オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/12/27 21:00

企画記事

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



マーベラスAQL
デジタルコンテンツ事業部 CSコンテンツ事業部 コンシューマ制作部 デベロップメント・マネージャー
岡村 光

代表作:「ソウル・サクリファイス」「ラストストーリー」

写真は2013年3月に行われたイベント時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Tearaway 〜はがれた世界の大冒険〜」(PlayStation Vita)
PlayStation Vitaというハードを隅から隅まで使い切った、とんでもない作品だなと。
ただ歩いているだけで気持ちの良いスタンダードなアクションゲームな部分もありつつ、新しい体験ができる気持ち良さを久々に感じさせてくれました。
「紙」世界も圧巻で、デザイナーの視点でみても、とても作りこまれているグラフィックにただ、ただ感動しながら遊んでしまいました。
2014年は、こんなポップでカワイイゲームも、たくさんでてきて欲しいですね。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ドラマ「あまちゃん」です。
朝の連ドラを今ままであまり見ることがなかったのですが、2013年は、どっぷりとハマってしまいました。
登場人物が本当に魅力的でまるで自分の親戚のような感覚になってきたところでの後半の「ある出来事」が起きた時の感覚は、エンターテイメントコンテンツでは体験したことのない複雑な感覚でした。
そして、それを平然と力強く乗り越えていく、主人公、家族、人々がとても印象的で、印象深かったドラマです。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

脚本家の「古沢良太」さんです。
2013年の後半は、ドラマ「リーガルハイ」の凄まじい数と切り口のセリフの脚本に、毎週、熱くなっていました。
映画「寄生獣」の脚本もやられるということで、今後のご活躍も楽しみでなりません。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

3月7日発売の「ソウル・サクリファイス デルタ」に向けて、12月12日に配信を開始した体験版のご意見を、全力で組み込み中です。
SCEさん、comceptさんとともにマーベラスAQLの開発スタッフ一同、ぎりぎりまで作り込んでいきたいと思っております!
2014年も「ソウル・サクリファイス」を宜しくお願い致します!

「ソウル・サクリファイス デルタ」(PS Vita
(C)Sony Computer Entertainment Inc.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



マーベラスAQL
デベロップメントディレクター
鈴木一徹

代表作:「ソウル・サクリファイス」

Twitterアカウント:@ittetsusuzuki
写真は2013年3月に行われたイベント時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「メタルギア ライジング リベンジェンス」(PlayStation 3)
カッコイイの純度に衝撃。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「風立ちぬ」
鑑賞後にあれほど語り合うことができた映画は久しぶりでした。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

宮崎駿監督
最後の(と言われている)長編映画でどの作品よりも考えることを与えてくれた。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

少しでも「面白い」と思っていただけるように、2014年も全力で駆け抜けます!

「ソウル・サクリファイス デルタ」(PS Vita
(C)Sony Computer Entertainment Inc.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



マーベラスAQL
爆乳プロデューサー
高木謙一郎

代表作:「閃乱カグラ」シリーズ

Twitterアカウント:@kenichiro_taka
写真は2012年8月に掲載されたインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「グランド・セフト・オートV」(PlayStation 3 / Xbox 360)

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品
一通りストーリーをクリアして改めて思ったのは、1秒も退屈だと思った時間は無かった事です。アクション部分もカットシーンのどれもが楽しく、長距離の移動も全く苦にならずにもっとこの街の色々な場所を見てみたいと底知れぬ世界に魅了され続けました。
クリア後に再び街に降り立って車を走らせてる時に「あぁ、あの刺激的な日々はもう終わったんだ・・・」と寂しさを覚えたのも不思議な感覚でした。

「パシフィック・リム」
自分が20代までの頃にはきっと斜に構えて、あそこがダメだここが弱いだなんだと語っちゃいそうな内容ですが、いいんです細かい事は。
これぞ娯楽映画といいますか、色々無茶苦茶だけど勢いで大胆に押し切られる楽しい2時間。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

――

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

年明け1月8日に2014年『閃乱カグラ』いっぱい宣言と題して爆乳ハイパー発表会を行います。前作の発売より今回の発表まで少々お時間を頂きましたが、非常に濃密なお知らせが出来ると思ってます。その他にも発売タイトルが来年は控えてます。これは新しいチャレンジのタイトルですが、順調に仕上がってきているのでご期待ください!
では、来年も閃乱カグラシリーズ及びマーベラスAQLをどうぞよろしくお願いします!

「閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-」(PS Vita
(C)2013 MarvelousAQL Inc.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



マーベラスAQL
執行役員/CSコンテンツ事業部 事業部長兼CCO
はしもとよしふみ

代表作:「牧場物語」シリーズ、「ルーンファクトリー」シリーズ、「朧村正」

写真は2013年3月に行われたGDC 2013での講演時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「グランツーリスモ6」(PlayStation 3)
ここまで続いているタイトルであり、前作からUIやその他こんなに変えるのは勇気のいる事だと思います。
ある意味やりやすさであったり、わかりやすさであったり、お客さんの事を見て変更しているんだろうと思える部分が多々あり、個人的には続編の考え方として素敵だと考えます。
続編って難しいんですけど、どこを伝えるのか共有出来ていたのだと思います。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「艦これ」でしょうか。
色々な所で耳にするコンテンツが新たに誕生した事はすごく喜ばしい事だと思いますし、他社ながらに拡がっていって欲しいと思っています。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

「虚淵 玄」さんがどういった事をされるのか楽しみにしていました。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2013年も忙しくも楽しい日々が終わり、2014年となります。
まずは「牧場物語 つながる新天地」、そして「ヴァルハラナイツ3 GOLD」と両極なゲームを発売させて頂きます。その後もいくつか仕込んでいるものがあり、発表そして発売まで出来るとよいなと思っています。
かなり力を入れているタイトルですので、お楽しみに!中には、ビックリするのもあるはずです。

「牧場物語 つながる新天地」(3DS
(C)2013 MarvelousAQL Inc.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



モス
代表取締役
駒澤敏亘

代表作:雷電シリーズ、「カラドリウス」他

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「艦隊これくしょん -艦これ-」(PC)
ブラウザソーシャルのプレイ満足度を、ゲーム内課金だけでなく、マーチャンダイジングによる収入展開にまで広げた理想的なモデルだと感じる。 最近の遊技機もそうだが、射幸性一辺倒ではなく、好意を持って永く遊んでもらうことでユーザーの愛着を生んでこそ、メーカーにとっても様々なビジネス収入が長期に見込めるのだと思う。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「パシフィック・リム」(映画)
日本お家芸ともいえる巨大ロボット&怪獣プロットの優れた点を綿密に理解し、深層心理で観たかった映像をここまで精密に再現したデルトロ監督にただただ脱帽・・・。 興行収入だけでは測れない草の根マーケティングが今後のビジネス展開を生むのでは。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

ハナブサ ノブユキ氏
CGの進化において、高解像度&高精彩という正統進化とは別に、インタラクティブな進化形としてプロジェクションマッピングやパフォーマンスを融合したそのクリエイティブには感動を覚える。 今後ライブやパフォーマンスにおけるCG活躍の場が、いままでのVJ以上に広がると思う。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今後もMOSSではSTGゲームを基調としながらも、決して様式に捕らわれることのない「ニヤリ」としてもらえるコンテンツを提供していきたいですね。

「カラドリウス(Caladrius)」(Xbox 360
(C)MOSS Co.,LTD. ALL Rights Reserved.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



モス
ディレクター
星野 仁

代表作:「カラドリウス」「雷電IV」

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「モンスターハンター4」(ニンテンドー3DS)
基本同じ事を繰り返すゲームなのでシリーズを重ねると飽きが出やすいジャンルにもかかわらず、立体的な地形での戦闘やモンスターに乗るなどのゲーム性を破壊しかねない所に手を入れそれを見事に面白く作り上げている点に非常に感心しました。ファンも多く既に完成されたシステムのあるゲームに手を入れるとバランスが壊れたりユーザーから非難を受けたりする可能性があるので躊躇するものですが素晴らしい英断だったと思います。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」(映画)
上映を待っていたというのもありますが、美しい映像や二転三転する物語、劇団イヌカレーによる魔女の演出、どれをとっても完成度の高いアニメ映画だと思います。また様々なプロモーションなどによる話題性の高さなどもこの手のアニメで群を抜いていると感じました。あとキュゥべえが可愛いです。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

石田祐康監督
YouTubeで「フミコの告白」を初めて見たときからそのスピード感あふれる映像とセンスに驚きその後も注目していたのですが、今年劇場デビュー作である
「陽なたのアオシグレ」ではさらにそのセンスが磨かれていたので若く勢いのある
アニメ監督のこれからを楽しみにしています。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。
弊社はシューティングゲームが得意な会社ですが、シューティング業界自体が大分長く冬の時代が続いています。ただ簡単で奥の深いジャンルだと思っていますのでこれからもシューティングを作り続けていこうと思っています、2014年はまずPS3で雷電4OverKillカラドリウスを発売する予定ですので今後ともよろしくお願いいたします。

「カラドリウス(Caladrius)」(Xbox 360
(C)MOSS Co.,LTD. ALL Rights Reserved.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン
日本担当部長
大前広樹

代表作:Unity 4.3

Twitterアカウント:@pigeon6 @unity_japan
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

2013年は、僕にとってはなによりもインディーズゲームがアツかった年でした。中でも今年3月に開催されたbitsummitMMXIII で出会ったアスタブリードにはずっと心を奪われっぱなしで、フィロソマの熱烈なファンである自分にとってクリーンヒットであるだけでなく、少人数のチームでできることの概念を根底からぶっ壊してくれた作品です。実はまだ発売されていないのですが、先日無事マスターアップされて12月31日にコミックマーケット85にて発売されるとのことなので、ギリギリ今年のゲームということで!

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

まずなんといってもVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)の本命、「Oculus Rift」でしょう!体験するともう戻れない衝撃があります。VRHMDはガッツリ系のゲームの体験を根底から変えてしまうと思います。また、VRHMDで表現を追求しようと思うと、フルHDどころか4k2kでもまだ足りないと思われるほど解像度が必要になるし、フレームレートも60fpsでは足りないという研究結果が出ているので、PS4やXbox Oneといった新世代のハードが活躍する場面が出てくるのではないかと思っています。そんな「Oculus Rift」ですが、2014年1月11日〜12日の「アキバ大好き!祭り」で体験できるようなので、年始には是非足を運んでみてはどうでしょうか。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

まず、前述の「Oculus Rift」と様々なデバイスを組み合わせてミクさんとバーチャル握手ができる「Miku Miku Akushu」といったぶっ飛んだ作品を次々と実現させている@GOROmanさん、それからOculus Festival in Japanを主催してOculusの楽しさをバンバン勢力的に広めている桜花一門さん(@oukaichimon)に注目しています。今にあちらがわの3次元の世界に行っちゃうんじゃないかというハラハラ感も込みで目がはなせません。あとはずっと注目しているCamoflajの「République」が米国でリリースされたので、来年は日本語版が出るといいな!

もう一つは、「ゲーム実況」。今年の東京ゲームショウでは「インディーズゲームフェス」というでっかいイベントをやることができまして、多くのお客様に楽しんでもらう事ができたのですが、その時にゲーム実況という文化が大きく花開いていることを感じました。いまはまだ実況自体に対応しているゲームというのは少ない印象ですが、これからのゲームの楽しみ方を考える時には無視できない重要な文化だと感じています。

最後にもう一つ!外せないのが、DMM.com。『ああ、なんだ、また「艦これ」か』って思いました?僕の注目は、DMMのオンデマンド3Dプリントサービス。TGSのインディーズゲームフェスで紹介した作品に「Space Qube」というゲームがあるのですが、このゲームはゲーム中に自分で作成したモデルをオンデマンドでプリントして購入できる機能がついていて、しかも思わず欲しくなるほどクオリティが高い!そんな夢の機能が日本でもさまざまなゲームで実現できる日が近いと感じます。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

 ありがたいことに2013年もますます個人・企業のデベロッパーの皆様にご支援頂き、それに答えるべくねりゃー!うおー!って感じで活動してまいりました。今年もたくさんのゲームでUnityが利用されるなか、PS3ではソニー・コンピュータエンタテインメント様の「rain」、スマートフォンではスクウェア・エニックス様の「ドラゴンクエストVIII for スマートフォン」、コロプラ様の「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」など、象徴的なタイトルが続々と日本でもリリースされ、いよいよ日本の開発者さん達にも本格的なノウハウが溜まってきているな!と実感しています。Unityも2D機能や様々なプラットフォームのサポートなどどんどん機能が強化されていく中、Unity県人会議ユニティちゃんという新しい取り組みを始めて、より「だれでもゲームを作れる世界」に近づき、皆さんのゲームライフがちょっとでも楽しくなるよう頑張っていきます!あと2014年は自分のゲーム出します!ぜったいだ!

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「Unity 4.3」(ミドルウェア/開発ツール
Copyright (C)2013 Unity Technologies Japan G.K. All Rights Reserved
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



レジスタ
プランナー、ディレクター、プロデューサー
中澤 工

代表作:「ルートダブル Before Crime After Days」、infinityシリーズ初期3作

Twitterアカウント:@nakazawatakumi
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「君と彼女と彼女の恋。」(PC)
 プレイビュー企画(発売前にニトロプラスさんが実施したレビュー企画)に参加させてもらった時にプレイしたのですが、その大胆なコンセプトや仕掛け,18禁タイトルならではのモチーフ選びに、大いに感銘を受けました。
 「まさにこれは18禁でなければ描けないものだ」と感動すると同時に,「ゲームでなければ描けない物語を作り続けたい」と心に決めている僕には、その姿勢も心動かされるものがありました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「半沢直樹」(TVドラマ)
 「ありえねー」と内心突っ込みを入れながらも、その痛快なエンターテイメント性に魅せられ興奮して3か月間毎週食い入るように見てしまいました。現代で求められるエンタメ性のあり方の1つがここに表れていると思いました。

「パシフィック・リム」(映画)
 「ありえねー」と内心突っ込みを入れながらも、その痛快なエンターテイメント性に魅せられ興奮して132分間食い入るように見(以下略)

<質問3>2013年に,個人的に注目した(している)人物

ジェフ・ベゾス氏(Amazon.com創設者/CEO)
 皆さんご存じの、世の中がもっと住みよい世界になるような新しいサービスを現在進行形で生み出し続けている会社「Amazon」の代表です。
 そのロゴが示すようにA→Zまで……まさにAmazonで買えないものがなくなる日を目指している会社とも言えます。その日は遠くない気もします。本気でそう思えるくらい毎年急拡大しています。

 Amazonは決算発表で毎期赤字なのに、投資家からは拍手喝采で迎えられるという奇妙な会社らしいです。
 なぜならその大きな収益をほとんど次なるサービスの投資に回しているから。
 わくわくする夢と、絶大な信頼。
 あらゆる人々(ユーザーにも投資家にも)に夢を見させる――我々が作るゲームも、そういうものでありたいものです。

綾瀬はるかさん(女優)
 これまで,それほど関心のない女優さんだったのですが(すみません)、今年のNHK大河ドラマ(「八重の桜」)を見て、その演技と表情にすっかり魅せられてしまいました。
 今更ながら、ものすごい女優だなあ、と思いました。これからも注目し続けます。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

 個人的集大成といえる作品「ルートダブル」をリリースしたことで、僕としてはひとつの節目がついたと思っています。
 ということで,これからは少し方向性を変えたものに挑戦していきます。
 現在進めている企画が複数タイトルあるのですが、どれも、これまでの固定観念やお約束から少しずつ脱却しようとしています。
 過去の作品で受け入れられたことも、もちろん忘れませんし、踏まえてもいきますが、それに囚われすぎないよう、新しい面白さや、これまでと違った遊び方の手法を見つけ、ご提案していきます。

 どの作品も発売はまだまだ先になりますが、2014年内の発表を目標に企画・制作しておりますので、お披露目の際は是非ご注目よろしくお願いいたします。

「ルートダブル -Before crime After Days- Xtend Edition」(PS3
(C)イエティ/Regista
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



レベルファイブ
第4制作統括部 ゼネラルマネージャー
イシイジロウ

代表作:「タイムトラベラーズ」「428 〜封鎖された渋谷で〜」

Twitterアカウント:@jiro_ishii
写真は2013年11月に掲載した座談会時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「パペッティア」(PlayStation 3)
こんなゲームが日本発で出て来たのが誇らしいです。ゲームとして良質で大変作り込まれていながら、舞台ネタという斬新さでも勝負している。
シナリオが「街」に参加している岩片烈さんというところも注目ポイントです。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

舞台『人狼 ザ・ライブプレイングシアター』
まさかゲームをプレイする事がこれほどエンターティンメントになるなんて!
まさに今年はこの『人狼 ザ・ライブプレイングシアター(TLPT)』のお陰で人狼に振り回された1年でした。
演劇、いや物語に関わる人間は一度観るべきと言いたい。夢見ていた物語生成装置がそこにあります。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

堺雅人さん。ベタですが。
個人的には役者さんに注目すると言う事はあまりないのですが、さすがに今年は凄すぎた。
2012年のリーガル・ハイ→半沢直樹→リーガルハイと堺雅人さんばかり見ていた気がします。
『タイムトラベラーズ』でも挑戦したのですが、台詞をテンポアップした芝居作りが最近の自分の演出のテーマでした。堺雅人さん。凄い。理想を体現しています。2014年も引き続き大注目です。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

僕自身初挑戦となるスマホゲーム『魔神STATION』を開発中です。
ハイクオリティかつ実験的な作品に仕上がってきていると思います。今暫くお待ちください。

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「タイムトラベラーズ」(PS Vita / 3DS / PSP
(C)2012 LEVEL-5 Inc.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



レベルファイブ
第4制作統括部 ゼネラルマネージャー補
菅野 敦

代表作:「ファンタジーライフ」※ディレクター

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Cookie Clicker」(PC)
2013年リリースでは一番衝撃を受けた作品。
おばあちゃんの手で無限に焼かれるクッキーと世界規模で浪費される時間、そして無課金というゲームデザイン(?)に混乱と感銘を受けました。

果てはポータルやらタイムマシンやら反物質コンデンサでクッキーを焼く、という世界観もかわいくて好きです。

近年スマートフォンの爆発的なヒットがありますが、並行してSteamのタイトル群や「League of Legends(リーグオブレジェンド)」「艦これ」などのPCゲームの動きにも非常に注目しています。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「Gravity(邦題ゼロ・グラビティ)」
グラビティ以前と以後では「SF的な表現」の意味が変わってくるだろうなと思わせるくらい無駄なく研ぎ澄まされた宇宙の美しさと怖さが共存する映像。

「宇宙と人、そして地球」というシンプルなテーマをリアリティを持ったフィクションとして完璧に描き切ったクリエイティブにエンターテイメントの本質を見たように思いました。

「宇宙体験」アトラクションとしても一級品かと思いますので3Dで見れる機会があれば是非。(そういえば前年のインタビューで「宇宙行きたい」と書いていましたがこの映画である意味叶ったような)

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

吉浦康裕さん
アニメ作家さんです。
今年は「サカサマのパテマ」という映画を公開されていました。

描かれる視点や世界観が好みで、初期のほうの作品「ペイルコクーン」などからこっそり注目させてもらっていたのですが、今回の「パテマ」では「見たこともなかった世界を作り出す」といったアニメーションの素晴らしさや「自分の描きたいものを思い切り描く」というクリエイティブにおけるシンプルな気持ちの大事さに気づかせてもらったりとても刺激を受けました。

今後の作品にもとても注目しているクリエイターさんです。
(…そういえばこれも重力がテーマですね)

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年は「つながる」をテーマにネットワークに対応した「ファンタジーライフ Link!」をリリースさせてもらいました。開発チーム一同ユーザーのみなさんの「もっと遊びたい」という声にできるかぎりお答えしたつもりですが…その期待に応えられていればうれしく思います。

また、まだ言えないのですが、もうひとつ新しいアプローチでのチャレンジを行っております。

「予想は裏切りつつも、期待には答える」そんなクリエイティブになればと思い、一同頑張って仕込み中ですのでこちらもお待ちいただければと思います。

「ファンタジーライフ LINK!」(3DS
(C)2013 LEVEL-5 Inc.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



レベルファイブ
代表取締役社長/CEO
日野晃博

代表作:「レイトン教授」シリーズ、「イナズマイレブン」シリーズ、「妖怪ウォッチ」「ワンダーフリック」

Twitterアカウント:@AkihiroHino
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」(PC / PS3)
感心されられたというか、ずっとはまってます。世界にずっといたくなる居心地の良さと言うか。
作る側の意気込みも伝わってきますし、ゲームシステムの中に含められた制作側とプレイヤーとの駆け引きが面白いです。
「やる側」としても「作る側」の視線でも非常に興味深い点が多いので、製作者としてジェラシーを感じながらプレイヤーとして存分に楽しんでます。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「パシフィック・リム」
ひとこと『すごい!』製作スタッフは、ロボット物のくすぐりどころをわかってんなーと感じました。日本人が持っているスーパーロボットの良さをそのままにハリウッドの規模とセンスが爆発しています。
これこそエンターテイメント!
こんな作品をもっと見たい!そう感じさせてくれる作品です。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

いっぱいいますが、特に誰とは特定できませんw
秘密ということで。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

とにかく、新しいことをしたいと考えています。
スマートフォン、レイトン教授やイナズマイレブンの新生化。
コンシューマーゲーム業界が伸び悩む中、やはり業界には『新しいゲーム』が必要だと思います。
ユーザーの皆さんの度肝を抜く新作をつくってみせますので、期待していてください。

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「レイトン教授と超文明Aの遺産」(3DS
(C)2013 LEVEL-5 Inc.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「ワンダーフリック」(iOS / Android
(C)LEVEL-5 Inc.

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「妖怪ウォッチ」(3DS
(C)2013 LEVEL-5 Inc.



レベルファイブ
執行役員 第2制作統括部 ゼネラルマネージャー
本村 健

代表作:「妖怪ウォッチ」「二ノ国」(※ディレクター )

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「グランド・セフト・オートV」(PlayStation 3)
恐ろしい物量とクオリティの高さに圧倒されました。
ゲームとしても大変面白く、いちユーザーとして、こんな凄いゲームを遊ぶことができて
ただただ感謝です。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「風立ちぬ」
自分の置かれた環境の中で、自分が出来ることを精一杯やろうというメッセージを感じ
これから仕事を続けていくうえで、とても勇気づけられました。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

いがらしみきお
注目していた漫画「I【アイ】」が完結し、胸がいっぱいになりました。
現実とフィクションが絶妙なバランスの素晴らしい作品だと思います。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

日常っぽさや、バカバカしさをいかにゲームに盛り込むかを真剣に考えて制作しています。
不思議で、ちょっとゆる〜い妖怪ワールドをぜひ体感してみてください!

「妖怪ウォッチ」(3DS
(C)2013 LEVEL-5 Inc.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「二ノ国 白き聖灰の女王 オールインワンエディション」(PS3
(C)2012 LEVEL-5 Inc.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



声優・ナレーター
磯村知美

代表作:「BLAZBLUE」シリーズ マコト=ナナヤ役、「バカとテストと召喚獣」シリーズ霧島翔子役

Twitterアカウント:@isocchi_la_al
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンズクラウン」(PlayStation 3 / PlayStation Vita)
久しぶりのベルトスクロールアクションというジャンル!そして私が好きなヴァニラウェアさんの開発!「あ〜、学生時代遊んだわ〜!」という懐かしい気持ちと「今の時代だとこうなるんだ!」という感動を受けました。ヴァニラウェアさん特有の美しいグラフィック、独特のタッチ、魅力あるキャラクターの動きなどの素晴らしさは言わずもがな。キャラクターの名前を‘ローマ字を組み合わせる’事によってカタカナ等を表現できるシステムが面白いなと思いました。・・・でも、私「イソッチ」が文字数制限で作れなくって「イソッ」になってしまったので、またこういうシステムを使った作品を発売される際は文字数増やして頂きたい!あとパッチ配信での修正が多くて遊びやすく進化していくのが、正直こんなに修正してくれていいの?!と思ったぐらいです。長くユーザーさんに楽しんで貰いたいという心遣いも嬉しいですよね。
Vita版『朧村正』も発売されて、あのヴァニラウェアさんから1年に2作品も発売される・・・だと?ざわ・・・ざわ・・・(いい意味で)という感じで個人的には2013年はヴァニラウェアさんの年でした。
Vita版『朧村正』もDLコンテンツの配信があと3つありますしこちらも楽しみですね!
そしてこのコメントの締切と発売日が被ってしまったのですが『ドラッグ オン ドラグーン3』も期待していたタイトルなのでこれからプレイしたいと思います。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』ですね〜。
テレビ版であの終わり方をしたら何を続きとして描いても納得出来ないんじゃないかという思いを粉砕してくれました。実際、途中までは「う〜ん」という感じで観ていたのですが、終盤の盛り上げとラストの余韻がツボだった作品です。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

上田文人さん。PS4発売に合わせて「トリコ」来るかぁ・・・?!と固唾を飲んで見守っていました。2014年も見守っていきます!!

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

最近は気が付くと気になってたゲームが発売されていて、なかなか消化出来ずに増えていく一方!という悪循環だったので、快適なゲームライフが送れるようにしたいです。時間に追われてプレイするのも楽しめないですし難しいですよね!
2013年は「BLAZBLUE」最新作「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」が発売され、秋からはTVアニメ「BLAZBLUE ALTER MEMORY」も放送され、私が演じさせて頂いているマコトが皆さんの目に触れる機会が多く嬉しかった年でした。いよいよ「BLAZBLUE」は次回作で完結ですね!完結まで見届けて下さい!!



作曲家
伊藤賢治

代表作:サガシリーズ、聖剣伝説シリーズ、「パズル&ドラゴンズ」など

Twitterアカウント:@itoken0705
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

――

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

――

<質問3>2013年に,個人的に注目した(している)人物

今更ながらですが、大泉洋さんです。
勿論数年前から存じてはいますが、今年は特に「水曜どうでしょう」の最新作だったり、彼が出演されている映画もとても興味があり、時間が出来たらチェックしたく思います。

<質問4>2014年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2014年は、1月にライブ『One Night Re:Birth Again』、3月に『沖縄ゲームタクト』、それ以降もいくつかのライブイベントの企画もあり、ミュージシャンとしての活動も更に増えそうです。
もちろん楽曲制作も正月を過ぎたらすぐに始めるほどのスケジュールなので、今後とも宜しくお願い致します!



ゲームデザイナー
上田文人

代表作:「ICO」「ワンダと巨像」

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Clumsy Ninja」(iOS)
個人的に楽しんだゲームタイトルは『ウォーキング・デッド』、『The Last of Us(ラスト・オブ・アス)』、『ピクミン3』などありましたが、感心させられたと意味でこれにしました。
リリースされたばかりなので、実はゲーム内容の深くまでは、わからないですが、ただただ、プロシージャルアニメーションの品質に、しかもiOS上で、というところに感心しました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

『亀田音楽専門学校』
日本のポピュラーミュージックにおける制作テクニックをわかりやすく解説する番組ですが、音楽のみに限らず、創作全般に通じていること、ひいては、日本のものづくりや創作とは、ということを、これまで以上に意識させられました。
それ以外ではHMD『Oculus Rift』、映画『かぐや姫の物語』が印象深かったです。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

『飯野賢治』
僕が、ビデオゲーム開発の世界に入るきっかけであり、自分でゲームデザインをしようと思ったのも飯野さんと仕事をしてからでした。
いつかまた、一緒に制作がしたかったな、と思っていただけに残念ではありますが、これからも彼を意識しながら仕事をしていくと思います。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

できるだけ早くに、何かしらアップデートができればと思っています。



声優
岡本信彦

代表作:「青の祓魔師」奥村燐、「とある魔術の禁書目録」シリーズ アクセラレータ、「バクマン。」新妻エイジなど

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ポケットモンスター X・Y」(ニンテンドー3DS)
ポケモンはいままで2Dが基本だったのですが、今作から立体的になりました。バトルのモーションも新鮮で、いろんな技を覚えては使ったりしていました。強いポケモンを産むのが前作よりかなり楽になったり、新ポケモンのおかげで対戦がさらに熱くなったり、サナが可愛かったりと全てが最高です!

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

将棋の電王戦です。コンピュータVSプロ将棋棋士というイベントだったのですが、5戦やって1勝3敗1分という初めて人間が負けるという結果になりました。正直まだ負けるわけないと思っていたのでショックでした。コンピュータが遠くない未来に違和感なく感情的なしゃべりをする時代がくるんじゃないかとまで思わされました。それでも人間のほうがいいんだと信じたいので、次の電王戦に期待しています。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

マフィア梶田

どんどん強まってます。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年は大好きなポケモン関連の仕事や将棋の仕事ができました。嬉しいことに手紙でもポケモンや将棋をやる方が増えているのでいつか対戦したいですね。好きといっているもので仕事をさせていただけるのはとても光栄なことです。アニメのほうも昔からやりたかったスポーツものをやりますのでぜひ観てください。



株式会社ジンテーゼ代表取締役、作家
北島行徳

代表作:「428〜封鎖された渋谷で〜」、「閃乱カグラ」シリーズ、「ケイオスリングス」、「タイムトラベラーズ」、「レイトン教授VS逆転裁判」、「逆転裁判5」など

Twitterアカウント:@y_kitajima
写真は2012年8月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「TOMB RAIDER」(PlayStation 3 / Xbox 360)
ただの女子大生がこれほどまで酷い目に遭うゲームがあったでしょうか。
主人公のララはいつも傷だらけの血だらけで、QTEをミスれば首を絞められて殺されます(すごくリアルに)。
目を背けたくなるグロい演出もあって、B級ホラー並みに趣味が悪いのですが、最後までプレーをすると印象が変わってきます。
その残酷さを積み重ねたからこそ、1人の女性冒険家の誕生が熱く描けているのです。

タイトル名:「ドラッグ オン ドラグーン3」(PlayStation 3)
このアンケートの締め切り日にプレーを開始したので未クリアなのですが、狂気とコントが入り混じったシナリオは冒頭だけでもサイコー。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生
今年の漫画では一番印象に残りました。自意識と表現欲求に人生振り回されるとどうなるのか。サブカルにはまった人たちの悲喜劇です。私もどっちかというとサブカル側にいた方なので、大笑いして読みつつも、どこか胸の痛みを感じてしまいました。ちょっとだけ救いがあるラストもいいです。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

黒沢
実在の人物ではなく漫画のキャラなのですが……。「最強伝説 黒沢」の続編「新 黒沢」の主人公です。
行く末が気になると言う意味では、この54歳のおっさん以上の人物がいるでしょうか。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

いくつものゲームシナリオを手掛けているので、来年もたくさん発表されると思います。まずは年明け1月8日にはニコニコ生放送で「閃乱カグラ 」シリーズの新展開について発表があるようです。
ヤングジャンプでは「ハマトラ」を引き続き連載、4月からはアニメ「極黒のブリュンヒルデ」(原作・岡本倫)のシリーズ構成と脚本を担当します。



シナリオライター/チームグリグリ取締役
祁答院 慎

代表作:コープスパーティーシリーズ

Twitterアカウント:@Kedwin
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Bioshock Infinite」(PC / PlayStation 3 / Xbox 360)
妙に明るくて血の映える不快な世界と、神経を逆撫でする演出の数々に魅せられました。
沢城みゆきさん吹き替えのエリザベスの仕草も、表情豊かでとてもキュートです!

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「シュガー・ラッシュ」(映画)
「パシフィック・リム」や「まどかマギカ[新編]」など今年も屈指の傑作映画が沢山公開されていましたが、敢えて一本を選ぶなら今年はアニメ映画「シュガー・ラッシュ」が大好きでした。
画も曲も吹き替えも最高に甘く、また脚本に一分の隙も見あたらない、職人仕事のように完成度の高い一本。優れた箇所を上げるとキリがないのですが、そういう側面よりもなによりも……ゲームのキャラクターたちが、プレイヤーに好かれて嬉しそうに笑っている姿を見て、涙しない作り手はきっといないですよ!
親が子供たちを見守るような気持ちで……今年一番に“愛しい映画”です。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

今年はやはり、PlayStaion Vitaで「月英学園 -kou-」をリリースされた、声優の杉田智和さんですね。クリエイターとしての顔はいつも拝見していて、しょっちゅう一緒にお話を考えたり、悪だくみをしているのですが、ずっと暖められていた氏独自の世界がついにコンシューマのステージで結実した時は大変感動しました。
あと、今年もやっぱり芦田愛菜ちゃんをいたる所で見ましたね! ドリフトしてみたいですね!

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2013年はOVA『コープスパーティー Tortured Souls -暴虐された魂の呪叫-』がリリースされ、光栄にも劇場上映にかけていただき感無量の年でした。TVでは出来ない猛烈なゴア表現を満載していますので、是非沢山の方に肝試し的にご覧になって頂けたら嬉しいです。その天神小学校編の最新作ゲーム、『コープスパーティー BLOOD DRIVE』も2014年発売予定ですので宜しくお願い致します。
また、新作ナンバリングタイトル『コープスパーティー2 DEAD PATIENT』も、さらなる表現導入のためのベースエンジンのunity移植と、継続話数の「Chapter2」を同時進行で製作中です。Chapter1も実はガラリと生まれ変わって、もはや「新生コープス2」となっていますので、お待たせしておりますがどうかご期待下さいませ。【最新PV】(http://www.youtube.com/watch?v=yV_EoH6EI0w

「コープスパーティー2 DEAD PATIENT」(PC)
(C) 2013 GrindHouse ALL RIGHTS RESERVED. 
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「コープスパーティー BLOOD DRIVE」(PS Vita
(C) Team GrisGris / 5pb.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「コープスパーティー Tortured Souls -暴虐された魂の呪叫-」(OVA)
(C) Team GrisGris / 5pb.コープスパーティー製作委員会



Team HORI所属 プロゲーマー
sako

今年の主な戦績:「Capcom Cup 2013」スーパーストリートファイターIV AE部門 優勝、「Evolution 2013」スーパーストリートファイターIV AE部門 5位

Twitterアカウント:@sakonoko
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンズクラウン」(PlayStation 3 / PlayStation Vita)
まず、まるで絵画のようなヴィジュアルの美しさに感動しました。それぞれのキャラクターもアニメ絵でも3Dでもない他とは全く違う切り口で、ストーリー進行もまるで本を読み進めるようなレトロだけど新しい感覚。その全てが揃ってひとつの物語を描いているような、素晴らしい作品だと思います。アクションゲームとしても、誰でも始めやすい操作性ながら自由度が高いところが気に入っています。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画『シュガー・ラッシュ』です。元々ディズニー映画は結構好きなんですが、まさかゲームをテーマにした作品が観られるとは思ってなかった。ゲームキャラがそれぞれに意思を持っていたり、コンセントのコードを伝って筐体間を移動する設定なんかも面白かった!映画のあちこちに往年のゲームキャラやパロディが盛り込まれているので、昔からのゲーマーなら懐かしくて嬉しくなっちゃいますよ。映画館ではしゃいでしまいました(笑)。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

EVO2013 SSFIV優勝のXian選手(シンガポール)です。一般的に難しくて使い手が少ない『元』というキャラクターを使いこなして、今年の主要な大会では安定して上位に食い込んでいましたからね。しかも、今強いと言われているプレイヤーは20代後半〜30代と年齢が高めになっている中で、彼はまだ22歳なんです。あの若さで、勢いだけじゃなくゲームへの理解度も高くて、世界レベルで活躍しているんです。格闘ゲームを若い世代の人にもっと知ってもらうためにも、新世代が来た!と嬉しくなりました

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2014年は新ハードの発売と新作ラッシュが予想されるので今から楽しみですね。時代に乗り遅れないように、新しいゲームも積極的にプレイしていきたいと思っています。来年も応援よろしくお願いします!



脚本家/ストーリーライダーズ代表
佐藤 大

代表作:「ノーコン・キッド〜ぼくらのゲーム史〜」「超速変形ジャイロゼッター」「スペース☆ダンディ」

Twitterアカウント:@storyriders
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Far Cry 3 Blood Dragon」(PlayStation 3 / Xbox 360)
「Far Cry 3」も含めての評価ですが、特に新機軸や新しいプレイ体験があるワケではないのですが、ゲームの展開やガジェットの配置にセンスと中毒性があり、表現はあくまでバカバカしいサブカル感覚が好みの秀逸さ。特に「Blood Dragon」は限りなくダサいセンスを使いこなす同世代感覚に共感。B級映画や音楽好きにはたまらない作品。そしてオープンワールドFPSとしての出来も基本を押さえた上でのゆるさが素晴らしい。あと今年は何故か「Dead Island: Riptide」や「Assassin's Creed 4 Black Flag」と南の海で過ごす島ものにすっかり魅了されまくっていた一年でした。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画『みなさん、さようなら』
もともと大好きだった団地を舞台にした青春小説の映画化。自分自身が団地出身ということもあり、特別な思い入れのある小説でしたが、難しい題材を見事に映像化していたことにまず驚きました。そして、一人の役者さんが12才から30才を違和感なく演じきったことも。いろいろな意味で刺激と可能性を感じさせてもらった青春映画でもありました。この作品が、「ノーコン・キッド」という自分が関わったテレビドラマにも大きな影響を与えてくれました。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

宮崎駿
「風立ちぬ」の公開と長編映画からの引退宣言。その映画が、今までの作風と違い現実の戦争を背景に実在の人物を描くという物語の作り方にも驚きました。そして、引退宣言で「ハイジ」や「赤毛のアン」、「未来少年コナン」「ルパン」から「ナウシカ」から「風立ちぬ」までをリアルタイムで楽しむことが出来たのをあらためて振り返るきっかけにもなりました。その時々で作品と自身の記憶がリンクしているのは、凄いことであり、自分にとってそれぐらい大きな存在でした。タモリさんの「いいとも」の終了宣言と共に一つのターニングポイントとして注目した一年でした。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

個人的に13年は、実写のテレビドラマ「ノーコン・キッド」に原案・脚本として関わることが出来たことが大きな一年でした。物語のテーマがテレビゲーム史だったこともあり、はじめて作品上で自身の過去と向かい合うことになったという意味でもターニングポイントな作品でした。そんなこのドラマは、日常的にゲームを楽しんでいる4Gamer読者の方たちに観て欲しい作品です。2月にBOXが発売になるのでよかったら。

また14年は1月からは個人的には「Blood Dragon」にも通じるセンスを持っていると思うSFコメディ「スペース☆ダンディ」というテレビアニメに参加しています。それと来春から放送予定の新作オリジナルアニメと新作ゲームでも脚本として参加しています。そして、「ノーコン・キッド」で体験することが出来た実写での脚本も今後一つの表現する場として機会があれば参加していきたいと思っています。

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史」
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「スペース☆ダンディ」



音楽クリエイター
ヒャダイン

代表作:'14年2月12日リリースシングル「半パン魂」

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「グランド・セフト・オートV」(PlayStation 3)
ボリュームがハンパないです。ひとつのゲームの中に無限を感じます。PS3の可能性を拡げた作品ではないでしょうか。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「マン・オブ・スティール」(映画)
 現代CGの最高峰。0.1秒しか見えないシーンにも心血を注ぐクリエイティブの根性に感服です。

<質問3>2013年に,個人的に注目した(している)人物

でんぱ組.inc
この一年で秋葉原カルチャーを原宿と融合させたり,世界に積極的にライブをしたり,文化を変える動きをしている稀有な集団だと思います。

<質問4>2014年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2014年はもっともっとたくさんのアーティストに楽曲提供したいです。2014年,4Gamer読者の皆さんが少し驚くプロジェクトも進行中です。乞うご期待!!



Mad Catz
グローバル コミュニティ&スポンサーシップ マネージャー
マーク・フリオ(通称:マークマン)

代表作:Mad Catz FightStick Tournament Edition and TE2

Twitterアカウント:@MarkMan23 @MadCatz
写真は2013年9月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

 非常に難しいですが,ニンテンドー3DSの「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」を挙げたいと思います。私は任天堂のゲーム,その中でもとくにゼルダシリーズが大好きで,リリースされる度にプレイしているんです。

 Mad Catzに関係が深いところでは,Xbox Oneの「Killer Instinct」ですね。「Killer Instinct Arcade FightStick Tournament Edition 2」を次世代機であるXbox One向けに開発できたことは,私たちにとって大きな飛躍でした。困難な挑戦をやり遂げて,プレイヤーコミュニティやメディアに評価していただいたと思っています。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

 これについてはいつも考えているんですが,2013年においては,ユーザーとデバイスのつながり方,でしょうか。動画や音楽,テレビ,そしてゲームといったものを日常生活に溶け込ませるには,もっとさまざまなやり方があると思うんです。未来がとても楽しみですね。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

 ソニー・コンピュータエンタテインメントの吉田修平氏ですね。
 彼がいたから,PlayStation 4はローンチにおいてゲームファンの心をつかむことに成功したと思っています。親しみやすい人柄ですし,一時期世界市場でMicrosoftに遅れをとっていたソニーをうまく方向転換させた手腕は賞賛に値します。
 日本ではまだPS4は発売されていませんが,2014年の2月,ほかの国と同じような素晴らしいローンチになることを祈っています。実を言うと,日本のPS4ローンチに合わせて休暇を取り,友人たちと一緒に日本へ行くことになっていますけどね!

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

 Mad Catzのグローバル コミュニティ&スポンサーシップ マネージャーとしての私の目標は,ビジネスの成長を助けて,製品の認知度を上げることですが,2013年には東京ゲームショウ2013やMad Catz Unveiledといったイベントを開催することで,日本のファンに大きくアピールできたと思っています。これまでで最も印象深い年ですが,来年はもっと頑張りますよ!

 Mad Catzは米国に本社を置くメーカーですが,私たちは世界規模で物事を考えていますし,世界中のプレイヤーたちといい関係を築きたいと思っています。私の心は日本にありますし,これからさらに交流を深めたいですね。
 プレイヤーのみなさんの要望を常に気にかけていますので,2014年のMad Catzも楽しみにしていてください。

 そして4Gamerのスタッフにも感謝します! イベントで彼らに会うのはとても楽しいですね。



雑用→無職
ヨコオタロウ

代表作:「ニーア ゲシュタルト」「ニーア レプリカント」「ドラッグ オン ドラグーン」

Twitterアカウント:@yokotaro
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「RESOGUN」(PlayStation 4)
 今年も素晴らしいゲームが大量にリリースされました。「パペッティア」の演出も素晴らしかったし「ドラゴンズクラウン」も美しかった……しかし、敢えて、敢えて一本選ぶとしたらこの「RESOGUN」を挙げたいと思います。今をトキメク新ハード PlayStation 4のローンチにシューティングを投げ込んでくるその無謀な侠気。しかも開発会社はPlayStation 3で「Outland」を作ったHousemarque。あの「斑鳩」にインスパイアされて属性変更弾幕型アクションゲームを産み出してしまったトンチキな会社です(褒め言葉)。なのに、なのに日本はPS4未発売で遊べないというこのもどかしさ! たまりません! もうなんだ、アレ以来の衝撃ですよ……えーと、なんだっけ。アレ。まあいいや。とにかくソニー・コンピュータエンタテインメントの皆様に於かれましては「RESOGUN」ダウンロード祭りによるサーバーダウンを回避するべく「RESOGUN」と「Outland」と「Super Stardust Delta」(PS Vitaのシューティングゲー)をパックにした「Housemarqueメガパック」を早急に企画してパッケージ販売していただきたい。え?全部ハードが違う?そんなのどうでもいいんですよ!魂が合っていれば!

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「女子攻兵」(コミック)
「巨大女子高生型ロボットに乗り込み謎の敵と戦う」というアリガチ(?)な設定を大変素晴らしい演出と意味不明な物語展開で魅せるセクシーメカニックバイオレンスバトルアクション漫画です。エヴァンゲリオンがセーラー服着て風俗店やってるような内容なんですが作者が物語に収拾を付ける気があるのか無いのかさっぱり判らないまま現在4巻まで刊行されており目が離せません。是非ハリウッドで映画化していただきたい。ギレルモ監督お願いします。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

「ICO」を作られた上田文人さんです。「人喰いの大鷲トリコ」の発売を楽しみにしています。去年も一昨年も同じ事を書いている気がしますが、おそらく気のせいでしょう。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2013年はみなさまオツカレさまでした。生きてくのって大変ですよね。このコメントが掲載されている頃には「ドラッグオンドラゴン3」が無事に発売されている予感がします。来年は無職に戻るので次回作もクソもないのですが、2014年が皆様にとって楽しい一年になるといいなーとボンヤリ祈ったりしております。それでは。

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「ドラッグ オン ドラグーン3」(PS3
(C)2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Character Design : Kimihiko Fujisaka.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



アニメーション監督、脚本家
吉浦康裕

代表作:「イヴの時間」「サカサマのパテマ」

Twitterアカウント:@yoshiura_rikka
写真は2013年11月に掲載されたインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「BEYOND: Two Souls」(PlayStation 3)
「観客を物語に感情移入させる手段」において、ゲームよりもむしろ映画としての可能性を感じました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「パシフィック・リム」(映画)
ハリウッドのビッグバジェットで、ここまで個人的な作品を作り得たことに驚愕しました!

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

まだまだ他のクリエイターに注目できる余裕が無いです(笑)

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。
新しい映画を創ってゆきたいと考えています。自身はゲーム的な思考で物語を創る傾向があるので、4Gamer読者の皆さんにも是非観て頂きたいです。

「サカサマのパテマ」
(C)Yasuhiro YOSHIURA/Sakasama Film Committee 2013
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月22日〜11月23日
タイトル評価ランキング
87
TERRA BATTLE (iPhone)
83
83
かくりよの門 (BROWSER)
81
マリオカート8 (Wii U)
79
人狼オンライン (BROWSER)
78
2014年05月〜2014年11月