オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ファイナルファンタジーXI公式サイトへ
読者の評価
80
投稿数:89
レビューを投稿する
海外での評価
85
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/06/23 23:33

イベント

「FFXI」サービス10周年を記念するオフラインイベント「A DECADE OF FINAL FANTASY XI VANA★FEST2012」のアトラクションレポート

 スクウェア・エニックスは2012年6月23日と24日の2日間,MMORPG「ファイナルファンタジーXI」PC / Xbox 360 / PS2)のオフラインイベント「A DECADE OF FINAL FANTASY XI VANA★FEST2012」(以下,ヴァナフェス)を,パシフィコ横浜にて開催している。本稿では,初日となる23日のイベントの模様をお伝えしていきたい。

 ちなみに,当日の開発者トークセッションにおいて,FFXIの拡張ディスク第5弾「アドゥリンの魔境」が発表されている。すでに「こちら」の速報記事でプレスリリースを紹介しているが,アドゥリンの魔境の情報を含むトークセッションの詳細に関しては,別途記事を掲載する予定だ。

メイン司会を務めたのは声優の小西克幸さんと加藤英美里さん。共にFFXIの熱心なプレイヤーで,さまざまなステージイベントで会場を盛り上げた


「FFXI」10周年を記念するイベント「ヴァナフェス」が開催


スクウェア・エニックス 代表取締役社長 和田洋一氏
 ヴァナフェスが開幕すると,同社の代表取締役社長の和田洋一氏がメインステージに登壇し,挨拶を行った。

 “MMORPG”のジャンルは今でこそ完全に定着しているが,10年以上前の「FFXI」の開発当初は,世間だけでなく,社内ですらあまり認知されていなかったという。FFXIのプロジェクトの成功をおおっぴらに疑問視するスタッフすらおり,「開発途中でシャットダウンされるのではないか」という噂を耳にした田中弘道プロデューサーが,和田氏のもとへ息巻いて駆けつけたこともあったそうだ。

 FFXIの開発が進むにつれ,プロジェクトに携わるスタッフもどんどん増えていき,一時は社員の半分以上が携わっていた時期もあったという。そんなFFXIも,ローンチ後はプレイヤーからの叱咤激励を受けつつ,こうして10周年を迎えられたことに和田氏は大変満足しているご様子。「ファイナルファンタジーのシリーズ史上,もっともユーザーに愛していただいたタイトルです」と挨拶を締めくくった。



来場客参加型アトラクション「ヒロインズタワー」


ファイナルファンタジーXI
 メインステージで最初に行われたアトラクションは,来場客が6名のパーティを編成して,この日のために用意された「ヒロインズタワー」に挑戦するというものだ。

 ヒロインズタワーとは,FFXIの人気コンテンツ“ナイズル島”をモチーフにしたダンジョンで,そこを15分の制限時間内に攻略するというもの。ダンジョン内にいるノートリアスモンスターを倒しつつ,深部で待ち受けるボスを目指すという流れはナイズル島と同じ。今回は“ヒロインズ”の名のとおり,ボスモンスターの代わりにこれまでクエストやミッションで接してきた淑女達が待ち受けることになる。

ファイナルファンタジーXI ファイナルファンタジーXI

ファイナルファンタジーXI
 ヒロインズタワーではエリアの挑戦時に,ステージおよびボスを5種類の中から選べるようになっている。今回のステージイベントでは,FFXIプレイヤーにはお馴染みのNPC“ライオン”が待ち受けるステージに挑戦することに。

 参加者の6名は,それぞれジョブが“戦士,モンク,白魔道士,黒魔道士,赤魔道士,シーフ”に割り当てられている。キャラクタースペックに関しては,レベル99で,装備は一通り揃っているものの,サポートジョブがないという状態。そのため“挑発”や“だまし撃ち”などを使えるメンバーが限られており,モンスターの敵対心をいかにコントロールするかがポイントとなる。ジョブの基本的な立ち回りが求められそうなアトラクションだ。

 ライオンがバトルコンテンツに登場するのはこれが初めてなのだが,どうやらジョブはシーフのようである。アビリティなどの多くに“バインド”の効果が付随しており,移動を封じられてしまう。ステージ上で挑戦した参加者は初見ということもあり,なかなか苦戦していたようだ。

ファイナルファンタジーXI

 会場内にはFFXIがインストールされたPCが多数設置されており,来場客は誰でもこのヒロインズタワーに挑戦できるようになっていた。ステージイベントの終了後は来場客が長い列を作っており,会場内の盛り上がりに一役買ったアトラクションであった。



会場内のアトラクションあれこれ


 ヴァナフェスの会場内では大小さまざまなアトラクションが行われている。それらの会場内の様子を,写真多めでざっくりと紹介していこう。

参加者のレベルが異様に高かったコスプレコンテスト。力作が次々と披露される中,見事優勝を手にしたのは最後に掲載した青魔道士の彼

ファイナルファンタジーXI
ヴァナ・ディールの“食事”を再現する「ララブのしっぽ亭」。ダルメルシチュー,ウィンダス風タコス,ガルカンソーセージ,ヤグードドリンクなどを実際に口にできるまたとない機会だ

水田直志氏が率いるバンド“Nanaa Mihgo's”が初登場。水田氏に加えピアノとバイオリンによるトリオ編成で,FFXIの楽曲のアレンジバージョンを披露
ファイナルファンタジーXI ファイナルファンタジーXI

谷岡久美氏によるピアノソロリサイタル。定番の「Ronfaure」「Awakening」などに加え,今回は「Ragnarok」を演奏すると伝えると,会場内はひときわ盛り上がった
ファイナルファンタジーXI ファイナルファンタジーXI

メインステージと反対側に設置されたサブステージでは,植松伸夫氏がさりげなく登場。24日は氏が率いるロックバンド“EARTHBOUND PAPAS”のライブ演奏も予定されている
ファイナルファンタジーXI ファイナルファンタジーXI

ファイナルファンタジーXI

 そのほか,23日のステージイベントでは,「アドゥリンの魔境」の開発者トークセッションと,FFXIの歴代ディレクターが開発秘話を語るトークセッションが行われている。冒頭で述べたように,これらの模様は別記事にてお届けする予定だ。

 このヴァナフェスは,明日(24日)も行われる。ヴァナフェスの特設サイトでは会場からのライブ配信も予定されており,とくに“開発トークセッション”では「アドゥリンの魔境」のさらなる情報が期待できそうだ。残念ながらパシフィコ横浜に行けないFFXIプレイヤーも,ライブ配信を通じて会場の盛り上がりに触れてみるとよいだろう。


「A DECADE OF FINAL FANTASY XI VANA★FEST2012」特設サイト

「ファイナルファンタジーXI」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXI

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月22日〜03月23日
タイトル評価ランキング
85
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年09月〜2017年03月