オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
任天堂が2013年第3四半期の決算を発表。売り上げは昨年比で約500億円減,為替差益で純利益は黒字
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/01/29 17:29

業界動向

任天堂が2013年第3四半期の決算を発表。売り上げは昨年比で約500億円減,為替差益で純利益は黒字

 2014年1月29日,任天堂は第3四半期の決算発表を行った。2013年4月1日から12月31日までの売上高は4991億2000万円。岩田社長が1000億円とコミットメントしていた営業利益ベースで見ると15億7800万円の赤字となったが,純利益は101億9500万円と黒字で着地している。
 毎年,年末商戦を含む第3四半期の売り上げで年度内の大半を占める任天堂だが,今年度は,ここ数年来でも最低の年末売り上げとなっている。ハードウェア販売の不調が原因として挙げられているが,ニンテンドー3DSはニンテンドーDSに続くヒット商品で好調な売り上げとなっていたが,Wii Uの売り上げは241万台と伸び悩み,欧米でのWii U本体値下げもあいまって大きな赤字となっている。
 同社はすでに1月17日の時点で,今年度の業績の大幅な下方修正をしており(関連記事),通期の予想純損失は250億円規模が予想されていた。その時点で想定されていた1ドル100円の水準よりも円安になったこともあってか,481億円の為替差益が発生し,第3四半期までの純利益は黒字となっている。

任天堂が2013年第3四半期の決算を発表。売り上げは昨年比で約500億円減,為替差益で純利益は黒字

任天堂IRページ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日