オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Unigine,8KとVRがターゲットのGPUベンチマーク「Superposition」をリリース
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/04/12 12:36

ニュース

Unigine,8KとVRがターゲットのGPUベンチマーク「Superposition」をリリース

ベンチマーク
 欧州時間2017年4月12日,ロシアのデベロッパであるUnigineは,新しいグラフィックスベンチマークソフト「Superposition」をリリースした。8K解像度(7680×4320ドット)とVRをターゲットとし,ゲームエンジン「UNIGINE 2」をベースとするSuperpositionは,リアルタイムのレイトレーシングアルゴリズムによって,リアルな光と影を表現できるというのが特徴だ。おそらく,一定レベルの物理ベースレンダリング(Phisically Based Rendering)をサポートしているものと思われる。


 Superpositionの対応OSはWindows 10,8.x,7およびLinuxで,Oculus VRの「Rift」,HTCの「Vive」といったVRヘッドマウントディスプレイと組み合わせた場合にはVRのテストも行える。
 ラインナップは無償版である「Basic」と,19.95ドルの有料版となる「Advanced」,995ドルで商用利用の可能な「Professional」の3モデル展開だ。

 さて,そんなSuperstitionのデモシークエンスは,「1950年代風の研究室を舞台として,行方不明になった物理学者を捜索する」というストーリーになっている。下に示したのは8Kのスクリーンショットなので,開くときは注意してほしいが,これを60fpsや120fpsで動作させるには,どれほどGPU性能が必要なのだろうか……。

 Unigineが「次世代のGPUを対象とするストレステスト」と主張しているように,Superpositionでは,非常に高負荷のテストが可能なようだ。たとえばテスト解像度は,最大8K解像度(7680×4320ドット)を設定できるという。

8K解像度でレンダリングしたサンプル画像。サムネイルをクリックすると,7680×4320ドットの画像をダウンロードするので,注意してほしい
ベンチマーク
ベンチマーク

 またUnigineは,「3DMark」のようなベンチマークテスト専用のエンジンを使うものとは異なり,Superpositionが,ゲーム開発に使えるエンジンを用いて開発したものであることを強調している。実際Superpositionでユーザーは,テストシークエンスの実行を見守るだけでなく,ミニゲーム的に画面内のオブジェクトを操作することもできるという。
 ゲーム用のエンジンを使っているので,ゲームにおける実際のGPU性能を正確に計測できるというのが,Unigineの言い分というわけだ。

 4Gamerでも目下,インストーラをダウンロード中というステータスなのだが,ムービーとスクリーンショットの時点で,かなりグッとくるのは確かだ。興味のある人は自分のPCでも試してみてはどうだろうか。

ベンチマーク
ベンチマーク

UnigineのSuperposition 公式Webページ


  • 関連タイトル:

    ベンチマーク

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日