※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/12/27 23:18

企画記事

ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



コナミデジタルエンタテインメント
シニアプロデューサー
内田明理

代表作:「ラブプラス」シリーズ,「ときめきメモリアル Girl's Side」シリーズ,「とんがりボウシ」シリーズなど

※写真は2012年2月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
ハード:PlayStation Vita
記号化されたアイディアの寄せ集めではないファンタジー世界を一から、高いテイストレベルで構築する作業を考えると、気が遠くなります。また、それをハードの機能を活かしたグラフィックとして表現されているところにも圧倒されました。ハンドヘルドマシンの中に構築されたオープンワールド・・・。今回も、外山先生の作品に頭が下がりました。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「アメリカン・ホラー・ストーリー」。「Fringe」の古き良きSFのオマージュ的な趣が大好きだったのですが、こちらは、現代科学によるネタばれで、その辺に夢を見られなくなった人向けの夢、60年代アメリカンホラーのオマージュなのではと。サーガになっているところもハマる要素です。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

「ときめきレストラン☆☆☆」という、アプリゲームにチャレンジしてます。
レストラン×恋愛×アイドルという、女子向け全部乗せ的なチャレンジングなゲームです。もうすぐサービスインになります。スマホを持ってる方はぜひ遊んでみてください。
現在、アイドルたちの人気投票をやっていて、サービスイン時にその結果でセンターボーカルが決まる(楽曲は事前登録でプレゼント)という、キャラクター達には過酷な試みをやっていますので、こちらもぜひ、一票投じてみてください!

(公式サイトURL)http://www.konami.jp/tokires/

「ときめきレストラン☆☆☆恋のレシピでつかまえて」(iOS / Android
(C)Konami Digital Entertainment
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



コナミデジタルエンタテインメント
小島プロダクション クリエイティブプロデューサー
岡村憲明

代表作:「メタルギア ソリッド ソーシャル・オプス」、「メタルギア ソリッド ポータブル・オプス」、「ZONE OF THE ENDERS Z.O.E」 他

Twitterアカウント:@okap573
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:パズル&ドラゴンズ
ハード:スマートフォン

ソーシャルコンテンツの、次のステージを予期させるゲームだと感じました。大げさな言い方かもしれませんが、ソーシャルコンテンツが一過性のブームで終わることなく、この先に広大なブルーオーシャンが広がっていることを再確認した一作でした。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ロンドンオリンピック
これをエンタテイメントコンテンツにカテゴライズすべきでないのかもしれませんが、自分にとっては、まぎれもなく今年一番、興奮し、感動し、心を揺さぶられ続けた日々を過ごした、本物のエンタテイメントでした。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

脚本家の遊川和彦さんです。
「家政婦のミタ」の後の動向が気になっていましたが、NHK朝でこれをやるか!と毎回どきどきの「純と愛」、最高です。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2012年12月にサービスインしたばかりの「メタルギア ソリッド ソーシャル・オプス(MGS SOP)」。おかげさまで、予想を遙かに超える多くのお客様に遊んでいただいており、とても感謝しております。「MGS SOP」は進化し続けるゲームです。来年はへび年。スネークの年。皆さんに長く楽しんでいただけるゲームを目指して2013年も頑張ります!

「METAL GEAR SOLID SOCIAL OPS」(iOS
(C)Konami Digital Entertainment / GREE
(C)2012 Konami Digital Entertainment
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



コナミデジタルエンタテインメント
サウンドディレクター
角田利之

代表作:beatmaniaIIDXシリーズ

※写真は2012年10月11日に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:アーマード・コア V
ハード:PlayStation 3

鉄の重さが感じられる。単純にカッコいい!
最近ゲームに費やす時間が減っているが、それでもプレイしたいと思う数少ないタイトルです。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

特に誰という訳ではないのですが、同人音楽シーンが今非常に面白く感じます。
メジャーシーンに面白い人がいないと思ったら、こっちにみんな流れていたのか、と言う感じです。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

特に誰という訳ではないのですが、同人音楽系のアーティスト達。
「同人」という言葉が作品のクオリティに関わらず足を引っ張っているように感じますが、このシーンをスルーするのは音楽が好きならば勿体無い、と個人的に感じています。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

リズムに合わせてアクションを行う音楽ゲームには、普遍的な楽しさがあります。
最近プレイされて無いという皆さんも、ゲームセンターにお立ち寄りの際は是非プレイしてみてください!
進化を遂げた最新のBEMANIに新たな楽しみを発見していただけると思います!

(C)Konami Digital Entertainment
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「beatmania IIDX 19 Lincle」(アーケード
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「beatmania IIDX 20 tricoro」(アーケード



コナミデジタルエンタテインメント
ディレクター
小牟田 修

代表作:「FRONTIER GATE」シリーズ、「幻想水滸伝」シリーズ

※写真は2011年9月に掲載したイベント時のものです
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:Dragon's Dogma(ドラゴンズドグマ)
ハード:PlayStation 3, Xbox 360

初めて映像を見たときから気になっていて、昨年の東京ゲームショウで試遊して衝撃を受けたタイトルです。
この規模の、オープンワールドのゲーム、しかも僕の大好きなファンタジー世界を見事に作り上げていて、正直悔しい思いをしました。「こんなゲームを作りたかった!」と心の中で叫んでいました。
といいつつ、昨年同様にまだプレイできていないのですが……スカイリムのアップデートでドラゴンにも乗れるようになったので、プロジェクトが無事終わったら仮想世界に引き篭もりたいです。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「アイアン・スカイ」です。
『ナチスが月から攻めて来た!!』このキャッチを見た瞬間、心を揺さぶられました。
ナチスの残党が月の裏側で生き延び、地球へ復讐するという内容のこの映画。
思いっきり馬鹿笑いしようと観にいったのですが、どっこい、ただのおバカ映画ではありませんでした。
こんなバカげた突飛な設定で、すごく真面目に if の世界が描かれていて妙なリアリティがあるんです。
所々、社会や政治を風刺するメッセージが織り込まれていて、色々考えさせられる映画でした。
ギャグも邪気が無いというか、嫌な気分にならないギャグで気持ちよかったです。
黒のロングコートと防毒マスク型の宇宙服に月面サイドカー、飛行船型の宇宙船、月面ナチスの中二心をくすぐる衣装やメカデザインも秀逸です。

映画ファンからのカンパで制作したという話は後で知ったのですが、だからこそ、何かに縛られた感じが全くせず、スカッと気持ちよく観ることができる、痛快且つ、心に残る映画に仕上がったのだな、思いました。
こういう物の作り方を実現したのは素晴らしいです。少々羨ましくもあります。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

星出彰彦宇宙飛行士です。
国際宇宙ステーションISS滞在中に、ここまで宇宙と地球を身近に感じさせてくれた宇宙飛行士は初めてではないでしょうか。もちろん、技術の進歩とそれを使ったメディアの影響が大きいですが、星出さんのキャラクターにもとても好感が持てました。
宇宙から見た地球を、死ぬまでに一度はこの眼で見たい!という夢を再び思い起こさせてくれました。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

市場の動きも速く、スマートフォンの台頭により、ますますゲーム専用ハードとの境が曖昧になり、作り手としても、一ゲームユーザーとしても日々戸惑うことが多いですが、根っこにある「楽しい時間を提供するんだ」という想いを忘れずに、これからも新たなチャレンジをしていきたいと思います。
そんな想いを籠めた「FRONTIER GATE Boost+」、現在鋭意制作中です!
制作チームの士気も高く、かなりブーストした内容に仕上がっています。
まずは、現在配信中の体験版でその片鱗を確かめてみてください。
それではみなさま、良いお年を。

「FRONTIER GATE Boost+」(PSP
(C)Konami Digital Entertainment
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



コナミデジタルエンタテインメント
小島プロダクション クリエイティブプロデューサー
是角有二

代表作:「ポリスノーツ」、「MGS」シリーズにプログラマとして参加、「メタルギア ライジング リベンジェンス」プロデューサー

Twitterアカウント:Korekado_Yuji
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:風ノ旅ビト
ハード:PlayStation 3

会社の昼休みから始めてエンディングまでノンストップでプレイ。説明無しにプレイヤーの行動、感情をゲームのコアに導く秀逸なゲームデザインに、仕事を忘れてハマってしまいました。気持ちの良い叙述トリックのような仕掛けにも感動しました。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「アベンジャーズ」
主役級のヒーロー達が1本の映画の中で、個性を潰し合うどころか、これまで以上にキャラクターの魅力が増していることに驚きました。それぞれのヒーローの続編、アベンジャーズの続編、両方楽しみに待ってます。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

小説家の川原礫さん
ゲームを題材にした物語が大好きなんですが、「ソードアート・オンライン」は、10年近く遊び続けたMMOでの、数々の体験を思い出しながら楽しんでいます。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

いよいよ「メタルギア」シリーズの最新作、「メタルギア ライジング リベンジェンス」が2013年2月21日に発売されます。敵を自由に斬り刻める「自由切断」を活かした、斬る事が最高に気持ち良い斬撃アクションゲームです。4Gamer読者の皆様、“新しい「メタルギア」”で思う存分斬りまくって下さい!

「メタルギア ライジング リベンジェンス」(PS3
(C)Konami Digital Entertainment Developed by PlatinumGames Inc.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



コナミデジタルエンタテインメント
サウンドプロデューサー
dj TAKA

代表作:beatmania IIDXシリーズ、SOUND VOLTEXほか、BEMANIシリーズ全般

Twitterアカウント:iam_nota_djtaka
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:??????
ハード:PlayStation 3

タイトル名は伏せさせていただきますが、ハイエンドタイトルはグローバル展開できないと、色んな意味で苦しい、厳しい、と言われる中、日本国内メインでもここまでやれるんだという気概を示してくれたことに、純粋に敬意を表します。
ストーリー、マップの大きさやグラフィッククオリティ、ミニゲーム、声優陣、主題歌に至るまで、全てにおいて高いレベルの世界観構築ができていると感じます。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

手前味噌になりますが、KONAMIが開催した「KONAMI Arcade Championship 2012」のアツい戦いですね。
事実は小説より奇なり、なんて言いますが、作られた陳腐なストーリーの数倍のドラマがあり、栄光の裏には出場者達の血の滲むような日々の努力があり、思わず涙してしまいました。

ソフトで言えば、iOS/Android OSですね。今年は特にiPhone5発売を決定打に、女性への普及期となったように感じています。人々の生活に入り込むものが、これだけ短期間に爆発的に普及するということは、日本史上でも稀なことではないかと思います。ゲーム産業も大きな影響を受けており、この変化に対応できるかどうかが鍵だと思います。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

橋下徹さん
傾向としてエンタメは大きなうねりが少なく、世間全体が政治や経済に注目した年だったように感じます。
日本もまた大きく変わりますね。この国にとって、来年はもっといい風が吹くことを期待したいと思います。
あとは、阿部慎之助さんが三冠王取れるか、個人的には注目してました。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

ゲーム音楽という枠を超えて、まだまだやれることがあるはずだと思っています。
BEMANIは継続サービスという新たな形に変わっていきますが、だからこそできるタイムリーな企画、楽曲をお届けできればと考えております。
自分の音楽活動においても、来年はまたひとつの節目を迎えられたらよいなと思っています。

「beatmania IIDX 20 tricoro」(アーケード
(C)Konami Digital Entertainment
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



コナミデジタルエンタテインメント
プロジェクトマネージャー
向峠慎吾

代表作:「FRONTIER GATE」「ラビリンスの彼方」「戦律のストラタス」「エレビッツ」ほか

<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「パズル&ドラゴンズ」
ハード:iOS

いわゆるパズドラです。まだ話題になる前に人から教えていただいて、なんとなくプレイを始めたのですが、気がつくとはまっていました。電車の中とかでちょっとプレイするのに向いているので、結局、毎日ログインしてしまいます。作り手から見ても良くできていますし、細かいところまで気を配っているところは本当に感心します。とにかくプランニングが素晴らしいと思います。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「009 RE:CYBORG」
これは是非3Dで見ていただきたいです。今のアニメーション映像の最先端技術を見た感じがしました。劇伴も素晴らしく、総合的にエンターテインメント作品としては非常に高い完成度だと思います。あと、003フランソワーズがとにかく素敵でした。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

「Galneryus(ガルネリウス)」
日本のHR・HMバンドですが、今年発売されたアルバム「ANGEL OF SALVATION」がとても素晴らしく、ものすごいヘビーローテーションになっています。仕事が落ち着いたときに仙台までライブを見に行ってしまったくらいです。来年からの展開がますます楽しみです。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

来年は「FRONTIER GATE Boost+」の発売からスタートします。その後はまた新しいことに取り組んでいきたいです。ゲーム業界の変化が激しい時期ですが、負けないようにがんばります。来年もよろしくお願いいたします。

「FRONTIER GATE Boost+」(PSP
(C)Konami Digital Entertainment
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



comcept
CEO/コンセプター
稲船敬二

代表作:『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』2013年3月7日発売 PlayStation Vita専用ソフト
『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』発売日未定
『ロックマン』シリーズ  『鬼武者』シリーズ 『DEAD RISING』シリーズ 『ロスト プラネット』シリーズ 『バイオハザード2』 『ストリートファイターIV』)


<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:Halo 4

すごくHaloらしい仕上がり。自分も自分の息子もHaloをやって、海外のゲームを好きになったという部分もあるので、原点みたいなタイトルがこうやって作り続けられていくのは本当に嬉しいですね。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

『ウォーキング・デッド』シーズン1〜3(ドラマ FOX)
もう虜になっていますよね!この4Gamerの記事を読んでいる皆さんへ、見ていない方は是非見るべきだ!とお勧めしたい。家では家族で見ているのですが、あまりゾンビ好きではない奥さんも、すごく人間ドラマにはまっています。ゾンビ作品としての面白さと人物描写をここまで上手く描けているドラマは本当に珍しいと思います。少しは気持ち悪いシーンもあるけれど、人間ドラマが素晴らしい作品です。
…でも奥さんが周りの友達にうまく伝わらない、いくら勧めても引かれるって嘆いてたけど(笑)

今年前半は、韓国ドラマの『不滅の季舜臣(イ・スンシン)』もハマりましたね。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

錦織 圭(にしこり けい)
テニスという、日本人がもともとあまり強くないスポーツで頑張っているところが凄い!ツアーで回りながら、世界を相手に独りで戦っている姿は、自分にも重ね合わされるし、とても応援しています。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

本当に年々日本のゲームコンテンツが弱くなっているなかで、“今年は強くなった”とコメントしたいけど、残念ながらなかなか言えないですね。だからと言って諦めるのではなくて、“頑張って、日本の良いコンテンツを出していくんだ”という気持ちを、より強く思った年だったと思います。4Gamerを読んでいるみんなも、世界で戦える日本のゲームを応援してほしいなと思う。国内向けのゲームだけでなく、世界で戦っている日本のゲームを讃えてほしいし、後押ししてほしいなと思います。
そんな“世界で戦える日本の作品”という思いを込めて『SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)』『YAIBA: NINJA GAIDEN Z』を作っています。忍者とか、狩りゲームとか、日本的な要素を入れて、“日本のゲームなんだ”と主張しつつ、独特の世界観とか、世界中に注目されることを目指して作っているんで、ぜひ応援してほしいなと思います。

ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス)」(PS Vita
(C)Sony Computer Entertainment Inc.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
「YAIBA: NINJA GAIDEN Z」(未発表
(C)コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved. Co-developed by comcept Inc. Spark Unlimited



サイバーコネクトツー
ディレクター
穴井昭廣

代表作:「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」、「.hack//Versus」、「.hack//Link」、「.hack//G.U.」シリーズ

<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:Dragon's Dogma(ドラゴンズドグマ)
ハード:Playstation 3/Xbox 360

“なんでもできる”は何もできない…自由度の高すぎるゲームは、逆に何をしていいか分かり難かったり、理不尽なゲームオーバーも含みでゲーム性だったりしますが、このタイトルはそのバランスが絶妙でした!
適度な爽快感、頑張ればできる難易度、日本人プレイヤーでも違和感のないビジュアル、壮大な世界観とリアリティ、斬新なポーンシステム等々、全てにおいて感心させられた1本でした。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

■映画「トロール・ハンター」
この映画は信じる事から始まります。本当だと言い張るのだから本当の話だと信じる。
信じて観るとこの映画を100%、そして観終わった後もひきずって200%楽しめてしまいます。
ノルウェーに今も存在しているという伝説の妖精トロール(巨人)に関するお話で、ノルウェー政府はその存在を隠蔽、トロール被害は熊によるものとしている…という映画なのですが、トロールにも色々種類があって特徴や生態、その対処法など非常に面白いです。
誰しも一度は思った事があるはずです…「妖精、竜、巨人って現実にいないかな。」この夢を叶えてくれる映画です。
メジャー映画は名作で当たり前。万人向けではないかもしれませんが、興味を持たれた方はぜひ!

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

■武井 壮
家を持たない。24時間トレーニングしているから休む必要がない。
マンガにでも出てきそうなこの設定、なんなのでしょう。格好良すぎです。
武井壮さんや寺門ジモンさんみたいな、一見馬鹿に見えるほど後先考えず好きな事を極限まで貫く人は、理屈抜きにかっこいいし、大好きです!

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

据置型ゲーム機、携帯型ゲーム機、スマートフォン…全てが繋がり、一つのタイトルを全てのプラットホームで楽しめる時代がもう来ています。「○○持ってないから遊べない」がなくなりつつあります。
日頃からゲームをする人しない人、学生さんや社会人、そしておじいちゃんやおばあちゃん。
いつでもどこでも老若男女問わず万人が遊べる、繋がることができるそんな時代になったんです。
それで新しい事ができないわけがありません。
2013年、これまで以上の新しい挑戦、新しい遊びで、皆さんと繋がっていきたいです!

「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」(iOS / Android
(C) .hack Conglomerate (C) 2012 NBGI
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



サイバーコネクトツー
制作プロデューサー
下田星児

代表作:「Night Runner(仮題)」、「ASURA’S WRATH」、「NARUTO−ナルト− ナルティメットストーム」、「.hack//G.U.」シリーズ

Twitterアカウント:@S_Shimoda_CC2
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:Dead or Alive 5
ハード:PlayStation 3/Xbox 360

様々なアプローチでキャラクターの魅力を惹き立てるゲームがありますが、“揺れ”だけではなく、まさか“汗”とそれによる“透け”とは!!ゲームにはまだまだ掘り下げていない未知の領域がありますね。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

【映画「アベンジャーズ」】
「アイアンマン」・「ハルク」・「マイティ・ソー」「キャプテン・アメリカ」と期待値が上がり過ぎて、待っている自分の方が不安でしたが、見事に期待に応えてくれました。満を持して、ド真ん中で期待に応えるのって格好良いですね。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

【スギちゃん】
一点突破型のネタで2012年を席巻した彼が、2013年をどの様に突破するのか!?目が離せません。私もワイルドに生きていこうと思います。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

古代マヤ人が予言した2012年の世界滅亡は回避されました。2013年も様々な試練が人類に降りかかるかもしれませんが、ゲーム開発を通じて世界の皆様と笑顔を共有していきたいと思います。それでは良いお年を&明けましておめでとうございます!

「NIGHT RUNNER(仮題)」
(C) CyberConnect2 Co., Ltd.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



サイバーコネクトツー
制作プロデューサー
渡辺雅央

代表作:「.hack」シリーズ、「NARUTO−ナルト− ナルティメット」シリーズ

Twitterアカウント:@watanabe_CC2
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:『風ノ旅ビト』
ハード:PlayStation 3

空気感、必要最低限におさえられたインフォメーション、他者とのふれあい方、全てに感心させられました。
よりリッチな演出を追求してしまう我々ゲーム開発者にとっても、大きな気付きを与えてくれる作品だったと思いますし、ユーザー様にとっても今までにない体験を届ける素晴らしい作品です。
良い意味で「これでいいんだ」というメッセージを感じました。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

NHN Japan様の「LINE GAME」に感銘を受けました。リアルでの知人・友人とゲームで緩くつながりあう楽しさ、ゲーム自体の楽しさ、それぞれ勉強になりました。
しかもまだ始まったばかりですので色んな可能性を秘めていると思うと、クリエイター魂を刺激されます。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

個人ではないのですが、スウェーデンのインディペンデントゲーム開発チーム「simogo」に注目しています。彼らのつくるポップでお洒落なゲームが大好きです。
たった二人で制作しているというのもインディペンデントゲーム開発っぽくて好きです。
ゲームをつくるのに規模も場所も関係の無い時代がもう来ているのだと思います。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年はコンソール、ソーシャル、日本、海外、そういったカテゴリーではゲームについて語れなくなる時代の始まりになると考えています。
そんな中、我々サイバーコネクトツーはユーザーの皆様に新しい「価値」を提供していきます。
皆様の予想を裏切る「未来」、皆様の「期待」を裏切らない作品をつくっています。
お楽しみに!

「NARUTO−ナルト− 疾風伝 ナルティメットストーム3」(PS3 / Xbox 360
(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
(C)2012 NBGI
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載



ジニアス・ソノリティ
代表取締役社長(ゲーム中ではゲームデザイン&ディレクション)
山名 学

代表作:電波人間のRPG

Twitterアカウント:@ManabuYamana
<質問1>2012年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ハード:Wii

大変多くのユーザーを持つ国民的RPGを、どうオンライン化させるのかに注目しておりました。丁度発売時期辺りで忙しくなってしまい、全くやり込めておりませんが、固まったお休みがとれた時に腰を据えてプレイしたいと思います。

<質問2>2012年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

パズル&ドラゴンズ(iOS)
フリーミアムスタイルの新たな方向性を見せてくれた一作。丁寧な作りと課金ありきでないバランスが素晴らしいと思いました。

<質問3>2012年に,個人的に注目した(している)人物

とくにいません。今年は忙しくて自分のことで精一杯でした。

<質問4>2013年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージ

2013年は自分自身新しい挑戦を始めたいと思います。次回作にご期待して頂ければ幸いです。

「電波人間のRPG2」(3DS
(C)2012 Genius Sonority Inc.
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載
ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載 ゲームクリエイター/ゲーム業界著名人に聞いた「2012年の注目タイトル」と「2013年に向けてのメッセージ」。2012年版では100名以上のコメントを掲載

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月23日〜09月24日