オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
鉄拳7公式サイトへ
読者の評価
74
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
鉄拳7
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[EVO2017]「鉄拳7」部門,1278名の中からTOP8に残った選手に,決勝トーナメントへの意気込みを聞いてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/07/16 14:07

インタビュー

[EVO2017]「鉄拳7」部門,1278名の中からTOP8に残った選手に,決勝トーナメントへの意気込みを聞いてみた

 現地時間2017年7月14日,アメリカ・ラスベガスで開催されている格闘ゲームイベント「Evolution 2017」で,「鉄拳7」PS4 / PC / Xbox One)部門のTOP8が決定した。参加者1278名の中から,決勝トーナメント進出を決めたのは以下の8名だ。

■ウィナーズ
  • Knee選手(韓国)
  • Anakin選手(アメリカ)
  • JDCR選手(韓国)
  • JEOndding選手(韓国)

■ルーザーズ
  • Saint選手(韓国)
  • Suiken!!選手(アメリカ)
  • タケ選手(日本)
  • たいせい選手(日本)

 日本のタケ選手たいせい選手のインタビューは,以下の動画でチェックしてほしい。



 また,日本人選手以外の6名にもインタビューを試みたが,TOP8が決定したのが遅い時間(現地時間22時〜23時)だったこともあり,話を聞けたのは韓国のJDCR選手JEOndding選手Saint選手の3名のみとなった。以下に,その内容を記載する。

■質問の内容
質問1:今日の戦いを勝ち上がって,TOP8に残れた理由は
質問2:プレイヤーとしての自分の長所は
質問3:TOP8に残っているプレイヤーの中で最大のライバルは
質問4:試合を見てくれている人たちへのメッセージ


■JDCR選手
質問1への回答:
 自分にとっての最大の敵は日本のノビさんだと思っていたので,ノビさんのドラグノフに対して徹底的に対策をして,そして実際に勝てました。自分もドラグノフを使っていたので,対策をしているうちにノビさんの狙っているプレイが分かるようになったのが大きいですね。自分にはなかったノビさんのいい点も吸収することもできたので,とてもいい勉強になったと思います。

質問2への回答:
 練習をすることと,その成果を出すために体調を整えられること,ですかね。今大会では前日からしっかりと睡眠を取るようにしましたし,試合の前にも仮眠を取ったので,万全の体調でした。

質問3への回答:
 全員がライバルです。本当にみんな強いので一試合も気が抜けないと思います。

質問4への回答:
 私を応援してくださる視聴者のみなさんと,私のスポンサーであるecho foxのために,できるだけ良い結果を出せるよう頑張りますので応援よろしくお願いします。

鉄拳7


■JEOndding選手
質問1への回答:
 ラッキークロエとエディの使い分けが上手くいったからだと思います。

質問2への回答:
 質問1と同じような答えになってしまいますが,相手のキャラクターと自分の使っているキャラクターの相性をしっかりと理解して,より勝ちやすいキャラクター(ラッキークロエ or エディ)を選んで使用できる点だと思います。

質問3への回答:
 普段から対戦していてその強さをよく知っているので,JDCRですね。

質問4への回答:
 EVOという大会で結果を出すことができれば大きな財産になると思うので,頑張って優勝したいです。応援よろしくお願いします。


■Saint選手
質問1への回答:
 家庭用での大会ということで,どのアーケードコントローラを使えば快適にプレイができるのか,レバーやボタンの具合なども含めて,さまざまなコントローラを入念にチェックしました。それがうまくいった理由だと思います。 

質問2への回答:
 集中力ですね。 
 
質問3への回答:
 ライバルはいません! 自分が優勝します!

質問4への回答:
 今回のEVOはPS4版での開催となりましたが,PS4版の鉄拳は,アーケード版(のオフライン時)やSteam版と比べてコマンド入力に対するレスポンスが遅く,ミスが起こりやすいのでプレイヤーとしては大変です。見る側としてもミスの少ないハイレベルな試合のほうが盛り上がると思うので,今後の大会ではもっとよい環境で対戦が行われるようになることに期待しています。

鉄拳7

 「鉄拳7」部門の決勝トーナメントは,日本時間の7月17日,4:30からの開催が予定されている。観戦するには少し辛い時間帯だが,鉄拳シリーズの長い歴史上,かつてない規模のトーナメントの決勝であり,激戦は必至。目の離せない試合の連続となることが予想されるので,ぜひリアルタイムで観戦してほしい。

「Evolution 2017」公式サイト

「EVO2017」記事一覧

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月24日〜09月25日