オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/12/28 23:50

企画記事

総勢60名以上のゲームクリエイター&声優/4Gamer執筆陣に聞いてみた「2010年の注目タイトル」と「2011年への意気込み/期待」

伊藤賢治(作曲家/gentle echo主宰)

代表作:「ロマンシング サ・ガ」シリーズ,「カルドセプト セカンド」(DC),「おおかみかくし」(PSP),「ウィザードリィ ルネサンス」(メインテーマ作曲)

<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
ゴースト トリック
12月現在、まさに今プレイしています。
iphoneアプリ版でプレイしているのですが、元々「逆転裁判」シリーズが大好きで、しかも制作チームが同じ方々ということもあり、音楽も含め、とても楽しんでます!

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
「iPad」
もう、コレしかないのでは?…とか言いながら、僕はまだ持っていませんが(笑)。
音楽アプリも「iMS-20」「ielectribe」を始め、充実してますしね。
2011年には新型もウワサされてますし、もしかしたらその時に購入するかもです。

<質問3>ゲームファンや自身の作品のファンに対するメッセージ
まずは2011年1月6日に「サガ3時空の覇者 Shadow or Light」がリリースされます。
そして4月予定として「バレットソウル -弾魂-」もリリースされます。
あとはアーティスト活動として"Piece of Wonder""RESONATOR""イトケンズ"といった音楽ユニットも始動予定なので、是非楽しみにして頂けたら嬉しいです。


稲船敬二

代表作:「デッドライジング」シリーズ,「ロックマン」シリーズ,「鬼武者」シリーズ

※写真はインタビュー時のものです
<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
「Red Dead Redemption」PS3 / Xbox 360

アメリカのゲーム制作の真の力を見せつけられた。制作コスト、マーケティングコスト、覚悟、全てがグレイト。
で、内容はその期待に見事に応えた出来栄え。丁寧な作りこみと、壮大なマップ、どうでもいいことへのコダワリ。
ゲームクリエイターなら1度は作ってみたい時間と金をふんだんに使ったゲーム。大チャンスをみごとにものにしたスタッフに脱帽するゲームだ。
西部劇という、ニッチに陥りやすい題材をここまで面白くオープンワールド化できたことが本当に素晴らしい。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
ありきたりかもしれないが、インセプション

ゲーム的な発想、すごくやられた感があり、嫉妬してしまうコンセプトだ。
ノリにのってる感じのクリストファーノーランは本当に素晴らしい。
夢の中の夢のルール設定に納得しながら、そんな風に考えられなかった自分が悔しかった。
いい映画は、脳みそを刺激してくれるから大好きだ。

<質問3>ゲームファンや自身の作品のファンに対するメッセージ
ゲーム会社に所属し、守られながら作ってきたクリエイティブとは一味も二味も違う新しいクリエイティブをはやく人々に届けられるように、頑張ります。
今はとても世界が新鮮でワクワクしながらゲームコンセプトを考えています。期待しててください。


ヨコオタロウ(無職 / 予定)

代表作:「ニーア ゲシュタルト」(Xbox 360),「ニーア レプリカント」(PS3)

写真は「ニーア」インタビュー時のものです
<質問1>2010年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル
iPhone 版の「エスプガルーダII」です。

ゲームの素晴らしさももちろんありますが、タッチ入力デバイスでの操作感の良さに感動しました。
これまでシューティングゲームの操作方法としてはレバーやパッドが至上だと思っていたのですが、エスプガルーダIIは部分的に従来の入力方法を凌駕する体験を生み出す事に成功しています。ダイナミックな動きから繊細な軸ズラしまで対応可能な操作系は、ゲームのみならず指で大事なところが隠れてしまう他のアプリケーションにも参考にして頂きたい機構だと思いました。制作された方は本当にスゴイです。

<質問2>2010年に発売された娯楽作品の中で,個人的に最も印象深い作品
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(Blu-ray/DVD)です。
初めて劇場で観た時、スタッフロールが流れている最中に「もう自分にとってこれ以上面白いエヴァは出てこないだろう」と泣いてしまいました。

<質問3>ゲームファンや自身の作品のファンに対するメッセージ
今年発売された「ニーア ゲシュタルトニーア レプリカント」について、TwitterやBlogなどで皆様から予想以上の温かいお言葉・応援のメッセージを頂き、僕を含めた制作スタッフ一同本当に感謝しています。
ゲームの販売本数に対してサントラや資料集などが異常に高い比率で売れているという話も聞きました。こうした事からも判るように、ニーアはプレイして頂いたユーザーさん一人一人にとても大切にして頂けた製品だったと思います。
当初全く予定の無かったアレンジアルバムやドラマCDの発売などが決定したのも、ユーザーさんやメディアさんに支えて頂いた結果です。本当にありがとうございました!

ゲームというのは映画やマンガなどの他のメディアと違い、ユーザーさんが参加して初めて一つの作品になる特殊なジャンルです。ゲーム内のキャラクター達が皆さんと共に冒険出来た事を、心から誇りに思います。

最後に私事になりますが、2011年1月末で現在の会社(AQインタラクティブ)を退職させていただく事になりました。今後どのような道に進むかは判らないのですが、再び皆様にお逢い出来る機会がありましたら、その時はまたよろしくお願いいたします。
※しかしあまり期待しないでください。というか全く期待しないでいただきたいです。期待されるとダメになります。イロイロと。



  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月24日〜07月25日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
82
81
Banished (PC)
2014年01月〜2014年07月