オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア公式サイトへ
読者の評価
48
投稿数:12
レビューを投稿する
海外での評価
78
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/09/01 23:13

イベント

ヴァナ・ディールで親しんだ楽曲をライブで楽しむ。FF展「SQEX MUSIC SPECIAL/LIVE STAGE FINAL FANTASY XI Presents 谷岡久美&Nanaa Mihgo'sライブステージ」をレポート

 東京・渋谷の渋谷ヒカリエ ヒカリエホールで開催中の「FINAL FANTASY展」では,さまざまなステージイベントが開催されるが,これまで報じてきたようなトークショーだけでなくライブも行われている。
 本日(2012年9月1日)行われた「SQEX MUSIC SPECIAL/LIVE STAGE FINAL FANTASY XI Presents 谷岡久美&Nanaa Mihgo'sライブステージ」は,「ファイナルファンタジーXI」(以下,FFXI)のサウンドを手がけた谷岡久美さんと,水田直志氏率いるユニット「Nanaa Mihgo's」(ナナーミーゴス)の2部構成のライブだ。ここでは,その模様をお伝えしたい。

 ライブ前半は,谷岡さんのピアノソロのステージだった。VANA★FEST 2012のTシャツ姿でステージに登場した谷岡さんは,FFXIプレイヤーにはおなじみの「Vana'diel March」のピアノアレンジメドレーを聴かせてくれた。

谷岡久美さんは,植松伸夫氏や後に登場する水田直志氏とともに,FFXIの多くの楽曲を手がけたアーティストだ

「FINAL FANTASY展」公式サイト


 1曲目演奏後の拍手に応える谷岡さんの横に登場したのは,Buccoことスクウェア・エニックスFFXIコミュニティチームの室内俊夫氏。ライブにおける谷岡さんとの掛け合いに定評のある室内氏が,ライブ前半のMCを務めた。
 このライブには事前のセットリストが存在せず,あらかじめTwitterで募ったリクエストをその場で演奏するという,企画的な内容で行われた。どんな曲を演奏するのか,谷岡さんには知らされておらず,本人は苦笑いしながら演奏に臨んでいた。

(左)ファンにとっては“Bucco”の愛称のほうが知られているかもしれない室内氏。谷岡さんとの掛け合いも慣れたもの。(右)谷岡さんが演奏中,困ってチラチラと室内氏の顔をうかがうシーンも。「谷岡さんはやればできる子」と励まされていた
FINAL FANTASY XIV

 リクエスト1曲目の「Voyager」を無難に演奏したのち,続いて「さまざまなバトル曲を即興メドレーで」,というとんでもないムチャ振りが。あきれる谷岡さんだったが,「演奏に疲れたら,戦闘不能の曲で次へつないでください」という室内氏の指示のもと,演奏をスタート。「Awakening」(闇の王戦),「Belief」(エルドナーシュ戦),「A Realm of Emptiness」(プロマシア戦),「Ragnarok」(アレキサンダー戦),「Goddess Divine」(リリス戦),「Shinryu」(神竜戦)の6曲を見事に演奏してみせた。いずれも名曲なので,グッときた来場者も多かったのではないだろうか。

室内氏のたび重なるムチャ振りに,苦笑いが止まらない谷岡さん。それでも,なんとか演奏してしまう姿に,大きな拍手が贈られた
 次のパートでは,ムチャ振りにさらに拍車がかかり,既存の楽曲をその場でアレンジして演奏するという内容に。前回のヴァナフェスで好評だったという「Gustaberg」の盆踊り風アレンジを試しに演奏したが,「同曲のハワイアン風のアレンジ」という室内氏のリクエストには,さすがにそれは無理とのこと。そこで,演歌風のGustabergを苦悩しながらも演奏し,調子が出たのか,チンチチこと「天涼囃子」のノリで「Awakening音頭」を。さらに「Ronfaure」を沖縄風の「ろんふぉ〜れ」にアレンジして演奏するなど,客席の笑いと拍手を誘っていた。

 続いて「Jeuno -Starlight Celebration-」「Selbina」「Mhaura」といったリクエストを演奏し,「最後に1曲ぐらいは真面目にやろう」という室内氏の言葉で,名曲「Mog House」をしっとりと聴かせた。以上のように,終始アットホームな雰囲気で谷岡さんのパートは終了となった。

写真左より,伊賀さん,岡部さん,水田さんのNanaa Mihgo's。今年のFFXI10周年で結成されたユニットだ

 続くライブの後半は,Nanaa Mihgo'sによる演奏がスタート。
 前半とはうって変わり,岡部磨知さんのバイオリン,伊賀拓郎さんのピアノ&シンセサイザー,水田直志さんのベースという,バンド形式での演奏だ。
 1曲目の「Fighters of the Crystal」から,背後のスクリーンにゲーム中のシーンが映し出され,演奏を盛り上げた。1曲目ですでに約11分という長い曲を演奏した3人。MCでは「今日はトークは少なめに。2分以内でと言われました(笑)」と岡部さんが明かし,その言葉どおりの演奏中心のライブとなった。


 2曲目の「Kazham」は,メンバーのソロパートも交えた,アップテンポなリアレンジバージョンで,新鮮な気分で楽しめたファンも多かったはずだ。
 3曲目は「Selbina」。前半の谷岡さんのライブでも少し演奏されたが,こちらは約4分の演奏で,オリジナル同様,バイオリンの旋律が美しい。
 最後の曲となったのは,Nanaa Mihgo'sのライブの定番である「Rolanberry Fields」。水田氏はもちろん「ローランベリーフィールズ」と曲を紹介し,客席の一部からは小さな笑い声も漏れていた。スクリーンにはCrowlerやDrooling Daisyが蠢くロランベリー高地のシーンが映し出され,ライブのトリにふさわしい美しい旋律に,来場者の誰もが聞きほれていた。

 前半と後半でかなり雰囲気の違うライブだったが,同じFFXIの楽曲を違う形で楽しめるという,ファンイベントならではの素晴らしい構成だった。FFシリーズが25周年を迎えるとともに,FFXIも今年10周年を迎えた。次のライブも,近いうちに楽しめるのではないだろうか。

ステージの出口では,ライブをあとにするファンの前で,出演者がお見送り
  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY XIV

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY XIII

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIII

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY BRIGADE BREAK THE SEAL

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月24日〜02月25日