オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[TGS 2015]驚きの遅延0.05フレーム。「ギガクリア・エンジンII」搭載の新世代ゲーマー向けディスプレイをアイ・オー・データ機器が出展
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/09/18 03:02

イベント

[TGS 2015]驚きの遅延0.05フレーム。「ギガクリア・エンジンII」搭載の新世代ゲーマー向けディスプレイをアイ・オー・データ機器が出展

GIGA CRYSTA
 東京ゲームショウ2015に出展したアイ・オー・データ機器が,未発表のディスプレイ製品を展示していた。大きく分けると,「ギガクリア・エンジンII」を採用するゲーマー向けディスプレイ「GIGA CRYSTA」の2機種と,とくにゲーマー向けというわけではないが,4K解像度に対応したディスプレイ2機種となる。


ギガクリア・エンジンII周辺の改良で0.05フレームの超低遅延を実現


 まず,ギガクリア・エンジンII搭載機の新機種だが,具体的な製品名は「LCD-RDT242XPB」と「LCD-RDT272XPB」である。

LCD-RDT272XPB
GIGA CRYSTA

 型番からだいたい想像が付くと思うが,パネルサイズは前者が24インチ,後者が27インチ。搭載される機能はほぼ同じで,解像度が1920×1080ドットというのも共通だ。基本仕様は一世代前のモデルである「LCD-RDT241XPB」「LCD-RDT271XPB」とそれほど変わっていないので,製品概要を知りたい場合は,従来製品の特徴をまとめた記事をチェックしてもらうのもいいだろう。

 さて,ギガクリア・エンジンIIというのは,三菱電機が開発した,俗にいう超解像エンジンである。高度な画像処理を施しつつ表示遅延を0.1フレームに抑えるという高性能で,ゲーマーからの支持が厚かった。三菱電機がディスプレイ事業から撤退した後は,アイ・オー・データ機器が技術供与を受けたという経緯があるのだが,今回展示された2製品では,より低遅延が実現されているというのがポイントだ。

4系統のHDMI入力に対応。別途,DVI,アナログRGB(D-Dub 15ピン)各1系統も用意される
GIGA CRYSTA
 話を聞いてみると,ギガクリア・エンジンII自体は(三菱電機側での開発が終わっているので当たり前ながら)従来から変わっていないものの,アイ・オー・データ機器の開発した周辺チップを新たに採用することで,さらなる高速化を実現できたとのこと。結果,ギガクリア・エンジンII有効時の表示遅延は0.05フレームまで抑え込めているという。
 また,バックライトがフリッカーフリー仕様になったり,D端子が廃されてHDMI端子が4基となったり(※うち1つはMHL 2.2対応)と,イマドキの仕様にブラッシュアップされているのも目を引くところ。これだけHDMI入力があれば,複数の据え置き型ゲーム機やスマートデバイスを接続したいというニーズにも,おおむね応えられるのではなかろうか。

 機能面では,ゲームの暗いシーンを明るめに表示して視認性を上げるという「ナイトクリアモード」の搭載がトピックだ。全体に白っぽくなるので色再現の忠実度は下がるが,ゲームの種類によっては重宝することになると思われる。

LCD-RDT241XPBを使ってナイトクリアモードの設定を表示させたところ
GIGA CRYSTA


4Kディスプレイ2製品は超解像技術に対応


LCD-M4K282XB。下の写真でも分かるとおり。こちらはピボット(90度回転)機能サポートされる
GIGA CRYSTA
GIGA CRYSTA
 4Kディスプレイの新製品は,28インチの「LCD-M4K282XB」と40インチの「LCD-M4K401XVB」だ。どちらも,東京ゲームショウ2014に出展された「LCD-M4K281XB」の後継的な扱いの製品で,ビデオ入力インタフェースは,DisplayPort×1,HDMI×3(※うち1系統は4K@120Hz対応,別の1系統はMHL対応),アナログRGB(D-Sub 15ピン)に刷新されている。メイン画面と子画面をそれぞれの入力に割り当てるピクチャーインピクチャー機能は利用可能な一方,従来製品にあった「1920×1080ドットの画面を4つ同時に表示する機能」は省かれているようだ。

 機能面では,超解像技術の採用によって,「2K映像を4K表示できる」とされているのがポイント。とくに低遅延というわけではないため,ゲームで使える機能とはいえないものの,映像コンテンツに対しては有効だろう。
 面白いのは,搭載されるUSB端子が,3.0Vの電源供給能力を持っていること。会場では40インチモデルであるLCD-M4K401XVBにIntel製のスティックPC「Compute Stick」を接続し,ディスプレイからのUSB給電で動作させるデモが行われていた。

LCD-M4K401XVB。Compute Stick(※写真左下)への給電が行われていた
GIGA CRYSTA

 今回展示された4製品はいずれも10月中には発表となる予定だそうだ。価格は未定ながら,GIGA CRYSTAシリーズの24インチモデルが4万5000円前後,27インチモデルが6万円前後,4Kディスプレイの28インチモデルが7万5000円前後,40インチモデルが10万円を切るくらいになるのではないか,とのことだった。
 低遅延を極めた新GIGA CRYSTAは,さまざまなプラットフォームでアクションゲームをプレイする層にアピールする製品となるだろう。また,HDMI入力で60Hz表示に対応した40インチ4Kディスプレイも面白い位置付けといえる。

 ビジネスデイのみの展示となるため,一般公開日に読者が確認することはできない。その点は注意してほしいが,そう遠くない将来に店頭で確認できるようになるはずなので,気になる人は製品名を覚えておくといいだろう。

アイ・オー・データ機器公式Webサイト


4GamerのTGS 2015特設ページ

  • 関連タイトル:

    GIGA CRYSTA

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月28日〜06月29日
タイトル評価ランキング
88
82
NieR:Automata (PS4)
82
ARMS (Nintendo Switch)
75
鉄拳7 (PS4)
69
2016年12月〜2017年06月