※見出しをクリックすると記事が読めます
DMMゲームズ号外を自動表示しない
号外No.3
キャラクター紹介
先行プレイレポート
ゲーム情報総ざらい
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Athlon 64公式サイトへ
  • AMD
  • 発表日:2003/09/24
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
募集中
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2007/09/25 13:01

テストレポート

AMD,動作倍率制限を解除した“FX仕様”の「Athlon 64 X2 5000+」を発表。そのポテンシャルを検証する

 AMDの日本法人である日本AMDは,「Athlon 64 X2 5000+/2.6GHz」の特別モデル,「Athlon 64 X2 5000+ Black Edition」(以下,Athlon 64 X2 5000+ BE)をリリースした。

Athlon 64 X2 5000+ Black Edition
AMDによる想定価格:136ドル
Athlon 64
 黒い製品ボックスを採用し,CPUクーラーが付属しないBlack Editionとしては,「Athlon 64 X2 6400+」(関連記事)に続く2製品めとなるAthlon 64 X2 5000+ BE。その最大の特徴は,規定値以上の動作倍率を設定できる点にある。Athlon 64 X2 5000+の場合,FSBクロック200MHzの13倍設定で,それより高い動作倍率は指定できないが,Athlon 64 X2 5000+ BEでは,Athlon 64 FXよろしく,13倍より上,13.5倍や14倍などといった設定が可能なのだ。すべてではないにせよ,Athlon 64 X2 5000+ BEの上位モデルを“食って”しまう,AMD自社製品キラーとなる可能性を秘めたCPUともいえよう。

 なお,それ以外の基本的なスペックは従来製品と変わらない。少なくとも65nmプロセスで製造されるTDP(Thermal Design Power,熱設計消費電力)65WのCPUで,L2キャッシュ容量が1コア当たり512KBという点は,従来のAthlon 64 X2 5000+とまったく同じである。ただしOPN(Ordering Part Number)は「ADO5000IAA5DS」で,末尾が従来の「DD」から「DS」に変更されており,実際,ステッピングが上がっているのを確認できた。

「CPU-Z」(Version 1.41)から確認すると,Athlon 64 X2 5000+ BE(左)は「2」,従来のAthlon 64 X2 5000+(右)は「1」で,ステッピング(Stepping)が異なる
Athlon 64 Athlon 64


動作倍率15倍

3.0GHzでの動作を確認


 4Gamerでは今回,日本AMDからAthlon 64 X2 5000+ BEのサンプルを借用できたので,実際にどれくらい“回る”のかを試してみる。Athlon 64 X2は,電圧設定などを変更してもオーバークロックの効果が劇的に変わるわけではないことと,テスト期間が発表前の数日というスケジュール的な厳しさもあって,今回はマザーボード側のCPUコア電圧設定を「Auto」にしたまま,動作倍率だけを変更することにした。

 利用したマザーボードはASUSTeK Computer製のnForce 590 SLI搭載製品「M2N32-SLI Deluxe」だが,今回利用したBIOS 1201では,マザーボードから動作倍率設定を変更しても反映されなかった。マザーボード(=BIOS)側がAthlon 64 X2 5000+と誤認識した場合,13倍より上の設定は“勝手に”無効化されてしまうようだ。Athlon 64 X2 5000+ BEの倍率変更をマザーボードから行うには,BIOSの対応が必須となっている可能性を指摘できよう。

Crystal CPUIDの「Multiplier Management」機能を使って動作倍率を変更する
Athlon 64
 というわけで今回は,WindowsからフリーソフトウェアのCPUIDユーティリティ「CrystalCPUID」(Version 4.13.1.340
)を利用し,動作倍率の変更を試みている。そして結論からいうと,今回の個体では,Athlon 64 X2シリーズのリファレンスクーラーを装着した状態で15倍,つまり3.0GHz動作が可能だった。16倍(3.2GHz)でもOSは起動するのだが,「3DMark06 Build 1.1.0」(以下3DMark06)実行中にシステムが強制終了するのを確認している。

 では,この“3GHz動作するAthlon 64 X2 5000+”のパフォーマンスはいかほどだろうか。に示すテスト環境で検証してみることにした。


Athlon 64 X2 5000+が3.0GHz動作している様子をCPU-Zから確認
Athlon 64
 さて,ここでいくつかお断りを。先述のとおり,テスト期間が非常に短かったこともあって,比較用のCPUとして挙げているAthlon 64 X2 6000+のデータは2007年8月31日の記事で掲載したTDP 89W版のものを流用する。そのため,「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」(以下,ロスト プラネット)のスコアは,デモ版を利用したものになっているので,この点はご了承を。Athlon 64 X2 5000+ BEについては,製品版による4Gamerのベンチマークレギュレーション4.1準拠のスコアも計測しているので,参考にしてもらえれば幸いだ。
 また,以下スペースの都合で,グラフ中に限り,Athlon 64 X2 5000+ BEは「5000+」,その3.0GHz動作時は「5000+@3.0GHz」,比較対象となるAthlon 64 X2 6000+は「6000+(89W)」と表記する。

 あとこれは“お約束”だが,オーバークロック動作は(いくら倍率固定が解除されていても)自己責任である。オーバークロック設定によって万が一CPUやマザーボードが損傷を受けても,AMDや販売店の保証外となり,筆者や4Gamer編集部も責任を負わないので,この点は十分にご注意を。さらにいえば,すべての個体が3.0GHz以上で動作すると保証するものでもないことは,あらかじめ念頭に置いておいてほしい。


オーバークロックの効果は明らかだが

L2キャッシュ容量が若干のネックに


 ちょうどAthlon 64 X2 5000+ BEとAthlon 64 X2 6000+の動作クロックが揃っていることもあり,スコアにはかなり興味深い傾向が出ている。

 まず,グラフ1,2は3DMark06の総合スコア,CPUスコアだが,Athlon 64 X2 5000+ BEの3.0GHz動作は,Athlon 64 X2 6000+に迫るパフォーマンスを見せている。いずれにおいても若干低めに出ているのは,1コア当たり前者が512KB,後者が1MBという,L2キャッシュ容量の違いによるものだろう。とくにCPUパフォーマンスを見るグラフ2では,その差がより顕著だ。


 グラフ3はロスト プラネットの「PERFORMANCE TEST」における,CPU性能が影響しやすい「Cave」の平均フレームレートをまとめたもの。ここでは,同じ3.0GHz動作,1024×768ドットで比較したときに,Athlon 64 X2 5000+ BEとAthlon 64 X2 6000+で4fpsの差が出ていることに注目したい。平均4fpsが体感でも違いを生むかはさておきL2キャッシュの違いは,ゲームのパフォーマンスに少なからず影響していると見てよさそうだ。
 なお,1600×1200ドットでスコアが揃っているのは,グラフィックスカードがボトルネックとなっているためである。



65nmプロセス&TDP 65Wは

倍率変更時にも大きなメリットを生む


 最後に,Athlon 64 X2 5000+ BEを3.0GHzで利用したときを中心に,消費電力を調べてみたい。OSの起動後,30分間放置した状態を「アイドル時」,MP3エンコードソフトをベースにしたベンチマークソフトで,CPU負荷をかけるのに向く「午後べんち」を30分連続実行して,最も負荷の高かった時点を「高負荷時」として,それぞれにおけるシステム全体の消費電力をワットチェッカーにて測定した。アイドル時の計測に当たっては,省電力機能である「Cool’n’Quiet」(以下,CnQ)有効/無効のそれぞれの状態でスコアを取得している。

 その結果をまとめたのがグラフ4だが,高負荷時で比較すると,3.0GHz動作させたAthlon 64 X2 5000+ BEは,2.6GHz動作時と比べて消費電力がそれほど上がっていない。ステッピング変更で省電力化が進んだのかもしれないが,いずれにせよ,オーバークロック状態でも十分に扱いやすいCPUといってよさそうだ。なおアイドル時に関していうと,CnQの有効無効に関係なく,今回テストした3条件で差はまったくない。


 さらに,グラフ4の時点におけるCPU温度を,CPUが内蔵するサーミスタの値を表示可能なモニタリングツール「CoreTemp」(v0.95.4)で測定した結果がグラフ5である。テスト環境は,PCケースに組み込まないバラックの状態で計測しているが,CPU温度もグラフ4をほぼ踏襲する結果となった。



オーバークロック前提なら

かなり高いコストパフォーマンスは魅力的


Athlon 64
 AMDによるAthlon 64 X2 5000+ BEの想定価格は136ドルで,1ドル115円換算すると1万5640円。実際にはもう少し高くなると思われるが,従来製品の実勢価格は1万6000円前後(2007年9月25日現在)だから,そう変わらない価格に落ち着く可能性はあるだろう。
 オーバークロックを前提に語らねばならないので,万人向けでないのは確かだが,コストパフォーマンスはかなりいい。L2キャッシュ容量の制限がある一方,消費電力やCPUの発熱的には扱いやすいこともあり,費用対効果を第一にCPUを選ぶ人にとっては面白い存在となりそうだ。

  • 関連タイトル:

    Athlon 64

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月19日〜12月20日