オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/03/19 19:29

テストレポート

緊急検証。ATI Catalyst 9.3+β版Windows 7は,Windows Vistaより高速か?

β版Windows 7にCatalyst 9.3をセットアップしたところ
Catalyst
 別記事でお伝えしているように,AMDは,同社製のデスクトップGPUやグラフィックス機能統合型チップセットに対応したグラフィックスドライバの最新版,「ATI Catalyst 9.3」(以下,Catalyst 9.3)を,日本時間2009年3月19日にリリースした。
 2009年3月版ATI Catalystのアップデート詳細は,ぜひ別記事をチェックしてほしいと思うが,トピックは,Microsoftがβテスト中の次世代OS,「Windows 7」に,早くも正式対応してきたこと。そしてなんといっても,そんなβ版OS上で動作するCatalyst 9.3のパフォーマンスが,すでにWindows Vista+Catalyst 9.3のそれを上回っているとされていることだ。

ATI Catalyst 9.3のアップデート内容紹介記事

SAPPHIRE HD 4850 512MB GDDR3 PCIE
メーカー:Sapphire Technology
問い合わせ先:アスク(販売代理店) info@ask-corp.co.jp
実勢価格:1万6000〜2万円(2009年3月19日現在。写真の1スロットモデルは流通在庫のみで,現在はオリジナルデザインの製品が流通中)
Catalyst
 もちろん,リリース時期どころか,製品候補版の具体的な登場時期すらも明らかになっていない状況なので,Windows 7そのものの評価は難しい。そもそも,β版OSというのは,一般にデバッグコードなどが組み込まれており,製品版とはずいぶんと仕様が異なるのだ。デバッグコードによってパフォーマンスが発揮しづらくなっていたり,あるいは製品化に当たってバグ修正コードが追加されることで,逆にパフォーマンスが低下したりする可能性もある。
 ただ,同じバージョンの正式版グラフィックスドライバで横並び比較すれば,少なくとも,AMDの主張に正当性があるか,あるならば,Windows 7世代のATI Catalyst(≒ATI Radeon)にどれくらいの期待が持てそうかは,ある程度見えてくるのではないか。
 というわけで今回は,ハードウェアとドライバの構成を揃えた状態で,OSだけ変更することにより,ベンチマークスコアにどのような変化が生じるのかをチェックしてみることにしたい。


ATI Radeon HD 4850ベースの環境でテスト

通常とは異なるその方法に注意


 今回用意したテスト環境はのとおり。「ATI Radeon HD 4850」ベースの,ミドルハイクラス構成となる。β版Windows 7は,一般に公開されたBuild 7000を用意した。


Rampage Formula
メーカー:ASUSTeK Computer
問い合わせ先:ユニティ(販売代理店) news@unitycorp.co.jp
実勢価格:2万9000〜3万4000円(2009年3月19日現在)
Catalyst
 β版Windows 7へCatalyst 9.3をセットアップするに当たって,気をつけることはこれといってない。Windows XP/Vista環境で慣れていれば,造作もない印象だ。
 なお,これも別記事で紹介しているが,Catalyst 9.3では,Windows 7用とWindows Vista用が統合された一つのドライバパッケージになっているため,今回は,どちらのOSにも,同じセットアップファイルからインストールを行っている。

 さて,今回は19日中にテスト結果をお伝えすべく,テスト内容は4Gamerのベンチマークレギュレーションから大幅に変更している。テストに用いたアプリケーションと具体的なテスト方法は下記のとおりだ。

  • 3DMark06 Build 1.1.0(以下,3DMark06):テスト方法はレギュレーション6.0準拠だが,解像度はデフォルトの1280×1024ドットのみ
  • 3DMark Vantage Build 1.0.1(以下,3Mark Vantage):解像度1280×1024ドット,アンチエイリアシング&テクスチャフィルタリング無効の「Performance」と,同1920×1200ドット,4xアンチエイリアシングおよび16x異方性フィルタリング適用の「Extreme」のみ
  • Call of Duty 4: Modern Warfare(以下,Call of Duty 4):レギュレーション6.0準拠だが,1024×768ドットでのテストは省略
  • Far Cry 2:ゲームに付属の「Far Cry 2 Benchmark Tool」を実行。Benchmark Toolの設定は「Overall Quality」を「Very High」に設定し,「DirectX 10」にチェックした状態とした。解像度やアンチエイリアシング&テクスチャフィルタリング設定は基本的にレギュレーション6.0準拠だが,やはり1024×768ドットでのテストは省略する


テスト条件によっては

Catalyst 9.3+Windows 7が確かに速い


 さっそく,二つの3DMarkから見ていこう。結果となるグラフ1,2は順に,3DMark06,3DMark Vantageのテスト結果だが,端的に述べて,ここからは何も見えてこない。もっとも,β版のOSと,発売から2年が経過したOSを並べたときに,3Dベンチマークソフトのスコアが変わっていないというのは,十分,評価に値するのだが。


 では,実際の3Dゲームではどうか。Call of Duty 4のテスト結果では,標準設定において,β版Windows 7のスコアが目に見えて高い(グラフ3,4)。1280×1024ドットでは,その差なんと6.7%である。高負荷設定のスコアも踏まえるに,描画負荷が高くなると優位性は縮まっていくが,それにしても大きな違いである。
 この違いが何によって生じているのか,現時点では推測するほかないのだが,描画負荷が軽いときには,GPU以外のパフォーマンスが影響しやすくなることを踏まえるに,β版Windows 7もしくはCatalyst 9.3(あるいは両者の組み合わせ)で,ゲーム実行時におけるCPU,GPUの負荷分散周りが,Windows Vistaよりも最適化されている可能性はありそうだ。


 最後にFar Cry 2だが,グラフ5,6を見ると,傾向自体はCall of Duty 4と似ているものの,最適化不足で,スコアが伸びきっていない印象を受ける。このあたりは,今後のドライバチューンに期待,といったところか。



恐るべきCatalyst 9.3の完成度

Windows 7はゲーム環境として期待できるかも


 4Gamer読者であれば経験的にご存じかもしれないが,GPU業界において,まったくの新製品に対する“景気のいい話”というのは,あまり信用できなかったりする。そのため,筆者もAMDの主張を話半分に聞いていた部分が否めなかったのだが,現実に,Windows 7+Catalyst 9.3が,β版OS上であるというハンデをもろともせず,代表的な3DベンチマークソフトでWindows Vistaと互角の勝負に持ち込み,さらにCall of Duty 4では目に見える形でスコアの向上を見せているという結果を目の当たりにすると,もう驚くほかない。
 しかも,テスト中に,ブラックアウトや強制終了に見舞われるといったトラブルは何一つなく,危なげなくテストを完了できたのも衝撃的だった。

Catalyst
 テストした二つのゲームタイトルのうち,片方で最適化不足が見えたあたり,Windows 7版ATI Catalystにはまだまだ最適化の余地が少なくない。また,どこまでがCatalyst 9.3の実力で,どこからがWindows 7の実力によるものかは,あらためて検証する必要がある。
 ただいずれにせよ,Catalyst 9.3で比較したとき,β版Windows 7環境のほうが,Windows Vista環境よりもゲームのパフォーマンスで上回るというAMDの主張には,相応の根拠があるとはいえるだろう。まだ,パフォーマンスチューニングが完全ではないはずのβ版OSでこの結果だと,今後のCatalyst月例アップデートが,実に楽しみになってくる。

 まだ気の早い話ではあるが,「Windows XPよりもパフォーマンスが低い」という観点からWindows Vistaを敬遠し続けてきた人にとって,Windows 7は“次期ゲーム用OS”として期待に応える存在となるかもしれない。
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • 関連タイトル:

    Windows 7

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月26日〜04月27日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年10月〜2017年04月