オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/09/13 12:14

イベント

ユーザー代表と開発/運営陣が真剣に討議。「ファンタジーアース ゼロ」,ユーザーカンファレンスを実地。今冬のアップデート情報も発表に

ファンタジーアース ゼロ
 2010年9月11日,東京品川において,ゲームポットはサービス中のMMORPG「ファンタジーアース ゼロ」(以下,FEZ)のユーザーカンファレンスを実地した。
 このカンファレンスは,現在FEZがテストサーバーを設置したうえで本格的に行っている「第二回スキル調整テスト」において実施されたスキル調整と,それに対するテスターからのフィードバックを参照しつつ,事前に抽選で選ばれたユーザー代表6名(およびFEZを集中的にプレイしているメディア関係者3名)が,そこに対して意見や質問を投げかけ,運営担当のゲームポット劔氏,開発担当のフェニックスソフトプランナー鈴木氏,薄田氏がそれに答えるという形で行われた。
 本稿ではこのカンファレンスの様子と,その場で発表された今冬実装予定のアップデート内容についてレポートする。


スキル調整に関する意見交換は非常に濃く深い内容に


ゲームポット 劔氏
フェニックスソフト 鈴木氏
フェニックスソフト 薄田氏
 FEZは,最大50人 vs. 50人で戦うプレイヤー同士の大規模なPvPバトルをウリとする作品だ。そのためスキルの強化や弱体化は勝負の行方に直結しやすく,良くない変更が加えられればゲームの面白さが大きく損なわれてしまうことも考えられる。もちろん運営および開発元はそのことを理解しており,現在,ゲームの改良に役立てるためにテストサーバーを用いた「スキル調整テスト」を実地している。今回のユーザーカンファレンスは,そのテストに対する意見を,ユーザーから直接聞くことを主な目的として行われたものだ。

 カンファレンスは,まず開発/運営側が“テストサーバーにおいて実施されたスキル調整”と“それに対するユーザーアンケートの結果”,そして“アンケート結果を反映して,本サーバーに実装することになった最終的なスキル調整案”を提示し,その調整案に対してユーザー代表が意見を述べていくという形で進められた。用意されていたカテゴリーは,「強力なスキルの弱体化」「スキル選択の拡張」「利便性の向上」「加速スキルの弱体化」「連携スキルの強化」の五つとなっていた。

ファンタジーアース ゼロ
 スキルの効果の調整においては,それぞれのスキルの細かな違いを理解していることが必須となるが,抽選で選ばれたユーザー代表の6名は,各クラスの特徴やバランスの問題点を熟知している様子で,我先にと手を挙げ,開発/運営陣に対して意見を投げかけていた。彼らはゲーム内の知人の意見も参考にし,特定のクラスに固執することなく,1秒以下のレベルであろう硬直時間などにも触れ,意見交換はかなり細かい部分にまで踏み込んで行われていた。
 ゲームポット&フェニックスソフト側は,古参プレイヤーと新参プレイヤーの意見の差異など,大人数に対して行うアンケート結果だけでは得られない見解に触れることができて,そのことを意義深く受け止めているようだった。

ファンタジーアース ゼロ ファンタジーアース ゼロ
ファンタジーアース ゼロ ファンタジーアース ゼロ

 意見交換はスキルの修正のみならず,“位置情報のズレ”といったシステム面にも及んだ。この問題については多くのプレイヤーが気にかけているもののようで,意見が出たときには代表ユーザー達の間から「そうそう,それも気になっていたことだ」という感じの同意の声が挙がっていた。ゲームポットはこれに対し,「重要な問題と認識しており,移動スキルに関わる位置ズレについては今後修正する予定があります。それ以外の位置ズレ現象に関しては,この限定された人数の場で公式見解というのを出すのは不適切かと考えています。問題をさらに精査したうえで,見解については後日,公式サイトなどで連絡できればと思っています」という回答を示していた。


「新召喚獣」が今冬のアップデートで実装予定。複数のプレイヤーで役割を分担する……?


 カンファレンスの最後には,ほんのさわりであるが,今冬に予定しているアップデートについての告知があった。
 次の大規模アップデートでは,FEZに“新召喚獣”が登場するとのことだ。この“新召喚獣”には“複数の人間が乗り込めて,各人が異なる機能を担当する”らしい。以下に発表されたコンセプトと概要を掲載しよう。

新召喚獣

■コンセプト
―新たなコンビネーションプレーを創造
―敵味方,双方が盛り上がる

■概要
 複数のプレイヤーが一つのユニットに集合し戦争に参加します。
 召喚獣の機能をそれぞれのプレイヤーが担当することになるため,新たなコンビネーションプレーが楽しめます。
 機能については現在調整中になります。
 例えば操縦手と砲撃手といった役割であれば戦場における戦車の様な役割分担によるコンビネーションプレーが楽しめます。

ファンタジーアース ゼロ ファンタジーアース ゼロ

 コンセプトと同時に,「現在はまだ開発中であり,変更される可能性もある」としたうえで,3体分の召喚獣のシルエットが公開された。3体はそれぞれ,“長い腕と長い尻尾を持つ,なんとなく翼竜を思わせる召喚獣”“発達した両腕にとげとげしい針のようなものが多数付着している召喚獣”“頭部に何やら怪しげな輪っかを備えている召喚獣”となっていた。シルエット案は3体分あるが“今冬に実装される召喚獣は1種類”であるとのことだった。詳細については,秋から冬にかけて公式Webサイトなどで公開されていくということなので,期待して続報を待とう。



 以上でユーザーカンファレンスは終了となった。ユーザーの代表者達は時間さえあれば,まだまだディスカッションを続けたい様子であり,FEZがよりよいゲームになってほしいという思いが伝わってくるようだった。運営および開発側は,その思いの強さを真摯に受け止めていたようだ。この会合の結果が,今後のスキル調整において役立ち,FEZがさらに魅力的なゲームとなることを期待したい。

「ファンタジーアース ゼロ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ファンタジーアース ゼロ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日