

Xeon Phi
 Intelは日本時間2014年11月17日21:00,HPC(High Performance Computing)に関する情報のアップデートを行った。これは,米ルイジアナ州ニューオーリンズで現地時間17日に開幕するHPC関連の国際会議「Super Computing Conference 14」(以下,SC14)に合わせてのものだ。
 もうその“字面”だけでもゲームと縁遠いことが分かると思うが,GPUと関連のある数値演算アクセラレータ「Xeon Phi」の新たなロードマップが明らかになったので,そのあたりを中心に,新情報をざっとまとめてみたいと思う。


第3世代Xeon Phi「Knights Hill」の存在が明らかに


 当初,単体GPUとして開発が始まり,その後,数値演算アクセラレータとして仕切り直されたXeon Phi。現行製品は,開発コードネーム「Knights Corner」(ナイツコーナー)と呼ばれていた“仕切り直し後の第1世代”だが,2014年6月に開催された「International Supercomputing Conference 2014」(ISC2014)においてIntelは,第2世代品として2015年後半に登場予定となる「Knights Landing」(ナイツランディング,開発コードネーム)の詳細を明らかにしていた(関連記事)。

 そしてSC14における最大のトピックとなりそうなのが,第3世代Xeon Phiである「Knights Hill」(ナイツヒル,開発コードネーム)の公表である。Knights Hillという開発コードネーム自体は,噂レベルで何度か出ていたが,Intelが公式にその存在を認めたのは,今回が初めてではなかろうか。

SC14で明らかにされたKnights Landing以降のロードマップ。第3世代Xeon PhiとなるKnights Hillの開発が進められていると明らかになった
Xeon Phi

 もっとも,Knights Hillの詳細は,まだほとんど明らかになっていない。上のスライドから分かるとおり,SC14で公表されたのは,10nmプロセス技術を用いて製造され,第2世代の「Omni-Path Architecture」がサポートされるという2点だけである。

ISC2014で発表されたOmni Scale Fabricの概要
Xeon Phi
 ただ,Omni-Path Archtectureについては,説明の必要があるだろう。
 これは,SC14に合わせて発表された,高速かつ多機能なスイッチ技術だ。Omni-Path Archtectureを実装した第1世代の製品は,Knights Landingに合わせて立ち上がることになる。

 Intelの説明によれば,Omni-Path Architectureでは,多彩なネットワークトポロジ(≒接続方法)を実現でき,小規模なクラスターから大規模なスーパーコンピュータまでサポートできるとのこと。また,高速かつ低レイテンシでもあるそうだ。
 IntelはISC2014で,「Omni Scale Fabric」というインターコネクト技術を発表しているが(関連記事),今回のIntel Omni-Path Archtectureは,それを支えるスイッチ技術という理解でいい。Knights Hillでは,そんなOmni-Path Archtectureが第2世代モデルになるというわけである。ただし,その「第2世代Omni-Path Archtecture」で何が変わるのかは,今のところ明らかになっていない。

Omni-Path Architectureという,高速かつ柔軟なスイッチング技術が,Knights Landing世代で立ち上がる。そして,将来のKnights Hillではその第2世代モデルが採用されることになるという
Xeon Phi

 Intelは,プロセッサ製品単体だけでなく,メモリ技術やファブリック技術,省電力技術など,ハードウェアとソフトウェアをひとまとめにしたトータルな技術でHPC分野にアプローチしていく。要するに,世界最大の半導体メーカーが持つ総合的な技術の利を活かし,HPC分野のシェアを広げようというわけだ。

プロセッサを含むハードウェアとソフトウェアを協調させた設計で,IntelはHPC市場へアプローチしていく
Xeon Phi

 なお,2015年後半のローンチが予定されているKnights Landingの製品に関するアップデートはなかったが,すでに50基のHPCシステムがKnights Landingベースで設計に入っているとのこと。2015年の立ち上げに向け,順調に進んでいると,Intelはアピールしている。

2015年後半の立ち上げが予定されているKnights Landingは,Micronとの共同開発によって集積される最大容量16GBのDDR4 SDRAMに標準対応し,PCI Expressカード型と,スタンドアロンのプロセッサ型の2種類が提供予定となる
Xeon Phi

 今回,Knights Hillの登場時期は一切発表されていないが,タイミング的にはエクサスケールを狙う製品になるだろう。こうしたHPCの技術は,一部が将来的にゲームの市場へ下りてくる可能性があるだけに,Xeon Phiの動向にも目を配っておくのがよさそうだ。

IntelのXeon Phi製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    Xeon Phi

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日