オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
ゲーム大会運営が楽になる? Razerがゲーム大会運営者向けサービス「Razer Arena」を発表。現時点でBF4とCSGO,Dota 2が対応済み
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/01/28 13:02

ニュース

ゲーム大会運営が楽になる? Razerがゲーム大会運営者向けサービス「Razer Arena」を発表。現時点でBF4とCSGO,Dota 2が対応済み

Razer
 北米時間2015年1月27日,Razerは,オンラインゲーム大会の運営者に向けたゲーム大会の運営支援Webサービス「Razer Arena」を発表した。Razerと米Gaming Gridsの共同開発となるRazer Arenaでは,リリース時点で,参加者の対戦マッチングや結果通知,参加者用チャットロビーや対応ゲーム用ボイスチャットといった機能を無料で利用可能だ。また,2015年第1四半期中には,ユーザー独自のゲームトーナメントを作成して運営する機能も実装する予定だという。

 現時点でRazer Arenaが対応しているゲームは,「Battlefield 4」「Counter-Strike: Global Offensive」「Dota 2」の3タイトル。Razerによれば,対応タイトルは今後追加になる予定。ゲームデベロッパが自社タイトルをRazer Arenaへ対応させるための開発者向け情報ページは,すでに公開されている。

Razer Arenaの使用イメージ。対応するゲームのトーナメントが一覧表示されているが,これを見ると「Team Fortress 2」や「Crossfire」にも対応の予定があるようだ
Razer

トーナメント運営のイメージ。対応ゲームであれば,独自のツールやホワイトボードで管理するよりはRazer Arenaを使うほうが分かりやすい運営ができそうに思える。
Razer

 PCゲームの対戦大会を運営している人や企業には役立つサービスとなるかもしれない。関心のある人はRazer ArenaのWebページをチェックするといいだろう。

Razer Arena 公式Webサイト(英語)

ゲームデベロッパ向けのRazer Arena情報ページ(英語)


#### 以下,リリースより ####

Razer Arenaで仲間とオンライントーナメント開催
Razerがイベント主催者やプロ・アマゲーマー向けの対戦エコシステムを発表

エンターテインメントデバイスおよびソフトウェアメーカーのRazer(本社:カリフォルニア州カールスバッド、代表取締役兼CEO:Min-Liang Tan)は、ボイスチャット機能を搭載したメッセージングサービスRazer Commsを活用した対戦型エコシステム、Razer ArenaをGaming Grids(本社:ネバダ州ラスベガス)と共同で開発したことを発表しました。

Razer Arenaはプロレベルのゲーム大会で使用されるツールを集約したウェブベースのプラットフォームです。対戦相手を自動的にマッチングするのはもちろんのこと、トーナメント/対戦ロビー、マッチ通知機能など、スクリーンショットやリプレイをわざわざアップロードせずとも際限なくオンライン対戦が楽しめます。
またチームメイトや対戦相手とのコミュニケーションも簡単に取れるメッセンジャー機能も搭載しています。

第一フェーズではトーナメント方式のチャレンジカップが毎日開催されるほか、パートナー企業が主催する特別トーナメントにも参加できます。

2015年3月からはじまる第二フェーズでは、ユーザーたち自らトーナメントを開催することができ、またプロ団体主催のイベントなども予定されています。

【Razer Arena サービス概要】
  • 自動対戦マッチング/レポーティング
  • 対戦リマインド通知
  • Razer Commsを活用したゲーム内ボイスチャット
  • ユーザー同士で交流を深めるチャットロビー
  • チート防止エンジン
  • トーナメント制フォーマット
  • ユーザー自らが仲間と開催するカスタムトーナメントシステム( 2015年3月より)

【Razer代表取締役兼CEO Min-Liang Tanのコメント】
プロゲーマーの大会はあまりにハイレベルなため、大半のゲーマーたちを除外してしまいがちですが、Razer Arenaは初心者からプロまであらゆるレベルのプレイヤーが、自分に合ったレベルの競技者たちとしのぎを削って技術を磨くためのプラットフォームです。

【Gaming Grids代表取締役兼CEO Dana Garveyのコメント】
Razerと共にRazer Arenaの開発に携われたことを嬉しく思っています。Razer Arenaは同社がeスポーツ業界を引っ張っていく存在だということを再認識させるサービスになるでしょう。

【Collegiate Star League創始者 Duran Parsiのコメント】
各大学のゲーム団体が自分たちでトーナメントを開催し、本戦へとつながる予選を独自に運営できるのは画期的です。Razer Arenaは団体側にとっても競技者側にとっても非常にスムーズな大会運営を実現してくれるプラットフォームです。

第一フェーズでは次の3作品をサポート:
・Battlefield 4
・Dota2
・Counterstrike:Global Offensive

Razer Arenaを自社ゲームにも活用したいというゲーム開発者の方はこちら:
http://developer.razerzone.com/arena/
β期間中にトーナメントを開催したいという主催者の方はこちら:
http://www.razerzone.com/arena/
トーナメント運営ツールは β期間後に一般公開されます。

  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年01月〜2017年07月