オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
機神飛翔デモンベイン公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2008/12/26 14:18

ニュース

ニトロプラス,「Exceeding 10!」をテーマにした10周年記念プロジェクトの発表会を開催

 ニトロプラスは12月25日,東京・秋葉原UDXシアターにて,「ニトロプラス 10周年記念プロジェクト 発表会」を開催した。
 ニトロプラスといえば,PC版18禁タイトルを中心に制作/販売を行っており,4Gamerで取り扱う機会は少ないのだが,これまで「機神飛翔デモンベイン「CHAOS;HEAD」「キャラゲー考現学」の第33回)といったタイトルを紹介しているので,同社をご存じの読者もいるだろう。

入り口にはデビュー作をはじめ,ニトロプラスの“歴史”が展示されていた

 さてそんなニトロプラスは,この発表会の名称にもなっている「10周年記念プロジェクト」のテーマとして「Exceeding 10!」(10を超える! の意)を掲げたのだ。これは,ニトロプラスが2009年8月8日に10周年を迎えること,またそれを踏まえて10以上のプロジェクトが進行中であることの意味が込められている。

 名物広報として活躍するジョイまっくす氏の紹介により,登壇したのはニトロプラスのプロデューサー「でじたろう」その人にして同社代表取締役社長の小坂崇氣氏。小坂氏は,ニトロプラスのスタートが1999年8月8日の「ワンダーフェスティバル」におけるデビュー作の体験版配布だったことを明らかにし,なぜワンフェスでの配付だったのかという理由については,「なぜか使命感に駆られていた」と語っていた。

ニトロプラス代表取締役社長
小坂崇氣氏
名物広報
ジョイまっくす氏


 続いて,10周年記念プロジェクトの概要が三つのカテゴリーに分けて発表された。まず「ゲーム」部門で紹介されたのは,すでに情報が公開されているXbox 360用ソフト「CHAOS;HEAD NOAH」。このタイトルは15歳以上推奨のPCゲームとしてリリースされているが,5pb.プロデューサーの松原達也氏によると,Xbox 360用として移植するにあたり削除した部分はまったくないという。むしろキャラクター固有のルートを追加したり,ボーカル曲を全面差し替えたりすることでボリュームアップしているとのことだ。

機神飛翔デモンベイン 機神飛翔デモンベイン
機神飛翔デモンベイン 機神飛翔デモンベイン


 また,マイルストーンがアーケード用対戦格闘ゲーム「ニトロプラス格闘ゲーム(仮)」を開発していることも明らかにされた。これは「ニトロ+ロワイヤル ‐ヒロインズデュエル‐」をセガの「NAOMI」基盤用にリメイクしたもので,マイルストーンのディレクターである滝栄司氏によれば,グラフィックスをはじめすべての要素が一新されるとのこと。稼動時期は,2009年内を予定している。


 加えて,ニトロプラスの新作PCゲーム「スマガ スペシャル」が2009年春発売に向けて鋭意開発中であること,2007年に発表された「村正(仮)」のシナリオがようやく書き上がり,同じく2009年春頃からメディア展開を始めることが報告された(この2本は18禁タイトルだ)。

 「音楽」部門では,「ニトロプラス ボーカルベスト」「ニトロプラス REMIXアルバム」が発表された。いずれもニトロプラス関連会社のデジターボが擁する音楽レーベル「GEORIDE」からのリリースで,発売日は2009年春頃とのこと。プロデューサーの南野信吾氏によれば,GEORIDEというレーベル名には「地球を駆け巡る」「音楽は国境を越える」という意味が込められており,今後も元ZEPPET STOREのメンバーやSwinging Popsicleといったロック/ギターポップ色の強いアーティストとのコラボレーションを展開していくという。また,会場ではGEORIDE所属アーティストにして,数多くのニトロプラスタイトルのボーカル曲に携わってきた,いとうかなこさんがCHAOS;HEAD NOAHの主題歌「fake me」を披露した。

機神飛翔デモンベイン 機神飛翔デモンベイン

 最後の「アニメーション」部門では,こちらもすでに発表されている,ニトロプラスのデビュー作を題材とするテレビアニメ「Phantom ‐Requiem for the Phantom‐」が紹介された。直前まで制作していたという気合の入ったプロモーションビデオの上映後,ステージに上がったのは監督を務める真下耕一氏と,メディアファクトリーのプロデューサーである吉沼忍氏。

機神飛翔デモンベイン 機神飛翔デモンベイン
機神飛翔デモンベイン 機神飛翔デモンベイン

 真下氏は自身が手がけたテレビアニメ「NOIR」を振り返り,「今でこそ少女の殺し屋という設定は珍しくないが,当時は是非を巡り激論があった。先駆けてデビュー作でそれをやったニトロプラスをリスペクトしてきた」と告白。
 制作中のアニメ版Phantomについては,「シナリオ,キャスト,音楽の全てが素晴らしい」と見どころを語った。また吉沼氏は,なぜ今アニメ化なのかという問いかけに対し,「王道ともいえる内容で,骨格部分は今でも面白い」とその理由を述べた。なお制作は順調に進んでおり,放映時期は2009年予定で,2クール構成とのこと。会場では,アインを演じる高垣彩陽さんと,ツヴァイを演じる入野自由さんが意気込みや見どころを語るビデオメッセージも公開された。

吉沼忍氏
真下耕一氏
入野自由さん
高垣彩陽さん
  • 関連タイトル:

    機神飛翔デモンベイン

  • 関連タイトル:

    CHAOS;HEAD

  • 関連タイトル:

    CHAOS;HEAD NOAH

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月