オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/11/22 12:00

連載

ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」

「すちーむ」ってなぁに?というよい子のみんな集まれー! 「ハロー! Steam広場」は,PCゲームのダウンロード販売サイトSteamでリリースされた気になるタイトルやニュースを,筆者が独断と偏見でピックアップして紹介する,とっても有意義なコーナーだ。毎週欠かさずチェックすれば,大規模セールが始まってもほとんどの対象タイトルがライブラリにあるので,あまり気分が高まらない超越Steamerにジョブチェンジできるかも。

 ハロー!Steam広場 第134回では,牢獄の世界に閉じ込められてしまった剣士が,9人のボスに戦いを挑む「Furi」をメインに紹介しよう。このゲームはイージーでも鬼のような難しさで,アクションゲーム上級者が腕試しにプレイするようなバランスに仕上がっている。このほか,女性用パンツが熱いバトルを繰り広げる「PAN PAN」もお見逃しなく。




イージーでも鬼のような難度。刀と銃でボスラッシュを切り抜ける弾幕アクション「Furi」



 今回はフランスに拠点を置くインディーズ系デベロッパ,THE GAME BAKERSが手掛ける「Furi」を紹介しよう。

 本作は,何かしらの理由で牢獄の世界に閉じ込められてしまった主人公の剣士が,そこから脱出するためにガーディアン達と戦いを繰り広げるアクションゲームだ。キャラクターデザインは,「アフロサムライ」を代表作に持つ漫画家の岡崎能士氏が担当しており,ゲーム内の字幕やボイスまですべて日本語化されているのがすごい。

ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」

 ゲームの舞台となる牢獄の世界には,9つのエリアが存在する。プレイの流れは,各エリアで待ち受けているガーディアンを倒し,次のエリアに進むといった感じで,道すがらパズルを解いたり,雑魚と戦ったりといったことは一切ない。いわゆる“ボスラッシュ”というやつだ。

ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」

 ガーディアンとのバトルは,弾幕攻撃を避けつつ,刀やパルス銃で応戦するという,シューティングゲームのようなプレイフィールになっている。大量の弾幕を視認できるよう,カメラは基本的に俯瞰視点で固定されているのだが,敵の体力が一定まで減ると近接戦闘モードに入り,カメラも3人称視点に切り替わるので,シューティングとアクションを交互にプレイしているような気分が味わえるのもポイントだ。

敵の近接攻撃をタイミング良くガードしたり,刀のチャージ攻撃を当てたりしてスタンした敵を攻撃すると,特殊な剣戟アクションが見られる
ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」

 そんな本作における最大の特徴は,その難度の高さにある。このゲーム,とにかく難しいのだ。ガーディアン達が繰り出すさまざまな攻撃は,そのほとんどが移動するだけでは避けきれない。したがって,一瞬だけ無敵になれる短距離ダッシュや,攻撃を弾き返せる受け流しといったディフェンス系のアクションも駆使する必要がある。ただ,これらは効果時間が一瞬だけなので,使うタイミングが非常にシビアなのだ。

ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」

 そして,本作の難度の高さを象徴するシステムが“残機”である。アクションないしシューティングにおける残機といえば,プレイヤーに対する救済処置であり,残機さえあれば,ある程度の無茶も許される。ところが,本作ではプレイヤーの残機が1つ減ると,敵のHPも全回復するという,鬼のような仕様になっているのだ。もちろん,残機がすべてなくなると,そのエリアの最初からやり直しになる。よって本作では,残機がミスの後ろ盾にはなってくれないのだ。

残機の数は難度で変化する。ノーマルの場合,プレイヤーの残機は3つだ
ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」

 なお,残機はガーディアンにも用意されており,大抵の場合においてプレイヤーよりもその数は多く,最初に対峙するガーディアンですら7機もある。加えて,ガーディアンは残機が1つなくなるたびに行動パターンが凶悪になっていくので,最初のガーディアンで言えば,行動パターンの変化が7回も起こるわけだ。

ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」

 難しい難しいとは繰り返してきたが,行動パターンで動いている以上,なんども繰り返して挑戦し,そのパターンを学習すれば,いずれ勝つことはできるはず。とはいえ,パターンの変化が何度も起こるので,学習すること自体がなかなかに難しい。もうそこは,不屈の精神力で乗り越えるしかないだろう。
 難度選択は用意されているものの,一番やさしいモードでも,普通のアクションゲームでいうハードぐらいの難しさで,ここまでくると一種の試練と言ってしまっていいように思う。まぁ,上級Steamerのキミなら大丈夫だ!(無責任)。このゲームはある種の試練と言ってしまっていい。

ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」

 ゲーム性ばかりを取り上げてきたが,本作はストーリーも秀逸だ。プレイヤーに敵対するガーディアン達にも,それぞれのバックストーリーがあり,物語の末にはどんでん返しが待ち受けている。9人目のガーディアンを倒したあとのスタッフロール後も物語は続くので,本作に挑戦する人は,ぜひその結末を見届けてほしい。


「Furi」Steamストアページ(2900円)




女性用パンツが熱いバトルを繰り広げる,謎のアクションゲーム「PAN PAN」


 「こんなゲームをリリースしたい」という開発者に対して,ユーザーが賛成か反対かを投票できるサービスがGREENLIGHTだ。今回は台湾のインディーズ系デベロッパ,Animu Gameが手掛ける「PAN PAN」を紹介しよう。

ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」

 本作は,女性用パンツが戦いを繰り広げるというアクションゲームである。GREENLIGHTページにあるゲーム概要を簡単にまとめると,本作はパンティーを羽ばたかせて街を飛び回り,敵対するパンティーを見つけたらボコボコにして倒すというゲームのようだ。台湾もなかなかのアレである。

ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」

 登場するパンティー達は,ウエストの両端部分を拳のようにして相手をタコ殴りにしたり,ライフルを撃ったりもできる様子。セーラー服を着ているパンティーも見受けられ,おそらくカスタマイズ要素も充実していそうな雰囲気だ。
 アドベンチャーパートのようなところでは,人間の女の子も登場するようなので,もしかすると彼女達が履いていたパンツが戦うという設定なのかもしれない。ウーロンも大喜びである。

ハロー!Steam広場 第134回:難しいを通り越してもはや試練。ボスラッシュ系弾幕アクション「Furi」

 本作は2017年第1四半期のリリースが予定されており,対応言語には日本語も含まれている。コメント欄を見ると,とくにアジア勢からの熱い支持を得ている様子なので,本作に興味のある人は「いいね」を押しつつ,コメント欄にその熱い思いをぶつけてみよう。


「PAN PAN」GREENLIGHTページ

  • 関連タイトル:

    Steam

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月17日〜08月18日
タイトル評価ランキング
92
82
NieR:Automata (PS4)
82
ARMS (Nintendo Switch)
78
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月