オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/01/25 12:15

業界動向

「ドラクエX」や「PSO2」がリリースされた2012年オンラインゲーム市場の動向はいかに? 「2012年夏 特大プレゼント」上のアンケート(1万6149人分)の集計結果を公開!

 1月もそろそろ終わろうとしている時期になんですが,あけましておめでとうございます。
 年が明けてはや4週間,今年もまた,皆様お待ちかねの「特大プレゼントのアンケート集計記事」の季節がやってまいりました。ああ,めんどくさい……じゃなかった,大変お待たせ致しました。もはや年末年始の定番記事と化している本特集ですが,今回もまた,膨大なアンケートデータを集計しつつ,最新のゲーマー事情を探ってみたいと思います。

 ■国内オンラインゲームのプレイヤー層分布図:年齢&PCスペック
図は,4Gamerで2012年8月から9月にかけて行ったアンケート結果を集計したもので,応募総数は1万6932通。その中から,多重投稿など無効と思われるデータを除いた,1万6149人のサンプルをベースにしている(クリックで拡大)
「ドラクエX」や「PSO2」がリリースされた2012年オンラインゲーム市場の動向はいかに? 「2012年夏 特大プレゼント」上のアンケート(1万6149人分)の集計結果を公開!

 集計/調査の対象となっているのは,オンラインゲームとコンシューマゲームを合わせて300タイトル以上。いやー,いつもは「集計作業を手伝って!」と言いたいオーラが透けて見えるのか,編集部のみんなが目を合わせてくれなかったりして寂しい思いをする年明けなんですけれど,今年はそんな様子をいい加減見かねてか,心優しいスタッフから救いの手があり,作業を分担して進めることができました。ありがとうございます。

 タイトル毎の詳細なデータについては,主に2012年夏の時点のデータの集計結果を参照していますが,本稿では,さらに現在応募受付中の「2012年 冬の特大プレゼント」から,ハードウェアの所持率やスマートフォンの利用動向など,いくつかの最新データを加味した情報をご紹介いたします。相変わらず,読者属性の偏ったアンケートデータではありますが,ネット界隈で活発に活動するコアゲーマー達の動向を探る一助となれば幸いです。

 参考までにですが,2012年夏の応募総数は累計で1万6932件。2012年冬の応募数も,1月25日現在で2万1384件の応募を頂いています。いつもながらではありますが,膨大なアンケート項目にもめげずに応募してくださった読者の皆様,そしてたくさんのプレゼントを提供してくれたメーカーの皆様に,この場を借りてあらためて御礼申し上げます。

関連記事:
2012年のゲーム売り上げランキング&ハードウェアの販売数推移,さらにタイトル別の傾向が分かるマトリックス表(4Gamer調べ)をまとめて大公開!

年末恒例のお楽しみ「2012年 冬の特大プレゼント」を開催。
ノートPCやデスクトップPC,Wii U,ゲーマー向けデスクなど,
豪華賞品が650名以上に当たる!


4Gamerの読者の平均年齢はまたしても上昇



 さて。さっそく4Gamerの読者属性から紹介していこう。
 まず4Gamer読者全体の平均年齢だが,結果は28.7歳という数値になった。去年の同時期が28.6歳という結果だったので,正直な話,上がっちゃってはいるのだが,ここは上がりもせず下がりもせずといっておきたいところ。高齢化に拍車が掛かると,その媒体はロクな結末を迎えないことを多くの先例から学んでいるので,毎年戦々恐々として平均年齢のデータを見守っているわけだが,大きな振れ幅ではないので,まずは一安心である。
 とはいえ,男女比は94.5:5.5と相変わらず。独身率も安定の(?)80%超え。……まぁ,コアなゲームの情報を女性がキャッキャウフフと読んでくれるとは,我々自身も考えてはいないわけだが,この数値を見るとなぜか落ち込んでしまうのは,4Gamerの知られざる一面であったりもする。

 職業別に見ると,会社員(技術系)の21%を筆頭にして,会社勤めの人が4割ほどにものぼるのが大きな特徴。つづいて,高校生7.7%,大学生が12.1%など,学生層などの若い年代の山があり,だいたい20〜35歳までの年代が4Gamerの中心的な読者層といった感じになるだろう。ちなみに小中学生の読者はほとんどいないので,例えば「スーパーマリオ」のようなタイトルを軸にデータを集計すると,プレイしている人の平均年齢が30歳前後になっていたりするのはご愛敬。
 いずれにせよ,男女比の偏りからしてお分かりかとは思うが,本稿で公開しているデータは,こうした「4Gamerの読者」層から導かれたものということを踏まえたうえで参考にしてほしいと思う。




年齢&PCスペック


 ■国内オンラインゲームのプレイヤー層分布図:年齢&PCスペック
図は,4Gamerで2012年8月から9月にかけて行ったアンケート結果を集計したもので,応募総数は1万6932通。その中から,多重投稿など無効と思われるデータを除いた,1万6149人のサンプルをベースにしている(クリックで拡大)
「ドラクエX」や「PSO2」がリリースされた2012年オンラインゲーム市場の動向はいかに? 「2012年夏 特大プレゼント」上のアンケート(1万6149人分)の集計結果を公開!

 平均年齢とPCのスペックを軸としたオンラインゲームのタイトル分布図を見ていこう。ちなみに「PCスペック」については,これまでは使用しているPCのCPUとGPUの集計結果をまとめたものを指数化していたのが,今回からは,主にGPUの傾向のみを参照している。これまでの度重なる調査結果や,また4Gamer上の調査であるという前提から考えると,高性能なグラフィックスカードを購入する層は,ほぼゲーム目的だと考えてよいと思うし,高スペックなPCを持っている≒コアなゲーマーという認識で間違いないからだ。

 さて。毎度のことではあるが,アクション性の高いタイトルほど若年層が多く,重厚長大なゲームになるほど年齢層が高くなることは,分布図にして見ると,とても分かりやすい傾向である。ブラウザゲーム群がローエンド寄りに集まるのも,この傾向から考えれば当たり前といえ,分かりやすい特徴だと思う。
 「モンスターハンター フロンティア」や「スカッとゴルフ パンヤ」が真ん中あたりに位置しているのは例年と同じことだが,これに対して,「ラグナロクオンライン」と「マビノギ」が,右上にシフトしてきている点が要注目だろうか。このデータから判断すると,この2作品には高年齢化&コア化の兆しが見えつつあるということだ。とくにマビノギは,平均年齢が昨年の26.9歳から,28.2歳へと1歳以上高くなっており,現在開発中の「マビノギ2」の登場が待たれるところか。
 
 「ファイナルファンタジーXIV」や「TERA The Exiled Realm of Arborea」,「バトルフィールド3」のプレイヤーが高スペック寄りというのも,まぁ想像通りだろう。とくに高年齢&ハイスペック路線は,コアなゲーマーが集中する領域だけに,大型のタイトルがひしめく激戦区となっているのは,この図を見ての通りだ。なお,昨年正式サービスが開始された「ファンタシースターオンライン2」は,コアなプレイヤーを取り込みつつも,いわゆるコンシューマ寄りの非オンラインゲーマーに対し幅広くアプローチしている中道路線。図を見る限り,なかなか“良い位置”にポジションを取っているといえるだろう。2012年2月28日には,PS Vita版の発売も予定されており,新しいプラットフォームへのアプローチがどの程度のインパクトをもたらすのか,今後の動向に注目しておきたい。

 「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」は,この表にあって唯一,PCゲーム「ではない」タイトルなのだが,傾向/属性を知りたくて,あえて入れ込んでみた次第である。少なくとも4Gamer上のデータから見ると,オンラインゲーマーとコンシューマゲーマーの両方がバランス良く遊んでいるという結果になっていたのは印象的。パッケージの販売本数が60万本以上と,国内最大のオンラインゲームへと躍り出た本作だが,その独特の運営スタイル(プレイヤーを拘束しすぎないという思想)がプレイヤーにどこまで理解/支持されるのかなど,個人的にも今後の動向にはかなり注目している。


年齢&消費金額


 ■国内オンラインゲームのプレイヤー層分布図:年齢&消費金額
図は,4Gamerで2012年8月から9月にかけて行ったアンケート結果を集計したもので,応募総数は1万6932通。その中から,多重投稿など無効と思われるデータを除いた,1万6149人のサンプルをベースにしている(クリックで拡大)
「ドラクエX」や「PSO2」がリリースされた2012年オンラインゲーム市場の動向はいかに? 「2012年夏 特大プレゼント」上のアンケート(1万6149人分)の集計結果を公開!

 こちらは,平均年齢と「月にオンラインゲームに使う金額」の平均を軸にしたタイトルの分布図。ここでいう消費金額とは,あくまでも“遊んでいるオンラインゲームすべて”に使う金額であり,ひとつのタイトルに対して使っている金額ではない点には注意してほしい。
 
 全体の傾向としては,アクション寄りのタイトルや月額課金型のタイトルは消費金額が少ない傾向にあるのだが,そんななかにあって,アイテム課金型であるにも関わらず,「ファンタシースターオンライン2」が表の下に位置している点は要注目ポイントだろうか。コアなプレイヤーが付いているタイトルとしては珍しい傾向なのだが,課金するポイントが少なければプレイヤーは満足かというと,そう単純な話でもないあたりがオンラインゲームの難しさ。本作に関していえば,序盤は比較的無課金あるいは低額課金で楽しめる設計なのに対して,ゲームが進むにつれて(上位プレイヤーになるほど)課金のあり方に不満を持つ傾向があるようだ。こうした,課金に対する満足感/納得感といったものは,今後のオンラインゲームにより強く求められていく課題の一つとなるのだろう。
 ちなみにブラウザゲームが比較的低金額に位置しているのは,やはり基本無料/手軽に遊ぶプレイヤーの層が厚いためだと考えられる。とくにブラウザゲームのプレイヤーは,他のブラウザゲームタイトルを並行して遊ぶ傾向が強いようで,なかでも「戦国IXA」と「SDガンダム オペレーションズ」,「戦場のヴァルキュリアDUEL」と「ガン・ブラッド・デイズ」には,それぞれ強い相関が見られた。前者は世代つながり的な雰囲気なのだが,後者は……ミリタリー属性のつながりだろうか?
 なお,注目のドラゴンクエストXは,予想通り下側の位置に。月1000円という比較的低価格の料金であることや,複数のゲームを同時にプレイするようなコアプレイヤーが少なめなことがその理由だと思われる。


国内最大のオンラインゲームとなった「ドラゴンクエストX」のプレイヤー像


 ここからは,「ドラゴンクエストX」に絞ったデータを紹介していこう。パッケージの販売本数が60万本を超え,国内最大規模のオンラインゲームへと躍り出たドラゴンクエストXだが,そのプレイヤー層はどういったものなのだろうか? 4Gamerの読者という,限られたなかでの調査ではあるが,その傾向を探ってみたい。

緑色のグラフがタイトルのもので,青色のグラフが4Gamer読者全体のもの
「ドラクエX」や「PSO2」がリリースされた2012年オンラインゲーム市場の動向はいかに? 「2012年夏 特大プレゼント」上のアンケート(1万6149人分)の集計結果を公開!

 まず,「ドラゴンクエストX」のプレイヤーの平均年齢は31.3歳。これは,4Gamer上のデータとしても,比較的“高年齢寄り”に位置する数値だ。Wiiというプラットフォームで,かつ「オンラインゲームを遊んだことがない人に向けて」というスローガンを掲げていた本作だが,ふたを開けてみれば,社会人がプレイヤーの中心となっていることが,データ上からは見てとれる。

 もちろん,あくまで4Gamer上のデータではという但し書きは付くわけだが,一方で,メディアクリエイトによる販売データなどでも,同様に「購入層は社会人中心」というレポートが上がっており,また公式のコメントで「思ったよりもキッズタイムのみのプレイヤーは少ない」といった発言もあったことなどから考えると,実際に本作の年齢層が高めである可能性は,それなりに高そうである。
 一方,データを見てもらえれば一目瞭然なのだが,では,いわゆる「既存のオンラインゲーマー」が中心なのかというと,そういうわけでもなく,オンラインゲーマーというよりは,コンシューマゲームを中心に遊んできた人達がかなりの割合でいる様子だ。各種ゲーム機の所持率が非常に高いことや,ほかに遊んでいるタイトルから見ても,その傾向ははっきりと見て取れる。

 ■「ドラゴンクエストX」プレイヤーがほかに遊んでいるオンラインゲーム
「ドラクエX」や「PSO2」がリリースされた2012年オンラインゲーム市場の動向はいかに? 「2012年夏 特大プレゼント」上のアンケート(1万6149人分)の集計結果を公開!

 ■「ドラゴンクエストX」プレイヤーが購入したコンシューマゲーム
「ドラクエX」や「PSO2」がリリースされた2012年オンラインゲーム市場の動向はいかに? 「2012年夏 特大プレゼント」上のアンケート(1万6149人分)の集計結果を公開!


まとめ


 というわけで,分析記事はここまで。
 最後に,現在サービス中のオンラインゲームの中から,任意で選んだタイトルの基礎情報をまとめて掲載しておくので,国内のオンラインゲーム市場の動向を探る材料にしてもらえればと思う。
 この表では,平均年齢,平均消費金額(オンラインゲーム),平均プレイ時間,そして使用PCのスペック指数()という,四つの項目を用意した。冒頭でも述べたとおり,これはあくまでも4Gamer読者というフィルタを通してみた結果であり,このデータがそのままタイトルの一般的な属性データと合致するわけではないが,上記の分布図と併せて見ていけば,いろいろと参考になるはずだ。
 また,「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」と並んで,2012年を代表するオンラインゲームの一つである「ファンタシースターオンライン2」の詳細なデータも,2ページめに用意しておいた。あくあまで2012年夏の時点のデータであり,若干の古さは否めないが,興味がある方はそちらも参照してみてほしい。

※PCのスペック指数とは,GPUをグレード別に評価/指数化したものです

年末恒例のお楽しみ「2012年 冬の特大プレゼント」を開催。
ノートPCやデスクトップPC,Wii U,ゲーマー向けデスクなど,
豪華賞品が650名以上に当たる!


この表では,平均年齢,平均消費金額(オンラインゲーム),平均プレイ時間,そして使用PCのスペック指標という四つの項目を用意してみた。ちなみに消費金額やプレイ時間などは,あくまでもそのタイトルを購入したプレイヤーが全ゲームに費やしたものであり,そのタイトルだけに使う金額/時間ではない点に注意してほしい(クリックで拡大)
「ドラクエX」や「PSO2」がリリースされた2012年オンラインゲーム市場の動向はいかに? 「2012年夏 特大プレゼント」上のアンケート(1万6149人分)の集計結果を公開!

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月24日〜11月25日
タイトル評価ランキング
87
TERRA BATTLE (iPhone)
83
83
かくりよの門 (BROWSER)
81
マリオカート8 (Wii U)
79
人狼オンライン (BROWSER)
78
2014年05月〜2014年11月