オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
募集中
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/12/27 21:00

企画記事

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



カプコン
アシスタントプロデューサー
綾野智章

代表作:「ヴァンパイア リザレクション」「ウルトラストリートファイターIV」

ウルトラストリートファイターIV公式ブログ
写真は2013年3月に行われたイベント時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Plague Inc.」(Android)
Plague Inc.は世界に伝染病を流行らせて人類を絶滅に至らせるゲームなのですが、悪人礼賛というか、反面教師というか…。このゲームをやりこめばやり込むほど伝染病が如何に恐ろしい物なのか、如何に蔓延すのか?というのが学べるゲームですよね。
ゲームクリア、つまり人類絶滅させる1手1手がそのまま現実世界での我々の生存への対抗手段になり得る。そう思うとものすごく可能性を感じます。このゲームをプレイしたユーザー中から、医師を志す方、そして不治の病を治す方が出てくるなんてことが、冗談じゃなくあると思いますよ。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「あまちゃん」「半沢直樹」などの和製ドラマですね。好視聴率もさることながら、ゲーム業界を描いた「東京トイボックス」も放映されたことも見逃せません。
こんなドラマの当たり年ってもうないんじゃないかなと思います。にわかで恐縮ですが、「半沢直樹」で堺雅人さんを知ってから「リーガルハイ」も見るようになってしまいました。普段テレビは見ないのですが、久しぶりにテレビがフル稼働した一年となりました。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

堺雅人さん・・・と言いたいところですが、橋本環奈ちゃんですね。いやーめっちゃかわいいですよね。ネットで見た時は天使と間違えましたよ。そういえば僕と環奈ちゃんは誕生日が2/3で同じなんですよ!1000年に1度の美少女と同じ誕生日だなんて、注目するなって方が無理ですよね。前述したPlague Inc.のゲームでも、橋本環奈っていう名前で世界中に蔓延させましたよ。僕のなかの平行世界ではみんな彼女にお熱です(笑)

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2014年はウルトラストリートファイターIVが発売されます。
皆さんからの要望をできるだけ多くの取り入れるべく開発進行中です。間違いなくストリートファイター史上至極の一本となりますので、応援よろしくお願いします!

「ウルトラストリートファイターIV」(アーケード / PS3 / Xbox 360 / PC
(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



カプコン
プロデューサー
アンドリュー・サマンスキー

代表作:「ロスト プラネット 3」

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「The Last of Us」(PlayStation 3)
全てのゲームが映画っぽくなくてはならいということはもちろんないのですが、「シネマティックなゲーム体験」という区分においては、画期的で最高クラスの感情移入やビジュアル表現を誇る作品だと思います。
ラストシーンは、様々なエンターテインメント作品の中でも、今年もっとも心に残った演出の一つです。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「進撃の巨人」ですね。
漫画もアニメもとても印象に残った作品で、キャラクターや戦闘のイメージに加え、世界観や舞台設定の構築などに関心を持ちました。
海外でも大人気で、まだまだ日本が世界に向けてキラーコンテンツを発信できる象徴にもなっているかと思います。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

「パシフィック・リム」のデル・トロ監督です。
日本のポップ・カルチャーに対して純粋に愛を持っている監督が、現代のハリウッドアクション映画という形を通じてその気持ちを素直に伝達できたことは、クリエーターにとっての憧れだと思います。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2014年2月22日には新作「ストライダー飛竜」を発売します。
私自身が大好きなシリーズですが、新作は現代のグラフィック技術と昔懐かしい横スクロールのゲーム性を新しい形で融合した、まさに新時代の「ストライダー飛竜」となっております。
ぜひご期待ください!

「ロスト プラネット 3」(PC / PS3 / Xbox 360
(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



カプコン
プロデューサー
江城元秀

代表作:「逆転裁判5」「DmC Devil May Cry」

写真は2013年7月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「BEYOND: Two Souls」(PlayStation 3)
本当に実写映画のようなカットシーンと、日本人にも分かりやすいテーマのストーリーに最後まで引き込まれました。また、操作方法やゲームの邪魔にならないように配慮されたQTEと、制作者のこだわりが伝わってくる、とても良い作品だと思いました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年は、夏ごろに良作な映画が多数公開された年だったと思います。個人的に最も印象に残っているのが「マン・オブ・スティール」でした。ザック・スナイダー監督の作品が好きなこともありますが、最初から最後まで本当に楽しめたので、久々に早く続編が観たいと思える映画だと思いました。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

バンダイナムコゲームスの原田勝弘プロデューサーです。密かにTwitterをフォローさせて頂いているのですが(笑)、Twitterを介して鉄拳ファンの方々への真摯な対応や、メディアへ露出される際の面白いパフォーマンスなど、鉄拳ファンやゲームユーザーの皆さんへ如何に楽しんで貰えるかをいつも考えておられて本当に素晴らしいなぁと思いました。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2013年は、初めてiOS用「ブレイドファンタジア」の開発にチャレンジし、ゲームを運営していく事の楽しさと難しさが、身に染みて実感できた貴重な1年でした。また、何と言っても6年ぶりに逆転裁判シリーズの最新作「逆転裁判5」を発売させて頂いた事が、とても大きな出来事だったと思っています。そして、ユーザーの皆さんから好評を頂けたことが、本当に嬉しく、もっともっと逆転シリーズを盛り上げて行きたいなと強く感じた1年でした。

 来年は、舞台「逆転裁判 〜逆転のスポットライト〜」の再演も決定しており、これからも逆転シリーズファンの皆さんはもちろん、一人でも多くのユーザーの方に、驚きや感動をお届けできるような作品をお届け出来るよう頑張りますので、2014年も、何卒よろしくお願い致します!!

「逆転裁判5」(3DS
(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「DmC Devil May Cry」(PS3 / Xbox 360
(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



カプコン
プロデューサー
片岡謙治

代表作:「ダンジョンズ&ドラゴンズ −ミスタラ英雄戦記−」「カプコン アーケード キャビネット -レトロゲームコレクション-」

写真は2013年3月に行われたイベント時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンズクラウン」(PlayStation 3 / PlayStation Vita)
一時期、ベルトフロアゲーム復活みたいな話も飛び出した2013年の夏だったと思います。
7/25に「ドラゴンズクラウン」、そして8/22「D&D ミスタラ英雄戦記」が発売された訳です。
遊んで頂いた方は、もう理解出来ると思いますが、この超美麗2Dグラフック(手打ちドット絵)は、もう世界一だと思います。・・・というか、時間とコストを考えたらポリゴンで作った方が早いと思うのですが、そこをあえて2Dドット絵でアニメーションさせる手法を選び、ここまで作り込むなんて、今の時代、普通は考えられない。レッドドラゴンの歩行1つ取っても頭を真横にすればいいのに、わざわざ見る側に頭が傾くのですよ。立体感を見せる為に。もうここまで来たら神の領域です。社長兼ディレクターの神谷氏が、「D&D TOD」のプランナーだったのは有名ですが、グラフィック制作の何名かは「D&D SOM」のスタッフだった人達なんですよね。君達の成長・・・確かに見届けました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画なのですが、「パシフィック・リム」です。もう我々おっさん世代の心を擽り続けました。
人間が操作する巨大ロボット、着ぐるみの様なカイジュウ、水辺でバシャバシャのシーン、ロケットパンチとワクワクものです。ストーリーは、少しばかり親子関係とか、犠牲心とかも出てきますが、基本イケイケゴーゴーなので、頭をからっぽにして見れます。この映画はこれでいいんです!
続編があるとして、ビジネスだから仕方がないのですが、金儲け目的だったら、期待薄だなぁ。でも、ちゃんとリスペクトをテーマにして、作品を作って頂けるとしたら、またまた期待しちゃいますね。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

「パシフィック・リム」の話から続くのですが、本作の主人公であったローリーの吹き替えをした声優の『杉田智和さん』です。「D&D -ミスタラ英雄戦記- 」のイベントでお会いしたのがきっかけなのですが、学生の頃、「D&D SOMをすっごくプレイした」という話から始まって、使うキャラはマジックユーザーで、クラウドキルという魔法が大好きで・・・本当に楽しかった!とお話をしてくれて・・・・・・。こんな話を聞くと作った側は感無量ですね。
お話がとても上手くて、笑ってしまうネタも満載で、おまけに挙動も面白くて、声優さんじゃなくてもいいんじゃないかと本当に思ってしまうほどです。
ご活躍しすぎて、難しいかもしれませんが、今度は是非ゲームでお仕事を一緒にしたいですね。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

いつも4GamerさんのWEBページから、私たちカプコンのゲーム記事を読んで頂き、ありがとうございます。2013年はカプコン創業30周年の年でもあり、カプコンを支えてきた歴代タイトルを再び知ってもらおうと、アーケードゲームをレトロゲームとして復活させました。
如何だったでしょうか?
まだお話出来ませんが、2014年は年内中に発売予定のタイトルを、今、一生懸命作っています。
少しお時間を頂くことになりますが、ちょっぴり暖かくなってきた頃に何かしら発表出来るといいなと思っていますので、楽しみにしていて下さい。2014年もカプコンを宜しくお願い致します。

「カプコン アーケード キャビネット -レトロゲームコレクション-」(PS3 / Xbox 360
(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



カプコン
CS開発統括 副統括
小林裕幸

代表作:「戦国BASARA」シリーズ、「バイオハザード」シリーズ、「ガイストクラッシャー」

Twitterアカウント:@HiroKobaP
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「BEYOND:Two Souls」(PlayStation 3)

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画『クロニクル』
日常青春ドラマからの超能力ドキュメンタリー

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

内緒

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2014年は大きく展開して活躍していきたいです!シリーズ作品の新たな展開を皆さんに御見せ出来たら嬉しいなあ!と思います。
2014年1月23日には「戦国BASARA4」が発売になります!
新年から多くの方に楽しんで頂けると思います。応援を宜しくお願いします!

「戦国BASARA4」(PS3
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「ガイストクラッシャー」(3DS
(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



カプコン
第二開発部 部長、プロデューサー
杉浦一徳

代表作:「モンスターハンター フロンティアG」「鬼武者Soul」「百年戦記 ユーロ・ヒストリア」「モンハン 大狩猟クエスト」「deep down」「ブレス オブ ファイア 6 白竜の守護者たち」

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンズクラウン」(PlayStation 3 / PlayStation Vita)
学生時代のTRPGを想いだしました。学生時代はTRPGしかしていなかったので、あやうく留年するところでした。そんなTRPGで大好きだったのはダンジョンズ&ドラゴンズ(赤箱ね!)。その当時はカプコンのアーケードゲームのダンジョンズ&ドラゴンズがゲーセンに置いてあって、バイト代を100円玉に両替して1日中遊んでいた時もありました。
今回のドラゴンズクラウンはそんなTRPGファンからするとかなりニヤリとさせてくれる遊び心がたくさんあって、正直やられた! と思いました。自宅はPS3、外出時はVitaでずっと遊ばせて頂いた、自分の中で今年一番楽しめたタイトルです。本当に久しぶりに満足できる作品でした。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)」(TVドラマ)
小説も全て読んでいますが、あの小説をこれだけわかりやすいテイストでテレビドラマ化できたのは素晴らしい技量だと思いますし、何より小説のあの場面、あのセリフが映像化され、それが最高のクオリティだということに凄く興奮しました。当時、シーズン1をまとめ買いした時は高熱で寝込んでいましたが、治りかけのタイミングで観てしまい。徹夜で全話観終わり、熱がぶり返したのは後悔していません。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

黒田官兵衛
来年のNHK大河ドラマの主人公です。私はあまり現代の人物に注目はしないので過去の人物ですが、来年の話題になる人物ですので取り上げさせていただきました。官兵衛は軍師です。軍師は主人が太陽なら、月のような存在です。そんな彼を正直主人公にするのは凄く難しい。いかに大河ドラマが戦国は視聴率が良いとはいえ、軍師は難易度の高い題材ですので、どういう切り口で攻めてくるのかが気になっています。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「モンスターハンター フロンティアG」「deep down」「ブレス オブ ファイア 6」の3タイトルは年末に大きな新情報を公開しています。是非、それらの新情報もご覧いただければ幸いです。

また2013年には発表できなかった大型タイトルや新タイトルがまだまだあります! おそらく2014年にもそれらを発表することで、たくさんの4Gamer読者の皆さんを驚かせる事ができると思います。

第二開発部はオンラインゲームやブラウザゲーム、ソーシャルアプリゲームに加えて実は格闘ゲームも担当しています。来年はこれらのジャンルで「カプコンここにあり!」としっかり存在感をアピールできるようにします。是非来年もご期待ください。

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「モンスターハンター フロンティアG」(PC / PS3 / Xbox 360 / Wii U
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007, 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



カプコン
ディレクター
巧 舟

代表作:「逆転裁判1〜3」「ゴースト トリック」「レイトン教授VS逆転裁判」

Twitterアカウント:@takumi_gt
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「The Wonderful 101」(Wii U)
新しい感覚を追求して、オリジナルタイトルで真っ向勝負する、その“心意気”に刺激を受けました。
新しいハードに新しいタイトルがズラリと並んで、みんなが常にワクワクしながら新鮮な驚きに出会える‥‥という、ゲーム本来の“あるべき姿”‥‥シアワセな時代が再来するよう、業界全体でがんばっていかないと‥‥と思いました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

半沢直樹
“王道”が本質的に持っている、圧倒的なチカラを見せつけられたような爽快感のあるドラマでした。
そのシンプルな力強さは、まさにエンターテインメントの醍醐味。
個人的には、1本の作品としてキチンと完結するのが好みなので、最後の最後でガッカリしましたが‥‥物語の持つ“魅力”を再確認しました。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

堺雅人
『半沢直樹』→『リーガルハイ』(ついでに『リーガル・ハイ(第一期)再放送』)の流れで、文字どおり“注目”している時間が最も長かったという。
大河ドラマ『新選組!』の頃から好きな俳優だったのですが、いつの間に、こんな大物に‥‥
実力・個性のある人が正当に評価されるのは、どの世界でもキモチがいいものだな、と思います。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2013年は、新しいプロジェクトの準備、執筆、制作に全精力を注いでおり‥‥
今も継続中で、精神的に最も弱っている時期です。
この時期は、自分自身の中へ中へ入りこんでいって、外の世界が見えなくなって、正直なトコロ、上記の作品以外はほとんど見ていないという‥‥
(あと『風立ちぬ』ぐらいかしら)
来年には、タイトルも形になって、発表させていただきますので、そのときは改めてよろしくお願いいたします!

「レイトン教授VS逆転裁判」(3DS
(C)LEVEL-5 Inc. (C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



カプコン
プロデューサー
土屋和弘

代表作:「ダンジョンズ&ドラゴンズ −ミスタラ英雄戦記−」「ASURA'S WRATH」機動戦士ガンダムVS.シリーズなど

Twitterアカウント:@KazzDa
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で,最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンズクラウン」(PlayStation 3 / PlayStation Vita)
 テクノロジーでは永遠に到達できない“人の手でしかできない表現”の細やかさを改めて再認識させてくれました。若いゲームプレイヤーの方々には新しい味として感じ取っていただけたのではないでしょうか。同じ制作者としては,強い意志と決意とリビドーがないと作り切れない手法を追求しているスタッフの方たちに只々脱帽です。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「サカサマのパテマ」(映画)。表現したいテーマや世界観と,実現のための手法(アニメ)が唯一無二の関係にある作品は実は多くないと考えているのですが,本作はそういった意味で無二の作品だと思います。物語の後の世界をあれこれ想像してしまう,温かい気持ちになれる作品です。
 もう一つ,どうしても挙げておきたい「パシフィック・リム」(映画)。今年自分が触れたエンタメのなかで,制作者の愛を最も感じた作品。革新的なことを目指している訳ではなく,制作陣が子供の頃からずっと好きだったものへの愛と尊敬だけで,独り善がりでは無いドラマ性をキッチリ描いているところがスゴイ。本当に生み出す行為自体がたまらなく楽しかったんだろうな……という羨ましくも悔しい作品です。

<質問3>2013年に,個人的に注目した(している)人物

 前田尚紀。身内推し(笑)。音楽ゲームのパイオニアである彼が,自身の環境から変えることで音楽ゲームで表現したい道筋を再構築した「CROSS×BEATS」を送り出しました。企画立ち上げ初期から,十数年前に彼が最初の音楽ゲームを生み出した時に描いた野望は何だったのか? 今回はそれを一気に越えていこうと二人で話をよくしていました。
 まあ,大半は二人が大好きな仮面ライダーとガンダムの雑談でしたが……プレイヤーの皆さんには音楽にシンクロすることの楽しさにシンプルに触れて頂けると嬉しいです。

<質問4>2014年に向けての抱負,また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

 最近スタッフたちと話すときに意識して使っている言葉は「やりたい事ベースで行こう」。いちばん初めに,何が楽しいと思ったからこのゲームを作っているのか? プレイヤーの皆さんがゲームに触れた時に,どんな感情になってもらいたかったのか? ゲームの楽しさのコアをシンプルに磨いたタイトルを提供できればと思います。最近会う人会う人に,ゲームを作っているのか? と聞かれるのですが,大丈夫です。作ってます。

「ダンジョンズ&ドラゴンズ −ミスタラ英雄戦記−」(PS3
(C)1974, 1993, 1996, 2013 Wizards of the Coast LLC. Dungeons & Dragons, Chronicles of Mystara, Wizards of the Coast, their respective logos, and character likenesses are property of Wizards of the Coast LLC. All rights reserved. Distributed by CAPCOM CO., LTD.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



カプコン
ディレクター
山﨑 剛

代表作:「逆転検事」「逆転検事2」「逆転裁判5」

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「BEYOND: Two Souls」(PlayStation 3)
ゲームならではの“物語を体験させる”ことへのこだわりが素晴らしかったです。ジョディとエイデンの関係など、ユーザーに感情移入させるシカケが随所にされているのがとてもいいなあと思いました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

パシフィック・リム
理由:巨大ロボットも怪獣も大好きなので。最先端の技術で描かれた文字通りの“ビッグマッチ”を劇場で見られて幸せでした! 特に都市部での戦闘が最高でした!

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

宮藤官九郎さん
もともと宮藤さんの作品は大好きなのですが、まさかのNHK朝の連続テレビ小説をてがけるということで注目していました。「あまちゃん」、素晴らしすぎました。クドカン節と朝ドラの絶妙なハイブリッド。その神がかったバランス感覚に感動して涙まで出ました。毎朝「あまちゃん」に癒されたおかげで、なんとか「逆転裁判5」制作の終盤を乗り切れたと言っても過言ではありません。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2013年は、「逆転裁判5」を皆様にお届けすることができて、ほっと胸をなで下ろしております。今は、次なるタイトルに向けて全力で動き出しております。まだまだ始まったばかりですが、色々と面白いことを考えていますので、どうかお楽しみに! みなさま、良いお年を!

「逆転裁判5」(3DS
(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
開発統括本部 担当本部長
田中弘道

代表作:FINAL FANTASY I〜III/XI、SaGa2、聖剣伝説2〜3、「ゼノギアス」「クロノ・クロス」ほか

Twitterアカウント:@tanakahiromichi
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「The Last of Us」(PlayStation 3)
残虐表現のあるサバイバルホラーアクションアドベンチャーというジャンルで、児童虐待表現に特にうるさい欧米で、14歳の少女を題材にしながらも、巧妙にその問題を回避しつつ暴力表現を構成していたのは感心しました。欠損表現カットなど日米での残虐表現の倫理的な差というのも考えさせられました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「Cookie Clicker」
設定のイカレ具合が好きです。
ゲームの実績はあまり好きではないのですが、実績そのものがゲームになると意外とハマる。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

古田新太
「あまちゃん」での太巻役はハマリ役でしたが、そろそろ劇団☆新感線の舞台に戻っていただきたい。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2013年は長期入院などで穴をあけてしまったので、2014年は健康に気を付けつつ、フルスロットルで新しいゲームを作っていきたいです。



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
プロデューサー
西村大介

代表作:「ケリ姫クエスト」「ケリ姫スイーツ」

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「キャンディークラッシュ」(iOS / Android)
スマホのゲームを始める切っ掛けのほとんどは「研究」なんですが、しっかりハマっちゃいました。
単純なマッチ3パズルなのに、徐々に難易度が高くなるクエスト型なのでクセになる。
プレイヤースキルの上昇の二歩先の難易度を常に提供してくるので、難しくはあるがやりごたえ十分なので止めるに止められなくなりました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

シルク・ドゥ・ソレイユ マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル
サーカスではなく、ダンスをするシルク・ドゥ・ソレイユは非常に興味があったので見に行きました。エンターテイメントとしては面白かったのですが、シルク・ドゥ・ソレイユはサーカスの方が光るというのが正直な印象です。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

「ティム・クック」
注目という意味とは少し違うかもしれませんが、やはりスマホでビジネスをしているので、iPhoneがどのように進化してくるのか気になりました。
新しいiPhone、iPadは驚くような進化は無かったのでユーザーとしては残念ですが、開発者としてはホッとしました。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ケリ姫スイーツは11月で1周年を迎えました! これもひとえにいつも遊んでいただいているユーザーの皆さんおかげです。2014年も引き続き「毎日がスペシャル」をテーマにユーザーの皆さんと面白いコンテンツに育てていきます!

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「ケリ姫スイーツ」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
代表取締役社長CEO エグゼクティブプロデューサー
森下一喜

代表作:ケリ姫シリーズ、パズドラシリーズ、ラグナロク オデッセイシリーズ、「ディバインゲート」

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「グランド・セフト・オートV」(PlayStation 3)
あまりにも面白くて徹夜したほどです。
ゲームの可能性を感じる作品で、自分が生きている街で、自分がまるでその街で生きているんじゃないかと錯覚してしまいますよね。
オープンワールドって言葉だけだとピンとこないかもしれませんが、まさにオープンワールドの凄さを体感出来る作品で、本当に、面白かったです!

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

浅草サンバカーニバル
燃えつきました!

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

いません。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

PlayStation 4向けに開発中の「リリィ・ベルガモ」では、ガンホーのオンラインという強みを活かし、相方のベルガモ(グラスホッパー・マニファクチュア 代表取締役社長 CEO須田剛一氏)とタッグを組んで、鋭意開発中です!
グラスホッパー・マニファクチュアのファンのみなさんの期待に応えられるような、アクションゲームを皆さんにお届けしたいと思っています。

その他にも、家庭用ゲームやスマホゲームも開発を進めていますので、2014年もより一層みなさんに楽しんでいただけるように、ガンホーグループ一丸となって頑張っていきます。
どうぞ、ご期待ください!
「パズドラZ」Z対遊んでね!

「パズドラZ」(3DS
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「ラグナロク オデッセイ エース」(PS Vita
(C)Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
執行役員 パズドラスタジオ プロデューサー
山本大介

代表作:「パズル&ドラゴンズ」

Twitterアカウント:@DaikeYamamoto
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」(スマートフォン)
スマホでドラクエVIIIが遊べる時代になったんですねぇ!すごい時代です!
価格設定もさすがドラクエシリーズといえる絶妙な設定で、今後スマホへ移植されるコンシューマタイトルに大きな影響を与える作品になると思います。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「さかさま世界」(音楽CD)
パズドラZの主題歌をイトケンさんに作曲して頂き、しょこたん(中川翔子)さんに歌って頂きました。
ゲームミュージックの作曲家ご本人が主題歌を作り、CDまで発売するのって実は業界初ではないでしょうか?
オリコンチャートにも入れて、もう感無量です!!

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

AppBank村井さんKADOKAWA大塚角満さん
ゲームがヒットするには、そのゲームの伝道師が必要ということを今年はすごーく勉強させて頂きました。
人物的にも素敵で大好きな方達で、今年一緒に飲みに行った回数No.1です(笑)

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今月ついにアラウンド40(35歳)を迎えました!
この歳になってアーケード開発の夢が叶ったりと、人生まだまだ楽しいことがいっぱいありそうです。
2014年も全力で走り続けます!!

「パズル&ドラゴンズ」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment,Inc.All Rights Reserved.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



グラスホッパー・マニファクチュア
ディレクター
新 英幸

代表作:「KILLER IS DEAD」

Twitterアカウント:@nisyume
写真は2013年7月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンズクラウン」(PlayStation 3 / PlayStation Vita)
KILLER IS DEADの開発が落ち着くまでは、他タイトルへの興味が湧く暇がなかったのですが、ドラゴンズクラウンだけは結構前から気になってました。
「絵がきれい」では済まされない、高い技術力に裏打ちされた表現への拘りに感動しました。
奇をてらわず、丹念に磨き上げた球でドストライクを勝ち取った素晴らしいタイトルであり、友達、親、子供、親戚など身近な誰に対しても自信を持ってお勧めできる王道ゲームだと思います。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ジャッキー・チェン ブルーレイBoxSetシリーズ
子供のころ夢中になった”あの”ジャッキーチェンが、HDリマスターされたBD-BoxSetで続々と蘇っています。
そして2013年12月にはついに“ドランクモンキー 酔拳”が発売。
笑と涙と爽快感、やられて鍛えてやり返す、分かりやすいストーリーと鍛え上げられた本物アクション。
思い出補正ではなく最高のエンターテイメントでした。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

トミタ栞
テレビを流し観中、訛りですぐに同郷だとわかりました。
インターネッツで調べると、なんと同じ高校出身ではないですか。
岐阜県飛騨高山というド田舎出身者が、第一線のコンテンツビジネスで活躍していることが頼もしく勝手に励まされております。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

KILLER IS DEADというタイトルを通して、プレイしてくれたお客様の声、一緒に開発した方々、サポートしてくれた皆さんから多くのことを学びました。
この経験を活かして新しいタイトルの仕込みを始めております。
目指すは「7,8年前からゲームをやらなくなってしまった田舎の友達でもハマる」タイトルです。

「KILLER IS DEAD」(PS3 / Xbox 360
(C)GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. / Published by KADOKAWA GAMES
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



グラスホッパー・マニファクチュア
代表取締役/ゲームデザイナー
須田剛一

代表作:「KILLER IS DEAD」「LOLLIPOP CHAINSAW」、「シャドウ オブ ザ ダムド」、「ノーモア★ヒーローズ」シリーズ、「killer7」他

Twitterアカウント:@suda_51
写真は2013年7月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Hotline Miami」(PlayStation 3 / PlayStation Vita)
厳密には2012年のゲームですが今年コンシューマに移植されました。気高さを感じました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

刑事のまなざし(TBS)
刑事ドラマの最高傑作。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

サカナクション
祝、紅白出場!

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

リリィ・ベルガモの続報、ご期待ください。4Gamer連載「キネマ51」の2013年締めくくりは「相棒 X-DAY」、2014年もガンガン行きます!

「リリィ・ベルガモ」(PS4
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



グラスホッパー・マニファクチュア
取締役
山岡 晃

代表作:「シャドウ オブ ザ ダムド」「KILLER IS DEAD」

Twitterアカウント:@AkiraYamaoka
写真は2013年7月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ロックスミス2014」
まさにゲーミフィケーション。音楽テーマに関わらず、こういった作品がもっと他ジャンルで出てくれば楽しいと思った。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ロシアの隕石
同時期にロシアに居たのもあったので。こんなエンターテイメントなかなかない。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

BABYMETAL
久しぶりに、音楽の「楽しい感」を感じている。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

濃度の高い一年にしたく。振り幅の広い生き方を更にしたいです。

「KILLER IS DEAD」(PS3 / Xbox 360
(C)GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. / Published by KADOKAWA GAMES
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



クリスピーズ
代表取締役/ディレクター
片岡陽平

代表作:「TOKYO JUNGLE」「SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日」

Twitterアカウント:@KATAOKA_Yohei
写真は2012年6月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「rain」(PlayStation 3)
少し前まで、すぐに挙げられていたんですが、最近は選ぶのが難しいですね・・・。
コンシューマ、PC、スマホ、タブレット、ありとあらゆるプラットフォームで簡単にソフトを入手できるので、ものすごく沢山プレイしているのですが、思い出すだけで一苦労なところがあります。

そんな中で、rainは色々な意味で印象に残るタイトルでした。

常に雨降る世界で、透明の少年と少女が邂逅する美しい世界観は、特徴的ながらも王道な要素もあり、とても魅力的です。

普通、そういった雰囲気をゲームに落とし込んでいくと、ゲームデザインを立たせるために、雰囲気が損なわれてしまったり、逆に雰囲気を立たせるために、ゲームデザインが損なわれたりしがちですが、そのどちらも両立している希有な例だと思います。

以前僕が参加していた“PlayStation C.A.M.P!”の最後の作品という点も感慨深いものがあります。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

立て続けにゲームになってしまいますが、グランツーリスモ6です。
正直、どれだけ人に伝わるか分かりませんが、びっくりするぐらい挙動がリアルになりました。
サスペンションのスプリングとダンパーの動き、荷重移動によるタイヤの挙動、実際の車を運転した時と、ゲーム中との感覚のズレが、(例えDUALSHOCK3で遊んだとしても)以前に比べて圧倒的に少ない!!

最初に支給されるフィットRSに乗った瞬間から、これはスゲェェ!!!ってなります。

……なんですが、GT5と比べて劇的にグラフィックが向上している訳でもないですし、遊びが特に変化した訳でもないので、車に興味のある方にしかこの興奮を伝えられないのが悩みです・・・。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

rainのディレクター、池田佑基さん
理由はここで改めて語るべくもなく…。
池田さんの作るゲームの1ファンとして、元PS C.A.M.P!の仲間として、次なる新作を心から楽しみにしています。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

皆様に支えて頂いたお陰で、今年は「TOKYO JUNGLE Mobile」「SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日」
という2つの作品をリリースすることが出来ました。
「TOKYO JUNGLE Mobile」はTOKYO JUNGLEのサバイバルモードのテイストそのままに、PS VitaとAndroidでプレイが出来るようにアレンジを施した作品です。
年末年始の移動中などにピッタリのタイトルですので是非遊んでみて下さい。
また、最新作“SHORTPEACE 月極蘭子のいちばん長い日”も無事にマスターアップしました。
こちらは、大友克洋監督の映画「SHORT PEACE」と「月極蘭子のいちばん長い日」がセットになったお買い得なパッケージです。こちらは来年1月16日発売予定となっています。

2014年は、クリスピーズの「次」の飛躍に向けて、大切な準備期間になると思います。
新作に向けての準備も着々と進んでいますので、楽しみにしていただけますと幸いです。

「TOKYO JUNGLE」(PS3
(C)Sony Computer Entertainment Inc.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「SHORT PEACE 月極蘭子のいちばん長い日」(PS3
(C) SHORT PEACE COMMITTEE
(C) KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE
(C)2013 NBGI
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



ゲームフリーク
取締役/アートディレクター
杉森 建

代表作:「ポケットモンスター」シリーズ

写真は2013年10月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンズクラウン」(PlayStation 3)
世の中のグラフィックス表現が同じようなところを目指し似通ってくる中で強烈な個性を発しているところ

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

宇宙戦艦ヤマト2199
自分にとって最重要な作品でリメイクの妙を味わえて幸せでした。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

セガ・奥成プロデューサーM2さん
「3D復刻プロジェクト」においてゲームそのものだけでなく当時の想い出や空気を電子化するという前人未踏の挑戦をされているので。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

だいぶ衰えてきましたがもうちょっとだけがんばります。



ゲームフリーク
ディレクター/プログラマー
田谷正夫

代表作:「ソリティ馬」、「ポケモン X・Y」「ポケモン ブラック・ホワイト」など)

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「あなたってよく見るとドブネズミみたいな顔してるわね」(iOSなど)
ゆるくてスルドいテキストのセンスに翻弄されました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

はじめて参加したリアル脱出ゲームが面白かったです。
おそらく初参加だとほとんどの人が脱出失敗するけど、悔しくて次も挑戦したくなってしまう絶妙の難易度調整。
パズルや頭の体操系の問題が好きな人、仲間とキャッキャいいながら頑張ってみるけど失敗しても楽しめる人におすすめです。
協力系のボードゲームで他の人がやることまでテキパキ指示しちゃう感じの人がいると頼りになるけどツマらなくもなりそうで、さじ加減がむずかしいと思いました。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

2013年はひたすらに『ソリティ馬』と『ポケモン X・Y』のダブル進行に忙殺され、基本的に自分のソースコードにばかり注目していた1年でしたがそんな中、注目したのは弊社の一之瀬剛でしょうか。
『ソリティ馬』では自分のチームのスタッフとして一緒に頑張っていただきましたが深夜に突然、会議室を全力ダッシュで1周したり、そのタイムをストップウォッチで計って「7秒3」という、よく分からないけど凄そうなタイムを出したり、それを「世界新記録」と称してホワイトボードに記録したり、あるいはやはり深夜、「また死んだサカナのような眼で仕事をしてるな」と思って見ているといきなりキングスゲート(ソリティ馬の中の特別なレース)のような神曲を作り上げてくれたりするので、何かと注目せざるを得ませんでした。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

あまり年が変わるからと言って抱負とか目標とかを考えない性分なので、特に面白みのあることは思いつかないのですが、日本が産んで育てたゲーム文化が、これからも多くの人に届いて喜んでもらえるように微力ながら貢献したいと思っています。

4Gamer読者さんのように、厳しくも暖かい視線で熱心にゲームを見てくれる方々にはもう感謝するしかないです。
本当にありがとうございます。

「ソリティ馬」(3DS
(C)2013GAME FREAK inc. All Rights Reserved.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



ゲームフリーク
取締役開発一部長
渡辺哲也

代表作:「ポケットモンスター」シリーズ

写真は2013年10月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「The Last of Us」(PlayStation 3)の映像技術、作り込み度合はインパクトがありました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

2013に見ることが出来たという意味で「SHERLOCK」(海外ドラマ)
子供のころ小説を読んで描いていたイメージとさほどかけ離れていない雰囲気と大胆なアレンジが気に入りました。「絹の家シャ−ロック・ホームズ」(小説)も楽しめました。
2013内だと、連載ですが、王道ファンタジー的雰囲気が味わえる「七つの大罪」(漫画)です。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

政治が大きく動いた年なので、自然と「安倍晋三」さん「石原慎太郎」さん「橋下 徹」さん
「ももいろクローバーZ」さん「オルフェーヴル」に注目してました。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ひきつづき新規タイトルを開発していくつもりです。
興味を持っていただけたら、ぜひ応援してください。


  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月31日〜11月01日
タイトル評価ランキング
87
TERRA BATTLE (iPhone)
83
81
マリオカート8 (Wii U)
79
人狼オンライン (BROWSER)
2014年05月〜2014年11月