オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ガンダムジオラマフロント公式サイトへ
読者の評価
46
投稿数:38
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
クリックひとつでモビルスーツが戦う「ガンダムジオラマフロント」がより遊びやすく。開発スタッフに大型アップデートの見どころを聞いてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/07/19 12:00

インタビュー

クリックひとつでモビルスーツが戦う「ガンダムジオラマフロント」がより遊びやすく。開発スタッフに大型アップデートの見どころを聞いてみた

 初代「機動戦士ガンダム」から,「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」「機動戦士ガンダム サンダーボルト」といった最新シリーズまで,いろいろな作品からモビルスーツやパイロットが録り下ろしボイス付きで登場する。そんなガンダムファン垂涎の作品がバンダイナムコオンラインの「ガンダムジオラマフロント」だ。


 本作では,2017年7月11日に大型アップデート「Ver.2.1 REBUILDアップデート」が実施され,これまで以上に遊びやすくなるという。具体的にどのような変化があるのか,プロデューサーの丸山和也氏とディレクターの馬渕良彦氏にREBUILDの見どころを聞いてみた。なお,記事の最後にゲーム内で使えるアイテムがもらえるシリアルコードを掲載しているので,最後まで読み進めよう。

――2017年7月4日収録


ストーリー仕立ての「基本任務」でより遊びやすく


4Gamer:
 7月11日に大型アップデート「Ver.2.1 REBUILDアップデート」(以下,REBUILD)が実装されます。大きく変化する点を教えてください。

馬渕良彦氏
馬渕良彦氏(以下,馬渕氏):
 REBUILDでは,大きく分けて3つの変化があります。まず,新たな1人プレイモード「基本任務」が実装され,新規プレイヤーもスムーズに遊び方を理解していただけます。そして「階級戦」は,大幅な改修を行ったことで,これまでよりもエキサイティングになります。最後に,モビルスーツの性能を見直す「統合整備計画」で,これまで不遇だった量産機やエース機に活躍の機会がやってきます。

丸山和也氏(以下,丸山氏):
 もともとマウスをクリックするだけでオートバトルが進行するなど,簡単な操作で遊べるタイトルではありますが,REBUILDによって,さらに遊びやすくなっています。

4Gamer:
 では,新モードの「基本任務」について教えてください。これまでの1人用モード「制圧戦」に替わっての実装となりますが。

丸山氏:
 「制圧戦」は,初めて遊ぶプレイヤーにゲームに慣れてもらい,「階級戦」での対人バトルへ橋渡しをするという役割がありました。これに対して今回実装した「基本任務」モードでは,ストーリー形式のミッションを楽しみながら,さらに自軍の育成やプレイの段階的な習熟を目的に加えています。

4Gamer:
 既存プレイヤーにはメリット,もしくは遊ぶ動機付けになるものはあるのでしょうか。

丸山氏:
 過去のイベントで登場した機体が手に入るので,もし取り逃したものがあれば「基本任務」で新たに入手できます。また,すでに入手済みの場合はその機体の強化素材を入手できます。ですので,既存プレイヤーさんにも遊んでいただけると思います。

4Gamer:
 それは嬉しいですね。では,「制圧戦」との違いは?

馬渕氏:
 やはり大きいのはストーリー仕立てになっているところですね。歴代ガンダムシリーズからさまざまな機体やキャラクターが登場するんですよ。

4Gamer:
 どんな作品から登場するのでしょうか。

馬渕氏:
 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」や「機動戦士ガンダムZZ」「機動戦士ガンダム00」「機動戦士ガンダムSEED」,そして「∀ガンダム」まで,それこそいろいろな作品です。今後も,特定作品に偏ることなく追加していく予定です。操作説明はもちろんですが,キャラクター同士の掛け合いもありますから,すんなりとガンダムシリーズの世界観に浸っていただけると思いますよ。

ガンダムジオラマフロント
ガンダムジオラマフロント

4Gamer:
 では,プレイ内容自体の違いはどうでしょう。

丸山氏:
 過去の「制圧戦」では、どうしても同じことを繰り返す面が強かったです。一方,「基本任務」ではより目的が明確になっており,さらに自分のペースでプレイしやすくなっています。

馬渕氏:
 与えられた条件の中で戦う「スターミッションジオラマ」をクリアすると,新たなステージやエリアが開放されます。さらに,ここで特定の条件を満たすと,手応えのある「シークレットジオラマ」に挑戦できようになります。

丸山氏:
 シークレットジオラマを出す条件の中には,特定の戦艦を使わなければならないようなものもあります。


全ワールドからのマッチングで,よりエキサイティングになった「階級戦」


4Gamer:
 REBUILDでは「階級戦」の見直しも行われるということですが,まずは階級戦の概要を改めて教えてください。

丸山和也氏
丸山氏:
 階級戦は,ほかのプレイヤーさんが構築したジオラマに挑むモードです。同じ階級帯の20人でマッチングされます。そこから好きな相手を選んで戦い,期間中に得たスコアを競います。

馬渕氏:
 ちなみに,今回のアップデートで「バンダイナムコID版」「ハンゲーム版」「Yahoo!ゲーム版」,3つのワールドすべてからマッチングが行われるようになりました。

4Gamer:
 プラットフォームを越えてのマッチングですか。

馬渕氏:
 ええ。より多くのプレイヤーさんと激しいバトルを展開していただきたいと思っていたんです。これまで特定の階級帯では,同じ人とマッチングされやすいという現象が起こっていました。それを解消するためでもあります。

4Gamer:
 必然的に戦える相手も見知ったプレイヤーになっていたと……。階級戦を楽しんでいるプレイヤーからすると,単純に相手が増えるわけで,嬉しいアップデートになるでしょうね。
 ところで,REBUILDで「階級戦」の参加条件となる階級が「兵長」に緩和され,これまでよりも早い段階から階級戦がプレイできるようになりました。初心者がいきなり参戦しても大丈夫なんですか。

馬渕氏:
 はい。新たな階級戦は「曹士」「尉官」「佐官」「将官」という,階級に応じた4つのリーグになっています。新規プレイヤーは,まず曹士リーグに参戦していただきますが,こちらは本当の初心者のみが集まっている階級です。

4Gamer:
 本当の初心者というのは?

馬渕氏:
 階級戦では勝敗に応じて階級が上下し,参加できるリーグも変わってきます。曹士リーグの場合,兵長〜准尉までのプレイヤーがエントリーできるんですが,一度准尉以上になると,もうここには参加できないんです。

4Gamer:
 つまり,一度階級が上がると,尉官未満リーグを「卒業」することになるわけですね。

馬渕氏:
 そうです。となると「初心者が卒業していくばかりだと,後から始めたプレイヤーは対戦相手に困るんじゃないか」と思われるかもしれません。

4Gamer:
 まさに,それを思いました。

馬渕氏:
 マッチング人数が足りない場合はNPCが参加するようになりましたので,常に対戦相手が確保された状態で上達していけるようになっています。

4Gamer:
 なるほど。

丸山氏:
 ほかの3リーグに関しては,デイリーランキングの順位で階級が上下します。

馬渕氏:
 実力が同じくらいのプレイヤーさん同士でマッチングされますので,参加条件を満たしたらいつでも遊んでみてください。なお,階級戦で使用する機体ですが,階級戦に参加しなくてもジオラマ上のラボ施設での開発や,基本任務を進めるとプレイできる「特別任務」でも手に入ります。上の階級を目指すのはなかなか大変だというプレイヤーさんは,ご安心ください。


弱体化ではなく,不遇の機体を伸ばす「統合整備計画」


4Gamer:
 大規模のバランス調整である,統合整備計画について教えてください。

丸山氏:
 ガンダムジオラマフロントがサービスを開始してから2年以上が経っています。いろいろとユニークな機体を実装してきたこともあり,調整すべき点も出ていますので,より長くゲームを楽しんでいただくための調整となります。

4Gamer:
 調整におけるポリシーはどういったものですか。

丸山氏:
 弱体化でバランスを取るのではなく,なかなか活躍の場がなかったユニットに対して上方修正を加え,これまでよりも多彩な戦略を採れるようにする,というのが目指すところです。

馬渕氏:
 なかでも大きいのが量産機に関する調整です。これまでの環境では,エース機に比べて量産機の存在感が薄くなっていたうえ,特定タイプのものが多く使われる状態になっていました。

ガンダムジオラマフロント

4Gamer:
 具体的にはどういった調整が行われましたか?

馬渕氏:
 量産機については,使用率の低い「Warrior」「Guardian」タイプのHPや攻撃力をアップさせました。「Booster」「Crusher」タイプは,砲台や拠点など,特定施設の破壊のみに集中する思考ルーチンになり,役割分担が明確になっています。結果として,戦術性がアップしていますよ。また今回のアップデートでは,アビリティの調整とサポーターの追加も行います。

4Gamer:
 どのような調整が行われるのでしょうか。

馬渕氏:
 アビリティについては,とくに使用頻度が低いものを上方修正します。サポーターについては,「特定シリーズの量産機をパワーアップさせる」効果を持つ,「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」と「機動武闘伝Gガンダム」のサポーターが追加されます。同時に,サポーターの最大所持枠も増えていますので,安心してコレクションを楽しんでください。

ガンダムジオラマフロント

4Gamer:
 ところで,ジオラマ内の施設については何か調整されていますか?

馬渕氏:
 ええ。施設のHPや攻撃力を上方修正しています。これまでのように強いエース機さえ置けば大丈夫というわけではなく,施設の配置を楽しんでいただけると思います。


まだまだ新たな機体やシステムを追加。「MSカタパルト砲(仮)」の開発も継続中


4Gamer:
 7月11日のREBUILD以降には,どんな展開が予定されていますか?

馬渕氏:
 2017年7月25日に,新たな機体をもらえる基本任務のエリアが追加されます。

丸山氏:
 具体的なところはまだ話せませんが,もちろん今後もさまざまな新機体の追加を予定しており,鋭意アフレコ収録を行いながらモビルスーツも開発中です。

4Gamer:
 どんな機体が登場するのか楽しみですね。

馬渕氏:
 実は,アップデートをアナウンスするPVの中に,今後実装される新機体が映っています(笑)。注意深く見てもらえると嬉しいです。


丸山氏:
 それにどんな機体を追加すればいいかというアンケート企画もやってみたいですね。

4Gamer:
 それは嬉しいですね。まだ出ていないコアなMSの名前が,いろいろ出てきそうです(笑)。

丸山氏:
 そうなるかもしれませんね(笑)。また,以前のインタビューで情報公開したものの,実装を見送っている「MSカタパルト砲(仮称)」についても引き続き検討中です。時間が経ってしまいしたが,実装できる時期が決まりましたら改めてアナウンスさせていただきます。

4Gamer:
 機体を打ち出して輸送するという施設ですよね。ユニークなアイデアだけに楽しみにしていました。続報に期待しています。

丸山氏:
 このほかも,初心者向けの施策や新要素などを予定しています。今回でガンダムジオラマフロントはVer.2.1になりましたが,次はVer.3を実施できるよう目指して行ければと考えています。


4Gamer:
 分かりました。最後に,読者へのメッセージをお願いします。

丸山氏:
 2017年7月11日〜8月8日の期間中にゲームにログインすると「νガンダム(サイコ・フレーム)」がもらえるキャンペーンを実施します。新たにゲームをスタートするにはいいタイミングですし,休止されていたプレイヤーさんも,ぜひ復帰していただければと思います。PCさえあれば気軽にプレイできますし,まずはジオラマの中に好きなモビルスーツを配置してパイロットがしゃべるのを眺めるだけでも楽しめると思います。ぜひ始めてみてください!

馬渕氏:
 これまで以上に遊びやすくなっていますので,今回のアップデートからゲームを始めるのがお勧めです。νガンダムをさらに強化する初心者向けの特別任務や,育成速度が速くなるなど,9つのキャンペーンも行いますので,ぜひプレイしてください。また,今回のインタビューを読んでいただいた方に向けて,ゲーム内で使えるアイテム「ゴールド要請書10枚」を入手できるシリアルコードを用意しましたので,ぜひご活用ください。

ガンダムジオラマフロント
シリアルコード:CRCLQKQSJAVY46SU
(使用期限:2017年8月8日(火)23:59まで)

4Gamer:
 本日は,ありがとうございました。



「ガンダムジオラマフロント」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ガンダムジオラマフロント

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月