オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
ネイティブ240Hz対応のBenQ ZOWIE製ゲーマー向け液晶ディスプレイ「XL2540」,国内発売決定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/02/08 15:00

ニュース

ネイティブ240Hz対応のBenQ ZOWIE製ゲーマー向け液晶ディスプレイ「XL2540」,国内発売決定

ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)
 2017年2月8日,BenQの日本法人であるベンキュージャパンは,ゲーマー向け製品ブランド「BenQ ZOWIE」の液晶ディスプレイ「XL2540」を税込のメーカー想定売価8万円前後2月17日に国内発売すると発表した。
 XL2540は,2016年11月に世界市場で発表となった製品で,発表だけに留まらず,実際に市場投入された液晶ディスプレイとしては,世界で初めて最大垂直リフレッシュレート240Hzにネイティブ対応するのが最大の特徴だ。

XL2540。垂直リフレッシュレート240Hz表示にはDisplayPort 1.2およびHDMI 2.0の両入力で対応する
ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)

 また,写真でも分かるように,着脱&角度調整可能な板「Shield」を本体の左右に採用するのも,XL2540の大きな特徴の1つである。BenQ ZOWIEによるとShieldは,「ユーザーの視る位置から画面外の様子が見え,集中力を削いでしまう問題」に対策するためのものだという。

本体背面から見たカット(左)とShield(右)
ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR) ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)

ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)
 24.5インチで解像度1920×1080ドット仕様となる液晶パネルの駆動方式は,XLシリーズの伝統に則り,高速応答性が強みのTN。輝度は400cd/m2,コントラスト比は1000:1,中間調(grey-to-grey)応答速度1msというスペックで,表面加工はノングレア(非光沢)となる。
 伝統という点で続けると,OSDメニュー操作用のワイヤードリモコン「S Switch」も,従来から変わらず採用している。

従来のXLシリーズ同様のS Switch(左)。右は入力インタフェース一覧だ。なお,HDMI入力は2系統あるが,240Hzの映像入力に対応するのは,「HDMI 2.0 Only」と書かれたシールが貼ってある側だけだ
ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR) ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)

 一方,Shieldを除いたディスプレイ本体部分や,スタンドのデザインと機能は,2014年に登場した「XL2430T」をほぼそのまま継承しているようだ。
 たとえばスタンドは,−5〜20度の上下回転(チルト),左右45度の左右回転(スイーベル),上下140mmの高さ調整に対応し,縦回転(ピボット)も可能という多機能さにおいて,XL2430Tと完全に同じ。稼動部分の調整具合を確認しやすくするための目盛りとマーカーを備える点も,まったく変わっていない。
 さらに言えば,本体向かって左側面にUSB 3.0とサウンド入出力を引き出せるようになっており,その近くには引き出し型のオーバーヘッド型ヘッドフォン&ヘッドセット用フックがある点も,従来同様である。

ディスプレイの高さやスイーベル(左右回転)角度を覚えておくための目盛りもある
ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR) ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)

本体左側面には,USB 3.0 Type-Aポートが2つと,3.5mmミニピンのヘッドフォン出力,マイク入力が並んでいる(左)。赤いボタン状のものは,未使用時に収納可能なヘッドフォンかけだ(右)
ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR) ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)

 画質に関わる調整機能もとくに変わってはおらず,暗部の視認性を高める機能「Black eQualizer」や,FPSおよびRTS向けの画調モードといった,BenQ製ディスプレイでは定番の仕様を漏らさず採用している。
 一方で,国内未発表の「XL2735」が採用する残像感低減機能「DyAc Technology」や,G-SYNCやFreeSyncのようなディスプレイ同期技術は備えていない。XL2540は,垂直リフレッシュレートを高めて滑らかな映像を表現することに特化したディスプレイであると紹介できそうだ。

 では,その垂直リフレッシュレート240Hzの効果は,実際どの程度のものだろうか。
 2月8日に東京都内で行われた新製品発表会では,「Overwatch」を240Hz表示でプレイできるデモPCが多数用意されていた。そこで,編集部の佐々山薫郁が実際にプレイしてみたところ,「リフレッシュレートが低めだとぼやけて見えやすい遠景が,激しい視点移動時でもぼやけにくく,遠くの敵を視認しやすい」と感じたそうだ。
 また,DetonatioN Gaming所属のプロゲーマーであるDustelBox選手が来場していたので,感想を聞いてみたところ,普段常用している垂直リフレッシュレート144Hzの液晶ディスプレイと比べて,XL2540における映像のスムーズさは「全然違います」とのことだった。

 下に示したのは,そんなDustelBox選手がXL2540でOverwatchをプレイしているところを,撮影してみたものだ。手持ちのデジタルカメラによる60fps撮影なので,分かりにくいとは思うのだが,映像のスムーズさが多少は伝わるだろうか。


 フルHD解像度の24.5インチ液晶ディスプレイで,8万円という価格のXL2540は,決して安価な製品ではない。しかし,ネイティブ240Hz対応という現時点では唯一無二の利点は,100〜144Hz対応の液晶ディスプレイよりも滑らかな表示でゲームをプレイしたいと望むゲーマーにとって,魅力的に見えるのではないだろうか。

発表会場では,2016年9月に実機が公開となった27インチ液晶ディスプレイ「XL2735」のデモ機も確認できた。BenQ独自の残像低減技術であるDyAc Technologyが特徴の製品だが,こちらもそう遠くない将来に国内発売の予定があるそうだ
ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)

●XL2540の主なスペック
  • パネル:24.5インチ,TN方式,ノングレア(非光沢)
  • バックライト:LED
  • パネル解像度/最大垂直リフレッシュレート:1920×1080ドット/240Hz
  • 輝度(通常):400cd/m2
  • 表示色:約1677万色
  • コントラスト比:1000:1
  • 視野角:左右170度,上下160度
  • 中間調応答速度:1ms
  • 接続インタフェース:DisplayPort 1.2入力×1,HDMI 2.0入力×1,HDMI 1.4入力×1,Dual-Link DVI入力×1,3.5mmミニピンマイク入力×1,3.5mmミニピンヘッドフォン出力×1,USBポート×3(アップストリーム×1,ダウンストリーム×2)
  • チルト(上下回転):対応(−5〜+20度)
  • スイーベル(左右回転):対応(左右45度)
  • ピボット(縦回転):対応
  • 高さ調整:上下140mm
  • 消費電力:23W(通常時),0.5W(待機時)
  • サイズ:569.94(W)×226.04(D)×445.75〜515.43(H)mm
  • 重量:7.5kg
  • 保証期間:3年間(※液晶パネルとバックライトは1年間)

BenQ ZOWIE,ネイティブ240Hz表示に対応するゲーマー向け液晶ディスプレイ「XL2540」を発表

BenQ ZOWIEのXL2540製品情報ページ(英語)

BenQ 日本語公式Webサイト



#### 以下,リリースより ####

世界初※ネイティブ 240Hz駆動、アイシールドを新搭載したニューモデル
BenQ ZOWIEシリーズ24.5型ゲーミングディスプレイ「XL2540」を 2月 17日より新発売

 ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都港区以下: BenQ)は、液晶ディスプレイの新製品として、ネイティブ 240Hz駆動の24.5型FPSゲーム向けゲーミングディスプレイ「XL2540」を2月17日より新発売いたします。

 BenQ corporation(本社:台湾)は 2015年、eSports向け製品の販売を積極的にリードするため、グローバルで高い評価を得ているマウスやマウスパッドといったゲーミングギア製品取扱いブランド「ZOWIE」を買収しました。ゲーマーの皆様に引き続きご満足いただくための取り組みとして、「ZOWIE」製品ブランドの立ち上げと同時に、これを通じて最上級のプロ向けゲーミング製品の展開を進めております。日本においても、「BenQ」がお届けする製品ブランド「ZOWIE」として、製品価値を訴求し、プレーヤーのパフォーマンスと楽しさを真に高める革新的な製品をお届けしてまいります。
 「XL2540」は、世界初 ※の最大垂直リフレッシュレート240Hzにネイティブ対応し、ゲームプレイ時の滑らかさをさらに実現するゲーミングディスプレイとなります。また、画面に集中できるアイシールド(フード)の標準装備、1ms(GTG)の高速応答性、ちらつきゼロのフリッカーフリーバックライト、暗いシーンの視認性を高めた Black eQualizerカラーエンジン技術の搭載、元プロゲーマーによりカスタマイズされた FPS/RTSモード、手軽にお好みの画面設定ができる OSDコントローラーS.Switch Arc、ブレ削減モード、ブルーライト軽減機能、色の鮮やかさを調整する Color Vibrance機能を搭載し、よりゲーマーのニーズに合わせたゲーミングディスプレイとなります。

 ZOWIEシリーズは、アジア太平洋地域において開催されている各種 eSportsイベントの公式モニターにも認定され、世界中のeSportトーナメントやプロフェッショナルプレーヤーから支持されています。
※2017年2月現在 BenQ調べ

機種名 カラー 発売日 メーカー希望小売価格
XL2540 ダークグレイ 2017年2月17日 オープン価格

「XL2540」の主な特長
ネイティブのリフレッシュレート 240Hzが実現する滑らかさの進化
高速動作を見とれるほどの滑らかさで表示する、ネイティブのリフレッシュレート 240Hzを実現しました。あらゆる動きの細部を正確にとらえ、流れるようなゲームプレイを可能にします。超高速の動画やゲームの動きも、残像を大幅に削減することで、リアリティのあるスムーズな画像描写を体感することができます。

24.5型フルハイビジョン液晶ディスプレイ
アスペクト比16:9、解像度 1920 x 1080のパネルを採用した、24.5型フルハイビジョンゲーミングディスプレイです。従来のディスプレイと比べ、超ハイコントラストにより、暗いシーンをより暗く、画像の細部を潰すことなく映し出すことが出来ます。また、低消費電力、水銀の不使用により環境にも配慮されたディスプレイとなります。

ゲームに集中できるアイシールド
ゲームにいかに集中できるかは、アイシールドに左右されます。角度調整が可能で、取り外すこともできるので、ゲーマーの好みに応じてさまざまな環境に適応します。あとは、勝つことに集中するだけです。
※取付/取り外しの際はマイナスドライバーをご利用ください

フリッカーフリーバックライト搭載
液晶ディスプレイを使用した作業を長時間続けることで起こる頭痛、眼精疲労、視力障害などは、バックライトのフリッカーによる目の疲れが要因の一つとも言われています。XL2540では、バックライトのフリッカーを効果的に取り除くことで、長時間のゲームプレイにおいても、目の負担を軽減し、集中力を持続することが可能となり、ライバルに差をつける大きな武器となります。

ブルーライト軽減モードを搭載
画面から発生するブルーライトを軽減するブルーライト軽減機能を搭載。色温度および輝度を調整することで、使用用途に合わせてディスプレイを調整することができるようになりました。

色の鮮明さ( Color Vibrance)
色の鮮やかさを調整することで、敵を見やすい状態にすることができます。数値を調整することで、より立体的になり、敵が見やすくなったり、照準が合わせやすくなったり、背景の色などくっきり、はっきり鮮明なカラー表示をすることが可能です。

応答速度 1ms(Gray to Gray)を実現
XL2540はBenQ独自の高速応答テクノロジーである AMA(Advanced Motion Accelerator)を搭載。中間階調域では 1msという高速応答を実現。動画再生の際、ゴーストやラグの無い滑らかで美しい映像を実感いただけます。

暗い場面の視認性を高める Black eQualizer機能
どんな技術のあるゲーマーでも、暗いシーンでの視認性の悪さは、ゲームの勝敗を分ける原因となります。Black eQualizerカラーエンジン技術は、今までにない可視化を目指して開発されました。Black eQualizerを設定することで、ゲーム中の見えにくい暗所や逆に明るすぎる範囲の輪郭・明るさを明瞭にし、隠れている敵や障害物を素早く見分けることができるようになりました。

画面に集中できるベゼルデザイン
集中力は eSportプレーヤーにとって重要なキーワードです。XL2540は、反射を抑えたマットなベゼルデザインを採用することによって、ゲームに集中できる環境を整え、ゲームのパフォーマンスの維持の手助けをします。

ディスプレイモード
ディスプレイモード機能を搭載。ディスプレイモードを設定することで、簡単に異なる 7つの画面サイズモードへの調整が可能です。(17型(4:3)、19型(4:3)、19型ワイド (16:10)、21.5型ワイド (16:9)、22型ワイド (16:10)、23型ワイド (16:9)、24型ワイド (16:9))

インスタントモード
インスタントモードは、マウスの動きとディスプレイ間における入力処理のラグを縮小することで、応答性を向上させる機能です。主にネットゲームやシューティングゲーム、FPSゲームに有効な機能となります。

FPSや RTSモードのピクチャーモードをプリセットで搭載
搭載する FPSや RTSモードは、CS:GOや StarCraftなど代表される FPSゲーム、RTSゲームとして、最適な環境を BenQ独自でチューニングしております。これらの機能は、元プロゲーマなど開発協力を得ることで、明るさ、コントラスト、シャープネスや色合いなど、様々な観点からゲーム向けに調整されています。XL2540では、ゲームプレーヤーに最適な設定環境を提供いたします。

140mmの高さ調整、ピボット機能、スウィーベル機能搭載
140mmの高さ調整と、本体を 90°回転させるピボット機能、スウィーベル機能 45°/45°を搭載しています。縦画面のシューティングゲームやWebデザイナーのホームページ製作など様々なシーンでご活用できます。
※本体には縦型表示を可能にする専用ソフトウェアは付属していません。

豊富な入力系統
HDMI端子を 2系統搭載するほか、DisplayPortも搭載。Blu-rayプレーヤーや、次世代高解像度ゲーム機との接続も可能です。
※全てのHDMI機器への接続保証をするものではありません。

「XL2540」の仕様
ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)

  • 関連タイトル:

    ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)

  • 関連タイトル:

    XL,XR,RL

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月22日〜08月23日
タイトル評価ランキング
92
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
74
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
2017年02月〜2017年08月