オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
D4: Dark Dreams Don’t Die公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
77
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[TGS 2014]Kinectだけで最後まで遊べる「D4: Dark Dreams Don’t Die」プレイレポート。風変わりな操作を体験してきた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/09/20 13:19

イベント

[TGS 2014]Kinectだけで最後まで遊べる「D4: Dark Dreams Don’t Die」プレイレポート。風変わりな操作を体験してきた

 アクセスゲームズが開発を担当するXbox One専用ソフト「D4: Dark Dreams Don’t Die」が,東京ゲームショウ2014に出展されている。既報のとおり,本作は2014年9月19日に配信が始まったばかりで,特筆すべき点として,Kinectだけで最初から最後まで遊べることが挙げられる。
 Kinectのジャスチャー操作でプレイするミステリーアドベンチャーとはいかなるものなのか。さっそく試遊バージョンを体験してきたので,プレイレポートをお届けしよう。

日本マイクロソフトのブースに設置されている試遊スペース。ソファに座ったままで,ゲームをプレイできる
D4: Dark Dreams Don’t Die

 今回出展されている試遊バージョンは,プレイ時間が3分程度の「アクション」と,同じく10分程度の「アドベンチャー」というモードが用意されている。

 アクションモードには探索要素がなく,飛行機の中でケンカをふっかけてきた男を相手にジェスチャー操作を連続する内容になっている。シーンの進行に合わせて,QTE(クイックタイムイベント)の要領で画面上にジェスチャーが表示されるので,素早く反応すればいい。
 男が襲いかかってきたときは,プレイヤーは腕を横に振ったり,両腕を一緒に上げたりすることで,相手の攻撃を回避することが可能だ。今回の試遊バージョンのラストは,マネキンの足をバットに見立てて,なぜか男が投げてきたボールを打ち返すことになる。もちろん,ここでも野球のバッターのように,思い切りスイングするジェスチャーが要求されるというわけだ。

D4: Dark Dreams Don’t Die D4: Dark Dreams Don’t Die

 アクションにフォーカスしたモードということで,とにかくテンポよく次から次へとジェスチャーが表示されるが,クリアするとプレイヤーの反応速度や精度によってシンクロ度合が判定される。いわゆるスコアのようなものなので,思わず前のめりにディスプレイを凝視してしまうはずだ。

D4: Dark Dreams Don’t Die

 一方,アドベンチャーモードは,主人公のデイビッド・ヤングが浴槽で目を覚ましたシーンでスタートする。彼は,モノに残された記憶を辿って過去に戻る特殊能力を持っており,妻を殺害した犯人を追い求めているという,物語のプロローグが流れた後で,室内を探索することになる。

D4: Dark Dreams Don’t Die

 画面内のアイコンが表示されているポイントが調べられる場所だ。プレイヤーは片手をKinect センサーにかざして,カーソルをポイントに合わせてから手を握る(グラブ)と,何かしらの反応があるといった仕組みだ。このとき,できるだけメリハリをつけて手を握らないと,一発で認識されないことがあったので注意してほしい。
 また,ドアを開閉したり,ファイルのページをめくったり,ノートに線を書いたりするときには,実際にそうした行動をするときのようなジェスチャーが求められる。特定のシーンではプレイヤーが上半身を動かすことで,視点を動かすこともできる。
 こうしたジェスチャーをくり返すことで,主人公との一体感が増していくように感じた。

D4: Dark Dreams Don’t Die

 プレイヤーが左右のこめかみに手を当てるようなポーズをすると,ストーリーを進行させるためのチェックポイントが表示される。これは「ヴィジョン」と呼ばれる機能で,無制限に使えるわけではないが,困ったときに活用するといいだろう。

D4: Dark Dreams Don’t Die

 キーアイテムを調べると,主人公と同居しているアマンダが部屋に飛び込んでくる。このシーンでは,前述のアクションモードのようにジェスチャー操作が連続して表示される。腕を横に動かして,アマンダの攻撃(?)を振り払ったり,飛んでくるモノをかわしたりすれば,アドベンチャーモードはクリアとなる。

D4: Dark Dreams Don’t Die

 今回の試遊バージョンは,冒頭のエピソードからワンシーンだけを遊べるといったものだが,Kinectでの操作だけでなく,独特の世界観とストーリーの一端を垣間見ることもできた。あらためて製品版で,どっぷりと作品の世界に浸りたいと思わせる体験だった。

D4: Dark Dreams Don’t Die

「D4: Dark Dreams Don’t Die」公式サイト


4Gamer「東京ゲームショウ2014」特設サイト

  • 関連タイトル:

    D4: Dark Dreams Don’t Die

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日