オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/03/29 11:05

ニュース

「Catalyst 12.3」公開。HD 7800正式対応と「Skyrim」の表示異常対策がトピックに

 北米時間2012年3月28日,AMDは,同社製GPUおよびAPU,チップセットに対応するドライバスイートの最新版「Catalyst 12.3」を公開した。AMDのCatalyst担当であるAndrew Dodd氏は当初,21日頃に公開すると予告していたので約1週間遅れになるが,ともあれ,異例の3月リリースとなった「Catalyst 12.2」から約3週間で,正式な2012年3月版が登場してきたわけである。

 「Display Driver」のバージョンは8.951(1203221141-8.951-120308a-135594C-ATI)となっており,Catlyst 12.2の8.95からは0.001の引き上げとなるが,おそらく最も重要なのは,日本時間3月5日に発表されたRadeon HD 7800に対応したことだろう。これで,Southern Islands世代のデスクトップPC向けGPUはすべてCatalystの月例アップデート対象となったことになる。
 また,4Gamer読者に影響が大きそうという意味では,「The Elder Scrolls V: Skyrim」(以下,Skyrim)において画面がちらついたりテクスチャの表示がおかしくなったりする問題への対処が(予定どおり)行われたこともトピックになりそうだ。

 すぐに入手したい人は,下に示したリンクを使ってもらえればと思う。

32bit版Windows 7&Vista用Catalyst 12.3(118MB)
64bit版Windows 7&Vista用Catalyst 12.3(161MB)
Windows XP用Catalyst 12.3(101MB)

32bit版Windows 7&Vista用Catalyst Mobility 12.3(0.9MB)
64bit版Windows 7&Vista用Catalyst Mobility 12.3(1.11MB)

4Gamer最新ドライバリンクページ

 そのほかアップデート内容は,英文リリースノートの和訳を試みて本稿の最後にまとめてみたので,興味がある人はチェックしてもらえれば幸いだ。基本的には問題点の修正が中心で,小粒といった印象だが,Skyrimに向けた修正が入っているため,重要度は比較的高いと述べていいのではなかろうか。
 なお,ドライバの導入は自己責任となるので,その点はご注意を。


●Catalyst 12.3の対応製品
  • デスクトップPC向けRadeon HD 7000シリーズ
  • デスクトップPC向けRadeon HD 6000〜2000シリーズ
  • ノートPC向けRadeon HD 6900M・6800・6300MおよびATI Mobility Radeon HD 5000〜2000シリーズ
  • Fusion APU A・E&Cシリーズ
  • AMD 7〜9世代のデスクトップPC向けチップセット(※AMD 740Gを除く)
  • 「ATI PowerXpress」対応のノートPC用チップセット

●Catalyst 12.3の新要素
・Radeon HD 7800への公式対応


●Catalyst 12.3で解決した問題(Windows 7)
  • 「Catalyst Control Center」のウインドウを開くとき,表示されるまで時間がかかる問題
  • 「Tom Clancy's H.A.W.X.」で,Morphological Anti-Aliasingとアンチエイリアシングを有効化していると,タスク切り替え後にアプリケーションがクラッシュする問題
  • Futuremark製ベンチマークソフトを“High Performance”モードで起動するとクラッシュする問題(※具体的なアプリケーション名,“High Performance”モードの詳細はいずれも不明。原文は「Furmark Benchmark: No longer crashes when launched in High Performance mode.」)
  • 「Quake 4」を“High Performance”モードで実行すると,タスク切り替え後にアプリケーションがクラッシュする問題(※“High Performance”モードの詳細は不明。原文は「Quake 4: No longer display corruption after task switching when run in High Performance mode」)
  • “XPlane”でテクスチャがちらついたり,テクスチャの表示がおかしくなったりする問題(※“XPlane”は「X-Plane 10」のことだと思われるが確証はない。原文は「XPlane: Textures no longer exhibit flicker and corruption」)
  • 「The Elder Scrolls V: Skyrim」で画面がちらついたりテクスチャ表示がおかしくなったりする問題
  • CrossFireX構成時に「Alan Wake」をDirectX 9モードで実行すると,システムがクラッシュする問題
  • 「Far Cry 2」で,ゲーム側のグラフィックス設定を高くすると,システムがクラッシュすることのある問題

●Catalyst 12.3で解決した問題(Windows Vista)
  • 「Catalyst Control Center」のウインドウを開くとき,表示されるまで時間がかかる問題
  • 「Enemy Territory: Quake Wars」で画面表示がおかしくなることのある問題

●Catalyst 12.3で解決した問題(Windows XP)
  • リリースノートに記載なし

●ノートPC向けCatalyst 12.3の制限事項
  • 本バージョンのリリース後に発表されたノートPCは非対応
  • Switchable Graphicsが有効なノートPCは非対応
  • 東芝製ノートPC,ソニー製「VAIO」シリーズのノートPC,パナソニック製ノートPCは非対応(※従来同様,ドライバはPCメーカーから提供される)
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • 関連タイトル:

    The Elder Scrolls V: Skyrim

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日