オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/12/27 23:18

企画記事

ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スクウェア・エニックス
プロデューサー
浅野智也

代表作:ブレイブリーデフォルト

Twitterアカウント:BDFF_OFFICIAL
※写真は2012年11月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:ファイアーエムブレム 覚醒
ハード:ニンテンドー3DS

(失礼ながら)過去のブランドに対して新しい企画を加え、見事に新生したと思います。結婚システムは本当に効果的でした。ゲームとしてもとても面白かったですし、追加DLCの新たな可能性も開いたと思います。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

自分はリメイクタイトルを多く担当してきましたが、リメイクでここまで楽しませられるのか!と驚きますし、ファンの予想を上回る物づくりにも刺激を受けます。またクオリティがそのまま求心力になり大きなムーブメントを生み出している様子には、心強さを感じます。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

秋元康AKB総合プロデューサー

日本のパッケージビジネスにおいて現状最強のコンテンツだと思います。その仕掛け、サービスについては勉強するところが大きいです。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

本年もブレイブリーデフォルトの展開を仕込んでおりますのでお楽しみに!
4Gamerの皆様におかれましてはブラウザ版「ブレイブリーデフォルトプレイングブレージュ」も良かったら遊んでみてください。よろしくお願いします。

「ブレイブリーデフォルト プレイングブレージュ」(BROWSER
(C)2012 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved. MAIN CHARACTER
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スクウェア・エニックス
ゲームデザインディレクター
阿部雄仁

代表作:FINALFANTASY13シリーズ、KINGDOM HEARTS2FM

※写真は2012年12月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:風ノ旅ビト
ハード:PlayStation 3

もともとテキストの要らないゲームを作ってみたかったので、目の前に出てきてやっぱりいいなと思いました。
ビジネスとしてここへ踏み込んで、形を成し、実績を出すに至ったチームは素晴らしいです。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

テレビ朝日 ガールズトーク
ドラマであり、ドキュメントでもあり、結果お笑いでもあります。
色々な技法やジャンルが出尽くした感のある中で、要素のミックスの上手い配分で独特なものが出来上がっていて面白いです。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

放送作家・三木聡
元々のファンですが、久しぶりに映画を撮られたようなので、2013年の公開を心待ちにしています。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

カレンダーの節目で気持ちを切り替えない性分なので、先々の目標を見据えて来年も淡々とやっていきます。
2013年は『LIGHTNING RETURNS』をリリース予定です。
皆様の手元に置いて頂けるよう全力で取り組んでまいります。

「LIGHTNING RETURNS: FINAL FANTASY XIII」(PS3 / Xbox 360
(c)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「FINAL FANTASY XIII-2」(PS3 / Xbox 360
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スクウェア・エニックス
特モバイル二部 ジェネラルマネージャー兼プロデューサー
安藤武博

代表作:ケイオスリングスシリーズ 拡散性ミリオンアーサー 星葬ドラグニル ギャラクシーダンジョン など

※写真は2012年5月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:パズル&ドラゴンズ
ハード:iOS、Android

スマートフォン向けのゲームをプロデュースしている人間にとって、避けて通れないインパクトを持った最強ゲーム。多くの人が思い浮かべたタイトルだと思うが、重複してでも書かなければいけないほど強烈な存在感を持つ圧倒的なタイトル。我々が手がけた『拡散性ミリオンアーサー』はたびたび、この『パズドラ』に毎月戦いを挑み、この秋までは数日間ナンバーワンを奪取できたのだが、現在はそれも不可能。まさに絶対王者となっている。プレイヤー数やインストール数から類推するにもはや、家庭用ゲーム機で言うところの『ドラゴンクエスト』や『スーパーマリオ』などと比肩できるレベルの国民的アプリになりつつあるのではないだろうか。オリジナルタイトルでの、このプロデュースワークはゲームの歴史を振り返ってみても「快挙」と言ってよいだろうし、まだまだ来年に向けての“のびしろ”を残しているところに末恐ろしさを感じる。この爆発力は痛快の一言であり、これだからエンターテインメントは、ゲームづくりは、やめられないのだ。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

Apple TV
AirPlayを通じて自分のiOSデバイスに入っているコンテンツが1080pのHDテレビに出力されることが、これほどまでに楽しいとは!特にYouTubeの視聴はもはや、Apple TV抜きでは考えられないくらいの革命的な楽しさ。きっと数年後はゲームも家ではHDテレビで、外出先ではスマホでというのが普通になるんだろう、ということを現実的な距離に近づけた。レンタルDVDの概念も、音楽や写真の楽しみ方もすべてが、変わっていく。なによりも8800円の、モニターを持たない小さな箱を「テレビ」と言い切ってしまうAppleの思想がクールすぎるし、その哲学には心底共感している。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

プロデューサーとしてもディレクターとしても、前述の『パズル&ドラゴンズ』を手がけたガンホーの山本大介さんには注目せざるを得ませんでした。個人的にも波長が合う方でライバルというよりは共闘者といった感じでした。我々の『クリスタル・ディフェンダーズ』と『パズドラ』は、早速コラボが実現しましたし、今後も一緒にあたらしい面白さを手がけていきたいクリエイターです。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2012年に我々スクウェア・エニックス特モバイル二部がお届けした『ケイオスリングスII』『拡散性ミリオンアーサー』『ガーディアン・クルス』『星葬ドラグニル』『ギャラクシーダンジョン』は、まだまだ序章にすぎません。2013年は4Gamer読者の皆さんのような骨太ゲーマーも楽しめる本格的なゲームを用意しています。スマホの登場でゲームが、最近ゲームを遊んでいなかった多くのお客様にとって身近な存在になりました。特モ二部はそういったお客様だけはなく、いままで家庭用ゲーム機が我々に体験させてくれた「あのころの熱気」をスマートフォンで、新しい形で、お届けしたいと思っています。これまでの作品とあわせて来年も特モバイル二部のタイトルにご期待ください。

ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「CHAOS RINGS II」(iPhone / iPad
(C)2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION: Yusuke Naora Developed by Media.Vision Inc.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「拡散性ミリオンアーサー」(iOS / Android
(C)2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by Mighty Craft Co.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「星葬ドラグニル」(iOS
(C) 2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by WITCHCRAFT.inc
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「ギャラクシーダンジョン」(iOS
(C)2012 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rigts Reserved. Developed by LANCARSE LTD.



スクウェア・エニックス
プロデューサー/マネージャー
市村龍太郎

代表作:超速変形ジャイロゼッター、ドラゴンクエストIX、ドラゴンクエストVIIIなど

Twitterアカウント:@RyutaroIchimura
※写真は2012年6月に掲載したイベント時のものです
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:風ノ旅ビト
ハード:PlayStation 3

その圧倒的な世界観とビジュアルの美しさに圧倒されました。ほとんど文字が出てこないのに、周囲の情景や心情を感じることができたのは驚きでした。最後まで一緒にいた仲間が、他のユーザーだったと気づきませんでした^^; 良くできたAIだなとか思ってました。それも良い意味でやられた感ありました。ビジネス的にみるとローカライズコストが安くていいですよね^^ RPGは高いので…。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ガリタ食堂
「めちゃイケ」の1コーナーですけど、これはただの大食い企画とは違って本当に楽しみな番組です。身近なお店を紹介してくれるので自称グルメとしてはたまらない!しかもガリタさんがすっげー美味しそうに(実際美味しいんだろうけど)食べるのがまたいいんですよ。美味しいもの食べられる幸せって万国共通だと思うんですよねー。食はエンターテインメントですよ!ガリタ食堂見ながら食事するといつもの倍食べれてまさにデブエットになって太りましたけど…。アイアンシェフも毎週楽しみ♪

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

近藤真彦さん
アニメのジャイロゼッターの主題歌をオファーしたのですが、ものすごいオーラでした。48歳で、トライアスロンをやれる体力を持ち、レーシングチームのオーナーまでこなされるのは凄いと感じました。主題歌の「Let's Go!」はマッチさんの50曲目の記念すべき節目にもなって、メディアでの露出も想像を絶するものでした。ご本人ともお話をさせていただき、とても気さくでユーモアもあり、そして熱く語れたのはうれしかったです。まだまだ現役でギンギラギンに燃えてました!

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年は、3DSのRPGとして「超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼」を発売予定です。アーケード版とは異なり、壮大なストーリーと冒険。100種類以上のジャイロゼッターを収集・育成・カスタマイズする盛りだくさんの内容でお届けします!そしてまだタイトル発表していませんが、「新規アクションRPG」も発表できると思いますので、こちらも楽しみにしていてください!

「超速変形ジャイロゼッター アルバロスの翼」(3DS
(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
アニメ「超速変形ジャイロゼッター」
(C)スクウェアエニックス/ジャイロゼッター製作委員会・テレビ東京
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「超速変形ジャイロゼッター」(アーケード
(C)2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.



スクウェア・エニックス
株式会社スクウェア・エニックスプロデューサー 「ガンスリンガー ストラトス」プロデューサー
門井信樹

代表作:ガンスリンガー ストラトス ロード オブ ヴァーミリオンシリーズ(運営プロデューサー)

Twitterアカウント:@KadoiNobuki
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ!
ハード:ニンテンドー3DS

理由:TV番組を題材にしたゲームでありながら販売本数30万本という実績。webマーケティングが注目、重要視される中、改めてメディアとしてのTVの力を再認識しました。
個人的にも逃走中や戦闘中は好きで毎回放送されると欠かさず見ています。
こういったアトラクション系、ライブ系番組は頑張ってほしいですね!
できれば参加したいですが(笑

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映像機器から2つ「4kテレビ(高解像度テレビ)」「プロジェクションマッピング」ですね。

4kテレビ
2010年と2011年は3DTVが流行りましたが、立体3Dで味わえる臨場感よりも、正直高精細になった方が臨場感やリアル感は出るんですよね。
そういう意味では個人的に4kテレビにはかなり期待しています。
本当にそこに自分がいるような感覚が味わえますから!

プロジェクションマッピング
これも今年流行りましたよね。
最近だと9月に東京駅で行われたTOKYO STATION VISIONや、10月にはUSJでBIOHAZARDとのコラボ、今だとちょうど汐留で汐留クリスマスかな?
これもファンタジーな世界を現実世界で体験できる良いモノですよね。
まだまだ高いですが、安くなって気軽にできたらいいなと思います。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

きゃりーぱみゅぱみゅかな。
独特の世界観を持っている上に、面白いし可愛いですよね。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年は色々なプラットフォームや業態にもチャレンジしていきたいですね。
アーケードの筐体開発の経験を活かしたら、本当の意味で色々と一から作れるんじゃないかなと。
それこそ駅ビル向けの端末とか、学校向けの端末とかもいいですね。
いつの日かiPhoneやiPadを超えるようなモノを生み出したいと思います。
よろしくお願いします。

「ロード オブ ヴァーミリオンRe:2」(アーケード
(C)2007-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
※ロード オブ ヴァーミリオン/LORD of VERMILION、その他の社名、商品名は日本およびその他の国における株式会社スクウェア・エニックスの商標または登録商標です。
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スクウェア・エニックス
LIGHTNING RETURNS FINAL FANTASY XIII プロデューサー
北瀬佳範

代表作:LIGHTNING RETURNS FINAL FANTASY XIII

※写真は2012年12月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:風ノ旅ビト
ハード:PlayStation 3

理屈じゃない。時間を忘れてしばらくの間、別の世界に浸りきった体験は非常に心地よかったです。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「桐島、部活やめるってよ」
日本映画で、派手さや斬新さなど微塵もないのですが、じわじわ心に刺さり、且つ、映画ギミック的にも隙が無い良い映画でした。もちろん世界に通じるハリウッド的なグローバルさも映画の醍醐味なのですが、やはりその国の文化に根ざした風景を丹念に描く作品は、それはそれでよいものがあります。
こういう映画がポッと出てきてしまうところが日本映画のよいところです。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

ドナルド・X・ヴァッカリーノ(ゲームデザイナー)
ゲームはゲームでもアナログゲーム世界のデザイナーです。全世界でヒットしたカードゲームドミニオンの作者であり、また最新作「キングダムビルダー」ではアナログゲームの最大の栄誉、ドイツ年間ゲーム大賞2012のグランプリにも「ドミニオン」に続き受賞しました。デジタルとアナログの違いこそあれど、昨今はアナログゲームがスマートフォンアプリに移植されることも珍しくないため、”遊びを創る”という意味では注目のデザイナーであります。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年リリースに向けてLIGHTNING RETURNS FINAL FANTASY XIIIを全力開発中です。
復活したライトニングと全く新しくなったゲームシステムを発売までにしっかりと伝えていきたいと思います。

「LIGHTNING RETURNS: FINAL FANTASY XIII」(PS3 / Xbox 360
(c)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スクウェア・エニックス
エグゼクティブ・プロデューサー
齊藤陽介

代表作:「ドラゴンクエストX」「ニーアレプリカント/ゲシュタルト」 他

Twitterアカウント:SaitoYosuke_Z
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:なし。敢えて言うなら「Miiverse」
ハード:Wii U

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

仕事づくめの一年間で、今年はあんまり見れてないんです。すみません…。
あ、「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」は相変わらず面白いですよー!
ロケの立会いをさせて頂いたのも良い思い出です。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

ももいろクローバーZ
かわいいので。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

このコメントが出るころには「ドラゴンクエストX」の大型アップデートVersion1.2が公開されているはず?です。かなりなボリュームのコンテンツを年末年始のお休みにあわせてリリースしようと、開発スタッフ一同全力で頑張りましたので、是非楽しんで頂ければと思います。
かならずしも高レベル向けのコンテンツばかりではないので、まだ「ドラゴンクエストX」を遊んで頂いてない方も是非遊んで頂ければなと思います。「アストルティア」でお待ちしてます!

「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」(Wii / Wii U
(c)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スクウェア・エニックス
ディレクター
鳥山 求

代表作:『FINAL FANTASY XIII』『FINAL FANTASY XIII-2』

※写真は2012年12月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ハード:Wii

誰もが遊べるオンラインRPGとして、発売直後の祭りを経験してみたくて、夏休みに遊んでました。
どの街に行ってもわらわらと人の群れがにぎわっており、狩り場への誘いに皆でジャンプしている光景にわくわくし、さすがドラゴンクエストという冒険の広がりに感動しました。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 」
シリーズものとしての予想の枠組みをあっさりと突き抜けて
好き勝手に作っているように見えるが異常に完成度の高い
エヴァンゲリオンならではの世界観と謎の突きつけにより
新しいファン層を獲得している不思議な熱量をもった作品でした。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

「Perfume」
今年もファンです。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年は、FFXIIIライトニングサーガの最終章となる
『LIGHTNING RETURNS:FINAL FANTASY XIII』を発売します。
ライトニングの最後の戦いにご期待ください!

「LIGHTNING RETURNS: FINAL FANTASY XIII」(PS3 / Xbox 360
(c)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「FINAL FANTASY XIII-2」(PS3 / Xbox 360
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スクウェア・エニックス
CTO
橋本善久

代表作:「Final Fantasy XIV 新生エオルゼア」「Agni’s Philosophy - FINAL FANTASY REALTIME TECH DEMO」「新世代ゲームエンジンLuminous Studio」

<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「風ノ旅ビト」
ハード:PlayStation 3

短く、シンプルで、美しく、感情に訴え、心に残る。

素晴らしい表現体であり、称えられるべき挑戦だと思います。
「テレビゲーム」というカテゴリーの枠というよりは「コンピューターエンターテイメントの可能性を広げる作品」の一つだと思いますが、こういった「感動体験」を与える挑戦的な作品がビジネスとして十分に成立するゲーム市場であり続けて欲しいなと願います。

他にはスマホの「パズル&ドラゴンズ」が印象深いです。
それまでの既存の売れ筋ソーシャルゲームのフォーマットを丁寧に踏襲しつつも適度なゲーム性を加える事で単なるクリック連打ゲームから脱出し、数えきれないほどのライバルが存在するソーシャルゲーム市場の中でも抜きん出た結果を出しているのはとても素晴らしい事だと思います。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画では「ダークナイト ライジング」「アベンジャーズ」が印象深いです。それぞれの娯楽性は大変高く作品としてすばらしい出来なのはもちろん、それに加えて古くから親しまれているヒーローキャラクター達をここまでの巨大な興行収入を上げるまでに育て上げるという、作品の外側の“仕掛ける”レベルの凄まじさに感心してしまいます。あのキャラクター達があるからこの興行収入になったわけではなくて、このプロデュース/ディレクション/プロモーションがあったからこその結果だと思います。ブランディングやIPの育成という観点で学ぶべき事が多くとても参考になりました。

マンガだと「宇宙兄弟」が印象的でした。宇宙飛行士や宇宙開発という題材はなかなかニッチ系になってしまいがちだと思うのですが、それにも関わらずこれほどまでのヒット作品を生み出すことができているわけで、やはり題材そのものよりはその中身と仕掛け方が大切なのだなと改めて感じさせられました。

そしてコンテンツではないですが「LINE」の台頭はかなり凄いなと思いました。日本国内のみならず、アジア圏を中心とした爆発的な普及には驚かされました。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

テクノマジシャンのマルコ・テンペスト氏に強く注目しています。彼は元々とても優れた手品師ですが、そこにCG、ビデオカメラ、タッチパネル、キネクト、プロジェクターなど様々なデジタルデバイスを緻密に組み合わせて、全く新しいマジックエンターテイメントを作り上げています。文字ではうまく伝わらないので、ご存知ない方は以下で観てもらうのが良いです。

http://www.ted.com/talks/lang/ja/
marco_tempest_the_magic_of_truth_and_lies_on_ipods.html

http://www.ted.com/talks/lang/ja/
marco_tempest_a_magical_tale_with_augmented_reality.html


エンターテイメントとデジタルテクノロジーをここまで綺麗に融合させた事例は他にはなかなか無いのではないかなと思います。

通常の“手品”は「種も仕掛けも分からない」という“不思議さからの驚き”を作っていると思いますが、彼の場合は「種はこれ仕掛けはこれ」というのがよく分かる上で手品のスキルを生かした“感動体験”を生み出し、観ている人々をファンタジーの世界へと誘います。観ている側が「こんなのはウソだ」「仕掛けがあるに違いない」という疑いから入るのが普通の手品だとすると、「こんなウソが実際に存在してほしいな・・・」と観る側に願わせているのが彼のマジックの新しい所なんじゃないかなと思います。

そして、彼はこのような新しい表現形式を生み出し続けているだけではなく、同時に卓越したプレゼンテーション能力とストーリーテリング能力を持ち合わせている点も興味深いです。圧倒的な仕掛け、演出、ストーリーテリングによって、人々をあっという間にその作品に引き込み、さらに心の奥の琴線にまでやさしくリーチし、心に何かを残す。これはなかなかできることではありません。

マルコ・テンペスト氏は本当に素晴らしい表現者だと思いますし、分野は違いますが、エンターテイメントコンテンツ製作に関わる者として良い目標の一つになっています。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2012年はプロデューサーとして関わったリアルタイム映像作品「Agni’s Philosophy」の公開や、技術ディレクターとして関わっている「新生FFXIV」のαテストの開始などが表への出力となり、それぞれにご好評も頂いておりますが、2013年はさらに具体的な成果物が揃ってきます。「Final Fantasy XIV 新生エオルゼア」はβテストを経ていよいよリローンチを迎えます。そしてスクウェア・エニックスグループ内向けの新世代ゲームエンジン「Luminous Sudio」の製作も佳境に入り、いよいよ目に見える形で姿を現して来ます。それ以外にもいろいろと準備を進めていて、その一部は2013年に成果をご覧頂けると思います。
「心に残る体験」を生み出して行けるよう、2013年もがんばりたいです。

「Agni's Philosophy - FINAL FANTASY REALTIME TECH DEMO」
(C)2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All rights reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スクウェア・エニックス
ディレクター
藤澤 仁

代表作:DQ8 DQ9

Twitterアカウント:@JIn_Fujisawa
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:サイレントキューブからの脱出
ハード:リアル脱出ゲームオンライン(PC)

今年一年でいちばん「ゲームをしている」という興奮を感じました。システムは洗練されていて、感銘を受けるところが大きかったです。脱出できませんでしたが。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

齊藤と同じく、ひたすら仕事に打ち込んできた一年だったのでたくさんの物には触れられませんでしたが、内田けんじ監督の「鍵泥棒のメソッド」は純粋に楽しめる映画でした。広末涼子さん美人です。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

青山公士(DQX・テクニカルディレクター)、齋藤 力(DQX・チーフプランナー)

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

発売から5か月が経過して、ドラゴンクエストXの世界も日々楽しさが増していっています。ドラクエ好きな方なら絶対に楽しめる“新しい要素”と“懐かしい要素”が詰まっています。
2012年12月末に、大型アップデート第2弾となる『世告げの姫と魔法の迷宮』をリリースしました。
冒険を始める絶好のチャンスだと思いますので、ドラゴンクエストの第10作目、まだ遊ばれていない方は、ぜひ遊びにお越しください!

「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」(Wii / Wii U
(c)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スクウェア・エニックス
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア プロデューサー兼ディレクター
吉田直樹

代表作:「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」、「ドラゴンクエストX」「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードI/II/Victory」

※写真は2012年10月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:Guild Wars 2
ハード:PC

日本ではあまり馴染みのないタイトルですが、長い年数をかけて作り込まれた世界と、チャレンジ精神に溢れたシステムの数々には、素直に驚きと関心を持ちました。
World vs WorldというテーマのPvPを軸にしながらも、クラスの差が極端に少なく、気軽に参加できるDinamic Eventの実装など、バランス感もとても良くできています。
今後の運営や課金施策にしても、とても興味深く拝見してます!強敵!!

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

やはり2012年だと「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」でしょうか。密かに相当なマニアなので……。
公開前日のTVでの冒頭放送から、劇場での冒頭3-5分で、あれだけ観る方を絶句させる映画は他にないです。
本編が終わりエンドロールが流れたあと、いつもの次回予告が出て、お隣に座っていたご夫婦らしきお二人のうちの男性の方が「エヴァだったな……」と呟いたのがとても印象的でした。
今後どうなるか、とても楽しみで、完結を見るまで死ねないなと思っています(笑)

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

日向武史さん(漫画家)です。週刊少年マガジンで「あひるの空」というバスケ漫画を連載されている方ですが、ずーっと連載でもコミックスでも、楽しみにしている作品なのです。
前に進もうとしても壁にぶつかり、壁を超えるべく努力をしても「主人公たちだけが特別な努力をしているわけじゃない」と、またしても挫折を味わう。それでも前に進もうとする意思や、作品に登場するキャラクターのセリフが、とても心に残る作品です。ですので、日向さんもきっと自分に厳しく、がむしゃらな方なんだろうな、と思うのです。キツイ仕事の時、とても勇気を貰える作品の作者さまです。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年は、FINAL FANTASY XIVにとって、文字通り「新生し飛躍する1年」になります。
これまで世界中のプレイヤーの方に支えられてきた、そのご恩返しを込めて、ファンの方だけでなく、4Gamer読者の方々にも、驚きを持って迎えられる作品にしたいと思います。
2013年、ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼアにご注目ください!

「FINAL FANTASY XIV」(PC / PS3
(C)2010-2012 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スパイク・チュンソフト
ゼネラルマネージャー
飯塚康弘

代表作:Spike Chunsoftから発売されている海外ゲーム全般

<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:Dayz
ハード:PC (正式タイトルとして発売されているものではありません。)

PCのArma2をベースにしたMODで、これこそまさに「サバイバルゲーム!!!」
常にゾンビに襲われる恐怖に怯えながら、広大なマップを自由に探索し、生き残るための物資を集めるゲームです。
最大50人のプレイヤーが1ワールドに参加でき、フレンドリーなプレイヤーとは協力してゾンビを倒したり、車を修理しマップを徘徊したり自由度はとても高いタイトルになります。
しかし、中には他プレイヤーの武器や物資目当てに襲ってくるプレイヤーもいます。(突然発砲してきたり、車で追いかけ回されたり・・・)なので、物資が豊富な街に入る時は、遠目から状況の確認が必須です。

あとは、空腹度、喉の渇き、血液の量(ゾンビなどに攻撃されると出血し続け、治療をしないと死にます)などの設定がよりサバイバル感を向上させてくれます。空腹でやっとのこと、牛から肉を手に入れても、マッチが無いと肉が焼けずに食べられないとか。(生肉はたべられません・・・)

開発元で正式なDayzのスタンドアロンバージョンのアナウンスがされています。2013年には発売される予定なので、早くプレイしたいです。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

2012年に公開されていませんが、海外で展開している「KICKSTARTER」クラウドファンディングサービス。アイディア1つで、多くのユーザーから資金を提供してもらい開発に着手する。最近では、OUYAというAndroidアプリをTVの画面でプレイできる据え置き型のコンシューマー機で、800万ドルの資金を集めることができ、2013年春に商品化されるようです。ゲームコンテンツ開発のプロジェクトが沢山出ていて、それを見ているだけで結構楽しめます。日本でも、この様なサービスがもっと定着していけば、面白い物がどんどん世に出てくるのになぁ〜。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

霊長類最強女子!吉田沙保里選手です。五輪3連覇&世界選手権13連覇!どんどん勝ち続けて欲しいですね!

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

出来る限り、面白そうな海外ゲームを探してきて、日本の海外ゲームファンの皆さんに届けたいです。
2013年のライナップも徐々に揃ってきましたので、来年早々にでも発表できればと思っています。

「セインツロウ ザ・サード」(PS3 / Xbox 360
(C) 2011-2012 THQ Inc. Developed by Volition, Inc. THQ, Saints Row: The Third, Volition, Inc. and their respective logos are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc. All Rights Reserved. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「Darksiders II」(PC / PS3 / Xbox 360 / Wii U
(C) 2012 THQ Inc. Developed by Vigil Games. Darksiders, Vigil Games, THQ and their respective logos are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc. All rights reserved. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「DEAD ISLAND」(PS3 / Xbox 360
(C)Copyright 2011 and Published by Deep Silver, a division of Koch Media GmbH, Gewerbegebiet 1, 6604 Hofen, Austria. Developed 2011, Techland Sp. z o.o., Poland. (C)Copyright 2011, Chrome Engine, Techland Sp. z o.o. All rights reserved.



スパイク・チュンソフト
企画,ディレクター,シナリオライター
打越鋼太郎

代表作:9時間9人9の扉,善人シボウデス

Twitterアカウント:@uchikoshi
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園
ハード:PSP

まずはキャラ立てが秀逸。軽妙洒脱なセリフまわしと相まって、ぐんぐんと作品世界に引き込まれます。ミステリとしても上質で、二転三転の展開にハラハラドキドキ。中でも特にCHAPTER 5は珠玉の傑作! 思いがけぬ人物の殺害から始まり「マジで!? この後どうすんの!?」と思ったら、広げた風呂敷をきれいに折りたたまれて完敗。いやはやまいりました。まさかそうくるとは……。さらに一番のお気に入りキャラの展開には涙腺崩壊も。音楽も洗練されていて最高にかっこよかったし、全体的なデザインも抜群のセンスで脱帽。ゲームの作り方(リソースの使い方や魅せ方など)についても感心することしきりでした。非常にためになった1本です。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

『アーティスト』
今年の4月に日本で公開されたフランス映画。ただし舞台は1927年のハリウッド。映画がサイレントからトーキーへと移行する時代が背景となっていて、この映画自体もサイレント(無声映画)になっています。サイレントの名優であり絶大な人気を誇っていたジョージ。彼はトーキーを小馬鹿にし、サイレントにこだわり続け、徐々に没落していくことになります。その一方で、無名だったペピーはあれよあれよという間にトーキー隆盛時代の波に乗ってどんどん売れっ子になっていく……。その構図は決して他人事ではなく、まさに身につまされるようなシーンの連続で切なくなりました。すべてのおっさんクリエイターに観てもらいたい映画です。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

清水くるみさん。『桐島、部活やめるってよ』の実果役。可愛いから(笑)
もうひとりは卓球の石川佳純さん。同じく可愛いから!

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

来年はいろいろと新しいことにチャレンジする年になりそうです。次回作についてはまだ発表はできませんが、今までのぼくの作品とは一線を画した度肝を抜くタイトルになると思います。ぜひご期待ください! 他にもやらなければならないことがてんこ盛りですが、粉骨砕身の覚悟でがんばります! 応援して頂けるとありがたいです。2013年もよろしくお願い致します。

「極限脱出ADV 善人シボウデス」(PS Vita / 3DS
(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スパイク・チュンソフト
プランナー&シナリオライター
小高和剛

代表作:「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」

Twitterアカウント:@kazkodaka
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:魔法使いの夜
ハード:PC

独特な世界観を持つシナリオやグラフィックはもちろんなのですが…それらを組み合わせる演出、スクリプトが尋常じゃないなと驚かされました。ダンガンロンパシリーズでは僕自身もスクリプトを打ったりするのですが、だからこそここまでやるのか…と驚嘆させられてしまいました。チームではなく個人で突き詰めていったからこそ成り立ったノベルゲーム最高峰の演出だと思います。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「桐島、部活やめるってよ」
映画館でこの作品を見た後に、あまりの完成度に何もできず、街をうろついてしまいました。ほぼボクの理想通りのシナリオで圧倒されてしまいました。説明する部分と説明されない部分、感情表現、ちょっとドライな青春…もう何もかもが素晴らしかったです。嫉妬。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

「幾原邦彦」
ボクのベストアニメが「輪るピングドラム」なのですが、年明けにはウテナのブルーレイBOXも出るし、ピングドラムの続編らしきプロジェクトも発表されてるし…何しろ楽しみです。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

来年は、まずはダンガンロンパのアニメがあります。
現在進行形でスタッフ一同頭を悩ませ中ではありますが…ゲームとは一味違ったダンガンロンパになると思います。とは言え、これもまたれっきとしたダンガンロンパである事は間違いない!さらに様々な展開も考えていますのでお楽しみに!

「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」(PSP
(C)Spike Chunsoft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」(PSP / iOS / Android
(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スパイク・チュンソフト
アソシエイトプロデューサー
齊藤祐一郎

代表作:「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」「CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!」

Twitterアカウント:tuyatuya3110
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
ハード:PlayStation Vita

ハード特性を最大限に活かした上での「重力操作」による浮遊感、疾走感は、新ハードで味わえるゲーム体験として非常にインパクトがありました。世界観の表現という意味でも実に挑戦的で、その一つ一つの表現手法に唸らされました。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

コンテンツ名:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
ジャンル:映画
うかつなことを言うとネタバレに通じてしまうので多くは語れないのですが、衝撃を受けました。
社会現象すら起こす一大コンテンツで、こんなアプローチがやれてしまうこと、やってのけてしまったことに、まがりなりにもコンテンツ業界に携わる人間としては驚きを禁じ得ないです。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

名前:きゃりーぱみゅぱみゅ
原宿、渋谷のファッションカルチャーの中から、アイコンとして国内外で認知をとっていったその動きがとてもおもしろかったです。その独特の世界観と、セルフプロデュース力がすごい。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

まだ発表こそ出来ていないのですが、ユーザーの皆さんをワクワクさせられる内容に仕上げるべく、既に動き始めているタイトルが多数ありますので、来年も引き続きスパイク・チュンソフトにぜひご注目・ご期待下さい!

「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」(PSP
(C)Spike Chunsoft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」(PSP / iOS / Android
(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



スパイク・チュンソフト
ゼネラルマネージャー シニアプロデューサー
寺澤善徳

代表作:「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」「CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!」「ガチトラ! 〜暴れん坊教師 in High School〜」「侍道4」

Twitterアカウント:@terazo2000
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:ペルソナ4 ザ・ゴールデンペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ
ハード:PlayStation Vita

過去のタイトルの上手な活かし方、そして新しい挑戦もみせてもらえました。去年は「キャサリン」だったので、ホント、ペルソナチームは大好きで尊敬してます。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「坂道のアポロン」
ジャズをテーマにしたアニメでしたが、音楽の素晴らしさに触れられて、毎週心地良く観させて頂きました。単に自分がピアノジャズが好きだからではありますがw

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

去年に引き続き、橋下徹さんで。本当に日本を変えることが出来るのか、やはり彼でも難しいのか、今年は注目しています。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

来年はダンガンワールドを更に広げる年にしていきます。アニメもありますし、色々な展開を今年以上にやっていきますので、引き続きの応援よろしくお願いします!そしてもちろん、ダンガンロンパ以外のゲームも作ってますので、また期待して頂ければと思います!来年もどうぞよろしくお願いします!

「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」(PSP
(C)Spike Chunsoft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」(PSP / iOS / Android
(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!」(PSP
(C) Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.



スパイク・チュンソフト
プロデューサー
渡辺一弘

代表作:「忍道2 散華」,「喧嘩番長」シリーズ,「侍道」シリーズ

<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
ハード:PlayStation Vita

斬新なアイディアとそれらを活かすアート、演出、新ハードを牽引するための初期作品としての役割を、十二分に全うしたタイトルだと思いました。『忍道2』に登場させた重力をめちゃくちゃにする某忍具の名前は、この作品名からのパク…いや、オマージュです。外山さん、スミマセン…^_^;

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画『灼熱の魂』ですね。日本での公開は2011年末だったのですが、観たのが2012年になってからなのでご容赦ください。その後、一年を通じて、この作品以上に衝撃を受けた作品はありませんでした。知りたい欲求と、知らない方が幸せだった真実…日本人では理解しにくい宗教や民族紛争が下地となっていますが、頭をハンマーで殴られたい人にはオススメします。運命の残酷さに、いろいろと考えさせられますし、決して爽快感はありませんが。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

例の島を買うだの買わないだの、あの歳にして再び国政の場に出てみたりと、今年は石原慎太郎さんの年でしたよね。バイタリティは年齢に関係ないのだなと、つくづく思い知らされました。TOKYO-MXで定例会見を見られなくなるのが、ちょっとだけ残念です。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

勢い余って出馬しちゃわない程度にがんばって、より良いタイトルを作っていきたいと思います。

「喧嘩番長Bros. トーキョーバトルロイヤル」(PSP
(C)Spike Chunsoft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
64
CROSSOUT (PC)
2017年04月〜2017年10月