― 広告企画 ―
破天一剣
”天涯ロマン大活劇”破天一剣とは

 現在,基本料金無料で正式サービスが行われているMMORPG「破天一剣」で描かれているのは,基本的に"武侠"の世界である。最近は武侠モノのMMORPGもたくさん出てきていているので,絵柄を見ただけでピンとくる人も多いかもしれない。武を極め,仙術や武功などの摩訶不思議な技を駆使する武侠の世界は,MMORPGの素材としてのスケールはケルト,北欧系の流れを汲む西洋ファンタジーに匹敵するもので,日本でもそろそろ旬を迎えつつある。
 さて,話は少し複雑なのだが,破天一剣の世界は,地球が滅びたあとのはるかな未来が舞台となっている。なおかつ武侠である。
  
 もともと「破天一剣」は韓国の人気コミックが題材となっており(日本版のアートワークは御船麻砥氏によるもの),地球崩壊後の破天世界を舞台に,主人公達が18の惑星(行星という)を股にかけて,破天世界の支配者である逆天魔皇に挑んでいくストーリーとなっている。
 ゲーム化された破天一剣でプレイヤーは,物語上の8人の主人公格のキャラクターを演じていく。物語ベースのMMORPGではよくあることだが,同じキャラクターをベースにしたプレイヤーキャラクター達がわんさか出ることになる。普通のMMORPGでいうところの,種族を選ぶようなものだと思えばいいだろう。慣れないと最初は戸惑うかもしれないが,名前はプレイヤーキャラクターごとに個別に付けられるので,ゲーム中ではさほど違和感はない。

個性的な8人のキャラクター達
プレイヤーキャラクターで使用できる8人のキャラ
  武侠といえば,武を極めた者達の世界。プレイヤーキャラクターとして選択できる8人も,それぞれが各種武術を極め,同時に特殊な武功をも極めている。それぞれ特性は違えど,基本戦闘力はいずれも高く,特殊能力も備えている。
 なお,男女で4キャラずつ用意されているが,結婚の申し込みは男性しかできないなど,若干の性別による制限がある。それ以外は,どのキャラを選んでも,プレイのしやすさなどはさほど変わらないだろう。
 
イルハン  剣 速度武功 文字どおり攻撃速度を速くさせるというもので,純粋に攻撃力アップの武功
スア  弓 蘇生武功 蘇生させ,プレイヤーの経験値減少を防ぐ。モンスターを蘇生してペットにすることもできる
シホン  扇 武器豪力 武器での攻撃力をアップさせる武功
シャンイン  球 移動武功 画面内を瞬間移動したり,仲間を連れて村へ移動,往復したりといった能力
ナングン  槍 防御剛力 防御能力をアップさせる武功
エンヒ  鞭 体吸入功 敵の体力を吸い取って自分のものにする武功
イッシン  斧 召喚武功 モンスターを召喚して一定時間ペットとして使える
ラファン 手裏剣 体生武功 最大体力量と回復速度を増加させるという武功

 各キャラクターの武功はすべて他人に対しても有効なので,パーティを組んだときにも重宝されるだろう。ただし,固有スキルを覚えるのはレベル20,特殊スキルはレベル30,武功が本格的に使えるようになるのはレベル40以降ということを覚えておいたほうがいいだろう。序盤では,肉弾戦が中心となる。
 
初期の武功はポイントで引き換えることができる。伝説おやじなどのNPCのところで入手可能だ 高位の武功は入手も大変で,さらに習得に時間がかかる。習得中に近くになにかが近づくと失敗してしまうので人のこないような場所を選んで習得しよう
 
●キャラクター作成
 さて,お気に入りのキャラを決めたら,プレイヤーキャラクターを作成しよう。名前を指定して,パラメータを調整する。知性のパラメータを変化させた場合のみ,体力や魔法,スタミナの値が増えていくのが分かるだろう。このあたりは,とりあえず適当に振っておいてもいい。体力などの基本値は,レベルが上がるたびに逐次増やすことができるので,先を見据えればほかのパラメータを優先,低レベル時代を快適に通り抜けたいなら,体力を多めに設定しておくのが無難だ。

 
さっそくプレイしてみよう

 プレイを始めると,スタートメッセージなどゲームの解説がいろいろと表示されるので,とりあえず読んでおこう。これは,あとで読み直すこともできるので(Ctrl+E),読み飛ばしてもとくに問題はない。

 

●だんだんと覚えていくゲームシステム 

ゲーム内で「ささよろ」といわれたら,これのこと(ささやきよろしく)
 実際にプレイするとすぐに気づくだろうが,キャラクターは最初は走ることさえできない。キャラクターのレベルが上がっていくことで,いろいろなことができるようになる仕様である。しばらくはレベルアップのたびに新機能が解説されるので,最低限のゲームシステムは,ある程度成長すれば誰でも自然と覚えるはずだ。
 レベル2で疾走ができるようになるのを皮切りに,個別にメッセージ送信できる「ささやき」パーティ結成など,スキルのみならずゲームシステムの部分でもだんだんとできることが多くなっていく。また,レベル10で死亡時の経験値ペナルティが課せられるほか,PK(Player Kill)もレベル11になると解禁される。レベル14でジャンプを覚えて,レベル19になれば飛翔ができる。
 こういった,どのレベルで何ができるようになるかは,前述のようにCtrl+Eキーの習得事項で確認できる。これまで習得したことだけでなく,レベル100までの習得内容がすべて閲覧できるので,今後の目標も立てやすいだろう。

 まずは,街の構造を覚えるためにも,チュートリアルクエストをやっておこう。ミニマップを見れば,すぐ近くに"伝説おやじ"がいることが分かるはずだ。「近況」でクエストの「ナンタの回復」を選択しよう(アイテムクエストはしばらく放置で)。

 

●最初の戦闘 

最初の星となる漢羅行星の全体図

 初期位置から地図の左方向(西)に進行して漢羅村の外に出ると,初心者フィールドが広がっている。実際に地図に「初心者フィールド」と書いてあるのは親切だ。あちこちに地名や要所が書き入れてあり,ゲームの標準地図としてはかなり使いやすいものになっているといえる。

 
 「クリックして移動,クリックして戦闘」という基本操作はお馴染みのものなので,多くの人は戸惑わずにプレイできるだろう。街の周りにいるモンスターなら,どれを相手にしてもさほど危険ではない。3匹くらい殺したらレベルアップすると思うので,すかさず
「疾走」ボタンを入れておこう。
 あとは,できるだけ同じ種類の敵をまとめて相手にするようにしておけばよい(次で説明するアイテムクエストのため)。レベル10くらいまでは,体力回復剤を使用することもほとんどないだろう。初心者フィールドで適当にやっておけばよい。
 

モンスターからのドロップ品にはクエストアイテムも多いので注意

●クエスト 
 レベルアップすると,クエストを入手することがある。序盤では,クエストの報酬はかなり実入りがよいので欠かさずやっておきたい。また,
クエストによって,できることが増えたり,アイテムが調達できたりする。クエストは,順にこなしていかないと先のクエストが選択欄に現れないこともあり,注意が必要だ。とくに初期のアイテムクエストが難物である。いろんなモンスターがそれぞれ落とす固有のアイテムを11個(の倍数)集めるというものだが,これには意外と時間がかかり,やっている途中でどんどんレベルアップしてしまう。しかし一度は完了させておかないと,途中でもらえるほかのおいしいクエストを受けられない場合もある。クエストは,できそうなものは片っ端から片付けておくほうがいい。

 

進行途中のクエストがあると,新しいクエストが受けられないこともある アイテムクエストは早めに片付けておきたい

 

●少し本格的な戦闘へ 

初心者フィールドから少し外れたあたりに進出してみよう
 レベル10を超えると,少しは真面目に戦闘する必要が出てくる。まず,レベルアップ時のポイント割り振りで,体力がどの程度まで上がっているかをキャラクター情報で確認しておくこと。使いきっていないポイントは,体力中心で消費しておいてよいだろう。
 次に画面を整理しよう。体力/気力ゲージは,韓国旗のような赤青の陰陽模様に八卦の模様付きで画面中央に鎮座しているのだが,なにかと邪魔になるので端に移動しておくといい。右端に地図,左端にゲージというのが個人的には使いやすいと思う。
 次にパンダ(人名)のところで体力回復剤をどっさり買って,ファンクションキーに登録しておこう。帰還お守りもいくつか買って,ファンクションキーに登録しておくといい。また,ゾアのところで防具も買ってフルセットで装備しておこう。いくつかクエストを済ませていれば,すべて買い揃えられるはずだ。男性でも,(たとえ髪が薄そうでも)髪飾りまでちゃんとつけられるので,忘れずに。

 

 破天一剣では,戦闘時の体力回復は薬に頼ることになるので,だいたいにおいて力押しの展開になる。とはいえ少し戦っていれば,相手に絶対攻撃が当たらない角度などがあることが分かるはずだ。逆に,相手の攻撃がほとんど当たらない(当たりにくい)角度というものも存在するように思われる。
 敵の攻撃は基本的に8方向で,8方向の位置からずれていると,最寄りの角度に合わせる位置に移動したうえで攻撃を行ってくる。こちらから直接攻撃でき,かつ相手からは少しずれた位置になるようにして戦えば,2発くらいは余分に無傷で殴ることができるようだ(もちろん,向こうから攻撃してこない敵限定)。
 慣れてくるとこういった細かいことはいい加減にやってしまいがちだが,きちんとダメージを与えられる角度を確認しておかないと,痛い目を見ることもある(とくに大勢に囲まれてどれを殴っているのか分かりにくいときなど)。基本だけは押さえておきたい。


漢羅行星での戦闘の様子。ちなみに,右下を見るとBuffがついているのが分かるが,これは 有料アイテムによるもの。なかでも防御力アップの「マンネン茸」はかなりお勧め!

 
そして結婚,ついに子作り

虹行星には新婚旅行用の旅館「貴賓館」があり,ここで初夜を過ごすと子供を作る準備ができる。過大な期待はしないように
  破天一剣の特徴として,キャラクター同士が結婚し,さらに子作りできるというものがある。低レベルのときでもクエストを進めていくと,産土おばさんから「早く結婚しなさい」とは言われるのだが,結婚するにはレベル37にならないといけない。結婚のメリットは,

 

  子供を作ることができる
  夫婦は指輪を使って呼び合える
  虹行星に行くことができる

 

などなど。
 ただ,結婚したからといってすぐに子供ができるわけではない。子供を作るには,レベル43以上である必要がある。
 レベルだけでなく,結婚と出産にはお金が結構かかる。必須ではないが,結婚指輪などすべて合わせると,

 

結婚費用 100000両×2
虹行星渡航 5000両×2
貴賓館鍵代 100000両
結婚指輪 300000両×2

 

と,それなりの資金準備はしなければならない。

 

男性キャラが結婚の届け出をする 双方が承認すると結婚できる さらに結婚の届けも出す必要がある

 

 さらに,子供を作るためには,虹行星へ新婚旅行に行って貴賓館で一夜を共にする……つまりやることはやっておく必要があるのはまぁ当然として,加えて,聖ヶ岳の山神祭壇へ行って祭礼をしなくてはならない。お祭りをするためには,破天球玉,金の糸,鹿の角,天上水,肉が一つずつと,紅蝋燭が2本必要となる。普通に店で売っている紅蝋燭や肉,比較的簡単に取れる金の糸や鹿の角,露店でたまに売っている天上水はいいとしても,破天球玉を手に入れるのが少しやっかいである。

 

材料とその入手場所も表示される

 さて,Tabキーで開くアイテム管理ウィンドウには,製造アイテム情報というボタンがある。これを使えば,破天一剣に用意されている1400件以上の生産レシピを一覧できる。材料の入手場所も分かるのが,このシステムの素晴らしいところだ。

 破天球玉は固有武器などの材料としても使われるのでさっそく見てみると,午魔王,巳魔王,申魔王,未魔王がドロップするとある。これらは,午行星ほかの惑星の大ボスである。ほかの星に渡るのもなかなか大変なので,簡単に取ってこられるようなものではないことが分かる。

 

●アイテムの合成 

材料を揃えてNPCに依頼するとアイテム合成ができる。まずは硬玉……

 しかし,何もモンスターからのドロップだけに頼る必要はないのだ。破天球玉自体も,生産で作ることができる。さっそく製造アイテム情報の宝石製造で破天球玉を調べると,硬玉,壁玉,黒玉,藍玉,青玉,草玉,蓮玉,黄玉,紅玉,悪霊の歯(3),金(10,000)とある。やたらと材料が多いが,それぞれどこにいるどのモンスターがドロップするかも書いてあるのが便利なところ。硬玉は別途生産する必要があるが,材料自体は,すべて初期地である漢羅行星で揃うことも分かるだろう。
 とはいえ,危険な狩り場でのレアドロップで,入手しにくいかも……といった懸念もあるかもしれない。であれば,紅玉などの材料自体も生産してしまえばいい。玉自体が出てくる場所と,その材料が出てくる場所は同じだったりすることも多いので,各玉を狙いつつ,その材料も集めていける。また,細かい材料は露店で安く仕入れられる場合もあるので,一般のMMORPGに比べれば,レアアイテムの入手性はかなり改善されている。

 

破天球玉のレシピ さらにその材料のレシピ。硬玉あたりから作り始めよう

 

船に乗るときは仲間を集めよう(反省)

 破天球玉を手に入れるには,はっきりいって,手間もかかり,お金もかかる。毎日安い露店を探してうろつき回ることにもなるだろう。

 さらに,材料を手に入れたら,星を渡る危険な旅にも出なくてはならない。途中では海賊ゴールなども大量に出てきてかなり苦労することになる。

 

 それだけに,授かった子供の可愛さはひとしおだろう。まあ,子供用の装備を揃えるのが,またとんでもない苦労となるのだが,それはまた別の話。
 

●祭礼,そして子供の誕生 

お山に登って祭礼を行う
 さて,材料を用意して祭典を開くと,なにやらごちそうが現れるので,ひたすら待つ。祭りが終わると戸籍証書が作成されるので,それを持って村の産土おばさんのところに行こう。ここで子供検索をすると,子供のキャラクターが現れる(男女はランダム)。子供を産むのではなくて,子供をもらいに行く感じだろうか。

 さて,子供はプレイヤーのペット扱いで,戦闘にも参加してくれる。そのため単純に戦力となるほか,子供のレベルが上がってくればパーティメンバーの能力値を引き上げる役目も果たす。男の子なら攻撃力,女の子なら防御力が上がるのだが,スキルに失敗すると逆に下がってしまうので,多少の注意は必要だ。
 ちなみに,子供は産土おばさんから子供検索を実行したほうの親についていくので,夫婦で取り合いをしないように。

 

子供検索で我が子を呼び出す 親子で狩りに 親子でダンジョンに

安心してプレイできるMMORPG

 

いずれ日本でも実現されてるであろう攻城戦の様子

 破天一剣のクライアントは非常に軽く,また表示スペックを落としても,表示品質が大きく落ちることがないという特徴を持っている。ノートPCでウィンドウモードにして,二つのアカウントでゲームを立ち上げていたときも,さほど重くはなかった。実は現在原稿を書いている後ろでもクライアントが立ち上がっているのだが,とくに動作が重くなるということもない。タスクマネージャで見ればCPU負荷は100%なのだが,全体的な動作に差し支えはないという感じだ。メモリデルタもほぼ0で(メモリリークもなく)極めて安定している。

 

 オープンβ開始以来,チャットメッセージが文字化けしたものばかりでどうなることかと思ったのだが(主に中国からの団体のアクセスと思われる),そういったプレイヤーのうち,マナーの悪いハラスメントや狩り場独占をする者に対してはアクセス制限とアカウント一斉停止が行われた模様。現状ではほとんどなくなっており,迅速な対応を行った運営側の努力がうかがえる。
 ざっとプレイしてみて,必要な情報がゲーム内だけでしっかり揃っており,非常に遊びやすいと感じた。ほかのゲームでは情報サイトで調べていたようなものが,ゲーム内ですぐに確認できるのだ。生産関係のシステムはとてもいい。逆引きができればもっとよかったのだが,とはいえこれと公式サイトの情報だけで,ゲームプレイに必要な情報の多くが揃ってしまう。

 

飛行することで移動は快適,行動範囲も広がる
 初心者にフレンドリーな要素も多いものの,ゲームが本格的に面白くなってくるレベル30〜40に到達するまでは,ちょっと大変かもしれない。早い人はβが始まって数日後に個人商店(レベル30以上)を広げていたり,しばらく時間はかかったもののすでに子供連れを見かけたりと進行は比較的早いようだ。 ちなみに日本版では,海外で運営されているものに比べてパーティボーナスが増量されており,ゲームのおいしいところを楽しみやすいように調整されているという。 レベリングに苦しくなったら,パーティを組んでみんなで冒険しよう。
 レベルアップしやすくなっているとはいえ,ゲーム内容はレベル100まで用意されており,18惑星や攻城戦,そして魔王戦とまだまだ先は長い。オープンβテスト開始から10日間で正式サービスも開始となったが,これから始めても,十分追いつける範囲だといえるだろう。基本料金無料ながら運営管理もまずまずと,腰を落ち着けて楽しめそうなゲームである。「武侠って何?」という人も,とりあえず「結婚」目標でプレイしてみるのも面白いのではないだろうか。 いまなら,4Gamer読者限定で「経験値上昇丸」がもらえる特別キャンペーンも行われているので,興味のある人はぜひ以下のリンクから登録を。

※応募は締め切りました



タイトル 破天一剣
開発元 Magics 発売元 SeedC
発売日 2005/11/24 価格 基本プレイ料金無料(アイテム課金)
 
動作環境 対応OS:Windows 2000/XP(+DirectX 8.0以降),Pentium III 600MHz以上[Pentium III 800MHz以上推奨],メモリ128MB以上[256MB以上推奨],HDD空き容量:1GB以上,3D対応のグラフィックスメモリ16MB以上のグラフィックス環境[グラフィックスメモリ32MB以上推奨],56kbpsモデム/ISDN/ADSL/CATV/FTTH以上のインターネット接続環境[ADSL/CATV/FTTH以上推奨]

(C)2007 SeedC,Inc. / MAGICS Co.,Ltd. All rights reserved.