オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/10/21 16:21

ニュース

Razer,マウスやキーボードなどの設定をクラウド上に保存できる「Razer Synapse 2.0」を発表

Razer
 Razer USAは,米国時間2011年10月20日,同社製マウスやキーボードなどのプロファイルをクラウド上に保存し,インターネット接続さえあれば異なるPC環境でも設定を読み出せるとする技術「Razer Synapse 2.0」を発表した。

 ご存じのように,そもそものRazer Synapseは,ボタンの割り当てやトラッキング解像度などをプロファイルとしてマウス本体に保存することで,ドライバソフトウェアが導入されていないPCでもそのプロファイルを利用できるようにするものだった。ただ,マクロすら登録可能であり,しかも,ゲーム側で外部ソフトウェアを用いたマクロの利用を禁じているようなタイトルでも利用できてしまうことから,最近ではマクロの登録機能が削られたり,そもそもRazer Synapse自体が搭載されなかったりと,Razer USA側での対応が進んでいた。Razer Synapseというコンセプト自体が行き詰まりを見せていたわけだが,そこにきてのバージョン2.0――しかもいま流行のクラウド技術――というのが,Razer Synapse 2.0の見どころである。

 ただ,下に示したRazer Synapse 2.0のプロモーションムービーを見ても,どういう仕組みでプロファイルを同期するのかは正直なところよく分からない。トーナメントや仕事(会社?)といった,ドライバソフトのインストールが許可されない可能性の高い場所でもプロファイルを利用できるとされている以上,マウス側に何か仕掛けが用意されるのではないかと思われるが,現時点では「インターネットにさえ接続できれば,PC環境を問わず,同じ設定でマウスを使えるかもしれない技術」と認識しておくのが正解かもしれない。


 なお,Razer Synapse 2.0は,次世代製品向けとされる一方,「Star Wars: The Old Republic」とのタイアップ製品や,「Razer Naga」など,従来製品の一部でもサポートされるとのことだ。
 現在は社内でテストが進められており,次の段階ではRazer Nagaユーザーを対象とした500人規模のβテストも行う予定だそうなので,興味のあるRazer Nagaユーザーで,英語に抵抗がない人は,Synapse 2.0の紹介ページにあるフォームからβテスター申請をしておくのがよさそうだ。

Synapse 2.0紹介ページ(英語)

Razer USAによるリリースページ(英語)

  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月25日〜07月26日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
82
81
Banished (PC)
2014年01月〜2014年07月