オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.1」リリース。「バイオ7」への最適化と,重要なバグ修正がトピックに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/01/18 11:42

ニュース

「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.1」リリース。「バイオ7」への最適化と,重要なバグ修正がトピックに

 北米時間2017年1月17日,AMDは,公式最新版グラフィックスドライバ「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.1」を公開した。「WHQL」(WHQL:Windows Hardware Quality Labs,ウィクル)未通過の「Optional」(随意選択版)という扱いだ。ダウンロードすると分かるが,ファイル名にも「non-WHQL」の表記がある。

 すぐに入手したい人は,下に示したリンクを利用してほしい。

64bit版Windows 10用Crimson ReLive 17.1.1
32bit版Windows 10用Crimson ReLive 17.1.1(※Radeon RX・Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)
64bit版Windows 8.1用Crimson ReLive 17.1.1
32bit版Windows 8.1用Crimson ReLive 17.1.1(※Radeon RX・Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)
64bit版Windows 7用Crimson ReLive 17.1.1
32bit版Windows 7用Crimson ReLive 17.1.1(※Radeon RX・Pro Duo・R9 Fury・R9 300・R7 300シリーズは非対応)

ノートPC向けの64bit版Windows 10用Crimson ReLive 17.1.1
ノートPC向けの32bit版Windows 10用Crimson ReLive 17.1.1(※Radeon R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)
ノートPC向けの64bit版Windows 8.1用Crimson ReLive 17.1.1
ノートPC向けの32bit版Windows 8.1用Crimson ReLive 17.1.1(※Radeon R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)
ノートPC向けの64bit版Windows 7用Crimson ReLive 17.1.1
ノートPC向けの32bit版Windows 7用Crimson ReLive 17.1.1(※Radeon R9 M300・R7 M300・R5 M300シリーズは非対応)

4Gamerの最新ドライバリンクページ

 「Display Driver」のバージョンは「16.50.2611-170113a-310456E」。「Radeon Software Crimson ReLive Edition 16.12.2」のWHQL版だと「16.50.2011-161223a-310011C」なので,相応に新しくなっているという評価でいいだろう。

 例によってアップデート内容は本稿の最後にまとめたが,「バイオハザード7 レジデント イービル」への最適化以上に,環境によっては致命的となり得るエラーを重点的に潰したと見られる修正内容のほうが目を惹く。その意味で今回の17.1.1 Optional版は,Radeon Software Crimson ReLive Editionを導入済みのRadeonユーザーに広く勧められるアップデートと言えそうだ。ドライバのアップデート作業は自己責任となるので,その点だけは注意してほしいけれども。

 なお,ドライバパッケージを見ると,OpenCLバージョンが古くなっているのだが,その理由は明らかになっていない。


#### 以下,英文リリースノートまとめ ####

●Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.1の対応GPU
  • Radeon RX 400シリーズ
  • Radeon Pro Duo
  • Radeon R9 Furyシリーズ
  • Radeon R9 300・200シリーズ
  • Radeon R7 300・200シリーズ
  • Radeon HD 8500以上のRadeon HD 8000シリーズ
  • Radeon HD 7700以上のRadeon HD 7000シリーズ
  • Radeon R9 M300・M200シリーズ
  • Radeon R7 M300・M200シリーズ
  • Radeon R5 M300・M200シリーズ
  • Radeon HD 8500M以上のRadeon HD 8000Mシリーズ
  • Radeon HD 7700M以上のRadeon HD 7000Mシリーズ
  • AMD FX APU with Radeon R7 Graphics
  • AMD A-Series APU with Radeon R8・R7・R6・R5・R4・R3 Graphics
  • Athlon/Sempron APU with Radeon R3 Graphics
  • AMD E-Series APU with Radeon R2 Graphics
(※Carrizoベースの「FX-8800P」「PRO A12-8800B」「PRO A10-8700B」「PRO A8-8600B」「PRO A6-8500B」「A10-8700P」「A8-8600P」「A6-8500P」は非対応。AMDはこれらのユーザーに対し,「Radeon Software Crimson Edition 15.12」を使うよう推奨している)


●Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.1が統合するコンポーネント
(※比較対象はRadeon Software Crimson ReLive Edition 16.12.2)
  • Display Driver:(←16.50.2011-161219a-309792E)
  • Radeon Settings:2017.0113.1201.21594(←2016.1219.1506.27144)
  • 2D Driver:8.1.1.1583
  • Direct3D:9.14.10.01235
  • OpenGL:6.14.10.13464
  • OpenCL:21.19.397.32768(←21.19.407.0)
  • Mantle:9.1.10.0165
  • Mantle API:102400
  • Audio Driver:10.0.1.1(←10.0
  • Vulkan Driver:1.4.1
  • Vulkan API:1.0.37(←1.0.30)


●Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.1における最適化
(※比較対象はRadeon Software Crimson ReLive Edition 16.12.2)
  • 「バイオハザード7 レジデント イービル」に対応


●Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.1における新要素
  • リリースノートに記載なし


●Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.1で解決した問題
  • Radeon R9 380シリーズ搭載環境で「Dishonored 2」を実行すると,ゲームがクラッシュしたりハングしたりすることのある問題
  • Windows 7の「Basic」テーマを適用していると,Radeon ReLiveが適切でない警告文を表示することのある問題
  • XConnect構成時にサウンドドライバが読み出されるとBSoDが発生することのある問題
  • XConnect構成時に外付けグラフィックスボックスを取り外すと,3D CADアプリケーション「SOLIDWORKS」が強制終了する問題(※ということだと思われる。原文は「Solidworks will no longer terminate on unplug using AMD XConnect Technology configurations.」)
  • Radeon Software Crimson ReLive Edition 16.12.1以降を導入すると,画面に何も表示されなくなることのある問題
  • ディスプレイの電源が切れた状態から復帰すると,ディスプレイ表示がおかしくなったり,TDR(Timeout Detection and Recovery)エラーが発生したりすることのある問題
  • マルチGPU構成時にDirectX 11モードの「Paragon」を実行すると,画面がちらつくことのある問題
  • マルチGPU構成時にRadeon ReLiveからデスクトップ録画を行ったり,Instant Replayを有効化したり,あるいはそれらを同時に実行したりすると,Radeon ReLiveがクラッシュしたり,応答しなくなったりすることのある問題
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • 関連タイトル:

    バイオハザード7 レジデント イービル

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月