※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
まさかのメカニカルキーボード採用。MSIの未発表ゲーマー向けノートPCをゲームトーナメント「Beat IT 2014」会場で発見
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/11/01 23:54

ニュース

まさかのメカニカルキーボード採用。MSIの未発表ゲーマー向けノートPCをゲームトーナメント「Beat IT 2014」会場で発見

台北市の商業施設「ATT 4 FUN」で開かれたMSI Beat IT 2014 Grand Finalsの会場。一般来場者で観戦席は満員だ
G Series
 2014年11月1日に台湾台北市で開幕した,MSI主催の国際ゲームトーナメント「MSI Beat IT 2014 Grand Finals」。「Dota 2」と「StarCraft II」の熱戦が繰り広げられている会場の一角に,MSIやスポンサー企業の製品が披露されたコーナーがある。その中には,まだ正式発表されていないゲーマー向けノートPCとゲーマー向けマザーボードも陳列されていた。
 本稿では,これら未発表製品について,ごく簡単にだがレポートしたい。


Cherry MXスイッチ採用のハイエンドノートPC GT80 Titan


 アクリルケース内に収まった状態で展示されていたのが,ゲーマー向けノートPC「GT80 Titan」だ。名称を見て,「まさか『GeForce GTX TITAN』を搭載しているのか?」と思う人がいるかもしれないが,さすがにそんなことはなく,実際に搭載されているGPUは,ノート用GeForce GTX 900Mシリーズ最上位の「GeForce GTX 980M」だった。
 ただ,GT80 Titanで重要なのはそこではない。驚くべきことに,キーボードがメカニカルタイプなのだ。

GT80 Titanの試作機。アクリルケースの中なので,残念ながら触ることはできなかったが,メインキーボードがメカニカル仕様なのは見て取れよう
G Series

キーボードにはCherry MXのメカニカルキースイッチを採用。ご覧のとおりのLEDバックライト付き
G Series
 MSIのゲーマー向けノートPCは,長いことSteelSeries製のキーボードを採用してきたが,GT80 Titanが採用するのは,SteelSeries製のCherry MXキースイッチ採用モデルとのこと。単体キーボード製品とまったく同じメカニカルキースイッチを採用するノートPCというのは,おそらく世界初だろう。
 残念ながら,会場にはGT80 Titanの製品担当者がいなかったため,採用するスイッチの種類や,Nキーロールオーバーのサポートなどといった詳細は分からないが,インパクトは相当なものだといえる。

フラットなデザインの10キー。タッチパッドとしても使用できる
G Series
 本体にタッチパッドがないのは,いくらゲーマー向けノートPCだといっても斬新に過ぎると思ったかもしれないが,GT80 Titanでは,10キー部分がタッチセンサー式になっており,ここを大型タッチパッドとしても利用できるようになっている。
 GT80 TitanでPCでゲームをプレイするゲーマーなら,使い慣れたゲーマー向けマウスの1つも持っているだろうから,通常のプレイにはマウスを使うだろう。ただ,緊急時というのもはいつでも生じうるわけで,そういった場合には10キー部をタッチパッドとして使えるというわけだ。

メカニカルキースイッチを採用するため,さすがに本体の側面はかなり分厚い。写真は順に左側面と右側面で,トレイ式と思われる光学ドライブが,左側面の上側に付いているのが分かる。映像出力インタフェースは背面にあるものと思われるが,残念ながら確認できなかった
G Series G Series

 そのほかの仕様で明らかにされていたのは,液晶パネルのサイズが18.4インチであることくらい。価格や発売時期,日本での投入予定も不明だが,最近のMSIは日本でゲーマー向けノートPCの展開に積極的である以上,GT80 Titanが日本市場へやってくる可能性は十分にある。興味のある人は続報を期待しておこう。


X99搭載マザーの最上位モデルは国内発売の予定あり

X99S GAMING 9 ACK


 もう1つの未発表製品は,ゲーマー向けマザーボードの「X99S GAMING 9 ACK」だ。この製品は,海外では発表済みながら日本市場には正式投入されていなかった「X99S GAMING 9 AC」の上位に位置付けられる,Intel X99チップセット搭載のハイエンドマザーボードであるという。

X99S GAMING 9 ACK
G Series

 X99S GAMING 9 ACKとX99S GAMING 9 ACの違いは何かと説明員にたずねたところ,違いはただ1点,搭載する無線LAN機能がX99S GAMING 9 ACのIntel製の「Dual Band Wireless-AC 7260」から,Qualcomm Atheros製の「Killer Wireless-AC 1525」に変更されたということだった。

G Series G Series
マザーボード上にKiller Wireless-AC 1525無線LAN機能を搭載するのが,X99S GAMING 9 ACKの特徴だ。その特徴を強調すべく,無線LANアンテナ端子は赤いカバーで覆われていた

ゲーム画面をハードウェアでビデオエンコードできるStreaming Engineも搭載する
G Series
 それ以外の主な仕様はまったく同一で,EATXフォームファクタを採用し,対応CPUはHaswell-Eこと「Core i7-5000番台」で,DDR4メモリスロットは8基装備する。PCIe x16形状のスロットは5基を装備しており,そのうち4基を使った4-way SLI/CrossFireもサポートするとのこと。
 X99S GAMING 9 ACの大きな特徴であるMini PCI Express接続型ハードウェアビデオエンコーダ「Streaming Engine」も,当然ながら搭載している。

 MSIの説明員によると,日本市場にはX99S GAMING 9 ACではなく,このX99S GAMING 9 ACKのほうを正式投入するとのこと。これが控えていたため,あえてX99S GAMING 9 ACは日本に投入しなかったのだそうだ。

 発売日は11月15日の予定。メーカー想定売価は5万3800円(税別)とされているので,単純計算した税込価格は5万8104円となる。Core i7-5000番台を使ってハイスペックなゲームPCを自作しようと考えている人は,検討する価値のある製品となるかもしれない。

MSI Beat IT 2014 Grand Finals 公式Webサイト(英語)

MSI 日本語公式Webサイト


  • 関連タイトル:

    G Series

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日