オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
クラッシュ・ロワイヤル公式サイトへ
  • Supercell
  • 発売日:2016/03/02
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
55
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Supercell流のゲーム開発における考え方とは。開発者のコントロールは最小に,リスクは最大に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/04/26 16:54

イベント

Supercell流のゲーム開発における考え方とは。開発者のコントロールは最小に,リスクは最大に

Supercell Developer Relationship Game Lead,Timur Haussila氏。同氏は過去に「ヘイデイ」や「ブーム・ビーチ」の開発チームなどを率いている
 ネクソングループが主催しているゲーム開発者向けカンファレンス「Nexon Developers Conference 17」(以下,NDC 17)では,同社以外のスピーカーも多く参加している。本稿では,NDC 17の初日である2017年4月25日に行われた,Supercellの開発者によるセッションの内容を紹介しよう。

 Supercellといえば,「Clash of Clans」や「クラッシュ・ロワイヤル」でおなじみの開発会社である。同社はそのほかに,「ヘイ・デイ」「Boom Beach」を加えた4タイトルを世界的に展開している。そして,4タイトルすべてがヒット作となっているのだ。
 今回の講演では,同社のゲーム開発における考え方が紹介された。その要となっているのは「開発者のコントロールは最小に,そして開発者にとってのリスクは最大に」という,モットーだそうだ。


開発者のコントロールは最小に。役職ごとのヒエラルキーをなくし,開発チームに独立した権限を持たせる


 Timur氏は,昔ながらのゲームメーカーは規模が大きくなればなるほど,リスクを避けるべく“工場”のようなオペレーションにならざるを得ないと語る。たとえば,ゲームの開発前には社内の上層部を説得するために膨大な資料を作成し,その後もスケジュール通りに行動するなど,何から何までをきっちりコントロールすることが良しとされている。

クラッシュ・ロワイヤル

 ゲーム開発ではクリエイティビティが大事だと思うかもしれないが,実はそうとは限らないと氏は言及する。というのも,仮にクリエイティビティが高すぎると,社内の意思決定を持つ人物に理解してもらえない可能性が出てくるからだ。こうなってしまうと,どんなに優れたアイデアも実現できないわけだ。

 もちろん,きっちりとコントロールを行うことで会社にとってのリスクは減り,安定してリリースできる可能性が高まるため,単純に善し悪しで語れるような問題でもない。しかし,“工場”ライクなオペレーションが行き過ぎてしまうと,安全パイ以外のタイトル開発は行い難くなるのは事実で,これに対し窮屈に感じてしまう人が出てくるのも無理はないだろう。

 氏によると,ゲーム業界ではこういった風潮が長らく続いていたが,Facebookアプリの登場によって小さなコストでもリリースできるようになり,それにより業界全体が大きく変わっていったとのこと。また,この点に可能性を見いだしたことで,氏はSupercellへの入社を決断したそうだ。
 氏は昔ながらのゲーム開発を振り返り,さまざまなデメリットがあったと語る。何よりも,ゲーム文化に対する貢献度の違いを実感しており,現在の開発環境には強いやりがいを感じているそうだ。

クラッシュ・ロワイヤル

 ちなみに,Supercellにもリーダーや管理職は存在しているが,最終的な意思決定は2〜16名前後で構成されるチームがそれぞれ行っているという。そして,チームの意思は何よりも尊重されており,この点において組織のヒエラルキーは介在していない。それがたとえ経営者であってもだ。
 実際,「クラッシュ・ロワイヤル」のプロトタイプ版をSupercellのCEOが最初に見たときは,「スマホアプリでリアルタイム形式のPvPなんて受け入れられるわけない。メタゲームなんて無理!」と一蹴したそうだが,開発チームはかまわず開発を続けたという。

クラッシュ・ロワイヤル


開発者にとってのリスクは最大に。独立は自由になれるだけでなく責任も伴う


 ここまでの話を聞く限り,開発者に自由を与えるのは良いことづくめに思えるかもしれないが,自由は同時に責任を伴う。氏によると,ここでいう責任とはゲームのクオリティであり,この点においてSupercellという会社はとことん貪欲だそうだ。

クラッシュ・ロワイヤル

 たとえば,Supercellがグローバルローンチを行ったのは先に紹介した4タイトルだけだが,そこに辿り着く前に開発を中断したアプリも多いという。しかもその大半が,βテストにすら辿り着いていないとのことだ。

クラッシュ・ロワイヤル

 Supercellの社内では,ゲーム開発が立ち上がると「企画」「プロトタイプを作成」「社内でテストプレイ」「結果の分析」を行い,そこでチェック(Greenlight)を通過できないと開発は中止になるという。
 意思決定が自分たちに委ねられている環境で,いったいどのようなチェック体制が敷かれているのか。またリスクに関しても,もう少し詳しく聞きたかったところではあるが,講演はここで終了となった。

クラッシュ・ロワイヤル

 ちなみに氏によると,昨年のスマホアプリ業界では「クラッシュ・ロワイヤル」や「Pokémon GO」が成功を収めているので,今後の業界全体としてはイノベーティブなタイトルの開発も決して難しくはない,とのことであったが,さて。

クラッシュ・ロワイヤル

「クラッシュ・ロワイヤル」公式サイト

「クラッシュ・ロワイヤル」ダウンロードページ

「クラッシュ・ロワイヤル」ダウンロードページ


「Clash of Clans」ダウンロードページ

「Clash of Clans」ダウンロードページ


「ヘイ・デイ」ダウンロードページ

「ヘイ・デイ」ダウンロードページ


「Boom Beach」ダウンロードページ

「Boom Beach」ダウンロードページ


  • 関連タイトル:

    クラッシュ・ロワイヤル

  • 関連タイトル:

    クラッシュ・ロワイヤル

  • 関連タイトル:

    ヘイ・デイ

  • 関連タイトル:

    ヘイ・デイ

  • 関連タイトル:

    Clash of Clans

  • 関連タイトル:

    Clash of Clans

  • 関連タイトル:

    Boom Beach

  • 関連タイトル:

    Boom Beach

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日