オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Hunt: Showdown公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PvPとPvEをミックスしたCrytekの新作「Hunt: Showdown」のアーリーアクセス版がリリース
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/02/23 13:10

ニュース

PvPとPvEをミックスしたCrytekの新作「Hunt: Showdown」のアーリーアクセス版がリリース

 ドイツのCrytekは,プレイヤーが魔女やゾンビなどを狩るバウンティハンターとして戦うチーム対戦専用FPS「Hunt: Showdown」アーリーアクセス版をSteamでリリースした。

「Hunt: Showdown」公式サイト

Steam「Hunt: Showdown」公式プロダクトページ


 昨年(2017年)の5月頃から,小規模なクローズドαテストが続けられてきた本作は,2人のプレイヤーがバウンティハンターとしてコンビを組み,報酬のためにモンスター狩りを行うというCo-opタイプの作品だ。時代背景としては,19世紀から20世紀初頭が設定されており,ルイジアナの陰鬱な湿地帯を背景に,いくつかの目標をこなしつつ目的のボスモンスターを探し出して倒す。そして,その証拠となるアイテムを入手して脱出ポイントに達するというのが基本的なルールだ。

Hunt: Showdown

 本作がユニークなのは,プレイヤーチームのほかに4組のチームが参加していることで,プレイヤーはモンスターばかりでなく,ほかのチームにも警戒しなくてはならない。
 最終的にアイテムを持ち帰ったチームが勝利するため,ほかのチームがボスモンスターを倒すのを待ってそれを奪うという戦略も立てられるし,もちろん,最初からチーム同士で戦って独占を狙うという考え方もあるだろう。こうした,ほかのゲームにはあまり見られない,さまざまな戦術がとれるところが,大きな魅力となりそうだ。

Hunt: Showdown

 また,いわゆるパーマデスシステムが採用されているところも特徴の1つとなるだろう。プレイヤーは,さまざまな能力を持った数タイプのバウンティハンターから好きなものを選択するのだが,ゲームでキルされると,そのキャラクターを再度利用できなくなり,それまでの育成も無駄になってしまうという。
 パートナーとのコミュニケーションがゲームの勝敗を左右するため,今のところ英語のみの対応である本作のハードルはやや高いかもしれない。それでも,こうした個性的なゲームシステムが気になるという人は,アーリーアクセス版を手に入れてCrytekと一緒に作品のブラッシュアップに挑戦してみてはいかがだろうか。
  • 関連タイトル:

    Hunt: Showdown

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月22日〜06月23日