※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.3
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
異色のコラボで新たな可能性が広がる
「とある魔術の電脳戦機」
亙 重郎氏インタビュー
注目作の新情報が明らかになったステージイベント
ドラゴンボール ファイターズ
project one-room(仮)
DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation
新作「アイドルマスター ステラステージ」の実機プレイが初公開
「IM@S GAME SHOW 2017」レポート
スマホ向けの新作が続々登場
ポポロクロイス物語
〜ナルシアの涙と妖精の笛
ソード・アート・オンライン
インテグラル・ファクター
VRの進化形?
VRに匂いをもたらす
「VAQSO VR」
VR HMD+サイクルトレーナーの
「Zwift VR」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア公式サイトへ
読者の評価
76
投稿数:339
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「新生FFXIV」の韓国におけるサービス発表会が開催。プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が意気込みを語る
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/10/15 15:42

ニュース

「新生FFXIV」の韓国におけるサービス発表会が開催。プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が意気込みを語る

FFXIV | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
 スクウェア・エニックスが,MMORPG「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」(以下,新生FFXIV)のサービスを韓国で開始すると発表したのは先日お伝えした通りだが,その韓国における発表会がActoz Softの主催で2014年10月14日にソウルで開催された。

 この発表会では,新生FFXIVのプロデューサー兼ディレクターである吉田直樹氏と,Actoz Softのオンライン総括副社長であるBae,Sung Gon氏が登壇した。

FFXIV | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
「新生FFXIV」プロデューサー兼ディレクター 吉田直樹氏
FFXIV | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
Actoz Soft オンライン総括副社長 Bae,Sung Gon氏

 吉田氏は「本作はFFフランチャイズの27年間のノウハウを集約したもので,どのオンラインゲームよりも豊富なコンテンツが用意された,個性的でバランスのとれたゲームです。3〜4か月ごとに,大規模なアップデートを通じて継続的に多くのプレイヤーが楽しめるコンテンツを提供しているので,韓国でのサービスにも大きな期待と関心をお願いします」とアピールした。

 Bae氏は本作のサービスの方向性とスケジュール,課金形態などについて発表した。それによると,2015年春または夏ごろのクローズドβテストを経て,最終的なチェックの後に正式サービスが開始される予定で,FFシリーズの伝統と新生FFXIV固有のゲーム性を維持しながら,韓国のプレイヤーが楽しめるようなローカライズが行われるとのこと。また,韓国専用のサーバーを使用することで,快適なネットワーク環境下でゲームを楽しめるようにするという。
 課金方式は,グローバルサービスと同じ定額制のほか,使用時間による「定量制」モデルも用意されるとのこと。韓国のゲーム文化であるPCバンでの利用者に対する施策も検討中とのことだ。

 新生FFXIVは11月20日から23日まで韓国の釜山で開催されるG-STAR 2014に出展予定で,現地からは吉田氏によるプロデューサーレターLIVEの配信も予定されている。

FFXIV | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア
FFXIV | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア FFXIV | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア

 今回の発表会では,プレゼンテーションにおける吉田氏の自信あふれる姿が印象的で,会場からも大きな拍手が湧いていた。以下に,吉田氏の韓国メディア合同インタビューから興味深い部分を抜き出して掲載しよう。

――新生FFXIVの韓国のおけるパートナーとして,Actoz Softを選択した理由は何でしょうか。

吉田氏:
 ゲームへの情熱があったからです。もちろんビジネスの側面も無いわけではありませんが,私達がActoz Softさんを高く評価した大きな理由は,サービスを手がけたいという強い意志でした。担当者のみなさんが新生FFXIVをプレイしていて,一部のスタッフは非常に詳細な知識を持っていましたから。
 MMORPGの運営においては,プレイヤーが望んでいることや困っていることを明確に判断できる能力と,ゲームへの理解が必要なんです。

――韓国サーバー専用アイテムも置く考えはありますか。

吉田氏:
 韓国のプレイヤーがそれを希望するなら,Actoz Softさんと相談します。ただ,韓国風のものをそのまま入れるのではなく,FFの世界観に合うようにアレンジして導入することになるでしょう。私たちは運営を非常に重視していて,何かによって全体の世界観が崩壊しないように気をつけています。

――個人的に韓国産MMORPGをプレイしたことはありますか。

吉田氏:
 「リネージュ 〜Eternal Life〜」「リネージュII〜Epic Tale of Aden〜」「TERA The Exiled Realm of Arborea」「ブレイドアンドソウル」などをプレイしたことがありますし,「ArcheAge」も2週間ほどプレイしてみました。ですが,MMORPGを韓国産,日本産,北米産などと区別することに意味はないと思います。MMORPGを開発するプロデューサーであれば,誰でもお互いにライバルだと考えているんじゃないでしょうか(笑)。

――今後,新生FFXIVを進出させたい国はどこでしょう。

吉田氏:
 どの国というのではなく,多くの国で楽しんでほしいと思っていますが,まず考えているのはロシア,中南米,台湾などです。ただ,そこに無理をして進出するのではなく,Actoz Softさんのような情熱を持ったパートナーがいるところを優先したいですね。
 今回,G-STAR 2014に新生FFXIVを出展できて非常に嬉しく思っていますが,個人的な希望を言わせてもらうと,新生FFXIVのファンフェスティバルをドバイで開催して,石油王たちをゲームに呼び込むのもいいですね(笑)。

FFXIV | ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月24日〜09月25日