※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.3
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
異色のコラボで新たな可能性が広がる
「とある魔術の電脳戦機」
亙 重郎氏インタビュー
注目作の新情報が明らかになったステージイベント
ドラゴンボール ファイターズ
project one-room(仮)
DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation
新作「アイドルマスター ステラステージ」の実機プレイが初公開
「IM@S GAME SHOW 2017」レポート
スマホ向けの新作が続々登場
ポポロクロイス物語
〜ナルシアの涙と妖精の笛
ソード・アート・オンライン
インテグラル・ファクター
VRの進化形?
VRに匂いをもたらす
「VAQSO VR」
VR HMD+サイクルトレーナーの
「Zwift VR」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2008/09/18 12:29

ニュース

Auzentech,日本市場再上陸。日本語Webサイトを開設し,X-Fiカード発売

Auzentech日本語Webサイト
Sound Blaster
 PCサウンドデバイスベンダーのAuzentech(アウゼンテック)が,再び日本市場攻略を目指す。
 日本法人「DTC Japan」を立ち上げた同社は,2008年9月18日付で日本語Webサイトを開設。サウンドカード「Auzen X-Fi Prelude 7.1」の販売を,直販サイトなどで開始している。

Auzentech日本語Webサイト

 Auzentechは,韓国に開発拠点,米国に販売&マーケティング拠点を持つ企業だ。2006年に販売代理店を通じて日本市場へ参入した頃はC-Media Electronics(以下,C-Media)製の高機能サウンドチップを搭載したサウンドカードで知られていた。
Auzen X-Fi Prelude 7.1
Sound Blaster
 その後,C-MediaがASUSTeK Computerと“組んだ”ことを受ける形で,同社はCreative Technology(以下,Creative)と提携。2007年夏には,Auzen X-Fi Prelude 7.1を,「『EAX ADVANCED HD 5.0』をサポートしたCreative製サウンドチップ『X-Fi Xtreme Fidelity』を搭載する,世界初のサードパーティ製サウンドカード」として北米市場などに投入し,一定の評価を得た。国内でも,並行輸入版が若干出回ったので,憶えている人はいるだろう。

Sound Blaster
 Auzen X-Fi Prelude 7.1の主なスペックは下にまとめたが,最大のポイントは,Dolby Digital LiveとDTS Interactiveをサポートし,EAXエフェクトなどを適用したマルチチャネルサラウンドサウンドを,リアルタイムでDolby/DTS準拠のデジタルストリームとして出力できること。現在ではPCI Express Sound Blasterシリーズでもサポートされているが,X-Fi Xtreme Fidelity搭載カードで最初に対応したのはAuzen X-Fi Prelude 7.1である。
 また,通常のSound Blasterシリーズと比べて,搭載するコンデンサやDAC/ADCチップのグレードが高いのも,Auzen X-Fi Prelude 7.1の特徴だ。

 DTC Japanいわく,Auzen X-Fi Prelude 7.1の流通形態はオンライン販売のみ。国内の販売ではCreativeの日本法人であるクリエイティブメディアと協力しており,同社の直販サイト「クリエイティブストア」や,Amazon.co.jpで購入可能だ。また,9月中にはこのほかにも流通網を拡充するとのことなので,今後登場する新製品は店頭販売される可能性もある。

Auzen X-Fi Home Theater 7.1。構成部品などの詳細は明らかになっていない
 ところで新製品といえば,Auzentechは2008年6月に,HDMI 1.3準拠を謳うHDMI出力対応カード「Auzen X-Fi Home Theater 7.1」日本語リリース文で発表しており,DTC Japan設立に向けた動きがこの頃からあったことを想像できるが,日本語Webサイトには現在のところ,同製品について公式なアナウンスはない。
 100%ゲーマー向けかどうかはともかく,Auzen X-Fi Home Theater 7.1が要注目のサウンドカードなのは確か。こうして日本語Webサイトが設けられた以上は,いずれ情報も出てくるはずだ。気になっていた人は,Auzentechの日本語Webサイトをブックマークしておくといいかもしれない。


●Auzen X-Fi Prelude 7.1の主なスペック
Sound Blaster
  • 接続インタフェース:PCI
  • サウンドチップ:Creative Technology製「X-Fi Xtreme Fidelity」(CA20K)
  • D/Aコンバータ:旭化成エレクトロニクス製「AK4396VF」×4
  • 公称出力S/N比:全チャネル120dB
  • A/Dコンバータ:旭化成エレクトロニクス製「AK5394AVS」
  • オペアンプ:National Semiconductor製「LM4562NA」×1,Texas Instruments製「PA2134」×3(※フロント2chのLM4562NAのみ,ユーザーレベルで換装可能)
  • キャッシュメモリ:64MB(X-RAM)
  • アナログ出力:24bit/192kHz 2chまたは24bit/96kHz 最大7.1ch
  • アナログ出力インタフェース:ミニピン×4
  • アナログ入力:24bit/96kHz 最大2ch
  • アナログ入力インタフェース:ミニピン×2(※マイク×1,ライン×1)
  • デジタル出力:同軸RCA(※付属の変換アダプタにより光角形もサポート)
  • デジタル入力:同軸RCA(※付属の変換アダプタにより光角形もサポート)
  • Dolby Digital Live:対応
  • DTS Interactive:対応
  • HD Audio フロントコネクタ:搭載(※10ピン)
  • APIサポート:DirectSound,DirectSound 3D,EAX 1.0/2.0,EAX ADVANCED HD 3.0/4.0/5.0,OpenAL
  • X-Fi CMSS-3D:対応
  • X-Fi Crystalizer:対応
  • 対応OS:Windows XP,32bit版Windows Vista
  • 定価:2万4800円(税込)
  • 関連タイトル:

    Sound Blaster

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月23日〜09月24日