オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Robo Recall公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Epic GamesがOculus VRの「Rift」と「Touch」に対応するFPS「Bullet Train」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/09/25 14:37

プレイレポート

Epic GamesがOculus VRの「Rift」と「Touch」に対応するFPS「Bullet Train」を発表

Touch専用のFPS「Bullet Train」を発表するEpic GamesのTim Sweeney氏
 北米時間の2015年9月24日,開催中の開発者向けイベントOculus Connect 2の基調講演にEpic GamesのTim Sweeney(ティム・スウィーニー)氏が登壇し,その場で同社の新作FPS「Bullet Train」を発表した。

 Bullet Trainは,Oculus VRのヘッドマウントディスプレイ「Rift」用のシューティングゲームだ。「VR世代におけるガンシューティングのあり方」を考慮してデザインされており,Rift専用コントローラ「Touch」を使って,ゲームパッドやキーボード&マウスのスタイルとは異なる感覚のゲームプレイが楽しめるというのがアピールポイントである。会場では,本作を実際にプレイできたので,紹介しておこう。



 今回のBullet Trainのデモで舞台となっていたのは,ガラスに覆われたクリーンな雰囲気の近代的な駅。プレイヤーは地下から駅に滑り込んでくる列車の中で,簡単なチュートリアルを受けるところから始まるのだが,どこか「Half-Life」を連想させる雰囲気だ。プレイヤーは左右を自由に見回すことができるものの,徒歩による移動はできないというのが本作の大きな特徴で,移動するにはTouchの左コントローラのボタンで,空中に表示される光のオーブにレーザーを当て,そこにテレポートする必要がある。これは,3D酔いを軽減するための新しい手法であるとスウィーニー氏は話していたが,自由に移動できるわけでも,いわゆるレールシューターでもないところが,“VR世代”ということだろうか。

Robo Recall

 さて,チュートリアルが終わると,電車が駅のプラットフォームに差し掛かって減速するのだが,その頃には,赤黒いアーマーに身を包んだ兵士の集団がウロウロしているのを確認できる。ああ,こりゃ敵だなと思っていると,電車のドアが開くや否や,彼らはアサルトライフルで攻撃を仕掛けてきた。
 歩けない以上は,テレポートで逃げるしかないのだが,今回のデモで,テレポートできる場所は駅構内に10か所ほど用意されており,ご丁寧にも,テレポート先には,ショットガンやライフル,両手に持てる2丁のピストル,さらにはグレネードなどが用意されている。なので,武器を拾って攻撃し,弾が尽きたら別の場所へテレポートし,そこでまた武器を拾って応戦する,という流れになる。
 ただ,テレポートすると,敵はこちらを見失うので,そこに隙も生まれる。この隙を活用して武器による攻撃を行ったり,敵の背面にテレポートして殴ったりすることで,戦いを優位に進めることも可能だ。

 また,上で紹介したテレポート用のボタンは,長押しによってバレットタイムを発動できるようになっている。バレットタイム中は,スローモーションになる世界で敵の攻撃を回避するだけでなく,飛来する弾丸をつかんで相手に投げ返せるのが面白い。
 デモのクライマックスでは,宙に浮いている,タコのような形をした大型ロボットとの戦闘になるのだが,コイツは通常の武器だと歯が立たないうえに,強力なロケット弾を打ち込んでくる強敵。ここではバレットタイムを駆使して,ロケット弾を掴んで投げ返すことで活路が開けるのだが,そこでデモは終了となった。

プレイ中は,相当数の弾丸がプレイヤーの周囲をかすめていくような臨場感を感じられた。プレイヤーの頭部はポジショナルセンサーでトラッキングされているので,弾丸を避けることが可能。バレットタイムを活用し,つかみ取って相手に投げ返すこともできた
Robo Recall

 Bullet Trainは,コアゲーマーにもアピールできるRift用タイトルになりそうだ。今のところ,発売時期やマルチプレイの有無といった詳しい情報はリリースされていないので,続報に期待しておきたい。

  • 関連タイトル:

    Robo Recall

  • 関連タイトル:

    Rift

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月27日〜04月28日