オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
ついにリベリオンが実装! 「ラグナロクオンライン」大型アップデート「リベリオン〜反逆の撃鉄〜」先行プレイレポート&ミニインタビュー
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/05/11 11:00

プレイレポート

ついにリベリオンが実装! 「ラグナロクオンライン」大型アップデート「リベリオン〜反逆の撃鉄〜」先行プレイレポート&ミニインタビュー

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下,ガンホー)が運営するMMORPG「ラグナロクオンライン」(以下,RO)で,2016年5月17日に大型アップデート「リベリオン〜反逆の撃鉄〜」が実施される。


 このアップデートでは,そのタイトルにもなっている特殊1次職「ガンスリンガー」の上位クラス「リベリオン」が実装される。これまでもオフラインイベントや4Gamerの取材などで何度か話が出ていたものの,なかなか実装へと至れなかったリベリオン。最初に話が出たのはいつだったかと過去の記事を掘り起こしてみると,2010年3月に秋葉原で催された「ガンホーカンファレンス2010」で,GravityのRO開発チームから発表されたのが第一報だった。

ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン

 このとき同時に発表された忍者の上位職「影狼/朧」は,2013年8月に実装されており,リベリオンのみ取り残された形となっていたが,5月17日のアップデートで晴れてプレイ可能になる。

 というわけで今回,ガンホーでリベリオンがどのようなクラスになったのかを先行体験してきた。また,ROの2016年下半期のロードマップ今後の運営方針などを運営スタッフに聞いてみたので,リベリオンのプレイレポートと合わせてお届けしよう。

リベリオンについて説明してくれたのは,調整に直接関わったRO運営チームの白川昌平氏(左)と栗山知也氏


多彩な銃器を扱うリベリオン。育成次第で攻城戦(GvG)でも活躍できる


 ガンスリンガーは,同じ遠距離攻撃を得意とするアーチャー系と同様に,両手に武器を持つタイプで,上位職であるリベリオンもそれを踏襲している。装備できる武器は,ハンドガン(二丁拳銃)を筆頭に,ライフル,ショットガン,ガトリングガン,グレネードガンと多彩だ。

ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン

 リベリオンへの転職は,BaseLv99,JobLv70の状態のガンスリンガーがクエストをクリアすることで可能だ。レベルキャップは,BaseLv165,JobLv60となる。このレベルキャップは,特殊2次職「影狼/朧」にもアップデートで適用され,3次職に近いHPとSPを確保できるようになる。HPの低さからGvGでは不遇だった特殊2次職だが,これにより活躍できる機会も増えるのではないだろうか。また,ガンスリンガーのスキルツリーおよび一部スキルの仕様も変更される。

肘ぐらいまでの短めのマントを羽織ったり,編み上げブーツを履いたりと,ほかの職業に比べて近代的な印象だ
ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン
ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン

 また,今回のアップデートで,武器の攻撃力を上げるステータスに仕様変更が加えられる。ハンドガンを始めとした銃器の攻撃力はDexを基準として,ライフルはInt,ショットガンはStr,ガトリングガンはAgi,グレネードガンはLukのステータスが上がるごとに,代表的なスキルの攻撃力も上がっていく。装備している武器によって使用できる攻撃スキルも変化するが,すべての武器のスキルを最大まで上げることも,すべての武器の威力を上げるようなキャラクター育成も不可能なので,武器を2つか3つに絞って育成していくのがよさそうだ。

 また,攻撃に必要な銃弾についても仕様変更が行われる。これまではハンドガンなどの銃器はバレットを消費し,グレネードガンはスフィアが用いられていたが,アップデート後は弾が共通化され,グレネードガンもバレットで攻撃できるようになる。もちろん,手持ちのスフィアがなくなるというわけではなく,バレットに交換してもらえる。
 これに合わせて,スフィアのみだった一部の属性弾がバレットにも登場し,さらに属性バレットケース(使用すると500発のバレットが手に入る消費アイテム)が実装される。また,新たに地属性のバレットも実装されるが,こちらはリベリオン転職後からしか使えないとのことで,ちょっと残念だ。ともあれ,手軽に属性弾が使えるようになるため,ガンスリンガーとしてもかなりの上方修正になるのではないだろうか。

 続いて,リベリオンが持つスキルを紹介しよう。まずは,武器に関わらず使用できる共通スキルだ。多くのスキルを使用するために必要なコインを貯めるスキルや,バフ系のスキル,トラップスキルなど,多彩なスキルが用意されている。

ラグナロクオンライン
ガンスリンガーのスキルのフリップザコインは1枚ずつしかコインをチャージ(最大で10枚)できなかったが,リベリオンのリッチズコインは,チャンピオンの練気功と同じように1度の使用で10枚のコインをチャージできる
ラグナロクオンライン
聖属性弾丸を装備しないと使えないスキル。頭上に十字架のエフェクトが灯り,攻撃力がアップするうえ,自身にバリアを張れる。このバリアは,プリーストのキリエエレイソンと同じタイプで,使用時にコインを消費し,消費するコインが多いほど効果が大きくなる
ラグナロクオンライン
コイン1枚を消費して,対象に「Ω」マークを付ける。最大で3体まで付けることが可能。付けられた敵はFleeが減少し,さらにほかのスキルとのコンボで追加効果を与えられる
ハンドガンのみでしか効果を発揮しないチェーンアクションが,ほかの銃器でも発動させられるようになる。瞬間火力を大幅に上げられそうなアクティブスキルだ
ラグナロクオンライン

■ハンドガン


 ガンスリンガーやリベリオンの基本武器となる銃。二丁拳銃スタイルで,Aspdが高く,使い勝手も良い汎用性の高い武器だ。メインウェポンとしても,サブウェポンとしても活躍が期待できるだろう。

自分を中心に7×7の範囲攻撃を行うファイアーダンス。ガンスリンガーのデスペラードの上位スキルという位置づけだ。デスペラードはヒット数にむらがあったが,ファイアダンスは均一に高ダメージを与えられる
ラグナロクオンライン
コインを1枚消費するスキルで,指定した地点に一気に移動できる。モンクの残影に近い。移動後2秒間,デスペラードの威力が大幅に上がるという効果も。攻めにも回避にも役立ちそうなスキルだ
ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン
ガンスリンガーのチェーンアクションの発動直後に使える,遠距離単体攻撃スキル。クリムゾンマーカーとのコンボで,マーカーの周囲の敵にもクイックドローショットがヒットする
ラグナロクオンライン

■ライフル


 ヒットとクリティカル発生率に補正がある武器も多く,ハンドガンよりもAtkが高め。PvPやGvGを意識した調整になっている。

敵のDefが高いほど,より高ダメージを与えられる遠距離単体攻撃スキルで,出血効果がある。Defの高いアポカリプスに,デスペラードでは600前後のダメージしか与えられないが,マススパイラルだと約1万ものダメージを与えられることから,その効果の高さが分かるはずだ。GvGでは,ロイヤルガードの脅威となりそう
ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン
遠距離単体攻撃スキルのひとつで,ダメージを与えると同時にプレイヤー耐性を低下させられる。GvGでは重要な耐性なので,これを相手に撃ちまくるだけでもかなりの嫌がらせになる。スキル詠唱時間が長めなのなのがネックか
ラグナロクオンライン
ターゲットした対象の周囲に,衛星からレーザーが撃ち込まれるというスケールの大きな攻撃スキル。落下地点を中心に5×5の範囲でダメージとスタン効果を与えるが,ターゲットに直撃するとは限らない。スクリーンショットを見ると,ターゲットから少しずれた位置に落ちているのが分かるだろう。しかし,対象にクリムゾンマーカーを使うと,そのターゲットに必ずヒットしダメージも上昇するという特性がある。威力が非常に高い一方で,クールタイムが非常に長く設定されている。なお,これは防御魔法の「ニューマ」で回避が可能だ
ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン

■ショットガン


 通常攻撃が広範囲のショットガン。Atkも高めでまとめ狩りをするのには向いているが,Aspdが低く連射できないのが難点だ。リベリオンでは,防具破壊やディスペルに近いスキルを習得する。

ラグナロクオンライン
攻撃のヒット時に青く散るエフェクトが綺麗なシャッターストーム。対象を中心にした5×5の範囲攻撃で,一定確率で兜部位の防具を破壊する効果を持つ。これもGvGで効果が高そうなスキルだ
ラグナロクオンライン
羽根が浮かび上がるようなヒットエフェクトを持つ,単体遠距離攻撃のバニシングバスター。攻撃対象の支援効果を打ち消すという,セージのディスペルに近い効果がある。魔法が効かない相手にも効果を発揮できるが,攻撃がヒットしないと効果がなく,またニューマで防げる
ラグナロクオンライン
射程距離は非常に短いが,大ダメージを与えられる近接攻撃スキル。対象モンスターのサイズが大きいほど,より大きなダメージが発生する。ヒットすると,対象をノックバックさせる効果もある

■ガトリングガン


 Aspdの高さが光る武器。ガトリングガンのスキルは,ハンドガンのスキルの習得が前提となっているので,ハンドガンと併用すると効率がいい。

巨大な火柱が発射方向へ向かって進んでいく3×10の範囲攻撃スキル。攻撃範囲内の一部の地面設置スキルを除去することも可能。ハイウィザードのガンバンテインとウォーロックのアースストレインが混ざったようなスキルだ
ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン
デスペラードやファイアダンスと同様に,自身を中心にダメージを与える範囲攻撃スキルで,ノックバック効果がある。スキルを最大レベルまで上げると,攻撃範囲は13×13まで広がる。対象をノックバックで壁などに衝突させると追加ダメージを与えられる
ラグナロクオンライン

■グレネードガン


 攻撃力は銃器のなかでもトップだが,Aspdが非常の遅いという特徴を持つ。これまでは専用のスフィアを使用していたが,今回のアップデートでバレットと共通化し,使い勝手は大幅に向上した。

クリムゾンマーカーを付与した対象に,ミサイルを撃ち込む単体向けの高ダメージスキル「ドラゴンテイル」。効果(射程)範囲は31×31とほぼ画面全体なので,対象が画面に入っているなら撃ち漏らす心配はない。ヒットしてもクリムゾンマーカーは消えないので,何度も撃ち込むことが可能だ
ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン

■トラップスキル

 リベリオンはトラップを任意で起動させる「フリッカー」というスキルも持つが,銃器と違い,トラップの威力をさらに上げるステータスはない。

踏んだ対象の移動速度を一定時間低下させるトラップスキル。フリッカーで起動させると,移動速度低下は解除され,HPに応じたダメージを与えられる。展開時間が短いのが難点かもしれない
ラグナロクオンライン
ラグナロクオンライン
グレネードガン装備時に使えるトラップスキル。対象に地雷を投げつけてダメージを与え,それをフリッカーで起爆させてさらにダメージを与えるという2段階のコンボスキルだ。起爆時は,対象を中心に5×5の火属性範囲攻撃となる
ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン

 以上がリベリオンの代表的なスキルだ。銃器とステータスとの組み合わせに関連があるため,いろいろな育成スタイルが楽しめそうだが,逆に「どんな感じで育てたらいいのか分かりづらい」という一面もある。とくに実装直後は,多くのプレイヤーが試行錯誤することになるはずだ。

 そこで,ひとつの育成例として,白川氏がハンドガンとガトリングガンを極めたタイプのキャラクターを提示してくれた。ステータスはDexをベースに,ガトリングガンスキルの威力が上昇するAgiを上げることで,回避も十分確保できる。モンスターが単体ならばハンドガンのスキルで,大量に出現する場所ならばラウンドトリップの連打で,敵を寄せ付けずに殲滅が可能だという。

次から次へと敵が湧いてくるアビスレイクで,それに圧倒されず敵を次々と倒していくリベリオン。かなり気持ちいい
ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン
ラグナロクオンライン ラグナロクオンライン

 実際に「アビスレイク地下洞窟 03」で試させてもらったが,確かにその想定どおりの使い心地だった。敵をノックバックさせるラウンドトリップは連打できるため,モンスターをまったく近寄らせずに全滅させることも可能で,もしものときは,バインドトラップを設置して距離を取る時間も確保できた。
 実際は,いきなりこんなプレイは難しいとのことだが,リベリオン実装と同時に実施されるイベントをこなすことで,同じとまではいかないまでも,それに近いプレイ感を得られる装備が手に入るという。

 今回,リベリオンの調整にあたり,栗山氏は「開発元の意向でGvGに特化した特殊効果を持つスキルが多かったので,GvGで新たな役割を担えるように調整した」と説明してくれた。もちろん,それだけにとどまらず,ラウンドトリップなどを使って狩りも快適になるよう調整を行っているので,幅広いスタイルで多くの人に楽しんでもらえるようにできたと話していた。

 これからリベリオンを作ってみようという人に対して白川氏は,「狩りに使いやすいスキル,GvGで使いやすいスキルと,スキルによってだいぶクセが強いのがリベリオンの特徴です。そこをうまく使い分けていくと良いと思います」とアドバイスしてくれた。


アップデートに関する裁量権が拡大。攻めの施策で動きは活発に


 続いて,この1年のROの取り組みや,今後の運営方針についてパートナー・パブリッシング本部の千葉亮一氏長澤誠吾氏,そして中村聡伸氏から話を聞けたので,お届けしよう。

(左から)千葉亮一氏,長澤誠吾氏,中村聡伸氏

 2015年5月に実装された「Episode:Memory Record 〜ジュピロスと眠る都市〜」から,大きなアップデートは8つを数え,その合間にも季節イベントなど数多くのイベントを行ってきたRO。この活発な動きの要因は,開発元であるGravityからガンホーに与えられる裁量権が大きくなったことが影響しているらしい。

 千葉氏によると,これまでアップデートはGravityと調整を行い,その返答次第でスケジュールや方針まで変更しなければならないことが多かったという。しかし,大きな裁量権を得たことでイベントに加えて,アップデートにおけるアイテムやバランス調整なども,運営チームの判断で行えるようになり,待ちではなく攻めの姿勢で施策を行えるようになったそうだ。

 もちろん,セカンドコスチュームなど,どうしても開発が主導にならざるをえないコンテンツはあるのだが,追加される新規アイテムの性能については自由に手を入れられるようになったという。
 千葉氏は,「13thアニバーサリーイベントで実装した『深淵の回廊』は,韓国ではGvGのギルドのZeny消費ダンジョンとして作られました。しかし,日本ではまったく需要に合いません。そこで,新モンスターを追加してもらい,討伐系のイベントダンジョンに作り替えてもらいました」と裁量権を得たことで実現した一例を紹介してくれた。ちなみに,「EPISODE:EDDA〜教皇と少女の目覚めない夢〜」は,「教皇」が日本で人気だからとGravityと協議したうえで制作してもらったという。
 このように,より日本のプレイヤー向けの調整が可能になり,実は今回実装されるリベリオンもこの恩恵が大きいとのことだ。


 13thアニバーサリーイベントで,ここまで自由にやらせてもらえるようになったこと,そして日本の運営チームの要望に応えてくれるようになった背景には,13年のサービスを経て開発元がガンホースタッフを信頼して任せてくれるようになったからだという。

 「約14年運営してきましたが,パブリッシャの枠を越えたコンテンツを作れるようになったことは,とても大きいと思います」と話す千葉氏。「ただ,イベントなどの責任は,より重くなりました」と苦笑しながら述べていた。
 そして,14年もかかってしまったが,ようやく理想的なデベロッパとパブリッシャの関係になったのではないか,と千葉氏は付け加えた。


ROを盛り上げる鍵は休眠プレイヤー。掘り起こすための数々の仕掛け


 さて,14年もサービスが続いたROは,これまでにかなりの数のプレイヤーを獲得してきたわけだが,当然,そのすべてが今もプレイを続けているわけではない。そこでガンホーは2015年に,そんなプレイヤーの掘り起こしにも手を尽くしてきたという。

 そのスタートとなったのが「Episode:Memory Record 〜ジュピロスと眠る都市〜」だ。千葉氏によると「絶対に『ジュピロス』を(アップデートの)名前に入れたかった」のだという。その後に実装した「ピラミッドナイトメア」「生体工学研究所:獄」,そして「旧フェイヨン復活」なども,かつてのプレイヤーのフックになるような名称を付けることを心がけたそうだ。

 なぜ,ターゲットが休眠プレイヤーなのだろうか。もちろん新規プレイヤーの獲得は重要だが,14年前にスタートしたゲームを新規で始めるのは,かなりハードルが高いだろう。そこで,既存プレイヤーや休眠プレイヤーに楽しんでもらい,その模様を外部に発信してもらう。それこそが新規を獲得する最善の手だ,という結論に達したという。

 その結果,定期的に新規プレイヤーは増えており,それ以上に復帰するプレイヤーも増えているという。ただ,かつてのROと,現在のROは結構変わっているところもあり,また社会人プレイヤーも多くなっている。そのため,ROらしさを崩さないように注意しながら,短い時間で十分楽しめたり,かつての装備資産を活かしてZenyを得られたりするような,「現代的で復帰しやすい」調整を加えているとのことだ。

 ところで,基本プレイ無料のタイトルが数多く存在するなかで,ROが月額課金制であることは新規を迎えるにあたって,ハードルにならないだろうか。千葉氏は「トライアルサービスなども実施しているが,確かに若干のハードルにはなっている」と話す。「未来永劫,月額課金制を続ける保証はない」とも述べていたが,少なくとも現在は残すべきだと考えているという。その理由のひとつとして,月額という安定的な収入があるからこそ,安定的な環境やサービスが維持できるということを挙げ,それがROのメリットでもあるとアピールしたいと話していた。

 では,新ワールドの実装など,新規獲得の施策はあるのかと千葉氏に聞いてみたところ,考えてはいるがどういう形で行うかはまだ思案中とのこと。安易にワールドを増やすと「こっちのワールドは人が少なくて困ってるのに,また新ワールドを立てるのか」といった批判も出てきてしまうからだ。
 もし新ワールドを立てるとなれば,ほかの企画と複合して,これならばいけるとなったときに実施するとのことだった。

 これまでのROの盛り上がりは,プレイヤーの協力も大きかったと話す千葉氏。現在は,二次創作ガイドラインを拡張し,ROのゲーム内BGMやガンホーが販売しているサントラCDなどの曲ならば,動画に使えるようにしているという。
 中村氏も「これまで雄一郎さんに描いてもらったROキャラのイラストなどが300点近くありますが,これもファンサイトキットにまとめて上げてあります」と話し,イラストや楽曲などROのコンテンツを自由に使ってもらい,新規プレイヤーや休眠プレイヤーに「現在のROで楽しんでいる姿」を知ってもらうのが理想だと語ってくれた。こういった,ゲーム以外の部分でプレイヤーをサポートする土壌作りは,2015年に力を入れた施策のひとつだったという。


エピソード16.1「英雄たちの宴」は年内実装予定。ワールド移動の新システムも企画中?


 今後のロードマップについては,今回紹介したリベリオン実装後,韓国でエピソード16.1「英雄たちの宴」と呼ばれるアップデートを年内に予定しているとのことだ。その続編となるエピソード16.2も韓国では実装済みだが,こちらは来年になる予定という。このほかに韓国では実装済みだが,日本への導入が見送られているものもある。それらがどういう形で日本で実装されるかも調整しているが,現時点では大きなアップデートの予定は「今のところ」ないとのことだった。

 もちろん,その間にイベントなどは随時行っていく予定で,あまりプレイヤーが行かなくなったダンジョンなどのテコ入れとして,新アイテム導入などの調整を行い,誘導するようなイベントを実施する予定だという。

 ほかにもプレイヤーの要望にはなるべく応えたいと話す千葉氏。代表的なものとして「ワールドを移動する」システムを挙げ,現在はちょっと難しいがいくつかアイデアが出ていて,いずれ実現するかもしれないとのことだった。「ついにROもチャンネル制導入か?」という期待や,「それだとGvGはどうなる?」といった疑問が浮かんでくるが,それらについては運営も検討しており,また解決したとしても開発の協力が不可欠なので,いつ実現できるかは明言できないとのことだった。続報に期待したいところだ。


ガンホーフェスティバル2016にROも出展。リベリオン実装時には育成キャンペーンが始動


 2015年は「LORD of VERMILION ARENA」との大型コラボ(関連記事)で話題を呼んだROだが,今年もコラボがあるのか聞いてみたところ,残念ながら予定はないという。逆に「ROでよければ,いつでもお声がけください」とアピールされてしまった。このアピールには,日本のPCゲームに対する危機感もあるという。PCゲームの需要が無くなるとは思っていないが,現在はスマホゲームが全盛で,PCゲームはあまり勢いがない。だからこそ,ほかのタイトルと協力して,盛り上げている姿を見せたいとのことだった。

ラグナロクオンライン

 また,5月26日に千葉の幕張メッセで開催される「ガンホーフェスティバル2016」に,ROと「エミル・クロニクル・オンライン」(以下,ECO)が参加するとのことだ。なおROに関しては,大会,カンファレンスステージなどが出展されるわけではなく,ポリン玉入れや,専用ダンジョンをプレイするミニゲームコーナーでの参加になるとのこと。

 では,単独で何か実施しないのかと聞いたところ,現在はRJCやROファン感謝祭などのオフラインイベントの予定はないという。長く続いてきたRJCがないのが残念だが,それについてRWC制覇の実績がある栗山氏は,「RJCを始めとした大会みたいなものは継続したほうがいいと思っていますが,求められているものが毎年変化していると思います。当時は『ゲームで戦う』というRJCは斬新でしたが,いまではほかのタイトルでもやっていて,新しいものじゃありません。率先して新しいことをやってきたROのコンテンツの歴史から考えると,ここで僕らが新しい『何か』を考え,実施することのほうがROらしいんじゃないでしょうか」と答えてくれた。

 その新しい「何か」については,栗山氏がいくつもアイデアを出していて,そこから一番良いものを取捨選択しているところだと千葉氏が明かしてくれた。それほどの案が出ているのも,裁量権を得たことで,運営スタッフのテンションが上がった影響とのことだった。

 今後,何か面白いイベントなどを考えて,それが実現できるとなればオンライン,オフラインを問わずイベント開催も視野に入れるとのことなので期待したい。

 そして中村氏から,リベリオン実装と同時にリベリオンの育成イベントを実施することが伝えられた。期間は約4週間で,これから新しくキャラを作成して育成を始めても,BaseLv130ぐらいまで育ち,必要な装備品がある程度集まるとのことだ。
 同時にリベリオン用の追加コンテンツが楽しめる,月額利用権とセットになったパッケージ販売も行う予定だという。この追加コンテンツは,クエストクリア時に支給される武器が増えたり,いつでもステータス/スキルリセットができようになったりと,かなりお得な特典のようだ。


 最後に,アップデートについて説明してくれた白川氏と栗山氏も交えて,2016年下半期のROに期待するファンへ向けてメッセージをいただいたので,それを紹介しよう。

長澤氏:
 昨年から,日本のプレイヤーさんが最大限楽しめるように,徹底的に面白いものを入れてきました。今が一番ROが面白い時期だと思います。ぜひ皆さん,ログインして遊んでみてください。一緒に楽しく遊びましょう!

栗山氏:
 今回のリベリオンは,大きな裁量権をいただいて調整した,初めてのアップデートとなります。今までは日韓で遊び方が違うため,日本では使いづらいスキルもありましたが,今回はどのスキルも日本のプレイヤーさんが楽しめるように仕上がったと思います。育成キャンペーンもありますので,ぜひリベリオンを使ってみてください。

白川氏:
 3次職アップデートやホムンクルスSに続いてリベリオンのスキル調整を行わせてもらいました。正直,裁量権のおかげでやりすぎたかな,と思うぐらい攻めの姿勢でやれました。栗山にはだいぶ苦しい調整を迫ってしまったかもしれませんが,ガンスリンガーを使っていた人はもちろん,初心者も楽しめるクラスになったと思います。ぜひ,5月17日を楽しみにお待ちください。

千葉氏:
 14年間,運営を続けてきて,プレイヤーさんとパブリッシャとデベロッパの関係が,かなりいいところまで持ってこれたことは,光栄だと思っています。この良い関係をこのまま続けていくことが我々の使命だと思ってます。いまだにROみたいなゲームやりたいね,という話はよく聞きますが,ROはまだやってるんです(笑)。
 ROみたいなゲームはROしかありません。それを自信を持って言えるように全力で取り組んでいきたいと思いますし,そう思っていただいているプレイヤーさんには安心して遊んでもらえるようなサービスを続けていきたいと考えています。これからもプレイヤーさんとROを一緒に盛り上げ,遊んでもらえたらと思います。

中村氏:
 リベリオンは初めてROをプレイする方も,転職準備をして待ち望んでいた方も,どちらも目いっぱいお楽しみいただける職業になっています。遊びやすく,とことんこだわれるリベリオンを,ぜひ体験してみてください。

「ラグナロクオンライン」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ラグナロクオンライン

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2017/02/21)
ラグナロクオンライン ビギナーズパッケージ2012
Software
発売日:2012-02-28
価格:139円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月22日〜02月23日