オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Oculus VRのスタンドアロン型VR HMD「Santa Cruz」を体験。プロトタイプでも仕上がりは上々で,製品版への期待が高まる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/10/14 00:00

イベント

Oculus VRのスタンドアロン型VR HMD「Santa Cruz」を体験。プロトタイプでも仕上がりは上々で,製品版への期待が高まる

 北米時間10月11〜12日まで,カリフォルニア州サンノゼ市で行われたイベント「Oculus Connect 4」で,Oculus VRは,開発中のスタンドアロン型VRヘッドマウントディスプレイ(以下,HMD)「Santa Cruz」(サンタクルーズ,開発コードネーム)を,2018〜2019年に発売することを明らかにした(関連記事)。
 そのSanta Cruzを実際に体験することができたのだが,なんとデモルームの様子を含めて,写真撮影は一切禁止。せめて担当者との会話だけでも録音しようとしたのだが,それさえも禁じられるという厳しい条件だった。
 そのため,ビジュアル素材は公式の写真や基調講演時の写真を使いつつ,筆者なりのインプレッションをレポートしたい。

Santa CruzのVR HMD本体(中央)と,付属のモーションコントローラ(左右)
Oculus VRのスタンドアロン型VR HMD「Santa Cruz」を体験。プロトタイプでも仕上がりは上々で,製品版への期待が高まる

 Santa Cruzの存在が初めて明らかになったのは,2016年10月に行われた「Oculus Connect 3」でのこと。プロセッサやストレージ,さらにバッテリーまで内蔵することで,母艦となるPCや据え置き型ゲーム機との接続ケーブルや電源ケーブルの配線が必要というVR HMDにおける制約から解放され,ユーザーは体の周りにまとわりつくケーブル類を意識する必要がなくなるわけだ。部屋の壁に外付けセンサーを取り付けたり,PCに専用ソフトウェアをインストールするといった面倒なセットアップも必要なくなると,Oculus VRはアピールしていた。
 視界外の現実世界を意識しないで済むプレゼンスの高さは,VR体験の向上にはなくてはならないものだろう。


優れたフィット感を実現したエルゴノミカルなデザイン


2016年のプロトタイプでは,PCにあたる部分がヘッドバンド後部に取り付けられていた。2017年モデルでは,これが全部ゴーグル部分に入っている
Oculus VRのスタンドアロン型VR HMD「Santa Cruz」を体験。プロトタイプでも仕上がりは上々で,製品版への期待が高まる
 Santa Cruzの試作機を見て,まず驚かされたのは,2016年のプロトタイプでは後頭部に存在していたコンポーネントが,今回はすべてゴーグルの中に収納されているデザインである。その形状は,一見すると既存の製品である「Rift」と似ているのだが,ヘッドバンドがフィット感を得やすいゴム製になっていた。また,ゴーグルの前面部分は,どことなくHTCのVR HMD「Vive」の表面をはぎ取って付け足したような,軽い丸みを帯びていた。

 この“付け足された部分”の四隅には,Oculus VRが「Inside-out Tracking」(インサイドアウトトラッキング)と呼ぶ方式の,広角カメラによるセンサーが露出している。これらのカメラは,前方というよりも,四隅それぞれを捉える方向に向いており,手に持ったモーションコントローラが,体よりやや後ろに行ったとしても,トラッキングしやすい配置になっているようだった。

1基のカメラでトラッキングできる範囲を示したスライド
Oculus VRのスタンドアロン型VR HMD「Santa Cruz」を体験。プロトタイプでも仕上がりは上々で,製品版への期待が高まる

Santa Cruzの使用イメージ。右手がVR HMDよりもだいぶ後ろにあるが,この位置でもトラッキングできると主張したいのだろう
Oculus VRのスタンドアロン型VR HMD「Santa Cruz」を体験。プロトタイプでも仕上がりは上々で,製品版への期待が高まる

 PCやゲーム機に当たるコンポーネントが,すべて前面のゴーグル内部に集約されているのだから,さぞ重量のバランスが悪いだろうと筆者は思っていた。ところが,Santa Cruzを装着してビックリしたのは,その15分ほど前まで新作ゲームのデモをテストしていたRiftよりも軽く感じられたことだ。
 もちろん,バッテリーのようにそれなりの重量があるコンポーネントが入っている以上,「2016年モデルより800gほど軽量化した」(Oculus VR)とはいえ,Riftよりも軽いはずない。

「The State of Standalone VR」というセッションで,Santa Cruzのデザイン課程について説明するSean Liu氏(Product Manager,Oculus VR)
 Oculus VRのSanta Cruz担当プロダクトマネージャーであるSean Liu(ショーン・リュウ)氏に,重量の違いについて質問したところ,具体的な数値といった直接的な回答を避けながらも,「エルゴノミクスを追求した結果」と話していた。

 Santa Cruzのフィット感は,ゴム製ヘッドバンドやゴーグル輪郭部分の微妙な形状によって達成されているそうで,ゴーグル内部は横長の眼鏡をかけた状態でもしっかりと装着できるほど。明らかに,Riftをベースとしてデザインを改良していったもののようだ。
 ヘッドバンドは,筆者の短髪にもまとわりついて,引っ張られるような痛みを多少感じたものの,今後1年〜1年半ほどかけて改良が続けられていくことを考えると,すでにかなりの完成度に達しているのではないかと,好感触を抱いた。


Santa Cruz専用モーションコントローラ


 今回,Santa Cruzのデモに使われたスペースは,おおよそ8×4mほどの広さがあった。これだけのスペースを確保できる家庭がどれほどあるのかは分からないが,それだけ広いルームスケールのVRコンテンツでも,Santa Cruzは動かせますよ,ということを示したかったのだろう。
 そんなデモルームで体験できたのは,マスコットキャラクター「Bogo」を使って,シアトルをベースにする開発チーム「Oculus Rex」が制作したペットゲームと,西部劇をテーマにしたガンシューティング「Dead & Buried」を使った専用のゲームモードの2種類。デモ自体は,どちらも5分程度の内容だった。

 Santa Cruzの専用モーションコントローラは,Rift用のモーションコントローラ「Touch」で拳を包み込んでいた赤外線LED内蔵のリングを,上部に配置換えしたような形状となっている。この配置によって,ゴーグル側のカメラでLEDの位置を捉えやすくしたようだ。
 操作系は,Touchにあったジョイスティックと[A/B/X/Y]ボタンがなくなり,その場所に円形のタッチパッドが取り付けられているのが大きな違いと言える。

TouchとSanta Cruzのモーションコントローラを並べたスライド。Touchと比べて,ボタン類が少なくなり,ジョイスティックもなくなった代わりに,円形のタッチパッドが付いた
Oculus VRのスタンドアロン型VR HMD「Santa Cruz」を体験。プロトタイプでも仕上がりは上々で,製品版への期待が高まる

タッチパッド内には,センター部分と,8方向それぞれに3つずつ置かれた計25個のセンサーが埋め込まれている
Oculus VRのスタンドアロン型VR HMD「Santa Cruz」を体験。プロトタイプでも仕上がりは上々で,製品版への期待が高まる
 ボタンやトラッキング周りの抜本的な変更が行われたため,Santa Cruzのモーションコントローラには,Touchとの互換性は期待できないだろう。[A/B/X/Y]ボタンやジョイスティックからタッチパッドへの変更も,VRゲームのデザインに少なからず影響を与えると思われる。
 ただ,今回体験したデモは,どちらもタッチパッドを使うようにはなっておらず,トリガーとグリップ部のボタンだけでプレイできるもので,まだタッチパッド内部のセンサーは調整中であるようだ。Liu氏によると,「この新しいモーションコントローラでは,タッチパッドとトリガーの併用により,何かをつまみ上げるような動作もできる」ということだった。

2名のエンジニアが,モーションコントローラのさまざまな形状を試作したという
Oculus VRのスタンドアロン型VR HMD「Santa Cruz」を体験。プロトタイプでも仕上がりは上々で,製品版への期待が高まる

 筆者が最初に挑戦したのはBogoで,カエルと犬を合体させたようなクリーチャーのBogoに,周囲に垂れ下がるフルーツを食べさせて手懐け,頭をなでたり,棒を遠くに投げて遊んだりできるようになっていた。棒を投げるフリをすると,一瞬どこに飛んでいったのかを不思議そうに見渡すBogoの様子が,本当の犬のようで可愛らしい。
 Santa Cruzを着用した状態で動き回りすぎると,移動可能な範囲を逸脱しそうになったことを警告する「Guardian System」が作動して,視界にブルーワイヤで描かれた壁が表示された。イベント会場などでRiftを使ったゲームデモを体験できる場には,ユーザーに動ける範囲を認識させるためのソフトパッドが敷かれているものだが,今回はそれもなし。おそらく,Santa Cruzにおける6軸自由度(6DoF)やプレゼンスの強化を体験させる意図があったのだろう。

Santa CruzにおけるGuardian Systemのイメージ。外部から範囲を設定するのではなく,インサイドアウト方式のカメラで自動判定するものになるようだ
Oculus VRのスタンドアロン型VR HMD「Santa Cruz」を体験。プロトタイプでも仕上がりは上々で,製品版への期待が高まる

 もう1つのデモであるDead & Buriedは,すでにRift用の製品版がリリースされているゲームの「ホードモード」に,高さを加えた闘技場風のアリーナとして表現したものだった。プレイヤーを襲うゾンビたちは,周囲のトンネルから湧き出してくるだけでなく,2階や3階からライフルで銃撃もしてくる。
 そんなゾンビどもを,両腰に差したピストルで迎え撃つだけでなく,周囲に置かれたショットガンで撃ったり,ダイナマイトを投げ付けたりできるのは従来と変わらないのだが,今回のデモでは,階上から筆者に向かってダイナマイトを投げ付けてくる敵もいた。当初は,どこから投げられているのか分からず,ダイナマイトが飛んでくる「ヒュー」という音が聞こえるたびに,ジャンプして逃げ回っていた筆者だったが,わりと複雑なマップであったにも関わらず,無理やり飛び跳ねたり,その場で一回転してみたりしても,映像の処理が追い付かないということはまずなかった。つまり,それを処理できるだけの性能が,Santa Cruzには備わっているということだ。
 また,動き回りながらのプレイでも,途中でゴーグルの位置を再調整するようなことは一度もなかったのは,先述したフィット感の良さが表れたのであろう。

 最後になるが,Santa Cruzのヘッドフォンについても言及しておきたい。
 2016年モデルのプロトタイプは,ヘッドフォンがヘッドバンド側面に直接取り付けられるビルトイン型のシンプルなものだったが,Santa Cruzのヘッドフォンは,ヘッドバンドから独立したオープンエア型ヘッドフォンとなっていた。
 部屋の隅で解説してくれるデモ担当者の声がしっかり聞こえつつ,ゲームの効果音やBGMの再生品質が低いと感じることはなく,どちらも非常にクリアに聞こえたのは特筆しておくべきだろう。
 自前のヘッドセットを使いたい人のためのヘッドフォン端子がゴーグル本体にあったかどうかは確認し忘れたものの,ゲーム世界に没入しつつ,周囲の様子を音でも察知できると言う点では,Santa Cruzのヘッドフォンは優れたものとなりそうだ。

 2種類のデモで使われていたゲームグラフィックスの品質は,現在,Rift向けにリリースされているトップレベルのシューティングゲームにかなうものではない。Rift+ハイエンドのゲームPCよりも,スペック的には低いなという印象だ。
 もちろん,具体的なプロセッサのスペックやディスプレイの解像度といった細かい情報は,今後の開発状況や,コンポーネントのコスト変動次第で変わることもあるだろうから,正式にはアナウンスされていない。おそらく,それらが明らかになるのは,2018年の今頃になるのではないだろうか。

 Santa Cruzの開発者向けキットは,2018年中にリリースの見込みとなっているので,おそらく一般向けの製品が発売されるのは,2019年初頭になるのではないだろうか。本格的なルームスケールVRを体現するスタンドアロン型のVR HMDとなるSanta Cruzは,Oculus VRの真価を問う製品になるかもしれない。

Oculus Connect 4 公式Webサイト(英語)

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日