オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/08/21 14:03

ニュース

[gamescom]Xbox Oneにおける独立系デベロッパ向けセルフパブリッシングプログラム「ID@Xbox」が発表。誰もがXbox Liveでゲームを開発/販売できることを長期的な目標に

Xbox One本体
 Microsoftは,独立系デベロッパのセルフパブリッシングをサポートするプログラム「ID@Xbox」を,gamescom 2013に合わせて開催されたプレスカンファレンスで発表した。

 「ID@Xbox」では,2つの開発キットが無償で配布され,大手パブリッシャと差別なく技術の提供やサポートが行われるという。
 Kinect,Xbox SmartGlass,Game DVR,DLCの配信など,Xbox Oneでサポートされる機能すべてを利用できるとのこと。また,レーティングや地域的な政策への対応,プロモーションやマーケティングなどについても,サポートが受けられる模様だ。
 「ID@Xbox」で制作されたゲームは,Xbox One Market Placeで配信される形になるそうだが,現行のXbox Liveにおけるインディーズゲームのようなカテゴリは設けず,すべてのゲームが平等に扱われるとのこと。

 ID@Xboxのメンバーになるためには,Microsoftによる審査を通過する必要がある。長期的には,Xbox Oneユーザーの誰もが自分でゲームを開発/販売できるところまでを目指すことになるが,初期段階では,家庭用ゲーム機/PC/モバイル端末などでのリリース実績があるデベロッパに限定されるとのこと。
 なお,すでに日本語版の公式サイトがオープンしており,参加申請の受付も始まっている。

ID@Xbox
Xbox One 用独立デベロッパー向けパブリッシング プログラム


 今回の発表によると,5th Cellや「SpyParty」を開発中のChris Hecker(クリス・ヘッカー)氏など,50以上のゲーム開発グループから,すでにフィードバックを得ているとのこと。
 独立系デベロッパによるセルフパブリッシングを可能にする「ID@Xbox」は,「開かれたプラットフォーム」という面から見ると,Xbox Oneにとって大きな前進といえるだろう。
 将来的には個人開発者まで門戸が広がる可能性もあることを考えれば,インディーズゲーム開発者達にとっても注目のサービスとなりそうだ。
  • 関連タイトル:

    Xbox One本体

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
64
CROSSOUT (PC)
2017年04月〜2017年10月