オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/12/24 13:01

ニュース

DHARMAPOINT,2980円のゲーマー向けマウス「DRM26」を1月下旬に発売

 シグマA・P・Oシステム販売が展開するゲーマー向け周辺機器ブランドであるDHARMAPOINTは,エントリーユーザー向けとされるワイヤードマウス「DHARMA OPTICAL GAMING MOUSE(DRM26)」(以下,DRM26)を発表した。2010年1月29日に予想実売価格2980円前後で発売予定だ。

2色で展開されるDRM26。左は「ブラック」とされる「DRM26BK」,右は「メタルブラック」とされる「DRM26MB」,それぞれのイメージ
DHARMAPOINT DHARMAPOINT

本体左サイド,サイドボタンの下部に,比較的広い面積でラバーグリップが貼られている
DHARMAPOINT
 左右対称のデザインを採用しつつ,左右メインボタンに,センタークリック機能付きスクロールホイール,左サイドボタン×2の5ボタン仕様を採用することで,右手用として訴求されるDRM26。
 搭載するセンサーのスペックは,トラッキング速度130IPS,最大加速度30Gで,トラッキング解像度800CPIと,明らかにローセンシプレイヤー向けなのだが,実際,天板と一体化した左右メインボタンはラバーコートされ,さらに,左右両サイドにはラバーグリップが貼られているなど,高速に動かしたときのグリップ性能にかなりの配慮が見られるのが特徴といえる。

 面白いのは,右クリックとセンタークリックの同時長押しにより,トラッキング解像度を1600CPIに変更可能で,Windowsを再起動するか,DRM26を接続し直すかするまでの間に限り,この設定で利用できるようになっていること。この切り替え機能がハードウェア的に実現されているのか,ソフトウェア的な補間によるものなのかは明らかになっていないが,ミドルセンシのプレイヤーも,なんとか対象ユーザーには含まれそうである。

DHARMAPOINT
 メインボタンにオムロン製スイッチの採用が謳われていたり,ソールにはゲーマー向けマウスで定番の「PTFE」(ポリテトラフルオロエチレン)素材が使われていたりと,細部までしっかり作られているように見えるのも好印象。実際の使用感次第では,低価格なゲーマー向けマウスの本命になるかもしれず,約1か月後の発売が楽しみな製品が登場してきたと言えそうだ。

●DHARMA OPTICAL GAMING MOUSE(DRM26)の主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • 接続インタフェース:USB
  • ボタン数:左右メイン,センタークリックボタン機能付きスクロールホイール,左サイドボタン×2
  • トラッキングスピード:最大130IPS
  • フレームレート:未公開
  • トラッキング解像度:800CPI(一時的に1600CPIへの変更が可能)
  • レポートレート(ポーリングレート):未公開
  • 最大加速度:30G
  • 画像処理能力:未公開
  • リフトオフディスタンス:未公開
  • スリープモード:なし
  • 内蔵フラッシュメモリ:未公開
  • 本体サイズ:60(W)×115(D)×39(H)mm
  • 重量:約110g(ケーブル含む)
  • マウスソール:PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)
  • ケーブル長:170cm
  • 対応OS:Windows XP/Vista/7
  • 予想実売価格:2980円前後
  • 発売日:2010年1月29日
  • 関連タイトル:

    DHARMAPOINT

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日