オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アイドルマスター ワンフォーオール公式サイトへ
読者の評価
79
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
シークレットゲストも登場したアイマス9周年ライブ,「THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!」東京公演をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/10/06 13:49

イベント

シークレットゲストも登場したアイマス9周年ライブ,「THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!」東京公演をレポート


 バンダイナムコゲームスは2014年10月4日と5日,「アイドルマスター」シリーズのライブイベント「THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!」を東京・渋谷の東京体育館で開催した。すでに日本の常識だと思うものの仕事なので一応書くと,「アイドルマスター」誕生9周年を祝う今回のアニバーサリーライブは,大阪,名古屋,そして東京をめぐるツアー形式で行われており,この東京体育館が最終公演の舞台となる。8月17日に行われた名古屋公演2日目からは約1か月半のインターバルを置いての開催となる。

「アイドルマスター」シリーズ公式サイト


 2月にさいたまスーパーアリーナで行われた「アイドルマスター」史上最大のライブ,「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014」に比べると「765PRO ALLSTARS」の出演者数が減り,ゲストや新発表の予定もないことが予告され,さらに「アイドルマスター」の名前を戴いたイベントが増えたことや,おそらく10周年記念として大規模なイベントが行われるだろうというファンの予想から,大阪公演では当日券が出たほどだった。
 しかし,実際にライブが始まると,そうした雰囲気はあっさり覆された。体調不良で出演が危ぶまれた水瀬伊織役の釘宮理恵さんが,歌唱曲数を減らしても2日間,ステージに立つなど大阪公演の出演者が相当の頑張りを見せ,「765PRO ALLSTARS」の底力というか,実力を遺憾なく発揮した圧巻のステージとなり,続く名古屋公演は,大阪公演の評判を受けて,大きな会場を超満員にしてしまったのだ。


 大阪,名古屋とも,ソロパートで一人が三曲歌うという前例のない構成になっており,しかも初日と二日めの曲目が同じではないという「アイドルマスターの楽曲の豊富さ」を印象づける内容は,9年間の蓄積を感じさせずにはいられない。さらに,それをバックで支える総勢8人のバンドメンバーの存在も見逃せず,たとえ楽曲を知らない人でも,純粋に「ライブ」の迫力に圧倒されてしまったはずだ。
 東京公演ではまた,大阪と名古屋では実施されなかったライブビューイングが全国54の映画館で2日間にわたって行われており,こちらもほぼ売り切れ状態とのことで,ツアーの最後となる今回のライブへの期待値の高さを物語っていた。


 ……とまあ,ちょっと職業的冷静さを欠いた書きようになってしまったかもしれないけど(異論もございましょう),なんにせよ今回は予想を超えてドラマチックな展開が見られたツアーだったというのが個人的な印象。そして,そんなステージを経た「765PRO ALLSTARS」が颯爽と東京に帰ってくるというわけなのだから,期待するなというほうが無理というものであります。



 分かったようなこと書いてるけど,あなた出張で名古屋公演には行ってないじゃないの,というツッコミはナシの方向でお願いします。もうねホント,ライン川の輝く水面を眺めながら何度,このまま逃げ出して日本に帰ろうかと思ったことか。
 そんなわけで,いつものように無駄な前置きが長くなったが,東京最終公演,出演は以下の皆さん。

■出演者
・中村繪里子さん(天海春香役)
・今井麻美さん(如月千早役)
・釘宮理恵さん(水瀬伊織役)
・平田宏美さん(菊地 真役)
・下田麻美さん(双海亜美・双海真美役)
・浅倉杏美さん(萩原雪歩役)
・原 由実さん(四条貴音役)
・沼倉愛美さん(我那覇 響役)

 さらに,今回の東京公演では「シークレットゲスト」が登場することがあらかじめ発表されており,初日の4日には,765プロの「歌う事務担当」として知られる音無小鳥役の滝田樹里さんが登場した。ちなみに滝田さんはこれで,大阪,名古屋,東京をコンプリートしたことになる。
 大阪では「空」と「光」,名古屋でさらに「花」が歌われただけに,ここでもう一曲ないのでは,プロデューサー諸君らも物足りなかろう,という高木順二朗765プロ社長の紹介によって登場した滝田さんは,セットリストにもあるとおり「幸」を熱唱し,会場の大歓声に迎えられた。


 来ちゃったー! という第一声のあと,滝田さんのトークによれば,詳細についてはチョメチョメではあるものの,きなこ餅を食べてるときに電話がかかってきて,今回もまた出演することになったのだそうだ。なるほど。
 ワンポイントのゲストではなく,出演者の一人として最後まで一緒にステージを務めた滝田さん。9周年だから9人がピッタリ,と今井さんがうまいこと言ったが,やっぱり滝田さんがいると,ステージがいっそう楽しい雰囲気になる気がする。


 そして,5日のシークレットゲストは茅原実里さん。ご存じのように茅原さんは,バンダイナムコゲームスから発売中の「アイドルマスター ワンフォーオール」で765プロのアイドル達のライバルとして登場する玲音(れおん)を演じており,玲音の持ち歌「アクセルレーション」をダンスと共に披露したのだ。会場もこれにはさすがに度肝を抜かれた様子で,釘宮さんではないけど,JR千駄ヶ谷駅を走る中央線と総武線の乗客も驚くような歓声があがったのだ。
 玲音に合わせた衣装を着て蝶の頭飾りを付けた茅原さんの歌と踊りに,会場のサインライトはウルトラオレンジ一色に染まる。ちなみにアイマスライブにおいてこの色は,高槻やよい役の仁後真耶子さんが登場したときと,これから盛り上がるぞ,というときに使われるのだそうだ。なんかあともう一つあったような気がするが,忘れてしまった。


 さて,話が前後して恐縮だが,今回の公演も大阪,名古屋と同じく,それぞれの出演者がソロパートを受け持ち,各自が3曲ずつ披露するという構成になっており,全体曲もいくつか用意されている。そして,前半の4人のソロパートが終わったところで,今回のステージに参加していない「765PRO ALLSTARS」メンバーの持ち歌をカバーする,「カバーコーナー」を経て,後半に突入していくという流れだ。とかなんとか,口で説明するよりもセットリストを見てもらえばあなたも私も一目瞭然なので,以下に掲載したセットリストをぜひ見てほしい。


10月4日セットリスト(リスト中敬称略)
01.READY!!(中村,今井,釘宮,平田,下田,浅倉,原,沼倉)
02.ラムネ色 青春(今井,釘宮,原,沼倉)
03.START!!(中村)
04.私はアイドル♡(中村)
05.キラメキ進行形(中村)
06.おとなのはじまり(下田)
07.黎明スターライン(下田)
08.YOU往MY進!(下田)
09.迷走Mind(平田)
10.tear(平田)
11.おもいでのはじまり(平田)
12.ALRIGHT*(浅倉)
13.Kosmos, Cosmos(浅倉)
14.あの日のナミダ(浅倉)
15.Day of the future(中村,沼倉)
16.9:02pm(下田,原)
17.チクタク(今井,釘宮)
18.livE(平田,浅倉)
19.ONLY MY NOTE(中村,今井,釘宮,平田,下田,浅倉,原,沼倉)
20.幸(滝田)
21.待ち受けプリンス(中村,平田,下田,浅倉)
22.Rebellion(沼倉)
23.オーバーマスター(沼倉)
24.shiny smile(沼倉)
25.キミはメロディ(釘宮)
26.プライヴェイト・ロードショウ(釘宮)
27.フタリの記憶(釘宮)
28.KisS(原)
29.ふたつの月(原)
30.恋花(原)
31.Blue Symphony(今井)
32.眠り姫(今井)
33.蒼い鳥 (M@STER VERSION) 〜TV ARRANGE〜(今井)
34.M@STER PIECE(中村,今井,釘宮,平田,下田,浅倉,原,沼倉,滝田)
35.虹色ミラクル(中村,今井,釘宮,平田,下田,浅倉,原,沼倉,滝田)
36.THE IDOLM@STER(中村,今井,釘宮,平田,下田,浅倉,原,沼倉,滝田)


10月5日セットリスト(リスト中敬称略)
01.READY!!(中村,今井,釘宮,平田,下田,浅倉,原,沼倉)
02.ラムネ色 青春(今井,釘宮,原,沼倉)
03.太陽のジェラシー(中村)
04.Vault That Borderline!(中村)
05.I Want(中村)
06.Honey Heartbeat(下田)
07.黎明スターライン(下田)
08.ジェミー(下田)
09.迷走Mind(平田)
10.自転車(平田)
11.チアリングレター(平田)
12.何度も言えるよ(浅倉)
13.Kosmos, Cosmos(浅倉)
14.First Step(浅倉)
15.Day of the future(中村,沼倉)
16.9:02pm(下田,原)
17.チクタク(今井,釘宮)
18.livE(平田,浅倉)
19.ONLY MY NOTE(中村,今井,釘宮,平田,下田,浅倉,原,沼倉)
20.アクセルレーション(茅原)
21.待ち受けプリンス(中村,平田,下田,浅倉)
22.Rebellion(沼倉)
23.しあわせのレシピ(沼倉)
24.初恋〜一章 片思いの桜〜(沼倉)
25.キミはメロディ(釘宮)
26.Sentimental Venus(釘宮)
27.my song(釘宮)
28.Princess Snow White(原)
29.風花(原)
30.ふたつの月(原)
31.Fate of the World(今井)
32.蒼い鳥(M@STER VER)(今井)
33.約束(今井)
34.M@STER PIECE(中村,今井,釘宮,平田,下田,浅倉,原,沼倉)
35.虹色ミラクル(中村,今井,釘宮,平田,下田,浅倉,原,沼倉)
36.THE IDOLM@STER(中村,今井,釘宮,平田,下田,浅倉,原,沼倉,茅原)


 今回のライブツアーのテーマは「765らしさ」であり,765らしさとは,ワンフォーオール・オールフォーワンの精神と,楽曲の多彩さにあるとのこと。そのテーマどおり,登場する楽曲は,9年前に稼働を開始したアーケード版「アイドルマスター」に使われたものから,「アイドルマスター ワンフォーオール」のDLCに収録されたもの,「アイドルマスター ミリオンライブ!」関連のCD「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANC」「ぷちます!」関連,さらにテレビアニメ「THE IDOLM@STER」と,その劇場版「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」に使用された楽曲など,とんでもない多彩ぶりだ。



 ちなみに「太陽のジェラシー」は中村さんが10年前,天海春香として最初にレコーディングした曲であり,ゲームの「アイドルマスター」で春香が最初の仕事として作曲家や作詞家に挨拶に行くように,現実でもそれと同じことをやっていたと振り返るなど,出演者にとって思い出深い楽曲も少なくないようだ。
 人気の高い曲だが,あまりライブでは歌われないものもあり,水瀬伊織の「フタリの記憶」もその一つかもしれない。大阪に続き10月4日,ソロパートの3曲目として「フタリの記憶」を歌った釘宮さん。圧倒された会場を眺めて私は,これは次の原さんが大変かもしれない,と思ったものの,いきなり「KisS」のイントロが流れたとき思わず立ち上がりそうになった。ここでこれが出ててくるか! と,個人的に大喜びだ。
 「THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 961 オーバーマスター」に収録された「KisS」は,大人っぽい歌詞とブラスの響きが個人的に大好きな楽曲だが,原さんによれば,CDの発売イベント以来,ライブなどで歌われたことはないらしい。あまりにも久しぶりだったので,手が震えると言う原さんだったが,発売イベントでは沼倉さんと星井美希役の長谷川明子さんが曲のダンスを考えたというエピソードを明かした。CDがリリースされた2008年当時は,まだそんな感じだったんですね。


 そしてやはり,そんな数々の名曲,人気曲を奏でるバンドのいい仕事っぷりにも触れないわけにはいかないだろう。ギターが新たに沢頭たかしさんに,またドラムスが村田一弘さんに交代したが,例えば「Vault That Borderline!」の真っ赤に染まるステージでのギターソロや,「ALRIGHT*」の浅倉さんとギターとベースのからみ――浅倉さんによれば,演奏しながらのパフォーマンスは相当難しいものなのに,無理言ってやってもらったとのこと――そしてピアノソロから始まって,ストリングスも参加する「First Step」など,ロック系,バラード系を問わず相変わらずの大活躍だ。
 全部ってわけにはもちろんいかないだろうけど,アイマスバンド,これからもあちこちのライブに出没してほしいと願うのは私だけではないはずで,少なくとも,持山翔子さんのサイリウムの色を決めてほしい気はしている。音楽ってステキ。


 「YOU往MY進!」で,これといった予告もなかったのにごく自然にタオルが出てきたり,「チクタク」が始まると,一瞬にして会場がウルトラオレンジに染まったりなど,いつもながらの有能ぶりを発揮したのは,来場者,つまりプロデューサーの皆さんだ。今回,個人的にとくにその印象が強い。よく考えれば,長い人で9年間も訓練されてきたのだから当然なのかもしれないが,高木社長の「プロデューサー諸君こそが,真のマスターピースだ」という言葉には率直にうなずけるものがある(「電子の妖精」という自称はうなずけないが)。相当余計なお世話だが,同僚の皆さんには私からも,これからもどんどんやってくれたまえ,と言いたい。あ,言われなくてもやりますよねー。ですよねー。


 かくして,またしても「765PRO ALLSTARS」の力を見せつけたと申し上げていいライブツアーは3都市6公演の全日程を終了し,プレス席には,今のイベントを文章で伝えろとか基本無理だろとなかば開き直った中年の編集者が残されたわけだが,それはともかく,真夏に始まったツアーも,季節はめぐり,今はすっかり秋。5日は台風の影響で雨が降っており,そういえば大阪初日も雨だったことを思い出す。名古屋は行ってないので,知らないですよーだ。

説明が難しいので本文中には書かなかったが,下田さんが自分のソロパートのトークで使った,「TOKYO」のパネルが,続く出演者にも使われていったという写真

 今井さんのソロパートのラスト「約束」はアニメと同様,途中から出演者全員が出てきて一緒に歌うという演出になっており,それを見た今井さんが感きわまって涙を流すという一幕があった。そして,それにつられて多くの出演者も,最後は泣きながらの挨拶になった。記憶力には自信がないが,「765PRO ALLSTARS」がこれほどになるのはあまり見たことがなく,やはり今回のライブツアー,それなりに大きなプレッシャーがあり,それを仲間と一緒に乗り越えてきたという思いがあったのかもしれないが,間違ってたらごめんなさい。


ライン川
 ともあれ中村さんは終わりの挨拶で,プロデュースのやり方は人それぞれ,どんな形でもいいから,ずっと私達と一緒にいてくださいと述べ,年のせいでいろんなものが近くなったり遠くなったりゆるくなったりしている私は思わずグッときちゃったりして。
 来年はいよいよ10周年を迎えるわけで,一つのコンテンツが10年も続くということ自体が驚きだが,個人的に,この先も許される限り見続けていきたいと思う。という感じで,どう考えても速くない速報はこのへんで。

「アイドルマスター」シリーズ公式サイト


 なお,東京公演の開催に合わせて,劇場版「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」Blu-ray購入者を対象にしたイベントの詳細が発表されている。イベントそのものの発表はすでに行われているので,応募する気まんまんの人だらけだと思うが,このたびは出演者が明らかになったのだ。詳しくは,以下のリリース文を参照してほしい。

「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」
Blu-ray&DVD購入者対象イベントの出演者が決定!!

いよいよ10月8日(水)に発売となるBlu-ray&DVD「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」。
その購入者限定イベントとして2015年2月15日(日)に開催される『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!打ち上げパーティー』の出演者が決定致しました!

■イベント概要&出演者情報
イベント名:THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!打ち上げパーティー
開催日時:2015年2月15日(日)
開催場所:ZeppTokyo

出演
中村繪里子、浅倉杏美、平田宏美、釘宮理恵、原由実、沼倉愛美、滝田樹里、赤羽根健治、木戸衣吹、大関英里、渡部優衣、伊藤美来、雨宮天、夏川椎菜、麻倉もも

★10月8日(水)に発売となる以下の劇場版Blu-ray&DVD(完全生産限定版)に
イベントチケット販売申込券を封入!

■イベントチケット販売申込券封入対象商品
「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」
・「シャイニーフェスタ」アニメBlu-ray同梱版(完全生産限定版)
・Blu-ray&DVD(完全生産限定版)
※通常版DVDには封入されませんのでご注意下さい。
  • 関連タイトル:

    アイドルマスター ワンフォーオール

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月23日〜05月24日