オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/04/18 15:00

ニュース

ロジクール,PCゲーマー向け周辺機器の新ブランド「Logitech G」(Logicool G)発表。第1弾となる13製品を国内展開

G700s
Logitech G(Logicool G)
 2013年4月18日15:00,Logitechの日本法人であるロジクールは,従来から展開してきたゲーマー向け製品ブランド「G-Series」を「Logitech G」(日本では「Logicool G」に変更すると発表。合わせて,Logitech Gブランドの新モデル5製品を,4月26日以降に順次国内発売すると明らかにした。
 具体的な製品名と型番,発売日,直販システム「ロジクール オンラインストア」における価格は下記のとおりだ。

  • G700s Rechargeable Gaming Mouse
    (G700s 充電式 ゲーミングマウス)
    型番:G700s,4月26日発売予定,9980円(税込)
  • G500s Laser Gaming Mouse
    (G500s レーザー ゲーミングマウス)
    型番:G500s,4月26日発売予定,6980円(税込)
  • G400s Optical Gaming Mouse
    (G400s オプティカル ゲーミングマウス)
    型番:G400s,4月26日発売予定,5480円(税込)
  • G510s Gaming Keyboard
    (G510s ゲーミング キーボード)
    型番:510s,5月17日発売予定,1万4800円(税込)
  • G230 Stereo Gaming Headset
    (G230 ステレオ ゲーミング ヘッドセット)
    型番:G230,5月17日発売予定,6980円(税込)

Logitech G(Logicool G)
G500s
Logitech G(Logicool G)
G400s
Logitech G(Logicool G)
G510s
Logitech G(Logicool G)
G230

 以下,製品名は型番表記するが,型番に「s」が付いたG700sとG500s,G400s,G510sは,いずれも従来製品である“sなし”モデルをベースとした改良版となる。G230は完全なる新製品だ。G700sとG500s,G400sについては,別途ファーストインプレッション記事を掲載してあるので,そちらを参照してほしい。

Logitech G(Logicool G)
 というわけでG510sだが,これは,「Gaming Keyboard G510」(以下,G510)が持つ,18個の「G-key」や,液晶パネル「GamePanel LCD」の採用といった機能はそのままに,キートップと本体表面,パームレストの表面加工に手を加えてきたものとなる。Logitechはこれを「Hand Science」と呼んでいるが,基本的には,G700sやG500s,G400sと同様,耐久性などを向上させてきたものという理解でいいだろう。

基本仕様やデザインはG500を踏襲。それだけに,キーボード表面の加工が派手なものに変わっているのが目を引くところだ
Logitech G(Logicool G) Logitech G(Logicool G)

Logitech G(Logicool G)
 完全新作となるG230は,3.5mmミニピン×2によるアナログ接続の,シンプルな2ch出力対応ヘッドセットだ。
 最大の特徴は,長時間使っていても蒸れにくいとされるソフトタッチのイヤークッションを採用すること。しかもこのクッションは取り外して水洗いすることもできるため,常に清潔に,長く使っていけるというのがウリである。直販価格6980円(税込)というのは,決して安価というわけではないが,「品質を考えると手頃」という点も,ロジクールは発表会でアピールしていた。

黒と赤が基調のG230。ケーブルまで赤いのは珍しい。エンクロージャ部を90度回転させられる点や,インラインリモコンを搭載する点,ノイズキャンセリング機能付きマイクを搭載する点といった具合に,押さえるべきところは押さえられている印象だ
Logitech G(Logicool G) Logitech G(Logicool G)

発表会で展示されたLogitech G(Logicool G)の製品ボックス。“r”付きモデルも含め,統一的なデザインが採用される
Logitech G(Logicool G)
 またロジクールは今回の発表に合わせ,G-Seriesの製品として流通していた6製品の製品ボックスをLogitech G(Logicool G)仕様のものに変更することも発表している。ラインナップは下記のとおりで,製品名は従来から変わらないながら,型番に「r」が付記されたのが特徴となる。身も蓋もない推測をしておくと,いずれも,発売から時間が経ち,店頭価格が下落傾向にあったため,新ブランドで統一するという大義名分をもって価格をリセットしよういうことなのだろう。
 なお,下記6製品の“rなしモデル”については,レビュー記事を掲載済みなので,それぞれ製品名をクリックすると当該記事を開くように設定してある。興味のある人は開いてみてもらえれば幸いだ。

  • MMO Gaming Mouse G600(MMO ゲーミングマウス G600)
    型番:G600r,4月26日発売予定,7980円(税込)
  • Optical Gaming Mouse G300(オプティカル ゲーミングマウス G300)
    型番:G300r,4月26日発売予定,3480円(税込)
  • G13 Advanced Gameboard(G13 アドバンス ゲームボード)
    型番:G13r,近日発売予定,1万980円(税込)
  • G35 Surround Sound Headset(G35 サラウンド サウンド ヘッドセット)
    型番:G35r,5月17日発売予定,1万3800円(税込)
  • F710 Wireless Gamepad(F710 ワイヤレス ゲームパッド)
    型番:F710r,4月19日発売予定,4980円(税込)
  • F310 Gamepad(F310 ゲームパッド)
    型番:F310r,4月19日発売予定,2480円(税込)

上段左からG600r,G300r,G13r。下段左からG35r,F710r,F310r。いずれも変更されたのは型番と製品ボックスのみなので,プリントされているロゴはLogitech G(Logicool G)のものではない
Logitech G(Logicool G) Logitech G(Logicool G) Logitech G(Logicool G)
Logitech G(Logicool G) Logitech G(Logicool G) Logitech G(Logicool G)

 ロジクールは,先行して市場投入済みの「G710+ Mechanical Gaming Keyboard」および「Gaming Keyboard G105」を合わせ,計13製品を,Logitech G(Logicool G)の第1弾としている。世界最大のマウスメーカーがブランドの立ち上げに完全新作のマウスを用意してこなかったのはやや残念なところだが,一気に揃えてきたところからはLogitech(ロジクール)の意気込みも感じ取れよう。


 なお,発表会ではLogitech本社でゲーマー向け製品部門を統括するEhtisham Rabbani(エティシャン・ラバニ)氏が,グローバルのゲーマー向け製品市場とLogitech(ロジクール)の立ち位置に関する概要説明を行っているが,これについては別途お伝えする予定だ。本文の中盤でお伝えしたことの繰り返しになるが,4GamerではG700sとG500s,G400sにさっそく触ってみたBRZRK氏によるファーストインプレッション記事も掲載しているので,合わせてチェックしてもらえればと思う。

Logitech「G700s」「G500s」「G400s」ファーストインプレッション。G-Seriesの新型マウスは従来製品の持ちやすさ改良版か

ロジクールのLogitech G(Logicool G)製品情報ページ


●G700sの主なスペック
  • 基本仕様:レーザーセンサー搭載ワイヤレス&ワイヤード両対応タイプ
  • ボタン数:13(左右メインボタンとセンタークリックおよび左右チルトスイッチ付きスクロールホイール,左メインボタン脇×3,左サイド×4,スクロールホイール手前×1。別途スクロールホイールの機能切り替えスイッチ搭載)
  • トラッキング速度:165IPS(≒4.19m/s)
  • 最大加速度:30G
  • 画像処理能力:12MPixels/s
  • フレームレート:未公開
  • DPI設定:200〜8200DPI
  • USBレポートレート(ポーリングレート):最大1000Hz
  • データ転送フォーマット:16bit
  • 本体サイズ:79.8(W)×126.3(D)×45.9(H)mm
  • 重量:約151g(※充電池含む)
  • マウスソール:動摩擦係数 −μ(K)0.09,静止摩擦係数 −μ(S)0.14
  • ケーブル長:1.7m
  • 電源:単三形ニッケル水素電池×1またはUSB
  • 充電時間:4〜5時間
  • 駆動時間:最大10.5時間
  • そのほか:Logitech Gaming Software(Logicoolゲームソフトウェア)対応,スリープモードなし

●G500sの主なスペック
  • 基本仕様:レーザーセンサー搭載ワイヤードタイプ
  • ボタン数:10(左右メインボタンとセンタークリックおよび左右チルトスイッチ付きスクロールホイール,左メインボタン脇×2,左サイド×3。別途スクロールホイールの機能切り替えスイッチ搭載)
  • トラッキング速度:165IPS(≒4.19m/s)
  • 最大加速度:30G
  • 画像処理能力:12MPixels/s
  • フレームレート:未公開
  • DPI設定:200〜8200DPI
  • USBレポートレート(ポーリングレート):最大1000Hz
  • データ転送フォーマット:16bit
  • 本体サイズ:73.4(W)×129.2(D)×44(H)mm
  • 重量:170g(※ケーブル,ウェイトカートリッジ含まず)
  • ケーブル長:2m
  • 対応OS:Windows 8・7・Vista
  • そのほか:Logitech Gaming Software(Logicoolゲームソフトウェア)対応,スリープモードなし

●G400sの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • ボタン数:8
  • トラッキング速度:70〜140IPS(≒1.78〜3.56m/s)[←最大140IPS]
  • 最大加速度:25G
  • 画像処理能力:5.8MPixels/s
  • フレームレート:未公開
  • DPI設定:400〜4000DPI
  • USBレポートレート(ポーリングレート):最大1000Hz
  • 本体サイズ:72.2(W)×130(D)×43.5(H)mm
  • 重量:133g(※ケーブル含む)
  • ケーブル長:2.05m
  • 対応OS:Windows 8・7・Vista
  • そのほか:Logitech Gaming Software(Logicoolゲームソフトウェア)対応,スリープモードなし

●G510sの主なスペック
  • 接続インタフェース:USB
  • 基本キー数:日本語109+G-key×6
  • キー構造(スイッチ):メンブレン
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:3.6±0.5mm
  • 押下特性:65g±20g
  • ロールオーバー:未公開
  • 複数キー同時押し対応:最大5キー
  • キー耐久性:未公開
  • USBレポートレート(ポーリングレート):最大500Hz
  • マクロ機能:あり(※ソフトウェア)
  • バックライト:搭載
  • サイズ:512(W)×215(D)×36(H)mm
  • 重量:1.14g
  • ケーブル長:1.82m
  • 対応OS:Windows 8・7・Vista
  • そのほか:Logitech Gaming Software(Logicoolゲームソフトウェア)対応

●G230の主なスペック
  • 基本仕様:アナログ接続ワイヤードタイプ
  • 本体サイズ:184(W)×89.2(D)×189(H)mm
  • 重量:255g(※ケーブルの含むかどうかは未公開)
  • ケーブル長:3m
  • 接続インタフェース:3.5mmアナログミニピン×2
  • 搭載ボタン/スイッチ:音量調整およびマイクミュート(※インライン)
《ヘッドフォン部》
  • 周波数特性:20Hz〜20kHz
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:90dB
  • スピーカードライバー:直径40mm
《マイク部》
  • 周波数特性:50Hz〜20kHz
  • 感度:-40dB/Pa
  • 指向性:あり
  • ノイズキャンセリング機能:搭載
  • 関連タイトル:

    Logitech G/Logicool G

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月24日〜04月25日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年10月〜2017年04月