※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.3
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
異色のコラボで新たな可能性が広がる
「とある魔術の電脳戦機」
亙 重郎氏インタビュー
注目作の新情報が明らかになったステージイベント
ドラゴンボール ファイターズ
project one-room(仮)
DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation
新作「アイドルマスター ステラステージ」の実機プレイが初公開
「IM@S GAME SHOW 2017」レポート
スマホ向けの新作が続々登場
ポポロクロイス物語
〜ナルシアの涙と妖精の笛
ソード・アート・オンライン
インテグラル・ファクター
VRの進化形?
VRに匂いをもたらす
「VAQSO VR」
VR HMD+サイクルトレーナーの
「Zwift VR」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/07/15 17:00

ニュース

ZOWIE GEAR,初のオリジナルマウス「EC1」「EC2」を発表。堅実な印象の右手用マウスが2010年8月に全世界で発売

 ゲーマー向け周辺機器ブランドであるZOWIE GEARは,オリジナルマウスとして同ブランド初の製品となる「EC1」「EC2」を2010年8月中旬に全世界で発売すると発表した。価格は未定。
 ZOWIE GEARの公式サイトにて,世界的プロゲーマーEmil “HeatoN” Christenssen氏が開発に関わる新製品のティザーバナーが公開されていたことは,2010年6月にお伝えしたが,その正体が今回発表されたEC1&EC2というわけだ。

ZOWIE GEAR
EC1-Black(EC1ブラック)
ZOWIE GEAR
EC1-White(EC1ホワイト)


サイズと表面コーティングの違いで全4モデルを展開


ZOWIE GEAR
 EC1とEC2はいずれも,光学センサーを搭載した右手用のワイヤードマウスである。両製品の違いは本体サイズにあり,前者が62〜70(W)×128(D)×43(H)mmに対し,後者は58〜65(W)×120(D)×40(H)mm。一般的なゲーマー向けマウス大のEC1と,どちらかといえば小型な部類に属するEC2,といったところか。

 面白いのは,EC1とEC2それぞれに,表面加工の異なる2モデルが用意されること。冒頭でEC1-BlackとEC1-Whiteの写真を掲載したが,黒モデルはラバーコーティング,白モデルはクリアコーティングが施されているのだ。ラバーコーティングされた黒モデルはグリップしやすく,クリアコーティングされた白モデルは手のひらに汗をかいても滑りにくいと,ZOWIE GEARは両者の違いをアピールしている。
 つまり,EC1&EC2は,サイズと表面のコーティングによって4モデルが用意された製品,というわけなのだ。

それぞれ写真左がEC2,写真右がEC1
ZOWIE GEAR ZOWIE GEAR

光学式エンコーダーを採用したマウスホイール
ZOWIE GEAR
 なお,このほか搭載するボタンの数や配置,センサーユニットなどはEC1とEC2で共通。まずボタンは,左右メイン,左サイド×2,センタークリックボタン機能付きスクロールホイールの5つとなる。左右メインボタンは上面のカバーと一体成形だ。ホイールには独自の回転メカニズムを採用することで,耐久性と作動精度の向上を実現したという。

 搭載されている光学センサーは,トラッキング速度40IPS,最大加速度15Gという仕様。トラッキング解像度は500/1000/2000DPIをマウス底面のスイッチで切り替え可能だ。EC1&EC2がHeatoN氏との共同開発であることからなんとなく予想が付いた人もいると思うが,基本的にはローセンシ(から,ミドルセンシの一部)のプレイヤーをターゲットにした製品といえそうだ。
 また,ポーリングレートは1000Hz固定というなかなか潔い仕様となっている。

ZOWIE GEAR
解像度切り替えスイッチは,マウス底面に用意されている
ZOWIE GEAR
PCに接続すればドライバのインストールなしで動作する
リフトオフディスタンスは公称1.5±0.2mmと短め。EC1&EC2専用マウスセンサーレンズの開発には,12か月の期間を費やしたとのことだ
ZOWIE GEAR ZOWIE GEAR

ちなみに,ZOWIE GEARは「レーザーセンサー技術の抱える問題点を改善する方法を研究し続ける」と言っているので,今後ZOWIE GEARから登場する製品にレーザーセンサーが使われないというわけではない
ZOWIE GEAR
 EC1とEC2で光学センサーを採用した理由は,ズバリ「レーザーセンサーでは,ZOWIE GEARによるテストをパスできなかったから」とのこと。
 布製マウスパッドを使用していると,マウスとの摩擦による静電気によって繊維構造が少しずつ破壊され,その微粒子がセンサーのレンズに付着する。このとき,微粒子に反応しやすいレーザーセンサーの挙動が不正確になってしまうというのが,ZOWIE GEARの言い分だ。

ZOWIE GEAR
 誤解を恐れずにまとめるなら,「Razer DeathAdder」に「SteelSeries Xai Laser」の丸みを加えて,ローセンシに振った製品といったところだろうか。
 ちなみに下で引用したのは,ZOWIE GEARの販売代理店であるマスタードシードが和訳したという,HeatoN氏のコメント。「余計な付加機能はいらないから,とにかく使いやすいマウスが欲しい」という人なら,期待しつつ続報を待ってみる価値がありそうだ。

※以下,マスタードシードによる和訳

共同開発者Emil "HeatoN" Christensenのコメント:


「プロゲーマーとして活動してきたこの10年間,eスポーツ用の理想のマウスを開発したい,と常日頃思っていました。eスポーツゲーマーにとって,ゲーミングデバイスとは,いかなる状況にあっても正常動作してゲーマーのプレイを支えてくれる,信頼に値する製品であるべきです。ゲーミングマウスは,ゲーマーの皆さんが最も重視するデバイスでしょう。だからこそ,信頼に値する製品であることが求められるのです。私たちは,動作の正確さ,安定性,耐久性,そして快適さを重視してマウスを開発しました。製品の出来の良し悪しについて,言い訳するつもりはありません。本当に優れたものであるかどうかは,あなた自身で確かめて下さい」

●EC1,EC2の主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • 接続インタフェース:USB
  • ボタン:左右メイン,左サイド×2,センタークリックボタン機能付きスクロールホイール
  • トラッキング速度:40IPS
  • フレームレート:6500fps
  • 最大加速度:15G
  • トラッキング解像度:500/1000/2000DPI(※マウス底面のスイッチで切り替え可能)
  • USBデータバス:未公開
  • USBポーリングレート(レポートレート):1000Hz
  • スリープモード:未公開
  • リフトオフディスタンス:1.5mm
  • ファームウェアアップデート:未公開
  • マクロ登録機能:未公開
  • 本体サイズ:62〜70(W)×128(D)×43(H)mm(EC1),
    58〜65(W)×120(D)×40(H)mm(EC2)
  • 重量:未公開
  • マウスソール:未公開
  • ケーブル長:約2m
  • 対応OS:Windows 7/Vista/XP/2000,Mac OS X 10.2以降


ZOWIE GEAR:http://www.zowiegear.com/
  • 関連タイトル:

    ZOWIE(旧称:ZOWIE GEAR)

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月24日〜09月25日