オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Razer,新キーボード「BlackWidow Chroma V2」を2月18日に国内発売。ラインナップはGreen switchモデルのみ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/02/13 10:54

ニュース

Razer,新キーボード「BlackWidow Chroma V2」を2月18日に国内発売。ラインナップはGreen switchモデルのみ

 2017年2月13日,Razerは,ゲーマー向けキーボード「Razer BlackWidow Chroma V2」(レイザー ブラックウィドウ クローマ V2,以下 BlackWidow Chroma v2)の日本語配列モデルと英語配列モデルを,2月18日に国内発売すると発表した。メーカー想定売価はいずれも2万3000円(税別)なので,単純計算した税込価格は2万4840円となる。

BlackWidow Chroma v2の日本語配列モデル。写真は付属リストレストを取り付けた状態だ
Razer

 BlackWidow Chroma v2は,「Razer BlackWidow Chroma」(以下,BlackWidow Chroma)のマイナーチェンジモデルで,リストレストが標準で付属するのと,従来から採用しているキースイッチ「Razer Green switch」「Razer Orange switch」とは別に,高速入力が可能とされる新型スイッチ「Razer Yellow switch」も採用し,3モデル展開になったのが大きな特徴だ。ただし,今回国内発売となるのはRazer Green switch搭載モデルだけで,残る2つのキースイッチを採用したモデルの国内市場投入は未定だという。

本体向かって右側面には,4極3.5mmミニピン×1のヘッドセット接続端子と,USB 2.0 Type-Aのパススルーポートがある
Razer
 着脱式リストレストとキースイッチ以外だと,従来モデルからの変更点は,キーボード右側面にあるヘッドセット接続用端子が,4極3.5mmミニピン×1になったこと程度である。
 一方,キー配列全体やメインキー左側に並ぶ5個のマクロキー,Razer Chroma対応のLEDイルミネーション機能といった仕様は,BlackWidow Chromaからまったく変わっていない。Razer Yellow switch採用モデルがないため,「リストレストが追加になっただけ感」が強いのは,ちょっと残念だ。

付属リストレストを外した状態で日本語配列モデル(左)と英語配列モデル(右)を並べてみた。日本語配列モデルだと[Space]キーのある段がややごちゃごちゃしているが,配列自体は自然だ
Razer Razer

 既存のBlackWidow Chromaの実勢価格は1万8500〜2万1000円程度(※2017年2月13日現在)なので,現時点では「リストレストに数千円の価値を見出せるか」といった感じになっており,正直,割高感は否めないところである。Razer Yellow switch搭載モデルの国内販売に期待したい。

Razer BlackWidow Chroma V2の主なスペック
  • 接続インタフェース:USB
  • 基本キー数:日本語114キー(日本語配列モデル),英語109キー(英語配列モデル)
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:1.9±0.4mm
  • 押下特性:50g
  • ロールオーバー:10キー
  • 複数キー同時押し対応:10キー
  • キー耐久性:約8000万回
  • ポーリングレート(USBレポートレート):1000Hz
  • マクロ機能:対応(※「Razer Synapse」による)
  • バックライト:あり(※約1677万色,「Razer Chroma」による)
  • サイズ:471(W)×182(D)×40(H)mm(※リストレスト含まず)
  • 重量:約1512g(※リストレスト含まず,ケーブルを含むかどうかは未公開)
  • ケーブル長:2m
  • 対応OS:Windows 10・8.x・7,OS X 10.9以降
  • 発売日:2017年2月18日
  • 価格:2万3000円(税別)
  • 保証期間:1年間

RazerのBlackWidow Chroma V2製品情報ページ



#### 以下,リリースより ####

RAZER、ゲーマー向けメカニカルキーボードのフラグシップモデル
「BlackWidow Chroma V2」を国内発売

日本語レイアウト版、英語レイアウト版同時発売
8,000万回キーストローク対応の高耐久性
快適性の高い着脱式リストレスト付属

ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェアの分野における世界的リーダー企業 Razer(本社: カリフォルニア州アーバイン、代表取締役兼CEO: Min-Liang Tan) は、PCゲーム用メカニカルキーボード「Razer BlackWidow Chroma V2」(税抜希望小売価格23,000円、読み方:レイザー ブラックウィドウ クローマ V2)の日本国内における販売を2017年2月18日(土)に開始します。日本語レイアウト版、英語レイアウト版の2種類があり、Razer社の国内正規流通代理店MSY株式会社を通じて、全国の家電量販店、PCショップ、オンラインショップ等で販売されます。

Razer
「Razer BlackWidow Chroma V2」
日本語レイアウト版
Razer
「Razer BlackWidow Chroma V2」
US英語レイアウト版

2010年に発売された初代の「Razer BlackWidow」メカニカルキーボードは、発売後まもなく世界中で爆発的人気となり、プロゲーマーのデファクト・スタンダード・チョイスになりました。Razerは、2014年より、独自のメカニカル・スイッチ(Razer GreenおよびRazer Orange)を生産し、ゲーミングに最適化されたアクチュエーションポイントとリセット・ポイント、そして、優れた耐久性を業界のベンチマークとして確立しました。Razer BlackWidow Chroma V2(以下、BWChroma v2)は、その優れたレガシーを更に進化させた製品です。

BWChroma v2は、最大8,000万回キーストロークに達する耐久性に優れたRazer Green スイッチを採用し、ソフトなクッションにより、長時間の連続使用でも快適性が持続するリストレスト(マグネット着脱式)を付属しています。

BWChroma v2には、5つのマクロキーが左側に配置されるほか、Synapseソフトウェアによるカスタムマクロなども使用可能です。

BWChroma v2が搭載するRazer Chromaバックライト機能では、1,680万色の発色をカスタマイズでき、Synapseを使って「スペクトラムサイクリング」「ブリージング」「リアクティブ」など、様々なエフェクトをかけることができます。また、Synapseにより他のChroma対応製品とのシンクロした発光も簡単に設定できます。

開発者向けには、ゲームに Chroma ライティング効果を統合できるSDKを 用意しています。Call of Duty、Dota 2、Overwatch および Blade and Soulなどの AAA ゲームタイトルでは、ゲームソフト側にChroma機能に対応したエフェクトが搭載されています。

BWChroma v2には、ヘッドセットとの併用に便利なオーディオ端子(4極ステレオミニ)と、USB端子をパソコン本体へのパススルー端子として、本体右側面に搭載しています。

製品スペック
Razer

  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日