オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Tree of Savior公式サイトへ
読者の評価
52
投稿数:42
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[G-Star 2014]「Tree of Savior」開発インタビュー。80種のクラスを揃えた期待の新作MMORPGはあまりにもユニークな内容だった
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/11/22 00:00

インタビュー

[G-Star 2014]「Tree of Savior」開発インタビュー。80種のクラスを揃えた期待の新作MMORPGはあまりにもユニークな内容だった

 プサンで開催中のG-Star 2014会場で,期待の新作MMORPG「Tree of Savior」について,開発元のIMC Gamesと話をする機会を得た。同作のプロデューサー兼ディレクターであるキム・セヨン氏とIMC Games代表キム・ハッキュ氏にゲームの話をいろいろ聞いたので,その模様をお伝えしたい。80ものクラスを揃えるという本作は,果たして何を目指したゲームなのだろうか。

関連記事:
「Tree of Savior」の最新プロモーションムービーを入手。ドットグラフィックスで描かれる期待のアクションMMORPGは現在こうなっている

Tree of Savior

4Gamer
 本日はよろしくお願いします。
 まず,お二人はTree of Saviorではどういう役割分担になっているのでしょうか。

IMC Games代表 キム・ハッキュ氏
キム・ハッキュ氏
 最初は技術的な部分を見ていたのですが,最近ではアドバイスするくらいですね。基本的に,プロデューサーとディレクターの部分は彼(キム・セヨン氏)に任せています。

4Gamer
 どうして,このゲームを作ろうと思ったのでしょうか。

キム・セヨン氏
 最近は画面を見てもどのゲームか分からないものが多かったので,画面を見ただけで「あのゲームだ」と分かるような作品を作りたいと思いました。ハイエンドなゲームが増えてきて,グラフィックスそのものは綺麗になりましたけど,ゲームの内容自体は大差ないものが多いという気持ちもありました。

4Gamer
 なるほど。

「Tree of Savior」プロデューサー兼ディレクター キム・セヨン氏
キム・セヨン氏
 ゲーム自体はクラシックに,サーバーなどはハイエンドにという方向で作ったのが本作になります。実は本作では,プレイヤーの行動のほとんどがデータベースに記録されているんですよ。

4Gamer
 つまり,プレイヤーのとった行動がいろいろな意味を持ってくる可能性があるわけですね。しかし,「ゲーム部分はクラシックに」とのことですが,アクション要素はどうなんでしょう。

キム・セヨン氏
 アクション性は少しありますが,あまり大きなものではありません。アクション中心のゲームではなくて,ある程度の緊張感を維持するためにアクション性を盛り込んでいる感じです。

4Gamer
 日本では本作を「新しい世代のラグナロクオンライン」だと捉えている人が多いのですが,ラグナロクオンラインを作った当事者から見て,どうですか?

Tree of Savior
キム・ハッキュ氏
 ラグナロクオンラインをずっとやっていた人達だと,もうすることがあまりないでしょうから,そういう人達にこのゲームをプレイしてほしいと思っています。

キム・セヨン氏
 個人的にはラグナロクよりも,以前に作った「アクロス」というゲームに近いと思っています。キャラクターが跳ぶとか,方向キーで移動するといったシステムの部分とか,実際に博物館にあるようなアイテムを使うとか,世界観などが近いんです。

キム・ハッキュ氏
 アクロスはあまりプレイヤーがいなかったので,知られていないかもしれませんが,確かにストーリーなどもアクロスに似ていますね。

4Gamer
 本作のストーリーはどうなっているんでしょうか。背景的な部分を教えてください。

Tree of Savior

キム・ハッキュ氏
 モンスターやマップを見ると分かるように,植物が非常に多いんです。女神が消えて植物に覆われてしまった世界での冒険を描いています。

4Gamer
 それがタイトルである,Tree of Saviorにつながっているのですね。

キム・セヨン氏
 はい。ゲーム内にすごく大きな樹があり,その秘密を探していく物語になっています。

4Gamer
 女神が消えたということなのですが,ムービーに出てくる羽根の生えた人は女神ではないのですか?

キム・セヨン氏
 それは運命の女神ですね。ゲーム内で予言をしてプレイヤーに試練を与える存在です。リトアニアの神話に由来するものですが,ゲーム内にはいろいろな女神が出てきます。

4Gamer
 消えたのは女神のうちの一人ということですね。では,改めて本作の特徴を教えてもらえますか。

キム・セヨン氏
 Tree of Saviorは3つの特徴を持っています。まず,ほかのゲームとは違った見ばえになっていること,選択肢や楽しめる要素が多いこと,そしてプレイヤーがなんでもできるくらいに自由度が高いことです。
 簡単に説明するのは難しいのですが,MMORPGの基本を作りたかったのです。ゲームの中でいろんな人達がいろんな役割を果たせるようにしたかったというのもありますね。クラスが80種類あるのも,いろいろな役割を作りたかったからです。

4Gamer
 その80種類のクラスというのは,本作の大きな特徴だと思うのですが,大きな分類はありますか? どういう構成になっているのでしょうか。

キム・セヨン氏
 クラスには,ナイトウィザードアーチャーヒーラーといった基本の4種類があります。それぞれに20種類のクラスがあって,合計で80種類になっています。

4Gamer
 なるほど。その中で,ほかのゲームにはまずないだろうというようなクラスはありますか。

キム・セヨン氏
 本当に聞いたことのないようなものがたくさんあると思いますよ。例えば,「パイドパイパー」ですね。これは「ハーメルンの笛吹き」のように,笛を吹いてモンスターを操るクラスです。

4Gamer
 ムービーにも出ていましたね。笛を吹いてモンスターをたくさん連れていたのは印象的でした。

「パイドパイパー」
Tree of Savior

キム・セヨン氏
 このクラスは笛を吹くだけで,攻撃などはとくにできません。

4Gamer
 ちなみに,このクラスはさっきの4分類ではどれにあたるのでしょうか。ヒーラー系ですか。

キム・セヨン氏
 実は弓の系列です。笛を使ってモンスターを引き連れて移動できますが,それだけではなくて,モンスターに攻撃させたりなどの操作ができます。

4Gamer
 ほかには何かありますか。

キム・セヨン氏
 「コルセア」はどうでしょうか。このキャラクターは海賊のリーダーで,このクラスがパーティを作ると,パーティ全員が海賊になります。

4Gamer
 面白いですね。ほかはどうですか。

キム・セヨン氏
 そうですね。例えば「パラディン」は,戦えるヒーラーです。スキルを使って丸い光を作り出すと,その中に敵が入ってこれないのですが,内側からは攻撃できるため,非常に便利です。
 また「リンカー」は敵同士をつなぐことができるクラスです。リンクしたモンスターは,一匹を攻撃すると全体にダメージを与えることができます。また,味方同士をつなぐと,パーティでHPやバフを共有できるようになります。
 そのほか,「シノビ」は分身の術を使った攻撃をしたり,「ソーマタージ」は身体の一部を変化させたりできます。

「パラディン」
Tree of Savior
「リンカー」
Tree of Savior

4Gamer
 身体をどのように変化させるのですか。

キム・セヨン氏
 例えば,手を大きくすると攻撃力が上がったり,頭を大きくすると知能が上がったりするわけです。敵を小さくして弱くすることもできますので,狩りでは非常に役に立つクラスです。

4Gamer
 大きくしたり小さくしたりするクラスですか。敵を大きくすることもできるのでしょうか。

キム・セヨン氏
 はい。どんどん大きくしていくと最後には破裂してしまいます。

4Gamer
 なるほど。モンスターを大きくしてパイドパイパーで操作するなんてのもできそうですね。ボスモンスターも小さくできたりするのでしょうか。

キム・セヨン氏
 現在はボスも小さくできますが,今後なんらかの制限を入れる予定です。

4Gamer
 ほかになにか特徴的なクラスがあったら,教えてください。

キム・セヨン氏
 「マーミロ」は,魚人という設定で,魚の頭をかぶるとステータスが上がるクラスです。近距離の戦士なのですが,離れたところから飛び込んで攻撃を行うこともできます。その分リスクもありますが。
 「センチュリオン」は,パーティメンバーを操ることができるクラスです。フォーメーションを組んで移動や攻撃を行えます。いろいろなフォーメーションがあり,数字の書かれたマス目を2つクリックすると,メンバーの場所を入れ替えることができます。

「マーミロ」
Tree of Savior

4Gamer
 操られている間,ほかのプレイヤーはなにもできないのですか?

キム・セヨン氏
 プレイヤーが操作すれば,フォーメーションから抜けますので,独自に攻撃することもできますよ。現在,実際に使われていた陣形を再現できるようにしようとしているところです。
 ほかにも「ドルイド」は植物を操るほか,モンスターに変身することができますよ。「ティルトルビー」というクラスは,リトアニアに実際に存在する職業で,木で像を作ります。ゲーム内では神の像を使ってワープができるのですが,手元にないときにはこのクラスが像を作ってワープできます。
 「オラクル」は,予知できるクラスです。モンスターが攻撃をする場所が事前に分かったり,そのモンスターを倒すとどんなアイテムが出るかが表示されたりします。そのモンスターが気に入らなかったら,別のモンスターに変更することもできます。
 そのほか,幽体離脱をするようなクラスもありますよ(笑)。開発者ブログにいろいろ掲載されていますので参考にしてください。

「センチュリオン」
Tree of Savior

「Tree of Savior」開発者ブログ(英語)


4Gamer
 本当にたくさんのクラスがありますね。

キム・セヨン氏
 攻撃方法が違うだけでなく,いろんな役割を果たせるように考えてありますので,楽しんでいただけると思っています。
 先ほどコルセアがいるとパーティ全員が海賊になると紹介しましたが,同じ海賊でも,宝物を埋めるとか,海賊旗を使うとか,それぞれの役割をこなすようになります。

4Gamer
 そういうのも楽しそうですね。

キム・セヨン氏
 ボス戦も「この組み合わせでないと倒せない」といったことはありません。いろいろな組み合わせで倒せます。

4Gamer
 しかし,こういったさまざまなクラスはどうやって思いつくんですか。みんなで考えて,持ち寄ったとか。

キム・セヨン氏
 基本的に私一人で考えたものです。どうやったら面白くなるかと,いつも考えています。

4Gamer
 バランスを取るのは難しくありませんか。

キム・セヨン氏
 バランスの問題は,例えば10個のクラスが同じ役割をしているときに出るものであり,本作では最初から役割が違いますので,一般的なバランスの論議は成り立たないのではないかと思います。

Tree of Savior

キム・ハッキュ氏
 どれも同じ攻撃をするのであれば,みんな最も強いクラスを選ぶでしょうが,本当にさまざまな役割がありますので,バランスの問題は出てこないと思います。

4Gamer
 なるほど。

キム・ハッキュ氏
 いろいろなクラスがあり,現在はそれらのクラスを組み合わせて,どうやってさまざまな状況を解決していくかを考えているところです。開発者の想定を超えるような,スーパープレイが出てくることに期待しています。ユーザーがどうやってプレイしてくれるのか,本当に楽しみなんですよ。

4Gamer
 ゲームの進行は,MMOフィールドで行われるのでしょうか。それともインスタンスが中心なのでしょうか。

キム・ハッキュ氏
 基本的に,ほとんどがMMOフィールドで行われます。クエストのボスについてはインスタンス扱いですが,フィールドのボスはMMOエリアにいますので,大勢で戦うこともできます。

4Gamer
 戦闘以外の要素について教えていただけますか。

キム・セヨン氏
 クローズドβテストの段階では,戦闘に特化して実装しています。いろんなことを考えていますが,基本的なところを整えてからほかの部分を加えていく予定です。

4Gamer
 分かりました。現在の完成度はどれくらいでしょうか。

キム・ハッキュ氏
 CBTに向けたものはすでに完成していますので,あとはその反響を見て調整していきます。

4Gamer
 今後さらにクラスが増えたりするのでしょうか。

キム・ハッキュ氏
 当面はクラスを増やすことよりも,現在ある80クラスがそれぞれの役割を十分発揮できるようにすることに注力したいと思っています。

4Gamer
 ところで,本作の韓国内でのサービスはNexon Koreaが担当すると発表されましたが,日本サービスについてはどうなのでしょう。

キム・ハッキュ氏
 まだ決定していませんが,韓国と同様にネクソンになる可能性が高そうです。

4Gamer
 なるほど。では,最後に本作に期待している4Gamer読者に向けてなにかコメントをいただけますか。

キム・セヨン氏
 日本の方々に大きな期待を受けているので,そういった人達に楽しんでもらえるようなゲームにしていきたいです。

キム・ハッキュ氏
 多くの方に期待されていて光栄に思っています。日本でも多くの方に楽しんでもらえるように頑張ります。

4Gamer
 本日はありがとうございました。

  • 関連タイトル:

    Tree of Savior

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月28日〜05月29日