※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/06/06 21:01

イベント

[COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート

[COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート
 COMPUTEX TAIPEI 2015は,PC関連の見本市であるため,扱われている商材の多くはPC関連の製品だ。しかし,近年はスマートフォンやタブレットといったモバイルデバイスの伸長を受けて,モバイルデバイスや関連製品の割合も大幅に増えている。台湾や中国は,相手先のブランドで製品を開発するOEM/ODMメーカーも多く,市場に出回るときには,別メーカーのブランドで販売されそうなスマートフォンやタブレットの出展も目に付く。
 そこで今回は,会場で見かけたスマートフォンやタブレットの注目製品をチェックしてみたい。


マウスコンピューターが欧州版「MADOSMA」を展示


 マウスコンピューターが開発し,予約も始まったWindows Phone端末「MADOSMA」が,Microsoftのブースに展示されていた。
 国内では長く不在だったWindows Phone搭載スマートフォンの登場ということで,日本での注目度は高く,同社の直販サイトでは,すでに初回出荷分が完売したとのこと。SIMロックフリー端末ということもあり,SIMの販売に慣れている量販店に出荷台数の多くを割り当てたため,量販店ではまだ予約購入できるようだ。

展示されていたMADOSMA。国内で個人向けに販売される製品は,背面がホワイトだが,法人向けはブラックだ(右写真)。ちなみに,背面カバーのみの販売も検討しているという
[COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート [COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート

 国内でこそ珍しいものの,MicrosoftのLumiaシリーズを始めとして,海外ではWindows Phone搭載スマートフォンはいくつも存在する。そのため,日本モデルとして開発されたMADOSMAを,そのまま海外で展開させても,成功は難しい。マウスコンピューター自身は国内での展開だけを想定しているが,同社製品企画部部長の平井健裕氏によれば,開発パートナーが海外展開を考えているそうで,いくつかの仕様が異なる欧州版が準備中なのだという。

 国内版との一番大きな違いは,SIMスロットを2つ備えたデュアルSIMに対応していること。スロットの1つはLTE/W-CDMA/GSM対応で,もう1つはGSMのみに対応しているという。海外ではデュアルSIM仕様のスマートフォンは一般的で需要も多いため,こうした仕様になったようだ。
 対応周波数も少し異なっている。MADOSMAは,日本だけで使われるLTEのバンド21(1.5GHz帯)に対応するために苦労したそうだが,欧州版ではこれが省かれているという。

 今後,MicrosoftはWindows 10 Mobileのリリースを予定しているが,今のところ,MADOSMAのアップデートが提供されるのかについて,「分からない」と平井氏は正直に述べていた。MicrosoftがWindows 10 Mobileのリリース時期を明確にしておらず,マウスコンピューター側では判断できないからだ。しかし,今後Microsoftの提供する情報次第で,可能ならばアップデートは提供したいとのことだった。
 Windows 10によって可能になるとされている,PCとスマートフォン,タブレットの連携やアプリケーションの共通化という未来にマウスコンピューターは強く期待しているとのことで,MADOSMAの投入もまた,PC利用シーンの拡大と販売の向上を目指すための施策といえそうだ。

MADOSMAとは無関係だが,こちらはMicrosoftブースで見かけた,謎の2画面2-in-1ノートPCだ。ASILという耳慣れないブランドの「Win-Wings YS-1」という製品とのこと。Core i7を搭載して,メインメモリ容量は16GB,ストレージ容量512GBといったスペックを備えるという。ただ,販売地域は中国のみとのことで,詳しい情報も聞けなかった
[COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート


日本でも販売予定のWindows 10スマートフォンと

ハイエンドタブレットを目撃


 日本でもタブレット端末が販売されている台湾BungBungameは,Windows 10タブレットの「KALOS 2」と,Windows Phone端末「WOLF 2」を披露していた。両製品とも,「日本でも発売する」予定であるとのこと。

 ハイスペックなタブレットというKALOS 2は,SoC(System-on-a-Chip)にSamsung Electronics製(以下,Samsung)の「Exynos 7420」を採用するという珍しい製品だ。Exynos 7420は,Samsung製ハイエンドスマートフォンである「Galaxy S6 edge」にも使われている,高性能なSoCである。Samsung製品以外でこのSoCを使うタブレットというのは,もしかしたら世界初かもしれない。「ハイエンドを目指した」と説明員氏はアピールしており,Windows 10 Mobileを動かしたときに,どれくらいの性能を発揮できるのかは興味深いところだ。

ハイスペックがウリのKALOS 2。残念ながら動作しておらず,高性能ぶりを体感することはできなかった
[COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート

 画面サイズは10.5インチで,解像度は2560×1600ドット。メインメモリ容量は4GBで,内蔵ストレージ容量は64GB。約800万画素のインカメラとアウトカメラも内蔵している。無線通信機能は,IEEE 802.11ac対応無線LANとBluetooth 4.1といったところが主なスペックだ。USB Type-Cポートも搭載するという。

 Windows 10 Mobile搭載スマートフォンだというWOLF 2は,SoCに「Snapdragon 410 MSM8916」を採用した製品である。画面サイズは5インチで,解像度は720×1280ドット,メインメモリ容量2GBに内蔵ストレージ容量は16GBと,スペックはローエンドそのもの。Windows 10 Mobileの提供時期は明らかになっていないが,BungBungameでは「2015年第4四半期に発売したい」としていた。ちなみに,Android 5.1搭載のWOLF 2も用意されており,こちらはSoCに「Snapdragon 615」を採用しているそうだ。

WOLF 2のWindows 10 Mobile版(左)とAndroid 5.1版(右)
[COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート [COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート

 BungBungameは日本に拠点を構えており,すでにタブレットの国内販売も行ったことがあるので(関連記事),国内販売に問題はないと,ブースの担当者は述べていた。ただ,対応周波数に関しては明言されなかったので,日本の周波数帯をどれくらい使えるのかはまったく不明だ。


GALAXYのゲーミングタブレット


 グラフィックスカードを中心に,独自開発の仮想現実対応HMDなどを展示していたGALAXY Microsystems(以下,GALAXY)のブースで,「スーパーゲーミングタブレット」と銘打たれたWindowsタブレット「I84」を見つけた。
 同社のサブブランドである「GALAPAD」で開発された製品で,8.4インチサイズで解像度2560×1600ドットという高解像度ディスプレイを搭載するのが特徴だ。SoCにはAtom Z3735Fを採用しており,LTE対応モデルも選択可能。今回の展示機はプロトタイプなのでWindows 8.1が動作していたが,製品版ではWindows 10を搭載して販売する予定とのことだった。発売日は未定だ。

自称「スーパーゲーミングタブレット」のI84
[COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート

 Atom搭載のWindowsタブレットで「スーパーゲーミング」というのは,日本人としては今ひとつピンとこないが,I84の主なターゲット市場は,クラウドゲームが盛んな中国や韓国なのだという。GALAXYでは,あくまでもハイエンド向けのタブレットに位置づけている製品で,ハイエンドタブレットにニーズがある中国市場を狙っているとのことだった。
 そうした製品でもあるため,無線通信機能の技術基準適合証明(いわゆる技適)を取得する手間もある日本市場での販売は,今のところ予定していないそうだ。

GALAXYのサブブランド「GALAZ」による中国向けスマートフォン。日本では,まず見かけることはなさそうだ
[COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート [COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート


快適なペン操作のMSI製タブレット


 MSIのブースには,ペン操作に重点を置いたWindowsタブレットの新製品「S100 Note」が展示されていた。世界市場で発売済みの8インチタブレット「S80 Note」を,10.1インチ・1280×800ドットの液晶ディスプレイに拡大したような製品だ。

合体可能なキーボードが付いたWindowsタブレットのS100 Note(左)。ペン入力対応をアピールしていた(右)
[COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート [COMPUTEX]日本発売も期待できる? 会場で見かけたWindows 10タブレット新製品をまとめてレポート

 搭載SoCは,Windowsタブレットでは定番のAtom Z3735F。メインメモリ容量は2GBで,内蔵ストレージ容量は32GB,もしくは64GBとのこと。3GやLTE対応モデルも用意されるという。タブレット本体と合体可能なキーボードも付属しており,キーボード入力とペン入力で快適な操作ができるとアピールされていた。
 OSにはWindows 10を採用し,発売時期は2015年第4四半期の予定とのことだった。S100シリーズのWindowsタブレットは日本でも販売されているので,本製品の国内展開も期待できそうだ。

COMPUTEX TAIPEI 2015取材記事一覧

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月23日〜09月24日